じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    沖縄基地問題

    スポンサーリンク

    1: ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★ 2015/10/03(土) 22:27:26.98 ID:???
    ★韓国人男性が支援に感謝 辺野古、海上ではフロート設置
    2015年10月3日 11:46

    【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対する市民らは3日朝、米軍キャンプ・シュワブゲート前で抗議行動を始めた。工事関係車両などの基地内への進入は午前11時までに確認されていない。9月22日の抗議行動中、警察官を蹴ったとして公務執行妨害の容疑で逮捕、拘留され10日2日に釈放された韓国人の男性(29)が3日午前、帰国を前に妻(29)や糸数慶子参院議員らとともにゲート前を訪れ、あいさつした。

    男性は拘留中に妻へ手紙を書く際、日本語の文章でなければ出せないことを警察に指摘され、辞書で日本語を調べ「苦労の末に楽が来る。沖縄の住民たちは私たちの隣である」などと記した手紙を出したという。

    男性は、警察官を蹴ったことに関し妊娠中の妻をかばうためだったと主張。
    「警察からは『妊娠している人間がなぜゲート前にいたのか』とも言われたが、妊婦でも辺野古で闘いたい。赤ちゃんが生まれたら必ずこの場所に座ると思う」
    と述べ、拘留中の支援に感謝した。男性の妻は警察へ向け「ここに集まっている人は敵では無い」と訴えた。

    大浦湾の海上では、沖縄防衛局の作業船が浮具(フロート)を設置する作業を進めている。
    辺野古移設に反対するカヌー隊28隻が設置作業に抗議し、作業員とカヌー隊がロープを引っ張り合う場面もあった。
    【琉球新報電子版】

    http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-249904-storytopic-1.html

    座り込みをしている人々に対し、ゲート前で拘留中の支援に感謝する韓国人男性(中央奥)と
    妻(中央手前)=3日午前8時38分、名護市辺野古
    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1443878846/

    この記事を読む

    1: エルボードロップ(長野県)@\(^o^)/ 2015/09/28(月) 21:16:34.22 ID:d+O1YCdr0.net BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    9月22日、「平和の海 国際交流キャンプin沖縄」に参加していた韓国のKさんが、辺野 古のキャンプシュワブゲート前で不当逮捕されました。
    許せません! 沖縄の友人からの要請を転送します。救援カンパにご協力をお願いします。

    辺野古で不当逮捕された韓国人Kさんへの弾圧救援カンパのお願い

    e166672f8a2a666bee8901217b8422a4


    http://www.labornetjp.org/news/2015/1443407361720staff01

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1443442594/

    この記事を読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 22:01:55.61 ID:???.net
     沖縄県の翁長雄志知事は21日午後(日本時間22日未明)、スイス・ジュネーブの国連人権理事会で、
    「沖縄の人々は自己決定権や人権をないがしろにされている」と訴え、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を
    止める覚悟を示した。沖縄県民の「まったく別の声」を見聞きしてきた者としては、あきれるしかない発言だ。

     在ジュネーブ日本政府代表部の嘉治美佐子大使がすぐ反論したが、他にも2人が異議を唱えた。

     名護市出身のジャーナリスト、我那覇真子(がなは・まさこ)氏は「翁長氏の発言は真実ではない。沖縄県民は教育、
    福祉、生活において高いレベルの人権を享受している。県民は先住民族であると主張し、それを支持する中国こそが脅威だ」
    と言い切った。まったくの正論だ。

     我那覇氏はさらに、沖縄県石垣市の砥板芳行(といた・よしゆき)市議の主張を次のように代弁した。

     「尖閣諸島を含む地元の漁民は中国に脅かされている。東シナ海、南シナ海での中国の深刻な挑戦行為を国際社会が
    認識することが重要だ」

     辺野古沿岸部に近い米軍キャンプ・シュワブ前で先日、警察官を蹴った公務執行妨害の疑いで、反基地運動をしていた
    韓国人男性が逮捕された。辺野古区民の多くが賛成している基地移設に、全国から集まった活動家だけでなく、韓国人や
    中国人が反対している異様な実態の一部があらわになった。自己決定権を侵害されているのは辺野古区民ではないのか。

     前出の砥板氏は「シリア難民やアフリカの貧困飢餓など、世界的に大きな問題があるなかで、国内で解決すべき移設問題を
    国連に持ち出した翁長氏と同じ土俵に乗るべきか」という葛藤があったという。

     だが、国連人権委員会には問題が多い。NGO(非政府組織)の主張をもとに対象国の「問題点のリスト」を作り、謝罪や
    賠償を求める勧告を出しているのだが、特定の背景を持ったNGOが、国連人権委員会を利用して日本政府に圧力をかける
    マッチポンプの構図ができあがっているのだ。

     日本政府は昨年、国連人種差別撤廃委員会から「沖縄の人々は先住民族である。その権利を促進・保護するように」という
    勧告を受けたが、多くの沖縄県民は「?」という感覚ではないか。理解困難な人権問題に対し、反論の楔(くさび)を打ち込んだ
    我那覇、砥板両氏の役割は大きい。

     そもそも、国連を今でも絶対視しているのは、日本の一部メディアと政党、組織ぐらいではないか。国連で訴えたからといって、
    人権問題が簡単に消えることがないのは明らかだ。

     なぜなら、国連の常任理事国には、チベットやウイグル自治区で人権を蹂躙(じゅうりん)している中国や、ウクライナを力で併合した
    ロシアが入っている。潘基文(パン・ギムン)事務総長の祖国は韓国だが、離れ離れになった同胞が北朝鮮で地獄のような生活を
    強いられているのに、まったく解決できない。

     国連を「日本たたき」に利用している人々の魂胆は何なのか。背後に「琉球独立」を画策する他国が存在する可能性はないのか。
    それを見抜くためにも、多くの方々に「本当の沖縄」を知ってほしい。 =おわり

     ■兼次映利加(かねし・えりか) 1985年、那覇市生まれ。

    zakzak 2015.09.27
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150928/dms1509281140001-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150928/dms1509281140001-n2.htm


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1443358915/

    この記事を読む

    1: オリンピック予選スラム(茨城県)@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 08:25:19.24 ID:wMFwk8nH0.net BE:844481327-PLT(12000) ポイント特典
    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設作業が進む米軍キャンプ・シュワブ(名護市)に隣接する辺野古区は条件付きで辺野古移設を容認している。
    同県の翁長雄志知事は国連人権理事会で「日本政府は民意を一顧だにしない」と述べたが、辺野古区の住民は「知事は区の民意を無視している」と反発する。

    テントに違法駐車、道路に寝転がっての妨害…。シュワブのゲート前では移設反対派による無法状態が続く。
    道路をふさぎ、辺野古区民は通学、通勤や買い物に支障を来すこともある。

    ゲート前には連日、100人前後の反対派が集まるが、常に参加する辺野古区民は2人だけという。
    名護市議で辺野古区在住の宮城安秀さん(60)は「約1500人の区民の7、8割は条件付きで移設を容認している」と話す。
    辺野古商工社交業組合理事の飯田昭弘さん(67)は「政府は辺野古で日本一の街づくりを進めると約束した」と振り返る。
    2本の滑走路をV字に建設する現行移設計画が決まった平成18年頃のことだ。

    名護市は20~22年度に市道整備などで辺野古・豊原・久志の3区(久辺3区)に約2億3000万円の米軍再編交付金を充てた。
    3区の行事などに使う約6億円の基金も交付金で積んだ。

    ところが、22年の市長選で移設容認の現職を破って稲嶺進氏が市長に就任すると交付金は止まった。
    移設が実現すれば久辺3区が最も影響を受けるが、移設に反対する翁長、稲嶺両氏とも3区の住民の声に耳を傾けようとしない。

    今年5月に設けられた政府との懇談会は3区の住民が声をあげられる唯一の場だ。
    隣人としてシュワブの米兵と接することに「違和感はまったくない」と語る飯田さんはこう明言する。

     「中国の軍事的脅威に備える国防の観点から辺野古移設は不可欠だ」

    ただ、政府・自民党に不満もある。「辺野古移設の抑止力上の意義について、ひざ詰めで県民に理解を求める努力が足りない」

    plt1509230004-p1


    http://www.sankei.com/politics/news/150923/plt1509230004-n1.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1442964319/

    この記事を読む

    1: くじら1号 ★ 2015/09/24(木) 18:24:57.85 ID:???*.net
    【沖縄振興】

     「沖縄は基地を預かっているから、多額の振興費をもらっているという誤解がある。いつも年末に沖縄県の振興予算3000億円確保と報道される。本土の人は47都道府県全て等しく予算をもらった上で、沖縄県が3000億円をもらっているという誤解だ。それは全く違う。

    沖縄県は27年間、日本人でもない、米国人でもない、日本国憲法の適用もない、当然合衆国の憲法の適用もない。治外法権の中で生きてきた。
    だから44年前に本土復帰をした時、国会議員も一度も出したことがなく、予算の取り方もわからない。だから県と政府の間に沖縄開発庁が入り、今は内閣府の沖縄担当が入って私たちの気持ちを聞いて、財務省に話をしてまとめて予算を取ってくる。

    他の46都道府県はそれぞれで政府に要望を出して予算を取ってくるから発表される予算はない。沖縄県の地方交付税は全国で16位、国庫支出金あわせて6位で特段、その突出していない。でも、なぜ上位なのかといえば、沖縄県は戦後、道路も保育園もほとんどない。
    そういったものを本土並みに是正をするために補助とかいろいろ出てきた。

    『沖縄さん、まあ基地を置いて、振興策をもらったらいいですよ。うらやましいですね』などといろんな方々が言うが、そういったものに反論するのは簡単ではない」

    i320


    http://www.sankei.com/premium/news/150924/prm1509240007-n4.html

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1443086697/

    この記事を読む

    1: デンジャラスバックドロップ(京都府)@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 15:19:35.23 ID:Ty1nqVjn0●.net BE:725951203-PLT(26252) ポイント特典
    辺野古移設抗議の韓国人男、警察官蹴った疑いで逮捕 妊娠妻の強制排除危機でもみ合い!? 

     沖縄県警名護署は22日、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部に近い米軍キャンプ・シュワブのゲート前で警察官を蹴ったとして、公務執行妨害の疑いで、移設作業に抗議していた韓国籍で職業不詳のキム・ドンウォン容疑者(29)を現行犯逮捕した。同署によると、キム容疑者は否認している。
     移設反対派によると、キム容疑者は妻と一緒に抗議活動をしていた。妊娠中の妻が警察官に強制排除されそうになり、キム容疑者が阻止しようとして警察官ともみ合いになったという。
     逮捕容疑は22日午前7時すぎ、警備活動中の警察官の足を蹴ったとしている。

    okinawahenoko


    http://www.sankei.com/west/news/150922/wst1509220030-n1.html 

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1442902775/

    この記事を読む

    1: フェイスロック(北海道)@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 00:01:02.51 ID:Qp1KFgF50.net BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    翁長知事、辺野古移設は「理不尽」 スイス国連で訴え

    朝日新聞デジタル 9月21日(月)21時48分配信

     沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事は21日昼(日本時間同日夜)、スイス・ジュネーブの国連欧州本部内で開かれたシンポジウムで講演し、沖縄に米軍基地が集中する現状について「県民の自由と平等と民主主義が無視され、自己決定権がないがしろにされている」と訴えた。

     翁長氏は同日午後には国連人権理事会の定期会合で同様の考えを説明し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の県内移設反対を主張する。

     シンポジウムは「沖縄における軍事化と人権侵害」と題し、東京の人権NGO「市民外交センター」や、翁長氏を支える市民団体などが主催。
    翁長氏は、人権理事会に参加する外交官やNGO関係者ら約50人を前に20分ほど講演した。

     翁長氏は講演で、琉球王国が日本に組み入れられた明治初期の琉球処分や、県民の4人に1人が亡くなったとされる沖縄戦、米軍基地が集中していった戦後の歴史などを説明。選挙などで普天間の「県内移設反対」の民意は示されているとして、日本政府が名護市辺野古への移設計画を進める現状を「非常に理不尽さを感じる」と批判した。

     米国に対しても、「日本の国内問題」との立場を崩さない姿勢を問題視。「(米軍基地を)国民全体で負担できない日本政府のせいなのか。
    知らんぷりを決め込む米軍のせいなのか。辺野古に基地をつくろうとする真犯人が誰なのかを考えてほしい」と呼びかけた。

     翁長氏は現地時間の21日午後3時(日本時間午後10時)からの人権理事会の定期会合にも出席し、沖縄の現状について発言する。(ジュネーブ=上遠野郷)

    25472_1110_20150919-121430-1-0001


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150921-00000037-asahi-soci

    129: フランケンシュタイナー(dion軍)@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 00:50:57.80 ID:mQsFB6kJ0.net
    国連人権理事会の書き起こし
    http://afriqclass.exblog.jp/21666952/

    議長:次は市民外交センター

    議長、ありがとうございます。
    私は、翁長雄志、沖縄県知事です。
    世界に辺野古に注目してほしい。
    沖縄の人びとは、その自決権を無視されている状態にある。
    WWII後、米軍は我々の土地を武力で収用し、軍事基地を建設した。

    我々は我々の土地を自らの意思で提供したことはない。
    沖縄は、日本の0.64%の面積を占めるに過ぎないにもかかわらず、73.8%の米軍基地が沖縄に集中する。
    過去47年間、米国基地は、多くの事件・事故をおこし、環境破壊をしてきた。
    我々の自決権・人権が無視されてきた。
    我々の国は、国民の自由、人権と民主主主義を保証していない。

    日本政府は現在、新しい基地を、辺野古に、美しい海を汚してでも建設しようとしている。
    過去1年間、すべての選挙で沖縄の人びとは繰り返し基地建設に反対の意思を示してきたにもかかわらずである。
    私は、この新しい基地建設にすべての手法を使って阻止する意思である。

    今日このような機会を頂き、感謝したい。

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1442847662/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング