じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    沖縄基地問題

    スポンサーリンク

    1: ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★ 2015/08/18(火) 00:16:02.05 ID:???
    g00298_main



    ★沖縄メディアの「ミス・インフォメーション」
    2015.08.14]ロバート・D・エルドリッヂ

    (中略)

    ■米海兵隊の人命救助表彰を報じなかった沖縄2紙
    沖縄県北部の金武町で昨年12月23日、運転していた自転車から交通量の多い海岸道路に転落した沖縄の老紳士を救命した米海兵隊員を表彰する式が15年1月14日に開催され、私も出席した。キャンプ・ハンセンに向かっていた途中で、老人を救出、蘇生させた海兵隊3等軍曹のとっさの行動は勇敢であった。

    式は短時間で、簡素にして威厳のある表彰式だった。司令官は、勇敢さについて歴史的、神話的のみならず、それがわれわれ人間にとって何を意味するかという文脈で語った。
    「ヒーローの行為とは普通の人が他人に対して普通でないことをしてあげるということです」
    と司令官は指摘して、現場を通った他の運転者がやらなかったことを軍曹が実行したことを賞賛した。
    報道関係者も式に招待されたが、地元住民の命が米軍関係者の行動により救われたにもかかわらず、驚いたことに地元の新聞社2社とテレビ局は出席しなかった。

    琉球新報、沖縄タイムスがともに参加しなかったことは非常に残念なことであった。
    彼らは連絡を受けており、「命は宝」という沖縄人の言葉に同意するだろうから、救命行為を賞賛して取材する価値があったはずだ。

    ■意図的に報道しない「ミス・インフォメーション」
    このいい話を報道しなかったことは、「ミス・インフォーメーション」、つまり前向きなニュースを、しばしば意図的に報道しないというひとつの例である。これらの記事には、友情、人間性のある行為、善行、コミュニティー関係、そして米軍の存在や日米関係をめぐるさまざまな側面についての記事が含まれる。メディアは、肯定的な事実を報道しないことにより、厳に存在する実際の関係を間違った形で描写し、その代りに否定的でセンセーショナルなものに焦点を当てている。

    この事故を報道する機会は実際いくつかあったが、取材しないという意識的な決定があったようだ。最初のチャンスは事故直後に警察などが現場に初動したときである。
    次のチャンスは12月31日、電子新聞Okinawa Marine(沖縄海兵隊)に事故の目撃者の投稿が掲載されたときだ。1月5日には日本語でも公開された。地元メディアは米軍の発表する情報を定期的にモニターしているが、ほとんどの場合それに基づく報道はしない。

    そして最後のチャンスとしては、地元メディアが式への招待状を1月8日に受け取ってから事故について知り得た時だった。しかし、悲しきかな、かれらは式典に出席し、報道し、この日に沖縄における米軍の隣人であるかれらの読者のために公表されたメッセージを共有するという選択をしなかった。

    このことで私は悲しい結論に達した。琉球新報と沖縄タイムスは沖縄の米軍取材で偏向しているということだ。日本新聞協会が2000年に採択した新聞倫理綱領に違反しているということだ。

    ■防戦体制のメディアが繰り出す無差別砲撃
    有名な保守派のコメンテーターである百田尚樹氏は6月25日、自民党の若手政治家、約40人でつくる勉強会に出席、沖縄のメディアは政府に批判的だという質問者の意見に同意した上で、「沖縄のふたつの新聞は潰さないといけない」と語った。
    百田氏は後にこのコメントは冗談だと説明したが、議論は他の話題にも移り、沖縄、本土、そして日本在住の外国メディアが同氏の発言を激しく攻撃した。自民党執行部はすぐさま行動を取り、勉強会の主催者や攻撃的と捉えられた発言をした他の出席者に制裁措置を取った。
    安倍晋三首相自身もこの問題が国会での安保法制審議に悪影響を与えかねないと懸念したこともあり、連立相手の公明党に対して謝罪した。

    しかしながら「百田事件」について最も驚いたことは彼のコメントではなかった。
    さらに、沖縄のふたつの新聞社が非常に否定的な反応を示したこと、つまり抗議声明を発表したり、朝日新聞のような業界仲間と共闘して社説で百田氏を糾弾したり、日本外国特派員協会でのこれらの仲間の集まりで発言したりしたことでもない
     >>2へ続く

    http://www.nippon.com/ja/column/g00298/

    2: ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★ 2015/08/18(火) 00:16:36.55 ID:???
    >>1より

    最も驚いたのは、メディアそのものが、言論の自由、報道の自由の名の下に、ひとりの民間人の言論の自由を露骨に犯していたことについて、人々が気付くのが遅かったということである。

    一連の発言は、沖縄に対して攻撃的であるとか、民主主義、報道の自由、言論の自由に対する脅威であるとの批判がある。メディアはこれらの批判のうちひとつとして、発言の背景となった偏向の存在や意図的にミスリードするカバー体制、そしてこのような状況下における彼ら自身の役割を認識していなかった。沖縄のメディアとかれらの仲間全体は、自己評価をするいい機会を捉えるのではなく、いわば防戦体制を固めてすべての方向に“無差別砲撃”を行っている。

    ■間違いや不作為を犯したメディアの責任
    那覇市民の平良哲氏が、2014年11月6日付琉球新報の読者欄で「新聞は大きな公共性があり、民主主義の根幹をなす中立・公正に基づく正確な報道が求められている。私たちは新聞に民主主義を維持するための機関として購読料を払い、深い関心と期待をもって読んでいる」
    と書いている。

    わたしは平良氏のコメントにまったく同意するし、琉球新報がこれを掲載したことを喜んでいる。ただ、同紙の編集者がこの皮肉に気が付いているかどうかだ。
    沖縄2紙が真剣にかつ透明性を持って、新聞倫理綱領と読者の期待に反していないか自問することが必要である。

    これまでの報道で間違いを犯したり、不作為を通したメディアの無責任さは、日本の最南県沖縄ではなお一層深刻である。というのは、そこにはあけすけな反基地・反政府アジェンダや、ほとんど閉ざされたメディア市場という存在があるからだ。

    私はおそらく個人的に長年働いてきたアカデミズムの世界を除いて、メディアにはほかのどの社会部門よりも多くの友人を持っている。ジャーナリズムというのは、思慮深くて思いやりのある多くの人々にとっての職業である。このようなジャーナリズムの特性は、正しいことをすること、つまり、しかるべき建設的な批判を反映させ受け入れること(特に歓迎されない批判)また、報道活動においてオープンで誠実であることによって、その特権を一層発揮させられるものだと望んでいる。

    一部メディアは、百田氏や自民党勉強会のメンバーのコメントについて「寒々しさ」を
    覚えると主張している。しかしながら私は、この事件の直後にメディアが示した「報復力」
    に寒々とした。ひとりの市民が報復もできずにメディアを批判できないようなら、われわれは
    何の権利をもっているのだろうか。メディアは百田氏の発言を「民主主義に対する挑戦である」
    とレッテルを貼ったが、私にとっては馴れ合い状態にあるメディアの現状こそ、最大の挑戦だと思える。われわれはメディアから何を信じるべきか指示されなくてはならないのか、かれらがわれわれのパラメーターをつくるべきなのだろか。

    私は実際、メディア自身が、権力であるとの自覚を持っているかどうかと疑う。
    「第四の権力」であるメディアは、願わくば一般国民を代表して政府をチェックする役割を演じる。このことは常には現実となっていないが、われわれは、メディアが崇高な目標に従い、偏狭な既得権益に対してではなく、われわれ共通の願い、万人の持つ懸念に対して応えるよう期待している。

    不幸にも、今日のメディアは偏向したかたちで、またしばしば政治的な目的を持って報道された真実でないことや正しくないことを報道し続けるという状況にある。

    ■責任ある読者がもうひとつの鍵
    これらの問題は、学者として沖縄のメディアと緊密に働いた人たちが非常に憂慮する原因になっているだけでなく、報道機関の役割をめぐり日本で起こっている論争の観点からも特に深刻である。地元、地方、全国、国際レベルを問わずメディアはダブルスタンダード(二重基準)を持つことはできない。もし持つならばさらに信用を失うことになる。 >>3
    3: ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★ 2015/08/18(火) 00:16:41.10 ID:???
    >>2より

    私はこの論文を皮肉ではないが米国独立記念日の7月4日に執筆している。
    最も偉大な民主主義思想家のひとりであり独立宣言の起草者であるトーマス・ジェファーソンは1787年に書いた以下の文で有名である。「もし、新聞のない政府か政府のない新聞のどちらかを選択する決定を私がしなければならないなら、一瞬の躊躇もなく後者を選択する」

    同時にジェファーソンは、報道機関も無責任になりかねないということを知っていた。
    1800年に彼は以下のように警告している。「まったく物を読まない人間は新聞しか読まない人間よりより教養がある」。われわれは深さと幅のある情報を得るために依然としてメディアを必要としている一方、われわれはこの同じメディアがときたま(ある場合では規則的に)やり過ぎや無責任さを露呈することを認識する必要がある。

    日本新聞協会は2000年6月21日に新聞倫理綱領を採択、そこでは、「報道は正確かつ公正でなければならず、記者個人の立場や信条に左右されてはならない」とうたっている。
    わたしは今までの報道姿勢を見てきたが、メディアの多くはこの綱領に従って行動していない。
    この状況は特に沖縄において当てはまる。読者の一員としてわれわれはこれらの問題を伝える責務がある。

    メディアが正当で建設的な批判を受け入れ、自身をさいなむ問題を早く解決すればするほど、われわれすべてがよりよくなる。でなければ、国民のメディアに対する信頼が落ち続け、ほかの情報収集手段が増加し、国民のメディアに対する監視が深まることになる。
    (2015年7月4日、英語で執筆)

    この記事を読む

    1: 北村ゆきひろ ★ 2015/08/08(土) 00:38:43.84 ID:???*.net
    「(埋め立ての承認には)法的な瑕疵があるので、これをベースに議論したい」
     先月31日、首相官邸に菅義偉官房長官を訪ねた沖縄県の翁長雄志知事(64)。名護市辺野古での基地建設のための沖合埋め立てを承認した前知事の判断取り消しをちらつかせた。“反基地の闘士”として存在感を示す翁長氏だが、地元は普天間とは別の「もうひとつの移設問題」に揺れているという。

    地元記者が語る。

    「ずばりカツラ疑惑です。昨年の知事選を前に、翁長氏のカツラが風で飛んでいくイラストを掲載した怪文書が大量に配られたこともあって沖縄ではこの疑惑は広く噂されているのです」

    ?県外移設を旗印に当選した知事に、“頭髪移設”の疑いありとは穏やかではない。沖縄県庁や翁長氏がかつて市長だった那覇市役所の関係者に取材してみると、出るわ出るわ。

    「トイレに入ったら鏡の前でカツラのずれを直しているところに出くわして気まずい思いをした」「飛行機に長時間乗ると
    居眠りしている間にずれてしまうのかカツラの位置がおかしい」

    「那覇市長の前の県議時代にカツラがずれているのを指摘したら、『おお、そうか』と照れ笑いをしながら直し始めた」

    ?決定的だったのは、古くからの支援者の次のような証言だ。

    「彼が最初にカツラをするようになったのは、20代後半のころからです。それまでは薄毛ではありましたが、かぶっていませんでした。
    同じく政治家だった父や兄はふさふさだったので、気にして使うようになったのでしょう。カツラを使い始めてすぐに那覇市内の飲み屋で女性と飲んでいたところ、たまたま出くわした同級生から『いいものかぶっているな』と言われて激怒したそうです」

    ?支援者との会合でも、「薄い」や「ハゲ」は禁句だという。年齢とともに、黒々とした若々しいものから現在の白髪まじりのものまでカツラを変えており、那覇市近郊の業者に製作を依頼しているのだとか。

    「ところがこの業者は基地問題をめぐる翁長氏の政治姿勢に賛同できないらしく、『もう二度とあの人のためにカツラをつくらない』と立腹しているそうです」(同前)

    ?早速、この業者のもとを訪ねてみたが、残念ながら「顧客の情報を話すようでは会社の信用に関わる。何も話せない」と答えるばかり。だが、少なくとも否定はしなかった。

    ?では、家族の前ではどうなのか。翁長氏の長女に父親の疑惑について尋ねると、こう話す。

    「植毛なんじゃないですかね??聞かないし、気にしたこともなかったのですが……。じつは、カツラなのか、植毛なのか、私にも分からないんですよね」

    ――散髪はどうしているのですか?

    「さあ、本人に聞いてみてください」

    ?頭髪移設の真偽は藪の中だが、県民のみならず家族にも隠し事があるようでは、基地移設の成功は覚束ないのでは??“間髪を容れず”説明してほしい。

    no title


    http://shukan.bunshun.jp/articles/-/5340

    引用元:http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1438961923/

    この記事を読む

    1: ◆PARIDAK.Ds パリダカ筆頭固定 ★ 2015/07/30(木) 06:17:30.83 ID:???*.net
     米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画をめぐり、沖縄県は29日、前知事による埋め立て承認について県の第三者委員会が「法的瑕疵(かし)」を指摘した報告書の全文を公開した。
    翁長雄志(おながたけし)知事は同日、報告書を読んだ印象を朝日新聞などの取材に初めて語り、「一つひとつがもっともだ。法律論からすると取り消しが可能になる。ある意味で合法的に(取り消しを)やれるようなものがある」と述べ、承認を取り消す意向を強く示唆した。

     第三者委は、同県名護市辺野古沿岸部の埋め立てを仲井真弘多(なかいまひろかず)前知事が承認した経緯の妥当性を検証するために翁長氏が設置。
    2月以降に計13回の会合を開いて県職員からの聞き取りなどを重ね、今月16日に報告書を提出した。
    その際は概要公表にとどめ、全文は公開していなかった。

     委員会の議事録とともに県が29日にウェブサイトで公開した報告書は、
    「なぜ県外移設ではだめなのか」「なぜ辺野古なのか」
    について説明が尽くされていないと指摘。
    「抑止力の維持」「地理的優位性」といった説明では疑問に正面から答えていないとして、
    「埋め立ての必要性に重大な疑念が存在する」とした。
    翁長氏は8月下旬以降に埋め立て承認を取り消すか最終判断する。

    no title


    ソース
    http://www.asahi.com/articles/ASH7Y5HG4H7YTIPE028.html

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1438204650/

    この記事を読む

    1: ドラゴンスープレックス(茸)@\(^o^)/ 2015/07/23(木) 18:16:10.80 ID:2iRXfJJm0.net BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    335b7c57f67fba63464dea2f665b1e5a-209x300


     翁長知事の国連演説、実現へ 9月人権理事会で
    琉球新報 7月23日(木)7時45分配信

    スイスのジュネーブで9月14日~10月2日の日程で開かれる国連人権理事会で、翁長雄志知事が辺野古新基地建設問題について演説するための見通しがついたことが22日、分かった。

    知事の国連演説は新基地建設阻止を目的に活動する「沖縄建白書を実現し未来を拓(ひら)く島ぐるみ会議」が複数の国連NGOの協力を得て準備してきた。
    島ぐるみ会議によると知事の日程調整はこれからだが、開催期間中の9月21日か22日を軸に登壇できる方向で調整している。
     翁長知事は当選後、国連への働き掛けに意欲を示しており、演説が実現すれば知事が新基地建設問題の解決を広く国際世論に喚起する場となりそうだ。
     今回、国連との特別協議資格を持つ国連NGOの「市民外交センター」が島ぐるみ会議などからの要請を受け、人権理事会での発言時間を翁長知事に貸与する意向を示している。
    国連との特別協議資格を持つNGOが他者に発言時間を貸すことは日常的に行われており、可能だという。
     同センター代表の上村英明恵泉女学園大教授は「人権問題を扱う国連人権理事会で翁長知事が発言すれば、新基地建設に反対する県民の総意と理解され、日米両政府にプレッシャーを与えられるだろう」と述べ、知事が国連で演説することの意義を強調した。
     島ぐるみ会議は翁長知事の人権理事会での演説に向け、同じく国連NGOの「反差別国際運動(IMADR)」と調整してきた。今回、IMADRが人権理事会との日程調整を担当し、市民外交センターが発言時間を貸す方向になった。
     人権理事会は年に3回開かれ、次回はスイスのジュネーブで9月14日~10月2日の日程で予定されている。9月中旬には県議会9月定例会が始まっている可能性があるが19~23日は5連休となっており、知事の日程が空く可能性はある。
     島ぐるみ会議事務局長の玉城義和県議は「翁長知事との調整はシンガポール出張から帰任後に進める。日程が確実に取れるかはまだ分からないが、実現させたい」と述べた。(外間愛也)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150723-00000006-ryu-oki

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1437642970/

    この記事を読む

    1: ひろし ★ 2015/07/13(月) 23:30:55.96 ID:???*.net
     米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古移設の埋め立てをめぐり、
    同県議会で13日に成立した埋め立て資材の搬入規制条例に関連し、同日の菅義偉官房長官の記者会見で時事通信社の記者が「国として見限っていい」「もうこんな連中は放っておいてもいい」などと質問した。
    菅氏は「できる限り県と話をしながら進めていきたい」などと答えた。

    http://www.sankei.com/politics/news/150713/plt1507130030-n1.html
    CI0002


    184: 名無しさん@1周年 2015/07/13(月) 23:56:02.11 ID:CefuW8GH0.net
    時事通信、記者を注意 沖縄巡る質問で「不適切な表現」
    朝日 2015年7月13日21時29分

    13日夕に首相官邸であった菅義偉官房長官の定例会見で、沖縄県議会が埋め立て用の土砂の規制条例を成立させたことについて、時事通信の記者が「もう、そんな連中は放っておいてもいいと思うが、いかがでしょうか」と質問した。同社は質問を問題視し、記者を注意した。

    条例は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する社民・護憲など与党会派が提案した。時事通信の記者は、この条例により、沖縄県の要請で国が工期を短縮した那覇空港第2滑走路の建設にも支障が出るのではないかという可能性を踏まえ、
    「沖縄が(第2滑走路の)工期短縮を難しくするような決断をしたことについて、もう国としてもある意味、見限ってもいいような気がするが、いかがでしょうか」「もう、そんな連中は放っておいてもいいと思うが、いかがでしょうか」などと質問した。

    菅氏は「沖縄の発展は日本にとって極めて大事だ」などと繰り返し答えた。

    時事通信は13日、朝日新聞の取材に対し、「不適切な表現で、極めて遺憾だと考えている。 すでに本人に注意をした」と答えた。

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1436797855/

    この記事を読む

    1: 6564億円◆o8vqQW81IE 2015/07/09(木)12:35:17 ID:sLs

    2015年1月7日 11:30

    no title


     【辺野古問題取材班】名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では7日も、米軍普天間飛行場の移設に反対する市民らが抗議行動を展開した。
    午前10時ごろから約50人がゲート前に座り込み、新基地建設への反対を表明した。

     平和学習の一環で沖縄を訪れている韓国の以友高校の学生12人も座り込みに参加 し、ゲート前でテコンドーの演舞を披露した。
    引率する盧吉相教諭(47)は「辺野古移設は沖縄や日本だけでなく、アジア全体の 問題だ。日米政府が移設を押し進めても、人々は闘うことができる」と語った。

     海上では午前8時すぎ、沖縄防衛局の作業船が汀間漁港から約10隻出港した。

    琉球新報 7月7日付け
    http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-236965-storytopic-1.html

    この記事を読む

    1: TEKKAMAKI(空)@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 18:40:46.17 ID:Wv6oN1KK0.net BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典
     沖縄県教育委員会は30日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設先、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ海沿いで見つかった石について、いかりの重しとして使われた「碇(いかり)石」として、県の文化財に認定した。
    名護市教委は出土区域の試掘調査を米軍に求める方針で、移設計画に影響が出る可能性もある。

     名護市の稲嶺進市長は同日、市役所で記者団に「文化財保護法にのっとって、まずは表面の調査、そして試掘を行いたい。いくつか別の(文化財)も出てくると、本格的な発掘調査に入る」と語った。

     碇石は中央にくぼみがあり、県教委はくぼみが加工されたものと判断して文化財に認定した。名護市教委が2月にシュワブ内で実施した遺跡群の踏査中、職員が偶然発見。6月中旬に米軍から引き渡されていた。 


    キャプチャ


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150630-00000120-jij-soci

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング