じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    沖縄基地問題

    スポンサーリンク

    1: ジャンピングパワーボム(家)@\(^o^)/ 2016/01/07(木) 20:42:08.78 ID:ECxMyqNg0.net BE:754019341-PLT(12345) ポイント特典
    [大弦小弦]沖縄の子どもの貧困率は…
    ttp://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=148774

    沖縄の子どもの貧困率は37・5%と全国の2・7倍、2位の大阪府より15・7ポイントも高い断然の「1位」。山形大学の戸室健作准教授の研究で明らかになった。数字を突きつけられ、寒々とした気持ちになる

    ▼大人だけの世帯を含めた全体の貧困率も沖縄は34・8%と群を抜いている。
    3世帯のうち1世帯以上が、必要最低限の生活を保てる収入がない

    ▼さらに、子どもの貧困率が全体よりも高いのは沖縄だけ。ワーキングプア率の高さも飛び抜けている。
    働けど暮らしが厳しい親たちが、子どもを育てている状況が多々あるのだろう。しかもこの5年で全国との差は開いた

    ▼深刻さの裏返しか、関心は高まっている。沖縄市住吉で今月下旬オープン予定だった「子ども食堂」は、支援の食品が早々に寄せられ、背中を押されるように繰り上げてスタートした

    ▼沖縄全体が厳しい状態といえるが、それでも、子どもたちのために何かしたいという志が集まることに救われる

    ▼しかし、善意だけでは解決しない。ここまで突出した貧困を放置している政府の姿勢はどうだろう。
    背景には沖縄戦と27年間の米統治、過重な基地負担がある。
    10億円の予算をつけた子どもの貧困対策だけでなく、親世代を含めた低収入の底上げなど根本的な施策で「ネグレクト」に終止符を打つべきだろう。

    CX8zL1QUAAANdys


     

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1452166928/

    この記事を読む

    1: ツームストンパイルドライバー(茨城県)@\(^o^)/ 2016/01/07(木) 12:11:52.25 ID:c2Cc/DlD0.net BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    新基地建設計画に反対する市民が抗議行動を続ける名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で7日午前7時すぎ、重機や大型のコンクリート壁などが積まれた工事関係車両約20台が車列をなし、次々と基地内に入った。
    市民によると、資材搬入はことしに入り初めて。

    ゲート前では早朝から市民ら約120人が車両の進入を阻止しようと座り込んだが、機動員が排除。
    5日に再び沖縄入りしていた警視庁機動隊も投入され、現場は一時騒然となった。

    辺野古沖では海底ボーリング調査のスパット台船上で作業員の姿が確認され、船やカヌーで市民が抗議を続けた。

    http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=148838
    no title


    琉球新報辺野古問題取材班@henokonow 4 時間

    おはようございます。午前7時ごろから機動隊の排除が始まり、コンクリート資材などが搬入されました。
    ゲート前に再投入された警視庁の機動隊に対して、市民は「東京に帰れ」と訴えていました



    9: ツームストンパイルドライバー(茨城県)@\(^o^)/ 2016/01/07(木) 12:15:38.28 ID:c2Cc/DlD0.net BE:844481327-PLT(12345)

    no title
     韓国人と市民交流

    沖縄タイムス辺野古取材班@times_henoko 1 時間

    1月7日午前9時、韓国から平和学習で来県した高校一年生13人が米軍キャンプ・シュワブゲート前を訪ね、抗議の座り込みを続ける市民と交流しました。
    朝鮮民謡アリランも披露し、平和への思いをひとつにしました。




    昨日の辺野古

    【今日の辺野古】サヨク120人座込「東京へ帰れ!」と妨害&韓国人が朝鮮民謡を披露して交流、
    平和への思いをひとつに
    http://jpsoku.blog.jp/archives/1049323639.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1452136312/

    この記事を読む

    1: ヒップアタック(愛知県)@\(^o^)/ 2016/01/06(水) 21:42:45.83 ID:qEw6L7vS0●.net BE:896590257-PLT(21003) ポイント特典
    オスプレイ事故率倍増 普天間配備以降、各地で「重大」続発
    2016年1月6日 05:05

    米海兵隊が2012年10月に普天間飛行場に配備した垂直離着陸輸送機MV22オスプレイについて、10万飛行時間当たりの重大(クラスA)事故の発生率が、配備された時点の1・93件から、15年12月時点で3・69件と約2倍に増加していることが分かった。琉球新報の取材に米海兵隊が明らかにした。日本政府などは事故率について「一般に飛行時間の増加に伴い低減する」などと説明してきたが、実際は普天間への配備後3年が過ぎた段階でも上昇傾向となっている。

    米海兵隊によると、今回明らかにした15年12月末の数値は、10米会計年度(09年10月~10年9月)以降、15年12月までの統計。オスプレイの総飛行時間は21万4千時間に達している。航空機の事故発生率の数値は一般的に、開発や導入の初期段階に多く、改善を経た運用の安定に伴って減少し、機体の老朽化で再び増加に転じる「バスタブ型」を示すと言われている。

    オスプレイの運用に関しては、11年2月、事故率を比較するための飛行時間の指標とされる10万時間を突破した。開発段階も含む1999~11米会計年度の10
    万時間当たりのクラスA事故発生率は3・99件だった。普天間配備について米側が正式に公表した11年6月段階で、米側はオスプレイのクラスA事故率は10万飛行時間当たり1・28件で、当時の海兵隊平均の2・46件を大きく下回っているとして、「最も安全な航空機の一つ」などと強調していた。

    http://ryukyushimpo.jp/news/entry-198946.html
    no title

    no title

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1452084165/

    この記事を読む

    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/12/26(土)13:50:00 ID:ru6
    門田隆将×櫻井よしこ 日本は同胞を救わない国のままでいいのか!(2)「ストップ戦争法案」の運動そのものが憲法違反

    門田 安倍首相を右翼と呼ぶ人びとやマスコミは、自民党と社会党の対立という55年体制の幻想を引きずった「55年症候群」に罹っているだけでしょう。
    日本の真の対立軸は「現実を直視しているかどうか」です。「DREAMER(空想家、夢想家)」対「REALIST(現実主義者)」の戦いですね。

    櫻井 そのとおりです。そして日本を取り巻く現実は、いまや中国の脅威を抜きにして判断できません。
    尖閣諸島沖に公船を送り込んで領海侵犯を繰り返し、南シナ海で人工島を建造して「自由で平和な海」を破壊しようとしている。
    さらに沖縄県の普天間基地の辺野古移設に反対する活動家を見れば、沖縄県民よりも本土の人や外国人が多数を占めています。
    中国による工作の手が及んでいる、と考えざるをえません。

    自民党議員のなかでも、たとえば船田元氏は明らかに「DREAMER」側の人でしょうか。
    氏はかねてから、9条の改正に関してネガティブと受け取られてもおかしくない言動をしていました。2015年6月4日には、
    衆議院憲法審査会に憲法学者の長谷部恭男氏(早稲田大学教授)を参考人として招き、長谷部氏に安保法案を「憲法違反」と批判される、
    という不始末を起こしています。私が不思議に思うのは、船田氏はその審査会の場で、なぜ即座に
    「長谷部さんは憲法違反とおっしゃるけれども、それでは国民の安全はどうなるのか。現行憲法で、日本人の生命が守れると思うのですか」
    と反問をしなかったのでしょうか。

    こうした動きに自民党全体が引っ張られてしまい、立党時から掲げる「自主憲法の制定」という党是を見失うことがあってはならないと思います。
    自民党内の憲法改正に向けての動きはいま、とても低調です。それでも私は、安倍首相ご本人の決意は揺らいでいない、と考えています。

    門田 憲法というと9条しか知らない人が多くて困りますが(笑)、ご指摘のとおり、憲法13条では
    「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、
    立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする」とあります。国民の生命が脅かされる事態になれば、個人の幸福追求などありえない。
    他国に支配されたり、拘束されたりすれば、その時点で、自由も、生存権も、幸福追求権も、すべてなくなるからです。

    それゆえ、主権国家に与えられるのが自衛権なのです。国民を守る権利の意味を理解しないまま、
    自衛権を「憲法違反」と断じることが、いかに現実から遊離しているか。
    日本のドリーマーたちは街頭で「ストップ戦争法案」と叫び立て、集団的自衛権や自衛隊の存在自体を「憲法違反」だといっています。
    しかし、日本国憲法をないがしろにしているのはむしろ彼らのほうです。

    櫻井 彼らの運動そのものが、日本国民の命を危うくするとしたら、本質的に憲法に違反している、ともいえるでしょうね。
     そもそも国家の法規は国内法と国際法に分かれており、国内法においては憲法が、国際法においては国連憲章が優先します。
    国連憲章の第51条には「国際連合加盟国に対して武力攻撃が発生した場合には、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間、
    個別的又は集団的自衛の固有の権利を害するものではない」とあり、日本の自衛権が認められているのは周知の事実です。

    「集団的自衛権は戦争につながる」という人に申し上げたいのは、第1に、国家の自衛「権」は権利であって義務ではない、ということです。
    権利を行使するか否かはその時々の国会すなわち国民の判断によって決まります。したがって、他国の判断にすべてを委ねて戦争に巻き込まれる、
    という事態は起こりえません。第2に、日本は世界第3位の経済大国でありながら、なぜわが国だけがあらゆる他の国連加盟国が保有する権利をもとうともせず、
    依然として他国に守ってもらう立場に立とうとするのか。その意味を国民1人ひとりが考える必要があります。

    WS000002


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151224-00000001-voice-pol

    引用元:http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1451105400/

    この記事を読む

    1: 孤高の旅人 ★ 2015/12/28(月) 23:26:15.19 ID:CAP_USER*.net
    普天間ヘリにレーザー照射で罰金
    2015年 12月 28日 22:07 JST
    http://jp.reuters.com/article/idJP2015122801002308

     米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の周辺上空を飛行中の米軍ヘリコプターにレーザーポインターの光線が照射された事件で、那覇区検は28日、威力業務妨害の罪で宜野湾市大山、映像関連会社の平岡克朗代表(56)を略式起訴した。
    那覇簡裁は同日付で罰金50万円の略式命令を出した。

     起訴状などによると、7月1日午後9時すぎから9分間、自宅駐車場の上空約300メートルを飛んでいた4人搭乗の海兵隊ヘリに向けて光線を照射し、危険回避のために訓練の中止を余儀なくさせたとしている。

     米軍機のレーザー照射では、米空軍嘉手納基地の周辺上空を飛行中の米軍機などへの照射も確認されている。

     7ffa28fa0eccc8914d0c0bd18f772372

    引用元:http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1451312775/

    この記事を読む

    1: ミッドナイトエクスプレス(茨城県)@\(^o^)/ 2015/12/28(月) 14:00:02.29 ID:Wnl2Sk3a0.net BE:844481327-PLT(12000) ポイント特典
    名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前では28日午前、新基地建設に反対する市民ら約50人が座り込みの抗議活動を続けている。
    工事用車両の進入は確認されていない。

    一方、海底ボーリング調査が続く辺野古沖では、長島付近のスパット台船から掘削棒が海に下ろされているのが確認された。
    台船上に作業員の姿は見られなかった。市民らは船とカヌーを出して抗議した。

    http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=147680

    CXRCRAzVAAEeIjx



    球新報辺野古問題取材班 ‏@henokonow

    シュワブゲート前には28日早朝から雨の中、辺野古移設に反対する市民ら約50人が座り込んでいます。
    機動隊や工事車両の姿は確認できません。
    https://twitter.com/henokonow/status/681242306502983681
     

    WS000001
     

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1451278802/

    この記事を読む

    1: ミントソーダ ★ 2015/12/26(土) 08:32:46.27 ID:CAP_USER*.net
    no title


    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先となる同県名護市辺野古近くの米軍キャンプ・シュワブのゲート前で、抗議活動の際に県警機動隊員を蹴ってけがを負わせたとして、那覇地検は25日、住所不詳、無職の北島義久容疑者(77)を傷害と公務執行妨害の罪で起訴した。辺野古移設反対派の抗議活動が激化した昨夏以降、活動家が起訴されたのは初めて。北島被告は生活拠点のある北海道と沖縄を短期間で往復しており、捜査当局は抗議活動の実態解明を進める。

    今年に入り反対派の活動家らは15人が逮捕され、うち2人が略式起訴されて罰金を科されたほかは釈放されている。

    起訴状によると、北島被告は今月5日、警備を行っていた県警機動隊の警部が反対派に「下がってください」と警告をした際、警部の足を蹴る暴行を加え、全治2週間のけがを負わせたとしている。北島被告は調べに黙秘していた。

    名護署が北島被告を現行犯逮捕した後、反対派の抗議活動は激しさを増し、反対運動を統率する沖縄平和運動センターの山城博治議長もシュワブの敷地内に侵入したとして刑事特別法違反の疑いで逮捕され、その後、釈放されている。

    北島被告は教員経験があるとされる。捜査当局は過激派組織との接点にも注目しており、反対派の一部は、北島被告が北海道から通っており、「支援者」と称して県外からシュワブのゲート前に集まってくる活動家らの実態が裁判の過程でつまびらかにされることを警戒しているという。

    反対派はゲート前だけではなく、先月から応援で派遣されていた警視庁機動隊の宿泊先のホテルにも数十人が2度にわたり押しかけ、敷地入り口に座り込むなど不当な活動をエスカレートさせている。

    ソース:2015.12.26 05:00
    http://www.sankei.com/politics/news/151226/plt1512260002-n1.html
    http://www.sankei.com/politics/news/151226/plt1512260002-n2.html

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1451086366/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング