じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    沖縄基地問題

    スポンサーリンク

    1: リバースネックブリーカー(茸)@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 22:21:08.10 ID:Ihjv0Wjm0.net BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    米軍の新型輸送機オスプレイが18日、熊本地震の被災地へ物資輸送を始めた。オスプレイが日本の災害対応に使われるのは初めてだ。
    今回の救援活動に必要なのか。安全面に問題はないのか。疑問の声が出ているが、日本政府と米軍は、オスプレイの災害派遣での実績づくりを急いだ。
     防衛省によると17日に4機が米軍岩国基地に到着。そのうち2機が18日午後、熊本空港と被災地の熊本県南阿蘇村を2往復し、
    水や食料、簡易トイレといった救援物資を運んだ。

     だが、自衛隊にも約60人乗りの大型輸送ヘリCH47が約70機ある。約30人乗りの米軍オスプレイがさらに必要なのか。疑問の声が上がる。

     「オスプレイに対する国民の恐怖感をなくすために慣れてもらおうということで、こういう機会を利用しているとすれば、けしからんことだ」。
    共産党の小池晃書記局長は18日、朝日新聞の取材に語った。同日の参院決算委員会で同党議員に質問された中谷元・防衛相は
    「安全性を保証している。自衛隊のヘリ能力だけでは十分に現地に物資が届けられていない」とオスプレイの必要性を強調した。

     安倍晋三首相は、17日午前8時半過ぎには米軍の輸送支援について「直ちに米軍の支援が必要という状況ではない」と語っていたが、
    2時間半後には「輸送ニーズが整い次第ただちに実施したい」と方針転換した。防衛省関係者は「米軍オスプレイの支援は必ずしも必要ではないが、政治的な効果が期待できるからだ」と説明する。

     米軍普天間飛行場のオスプレイには、騒音被害や事故への懸念が絶えない。
    自衛隊が陸自オスプレイ17機を佐賀空港(佐賀市)に配備する計画も、地元の反対で進んでいない。

     しかし、今回オスプレイを十分に活用できれば、その安全性や性能を広く知らせる機会となりうる。中谷氏は、18日の参院決算委で「オスプレイは、
    垂直離着陸が可能で山間地など狭隘(きょうあい)な場所でも物資を運ぶことができる。災害時に役立つ能力がある」と有用性を強調した。
    http://www.asahi.com/articles/ASJ4L5Q4YJ4LUTFK00G.html 

    no title
     

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1460985668/

    この記事を読む

    1: ジャーマンスープレックス(愛媛県)@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 19:28:37.80 ID:/VRySY880.net BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    なかやま@_vamochan
    家の前のオスプレイきた!
    救援物資が大量に届いた!!
    no title

    no title

    no title

    https://twitter.com/_vamochan/status/721976302639534081


    なかやま@_vamochan
    一気にこれだけの物を運べるのだから日本にはやっぱり必要なんだと思う。
    一機で自衛隊のトラック一台半運べるし早いし
    no title

    https://twitter.com/_vamochan/status/721981221085913088


    へい、おまち!@gakunenbuchou
    @_vamochan はじめましてです。地震で大変なのに画像アップしてくれてありがとうございます。私も、間近でオスプレイ見てみたいです。米兵はカッコ良かったですか?
    https://twitter.com/gakunenbuchou/status/721985145792671744


    なかやま@_vamochan
    @gakunenbuchou 自衛隊の方と一緒に荷物運びしておられました。それを自衛隊員が受けとる。
    なんとも嬉しい限りです。感無量でした。
    https://twitter.com/_vamochan/status/721996976384946176

    7: ジャンピングエルボーアタック(愛知県)@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 19:31:39.61 ID:oYvPXLtO0.net
    南阿蘇にオスプレイが到着!
    支援物資たくさん輸送してくれました!

    被災地にいち早く届きますよーに

    https://twitter.com/gtoszk0929/status/721978074460327936/photo/1
    no title

    no title

    62: イス攻撃(佐賀県)@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 19:41:30.96 ID:MoBeMF4J0.net
    no title

    no title

    no title


    熊本大地震 オスプレイ2機、南阿蘇村に到着
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00322183.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1460975317/

    この記事を読む

    1: アトミックドロップ(家)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 19:04:06.41 ID:jK2cn6We0.net BE:754019341-PLT(12345) ポイント特典
    <社説>久辺3区アンケート 国策が住民追い込んだ
    http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-255664.html

    辺野古上空二_1


    20年も国策に翻弄(ほんろう)された住民の重いため息が聞こえるようだ。

    政府が米軍普天間飛行場の移設先とする名護市の新基地建設地に隣接した久辺3区の住民に、本紙は戸別訪問によるアンケートを行った。辺野古移設計画については「条件付き容認」「推進」を合わせた賛成が47%で、反対の42%を上回った。

    この結果をもって「地元住民は賛成派が多い」とみるのは早計に過ぎる。

    普天間の移設先について聞くと、県外、国外や即時閉鎖など、辺野古以外の選択肢を挙げた住民が62%と最多で、辺野古と答えた住民は24%だった。

    6割以上の人たちが辺野古以外の移設先を望みながらも、政府が移設作業を強行する中、諦めや無力感にさいなまれて、容認に転じたことがうかがえる。

    「容認」とする人たちも「決まっているので移設せざるを得ない」「反対だがどうにもならないことを知っている。 選挙も同じことの繰り返し」と答えた。

    (略)

    1996年に普天間の移設先に浮上した後、政府は防衛予算や再編交付金を使った箱物、久辺3区だけの交付金など「アメ」を駆使した。移設計画の賛否を巡って、地域のみならず親兄弟さえも分断した。移設の話はできない、とぴしゃりとドアを閉めた住民の多さに、これ以上翻弄されたくないという思いがにじむ。

    3千人にも満たない集落に基地を押し付けるのは、小さな地域は黙って国策に従え、と強いるものだ。
    賛成派が多いのではない。容認または沈黙せざるを得ないほど住民を追い込んだ責任を政府は自覚すべきだ。

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1460541846/

    この記事を読む

    1: 急所攻撃(庭)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 08:51:54.43 ID:jOfUVfhE0●.net BE:844481327-PLT(13345) ポイント特典
    no title

    高江ヘリパッド建設予定地

    米軍北部訓練場の一部返還に伴うヘリ着陸帯(ヘリパッド)の移設工事で、政府内に、移設に反対する住民らの妨害を避けるため資機材などの空輸案が浮上している。
    複数の政府関係者が12日、明かした。
    5月にも建設予定地に調査会社を派遣し、資材を空輸する工程を検討する予定だ。

    北部訓練場は、返還されない区域に6カ所のヘリパッドを移設することを条件に総面積の過半を返還することが日米で合意しているが2カ所しか完成していない。
    いずれも東村高江の集落に近く、反対する住民らが県道の路側帯に車を止め工事車両の進入を防ぐなど、抗議行動を続けている。

    防衛省は3月、車などの撤去に向けた行政指導を県に求めた。
    4月18日までに対応結果を文書で回答するよう県に求めているが、県関係者によると県は当面応じない考えだという。
    県幹部は「高江で抗議する市民の思いも大切にしないといけない」とテントなどの強制撤去に否定的な見解を示した。

    工事は2年近く止まっている。北部訓練場の過半約4千ヘクタールの返還で、在日米軍専用施設面積に占める沖縄の割合は74・4%から70・6%に縮小する。
    そのため政府は負担軽減の姿勢をアピールできるとみる。

    一方で、空輸案は移設工事が妨害されると、防衛省内ではたびたび浮上していた。
    政府内にも航空機での輸送は限界があるとの見方もあり、実効性は未知数だ。
    政府関係者は「予定通りトラックなどを使って地上から運ぶのが理想。県にもさらなる協力を求める」としている。

    http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=163371

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1460505114/

    この記事を読む

    1: 孤高の旅人 ★ 2016/04/12(火) 07:26:19.62 ID:CAP_USER*.net
    「基地反対」に嫌がらせ 東京の沖縄出身者が被害 部屋賃借断られ/ビラまきに罵声
    04/12 07:00
    http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0258158.html

     日米両政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の返還に合意してから12日で20年。
    代替施設を名護市辺野古へ移設する国の計画に反対の声を上げる沖縄県出身者に対し、東京で嫌がらせが起きている。沖縄県の地元紙記者が都内で部屋を借りようとしたところ、報道姿勢を理由に賃貸契約を断られた。移設問題を巡って政府と県の対立が深まる中、東京に住む沖縄の人たちも「沖縄たたき」で不快な思いをしている。

     「目の前にある基地をなくしてほしいという自然な思いを、口にしにくい雰囲気を感じる」

     基地移設に反対の論陣を張る沖縄県の地元紙、琉球新報の新垣毅東京支社報道部長(44)は3月上旬、赴任のため都内で部屋を借りようと申し込んだところ、不動産業者から「大家が『琉球新報には貸さない』と言っている」と断られた。昨年6月、安全保障関連法案をめぐる自民党の勉強会で、作家百田尚樹氏が琉球新報と沖縄タイムスについて「つぶさないといけない」と発言。新垣さんは「沖縄2紙への報道圧力が頭をよぎった」。

     人権問題に力を入れる東京東部法律事務所の山添健之弁護士は「民間でも思想・信条を理由に契約を拒絶することは許されない。憲法の定める『法の下の平等』に反する」と違法性を指摘する。

     そうした声は、東京で辺野古移設に反対する集会を続ける「沖縄一坪反戦地主会」
    関東ブロックのメンバーからも聞かれた。同会の中心メンバーで、与那国島出身の大仲尊(たかし)さん(66)によると、集会でビラをまいていると、手をたたかれたり、「中国へ帰れ」「北朝鮮のスパイか」などと罵声を浴びせられたりすることがあるという。(東京報道 丸山格史)

    WS000000
     

    引用元:http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1460413579/

    この記事を読む

    1: アキレス腱固め(栃木県)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 08:46:23.10 ID:/upwKFfw0●.net BE:886559449-PLT(22000) ポイント特典
     日米両政府による米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の返還合意から12日で20年を迎えるのを前に、沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事が5日、毎日新聞のインタビューに応じた。政府と県は普天間飛行場の名護市辺野古への県内移設計画を巡る訴訟の和解を受けて協議中だが、翁長知事は新たな訴訟で敗訴しても、「辺野古の埋め立て承認以降の事由(出来事)で私どもが了解できないことがあれば、撤回も視野に入れる」との考えを明らかにした。

     協議が決裂した場合に想定される新たな訴訟の判決確定後の対応について、翁長知事が埋め立て承認の「撤回」に言及するのは初めて。沖縄にとって移設阻止に向けた新たな有力なカードとなり、日米両政府の移設計画の行方は不透明さを増しそうだ。

    http://mainichi.jp/articles/20160406/k00/00m/010/154000c
    no title

    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1459899983/

    この記事を読む

    1: 中年'sリフト(庭)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 13:07:18.50 ID:9I7cEgjt0●.net BE:656580197-PLT(13000) ポイント特典
    民進党の沖縄県連が発足 辺野古新基地反対を堅持

    民進党沖縄県連(花城正樹代表)は4日、常任幹事会で役員体制などを確認し、正式に発足した。6月の県議選は引き続き翁長雄志県政を支える与党の立場で臨み、名護市辺野古の新基地建設に反対する姿勢を堅持することなどを確認した。
    支援組織の連合沖縄との協調体制も維持し、県連と連合で県議選の合同選挙対策本部を立ち上げる方向で調整する。

    前県連の役員体制を継続し、清水磨男那覇市議が幹事長・政調会長を、仲間昌信金武町議が常任幹事を務める。
    4日付で県連内に県議選と次期国政選挙の選対本部を立ち上げ、花城代表が本部長に就いた。

    花城代表は記者会見で、普天間飛行場の返還問題への姿勢で「新しい辺野古基地を造るべきでない。県外、国外移設を求めるスタンスを堅持する」と述べた。

    no title

    http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=162118

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1459915638/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング