じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    沖縄基地問題

    スポンサーリンク

    1: ばーど ★ 2018/09/12(水) 07:53:33.28 ID:CAP_USER9
    no title


     沖縄県知事選(13日告示、30日投開票)への立候補を表明している自由党の玉城(たまき)デニー幹事長(58)=衆院沖縄3区=が代表を務めた政党支部が、平成26年に受けた寄付金120万円を同年の政治資金収支報告書に記載していないことが11日、分かった。政治資金規正法違反(不記載)に問われる可能性がある。

     玉城氏の資金管理団体「城(ぐすく)の会」の収支報告書には、26年11月17日に100万円、同20日に20万円を玉城氏が代表を務めた「生活の党沖縄県第3区総支部」に寄付した記載がある。しかし、党名を変更しただけの同一の政党支部「生活の党と山本太郎となかまたち沖縄県第3区総支部」の26年の収支報告書には記載がなかった。

     政治資金規正法では、報告書に不記載や虚偽記載をすると5年以下の禁錮または100万円以下の罰金が科せられる。過去には自由党の小沢一郎代表の資金管理団体「陸山会」の土地購入事件で、購入代金などを報告書に記載しなかったとして小沢氏の元秘書が有罪判決を受けたことがある。

     「城の会」の収支報告書では、25年1月22日に玉城氏の選挙区内にある沖縄市の生花店に「供花代」として3万円を支出した記載もあった。公職選挙法は政治家や後援団体が選挙区内で有権者に寄付することを禁じ、線香や葬儀の供花も該当する。

     玉城氏の事務所は11日、産経新聞の取材に「当時の担当者(退職)に確認中だ。分かり次第回答する」とコメントした。

    2018.9.12 05:00
    産経ニュース
    https://www.sankei.com/politics/news/180912/plt1809120002-n1.html


    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1536706413/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2017/12/24(日) 11:06:01.82 ID:Twitter






    引用元:https://twitter.com/take_off_dress/status/1038979961221074944


    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2018/09/09(日) 20:58:01.82 ID:Twitter




    引用元:https://twitter.com/ganaha_masako/status/1038758589031100416

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2018/09/08(土) 14:55:11.76 ID:CAP_USER9
    http://anonymous-post.net/post-1289.html

    no title


    <前文略>

    県知事選前に政党やメディアが世論調査を行っている。結果は次の通りだ。▽玉城氏が佐喜真氏を10ポイント以上リード(自公調査)▽玉城氏がダブルスコアでリード(全国系リベラル紙)▽玉城氏56・8、佐喜真氏21・3(保守系議員の調査)。もはや、この流れは止まらない。

    孫崎享 外交評論家

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/237065/2

    ↓ ↓ ↓

    虚構のダブルスコア 知事選、出回る「偽」世論調査

    13日告示、30日投開票の沖縄県知事選を巡り、主な立候補予定者の支持に関する「世論調査」の情報が複数飛び交っている。
    調査結果の数字はおおむね傾向が一致し、主な立候補予定者2人のうち、一方の立候補予定者がダブルスコアでもう一方を上回るという結果となっている。
    その中には「朝日新聞の調査結果」とされる数字も含まれているが、朝日新聞社は本紙の取材に「事実無根。調査していない」と答え、偽(フェイク)情報であることが分かった。
    このほか「国民民主党の調査」もあるが、同党も調査を否定した。

    「朝日新聞の世論調査」とされる数字は9月1、2日調査とするもので、主な立候補予定者2人のうち、一方への支持が52%、もう一方が26%と、2倍近い差がついている。
    朝日新聞社広報部は、この数字の真偽について「これは事実無根だ。弊社の数字ではない。そもそも調査も何もしていない」と調査自体を否定した。

    「朝日新聞」以外でも、政党が調査したとされる数字で「56・8対21・3」や、「34~35ポイント差がついている」といった情報が出回っている。

    そのうち「国民民主党の世論調査」とされるものは8月25、26日の調査で、「サンプル数2000」との情報とともに「ある立候補予定者がもう一方を13ポイントリード」とされている。
    国民民主党は本紙の取材に対し「調査をやったという話は確認できない。承知していない」と答えた。 ('18知事選取材班)

    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-799272.html

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1536386111/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2018/09/07(金) 14:22:13.82 ID:Twitter




    引用元:https://twitter.com/blue_kbx/status/944751128243159040

    この記事を読む

    1: ◆mZB81pkM/el0 (庭) [US] 2018/09/07(金) 12:57:28.50 ID:68azSXjH0 BE:844481327-PLT(12345)
    池宮城秀意記念賞シンポジウム 沖縄と世界ー差別と闘い、軍事主義に抗うー

    琉球新報社は2018年「池宮城秀意記念賞」の贈呈式・シンポジウムを9月15日に開催します。
    受賞が決まった「辺野古新基地反対 海外識者103人声明」に参画した3人を招きます。
    【シンポジウム】◇パネリスト=ピーター・カズニック氏(アメリカン大学教授)、ジョイ・コガワ氏(日系カナダ人詩人・小説家)、乗松聡子氏(アジア太平洋ジャーナル「ジャパンフォーカス」エディター)◇進行役=普久原均(琉球新報社編集局長)

    【池宮城秀意記念賞】戦後の米軍統治時代から日本復帰後にかけて琉球新報の編集局長や社長を務め、沖縄が置かれた差別的状況に憤り、
    広い視野から解決を訴えた池宮城秀意(1907―89年)の精神を継承しようと、琉球新報社が創刊115年を記念して2008年に創設しました

    https://ryukyushimpo.jp/event/entry-796184.html
    no title

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1536292648/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [PE] 2018/09/05(水) 15:59:47.27 ID:sRPVr/I50 BE:517598406-PLT(20500)
     前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新推薦=と衆院議員の玉城デニー氏(58)による事実上の一騎打ちとなる県知事選まで1カ月を切る中、政党間の推薦、支援態勢の構図が固まった。今選挙戦の最大の特徴は、前回自主投票だった公明党県本が、辺野古新基地建設を進める自民党が推す佐喜真氏への推薦を決めたことで、知事選では8年ぶりに国政与党の自公が推す候補者と国政野党が支援する候補者が対決する構図となった。

     名護、石垣、沖縄などの市長選では自公と連携を組む維新も8月30日に佐喜真氏に推薦状を交付した。
    知事選では初の自民、公明、維新が共闘する枠組みとなった。維新は前回知事選では下地幹郎衆院議員を支援した。
    自民は菅義偉官房長官や二階俊博幹事長、竹下亘総務会長ら政府や党の幹部が相次いで来県するなど「挙党態勢」で知事選に臨む。

     対する県政与党は、前回知事選と同様に、幅広い層から支持を得るために玉城氏への推薦は出さない考えで、翁長雄志知事が構築した「オール沖縄」体制を前面に掲げる。
    県議会与党会派のおきなわや「おきなわ政治・経済懇和会」、保守・中道系市町村議員らで組織する「新しい風・にぬふぁぶし」も玉城氏を支援する。

     一方、公明と同様に、前回知事選で自主投票だった国民民主(旧・民主党)は玉城氏支援に回るほか、旧民主の流れをくむ立憲民主も玉城氏を支援する。
     (’18知事選取材班)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180905-00000008-ryu-oki 


    20180905-00000008-ryu-000-1-view

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1536130787/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング