じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    日本企業

    スポンサーリンク

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/18(火) 06:25:57.14 ID:CAP_USER9
    ドトール・日レスホールディングスが岐路に立たされている。
    これまで、同社の売上高は緩やかながらも増加傾向を示していたが、2018年3~8月期は、前年同期比1.2%の減収となってしまった。

    主力のコーヒーチェーン「ドトールコーヒーショップ」が不振に陥ったためだ。このまま一気に坂道を転がっていくのだろうか。

    ドトール・日レスの18年2月期(通期)の売上高は1311億円。8期連続での増収を達成しており、この間、3割増やすことに成功した。
    同社はドトールのほか、コーヒー店の「エクセルシオールカフェ」「星乃珈琲店」、パスタ専門店「洋麺屋五右衛門」など複数の飲食店を展開。
    それぞれ好不調があるが、全体としては増収を保っていた。

    近年で売上高に大きな貢献を果たしているのは、星乃珈琲店だ。店舗によってはブレンドコーヒーを700円以上で提供する高級店。
    アンティークのソファなどを配置するなどして高級感を演出しているのが特徴だ。11年3月に1号店をオープンし、今年8月末には223店を展開するまでに成長した。
    店舗の9割強が直営となるが、18年3~8月期の直営店売上高は79億円で、前年同期から9.3%増と大幅な増収を達成している。

    一方、エクセルシオールカフェは厳しい状況が続いている。低価格のドトールよりは高く、星乃珈琲店よりは安いという位置づけで、今年8月末時点で124店を展開している。
    ただ、近年は不採算店の閉鎖を進めたことで店舗数は減少傾向が続いている。
    08~10年ごろは170~180店程度を展開していたが、その頃からは3割減ったかたちだ。
    売り上げも減少傾向が続いている。店舗の8割が直営となるが、18年3~8月期の直営売上高は50億円で前年同期から2.2%減った。

    不調のエクセルシオールを立て直すにしても、好調な星乃珈琲店をさらに広げるにしても、“大番頭”のドトールがあってこそだ。しかし、そのドトールが近ごろ変調をきたしている。

    ●ドトール、急激な業績不振

    ドトールの1号店が誕生したのは1980年。当時のコーヒー1杯の価格は300円程度が一般的だったなか、150円という低価格で販売を始めた。
    価格の安さがビジネスパーソンを中心に受け、人気を博すようになった。

    以降、出店を進め、2004年には国内1000店を達成。
    00年代中盤から現在までは1100店台で概ね横ばいで推移している。

    このようにドトールは店舗数の伸びが止まっているが、安定はしている。既存店売上高も比較的安定している。
    08年のリーマン・ショック以降の景気低迷で09~11年ごろは落ち込みを見せたものの、それ以降は持ち直し、概ね横ばいで推移するようになった。
    既存店売上高も成長は止まってしまったが、安定はしていた。ドトールは成熟期に入っているので、これはこれで大きな問題はなかった。

    それが、今年に入って異変が起きた。10月こそ既存店売上高は前年同月を上回ったが、1月から9月まで9カ月連続で前年を下回ってしまったのだ。
    客数は9月まで14カ月連続でマイナスだ。

    ドトールの不振が影響し、ドトールとエクセルシオールを運営するドトールコーヒーグループにおける業績は悪化している。
    18年3~8月期の売上高は前年同期比3.9%減の403億円、営業利益は同2.6%減の29億円と減収減益だった。
    18年2月期は売上高が前期比4.3%増の817億円、営業利益が同6.9%増の47億円と増収増益を達成しており、一転して不調に陥ったことがわかる。
    売上高は18年2月期まで5年連続で前年を上回るほど好調を維持していた。

    なお、ドトールコーヒーグループと双璧をなす日本レストランシステムグループにおける売上高は好調だ。
    星乃珈琲店や洋麺屋五右衛門など多数の飲食店を運営しているが、特に星乃珈琲店が増えたことが大きく影響し、18年3~8月期の売上高は前年同期比5.8%増の226億円と大きく伸びている。
    ただ、アルバイトの時給上昇などによる人件費増により、営業利益は同13.7%減の23億円と大幅減益となった。

    ドトールは業績不振に陥っただけでなく、顧客満足度の順位も低下しており、今後の雲行きが怪しくなってきている。
    日本生産性本部・サービス産業生産性協議会の「日本版顧客満足度指数(JCSI)」でドトールはカフェ部門の「顧客満足」で17年度まで3年連続で1位だったが、
    18年度第1回調査ではカフェ・ベローチェに1位の座を明け渡し、ドトールは2位に転落してしまったのだ。顧客満足のスコアも74.1から73.3に低下した。

    https://biz-journal.jp/2018/12/post_25934.html
    2018.12.17

    4: 名無しさん@1周年 2018/12/18(火) 06:27:03.14 ID:XrcUZU6o0
    ●業績不振&顧客満足低下の原因

    なぜドトールは業績が低迷し、顧客満足も下がっているのか。

    まずは、進化が続く「コンビニコーヒー」の脅威度が高まっていることが挙げられるだろう。
    13年にセブン-イレブン・ジャパンがいれたてコーヒー「セブンカフェ」の本格展開を始め、これを機にコンビニコーヒーは瞬く間に広まったのだが、
    そのコンビニコーヒーがこの1年で急速に進化を遂げており、脅威度が急激に増している。

    セブンは今年3月にセブンカフェを刷新し、1杯に使うコーヒー豆の量を約1割増やすなどして美味しさを強化した。
    ローソンは昨年9月からブレンドコーヒー(Sサイズ)を従来と比べ15秒早く提供できる新型コーヒーマシンの導入を始めた。
    ファミリーマートは今年10月から希少性が高い「スペシャリティーコーヒー」などをつくれる新型コーヒーマシンを順次導入し始めた。
    各社、コーヒーの質を高めることに余念がない。
    さらに、コンビニ各社は店内で飲食する「イートイン」スペースを設けた店舗を急速に増やしている。
    こうして「コンビニのカフェ化」が急速に進んでおり、ドトールは顧客を奪われていったと考えられる。

    コーヒーにおける消費者の高級志向も影響していそうだ。近年、低価格のコーヒーに満足できず、多少高くても美味しいコーヒーを飲みたいと思う人が増えている。
    例えば、高品質のコーヒー「スペシャルティコーヒー」を求める消費者が増えている。
    日本スペシャルティコーヒー協会によると、日本のコーヒー輸入量に占めるスペシャルティコーヒーの割合は16年度が約8%で、14年度の約7%からは増えている。今後の増加も見込まれている。

    高価格だが高品質のコーヒー市場は拡大しており、ドトール・日レスはこの市場に星乃珈琲店を投入することで取り込みを図った。
    さらに、高級店「神乃珈琲」の展開も始め、星乃珈琲店のさらに上をいく市場の取り込みをも狙っている。

    神乃珈琲は現在、東京・銀座と京都に店を構えている。銀座の店舗に入るとサイフォンが目に入る。
    アンティーク調の内装で高級感が漂う。メニューはどれも高額で、例えば、コーヒーの品種として最高峰との呼び声高いゲイシャ種を使ったブレンドコーヒーは1杯1026円にもなる。

    スタバも高価格帯の市場の取り込みに動いている。バリスタが1杯ずつコーヒーを提供する「リザーブバー」の出店を進めているのだ。
    東京・銀座にある商業施設「ギンザシックス」内にある店舗では、通常のスタバの奥にリザーブバーを配置している。
    このリザーブバーでは、さまざまな産地のコーヒーを626~1425円で提供している。

    さらに、19年2月には焙煎設備併設の新しい高級店「リザーブロースタリー」を東京・中目黒にオープンする方針だ。

    ドトールは自身の成熟化に加え、こういった高級店とより低価格のコンビニコーヒーとに挟まれ両極から圧迫を受けるという厳しい状況に置かれている。
    また、低価格のコーヒー市場ではベローチェが台頭するなど、同市場内での競争も激化している。
    ドトール・日レスは主力のドトールの動向次第で業績が大きく左右されることになるが、こういった競争環境にどのように対処していくのか、関心が集まる。



    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1545081957/

    この記事を読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2018/12/14(金) 12:17:19.50 ID:CAP_USER9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181214/k10011747041000.html

    日本を代表する大企業が中心の経団連に、「アマゾンジャパン」や「メルカリ」などが14日付けで加盟したことがわかりました。経団連としては、新興のIT企業などを迎え入れることで、新たな分野への提言力を強化し、経済団体としての存在感を高めたい考えです。

    14日付けで経団連に加盟したのは、ネット通販大手の「アマゾンジャパン」と、フリマアプリ大手の「メルカリ」などです。

    このうち、メルカリは、創業からまだ5年余りですが、国内の1か月間の利用者が平均で1100万人を超えるなど急成長しています。

    日本を代表する大手企業が加盟する経団連は、自動車や鉄鋼など高度経済成長を支えたいわゆる「重厚長大産業」の出身者が歴代の会長をつとめるなど、製造業の大手が中心です。

    しかし、サービス業やIT企業が台頭するなど、産業構造の変化とともに存在感が低下しているという指摘も出ていました。

    経団連としては、AI=人工知能や、「IoT」などを手がける新興の企業を迎え入れることで新たな分野への提言力を強化し、経済団体としての存在感を高めたい考えです。


    WS000002

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1544757439/

    この記事を読む

    1: ラテ ★ 2018/11/30(金) 17:07:59.79 ID:CAP_USER
    2018年11月30日 15:27 日本経済新聞
    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO38374320Q8A131C1EA4000?s=2

    ソフトバンクグループ(SBG)が12月19日に上場させる国内通信子会社のソフトバンク(SB)は11月30日、株式の売り出し価格を決めるための仮条件が1500円になると発表した。SBGは最大で2.6兆円を得る見通しで、新規株式公開(IPO)としては過去最大規模となる可能性が高い。

    SBGが保有するSB株のうち最大で約17億6400万株を売り出す。ここから計算すると、売り出し額は最大2.6兆円と、1980年代後半のNTT(約2兆3千億円)を上回り国内最大になる見通し。世界最大のIPOである14年の中国・アリババ集団(当時の為替レートで約2兆7千億円)に迫る規模となる。

    仮条件は11月12日に公表した想定売り出し価格(1500円)を軸に決めた。SB株を売り出す業務を引き受けている証券会社は12月3日から仮条件に基づいて投資家の需要を調べる作業に入り、10日に最終的な売り出し価格を決める。

    売り出す株式の9割は国内向けで、個人投資家が販売の中心になる。証券各社は異例のテレビCMを流すなど営業に熱を入れている。

    各社がアピールするのが「配当利回りの高さ」だ。SBは連結配当性向で85%を目標に掲げる。想定売り出し価格で計算した配当利回りは5%と、ライバルのNTTドコモ(4.2%)やKDDI(3.8%)を上回る。

    個人の関心も高い。都内在住の50歳代の男性は「安定配当銘柄として長期保有したい」と話す。幹事を担う証券各社には個人の問い合わせが相次いでおり「既に全株を売り切るメドがついた」(大手証券の幹部)との声も聞かれる。今後は募集規模を超えてどこまで注文が積み上がるかも焦点となりそうだ。

    スクリーンショット 2018-12-12 3.50.07

    引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1543565279/

    この記事を読む

    1: ばーど ★ 2018/12/11(火) 09:32:21.39 ID:CAP_USER9
    ・エクスペディア・ジャパンは10日、有給休暇の国際比較調査の結果を発表した
    ・日本の有休支給日数は20日で、取得率は50%に留まって、3年連続で最下位に
    ・日本人の58%は取得に罪悪感があると答えており、世界で最も割合が高かった

    総合旅行サイト「エクスペディア・ジャパン」は12月10日、有給休暇の国際比較調査の結果を発表した。調査は世界19か国で18歳以上の社会人男女1万1144人を対象に行われた。

    日本の有休支給日数は20日で決して少なくないが、取得率は50%に留まり、3年連続最下位だった。ワースト2位のオーストラリアも70%となっており、日本の取得率が圧倒的に低いことがわかる。取得日数は10日で、こちらもタイ、アメリカと並んで世界最下位だった。

    ■休みが少ないのに「休み不足」と感じている人は半数のみ、という皮肉

    日本人の58%は有給休暇の取得に罪悪感があると答えており、世界で最も割合が高かった。アジア諸国では罪悪感を覚える人が多い傾向があり、韓国でも55%が罪悪感を覚えると答えている。一方、メキシコではわずか20%、スペイン、イタリアでもそれぞれ21%に過ぎなかった。

    「自分はより多くの有給休暇をもらう権利がある」と回答した人の割合は54%で、こちらも世界最下位だった。香港は86%、韓国でも78%に上っており、日本人は有休を取得できていないうえ、これ以上の権利はないと考えている人が多いことがわかる。

    「休み不足」と感じている人も53%しかいなかった。日本では、休みを取れていないのに「休み不足」だと感じる人が少ないことがわかる。一方、韓国では72%、香港では69%に上り、有休取得日数が少ないからこそ「休み不足」だと感じている人が多い。

    またフランスでは、有休取得率100%、取得日数も30日だが、64%がまだ休み不足だと感じている。

    世代ごとに「休み不足」だと感じている人の割合を見ると、日本は18~34歳で62%、35~49歳で61%、50歳以上で40%となっている。上司が「有休の取得に協力的」の回答も43%と世界最下位になっており、50歳以上の管理職の世代が「休み不足」だと感じていないからこそ、有休を取得しづらい雰囲気があるのかもしれない。

    日本人に休みを取らない理由を聞いたところ、1位は「人手不足」で、2位は「緊急時のために取っておく」、3位は「仕事する気がないと思われたくない」だった。また日本人は長期休暇を取得する人の割合も20%で世界最下位だった。

    2018年12月10日 14時19分
    キャリコネニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/15718449/

    no title

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1544488341/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(家) [US] 2018/12/09(日) 21:46:44.77 ID:O1rSeOUk0 BE:844628612-PLT(14990)
    ‪楽天・三木谷社長「中国製使わない」 ソフトバンクとの違い強調
    https://www.zakzak.co.jp/eco/news/181208/eco1812080004-n1.html

    来年10月に携帯電話事業に参入する楽天の三木谷浩史会長兼社長が、孫正義会長兼社長率いるソフトバンクグループとの違いを強調した。

    政府が、中国通信機器大手のファーウェイとZTEの製品を政府調達から事実上、排除する方針を決めるなか、三木谷氏は「中国メーカーの基地局は使わない」と強調した。
    ソフトバンクは現行の第4世代(4G)の基地局や第5世代(5G)の開発などでファーウェイとの関係がある。

    ソフトバンクが大規模通信障害を引き起こしたことについても三木谷氏は「(楽天は)旧来型と違い、安定したネットワークを自動で提供できる」と述べた。

    19日に株式上場を予定しているソフトバンクの主幹事証券は7日、国内外の投資家向けの緊急電話会議を開催するなど対応に追われた。
    個人投資家の一部には申し込みをキャンセルする動きも出ているという。

    no title

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1544359604/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2018/12/07(金) 18:33:32.06 ID:uh1yFiBe0 BE:416336462-PLT(12000)
    日産自動車は12月7日、「Nissan GT-R50 by Italdesign」の市販モデルのデザインを公開して、50台限定で正式受注を開始した。
    価格は99万ユーロ(約1億2696万円、税別、オプション含まず)からで、2019年から2020年にかけて納車予定。
    Nissan GT-R50 by Italdesignは、GT-Rとイタルデザインがそれぞれ2019年、2018年に生誕50周年を迎えることを記念し、最新の「GT-R NISMO」をベースに共同開発したモデル。
    エクステリアデザインは、7月に英国で開催されたグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで初公開したプロトタイプモデルを踏襲。
    プロトタイプモデルのボディカラーは特別なグレイ塗装仕上げにゴールドをアクセントとしていたが、限定生産モデルではユーザーが好きなボディカラーの組み合わせを指定し、あわせてインテリアカラーも選択可能とした。

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1157291.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    28: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) [US] 2018/12/07(金) 18:43:40.79 ID:6I8YJeAK0
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title




    参考

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [US] 2018/12/06(木) 22:03:37.33 ID:gr3CIqv00 BE:837857943-PLT(16930)
    日産自動車の米国部門は12月5日、『GT-R』(Nissan GT-R)の2019年モデルを発表した。

    2019年モデルでは、「ピュア」、「プレミアム」、「トラックエディション」、「NISMO(ニスモ)」の4グレードをラインナップした。
    全車にLEDデイタイムランニングライト付きのLEDヘッドライト、Appleの「CarPlay」やナビゲーションシステムを含む「日産コネクト」、
    レザー&スウェード製のフロントスポーツシートが標準装備されている。

    日産コネクトは、8インチのディスプレイを核にした最新システムで、ナビゲーションやオーディオの操作が、音声認識で可能に。スマートフォンなどの
    操作もブルートゥースにより、ハンズフリーで行える。

    3.8リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力565hp、最大トルク64.6kgmを発生する。NISMOでは、最大出力が600hp、
    最大トルクが66.5kgmに引き上げられる。

    2019年モデルのGT-Rの米国ベース価格は、9万9990ドル(約1130万円)。10万ドルを切るベース価格を維持している。

    https://response.jp/article/2018/12/06/316929.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1544101417/

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1544175212/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(pc?) [ES] 2018/12/07(金) 17:06:31.84 ID:z5BelY9P0● BE:599478628-2BP(2500)
    スクリーンショット 2018-12-07 21.03.41

    香港のファンドが1020億円でパイオニアを買収、非公開化へ

    香港のファンド「ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア(BPEA)」が総額約1020億円でパイオニアを買収する。パイオニアは完全子会社化され、上場廃止になる見通しだ。

      ベアリングとパイオニアが7日に発表した。ベアリングは、既に提供済みの250億円のデット・エクイティ・スワップ(DES)を含め770億円を出資した上で、現株主から約250億円で株式を買い取る。

      臨時株主総会は2019年1月25日の予定。第三者割当増資は、最も早い場合、3月1日に完了し、同月中の完全子会社化完了を見込む。パイオニアの財務アドバイザーは野村証券、ベアリングはメリルリンチ日本証券が務める。

      運転資金を確保し、安定的な事業継続に対する不安を払拭(ふっしょく)した上で、事業運営の安定を実現するのが狙い。パイオニアは複数のスポンサー候補と協議し、ベアリングの提案が最善策と結論付けた。両社は9月、500億ー600億円の出資で基本合意していた。

      パイオニアは世界で初めてレーザーディスクプレーヤーやプラズマテレビを商品化するなど日本を代表する電機メーカーの一つだったが、業績不振でテレビや家庭用音響機器から相次いで撤退。最近では車載機器事業に経営資源を集中したものの、スマートフォンの進化もあり業績不振に陥っていた。

      ベアリングは1997年に創業。アジアで成長を狙う世界企業やアジアに本拠地を置く企業への投資に力を入れている。日本でも産業財や消費財といった分野で総額2750億円の投資を完了した。
      https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-12-07/PJCTOX6JIJW301

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1544169991/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング