じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    沖縄基地問題

    スポンサーリンク

    1: 名無しさん@涙目です。(岐阜県) [RU] 2017/12/16(土) 11:58:50.40 ID:2Q+ZjIR60 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
    Ⅳ 委員会の調査
    2 基地建設反対派は救急車を止めたのか

    ③抗議活動側が傷病者であった18件のうち1件について、傷病者を収容した救急
    車が徐行運転を開始して間もない高江橋で、抗議活動側の人が救急車に対して手
    を挙げて合図し、救急車に停止してもらい、誰を搬送しているのかを確認したこ
    とがあった。救急車が停止した時間は数十秒であった。この事実が「救急車を止
    めた」と誤解された可能性がある。
    https://www.bpo.gr.jp/wordpress/wp-content/themes/codex/pdf/kensyo/determination/2017/27/dec/0.pdf#page=14 

    no title


    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1513393130/

    この記事を読む

    1: 私はロンダスレ乱立する茨城とは別人です ◆mZB81pkM/el0 (庭) [US] 2017/12/16(土) 12:32:37.38 ID:3agbYJId0● BE:844481327-PLT(13345) ポイント特典
    社説[BPO倫理違反指摘]番組内容自ら再検証を
    〈抜粋〉
    番組で「反対運動を扇動する黒幕の正体は?」などと名指しされた在日3世の辛(シン)淑玉(スゴ)さんが「見ていて、こみ上げる怒りを抑えられなかった。胃液が上がってきて何度も吐いた」というように、県民の多くも傷つけられた。

    つい最近も米軍ヘリの部品が宜野湾市の保育園の屋根に落下したとみられる事故で、同園に「自作自演では」などと誹謗(ひぼう)中傷する電話やメールが相次いだ。

    基地を巡り事実でない情報をまき散らし敵をつくって快哉(かいさい)を叫ぶ。
    ネット空間ではデマややゆ、嘲笑が絶えない。放置すれば言論はすさみ、メディア不信がますます高まる。

    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/184877 no title

    関連
    【ニュース女子弾圧】「東京MXは放送してはいけないものを放送してしまった」香山リカ氏によるBPO会見まとめ
    BPOの弾圧にニュース女子制作DHC「中傷に屈しない」「基地反対派の言い分を聞く必要はない」

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1513395157/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(佐賀県) [DE] 2017/12/14(木) 19:15:54.32 ID:RPZhR/330 BE:498464405-PLT(13611) ポイント特典
    米軍ヘリ窓落下 翁長知事「印象操作だ」 普天間の危険性除去めぐり政府・与党批判 (産経新聞)

     沖縄県の翁長雄志知事は14日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属のヘリコプターの窓が小学校校庭に落下した事故にからみ、政府・与党が危険性除去のため普天間飛行場の同県名護市辺野古への移設を急ぐべきだとしていることについて「印象操作だ」と述べた。外務省で佐藤正久副大臣と面会後に記者団に語った。

     翁長氏は佐藤氏との会談で、原因究明と再発防止策の徹底を米側に求めるよう申し入れた。「日本政府の当事者能力を疑う」とも批判した。これに対し、佐藤氏は今回の事故について「外務省としても遺憾だ」と述べ、あらゆるルートを通じて米側に申し入れていることを説明した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00000559-san-pol 

    47


    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1513246554/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(佐賀県) [DE] 2017/12/14(木) 19:49:03.36 ID:RPZhR/330 BE:498464405-PLT(13611) ポイント特典
    ニュース女子制作会社、「中傷に屈しない」の見解変えず - 沖縄:朝日新聞デジタル

    東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)が1月に沖縄の基地反対運動について特集した番組「ニュース女子」について、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会が「重大な放送倫理違反があった」とする意見を公表した件で、番組を制作した「DHCテレビジョン(旧・DHCシアター)」は14日、朝日新聞の取材に対し、「1月に出した見解と相違ございません」と回答した。1月の見解では
    「(日当について)断定するものではなく、疑問として投げかけており、表現上問題があったとは考えておりません」「(基地反対派の取材をしないのは不公平との批判について)言い分を聞く必要はないと考えます」「今後も誹謗(ひぼう)中傷に屈すること無く、日本の自由な言論空間を守るため、良質な番組を製作して参ります」などとしていた。
    http://www.asahi.com/articles/ASKDG5WS7KDGUTIL049.html

    【関連】 
    BPO、東京MXのニュース女子を強く批判「重大な放送倫理違反」「民主主義社会を脅かすことにつながる」

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1513248543/

    この記事を読む

    1: ばーど ★ 2017/12/14(木) 15:27:45.76 ID:CAP_USER9
     沖縄の米軍基地反対運動を扱った東京MXテレビ(MX)の番組「ニュース女子」に批判が出ている問題で、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は14日、「重大な放送倫理違反があった」とする意見書を公表した。放送前に事実の裏付けや表現などを自己検証する「考査」が機能していなかったことなどを深刻視し、「民主主義社会で放送の占める位置を脅かすことにつながる」と痛烈に批判した。

     対象となったのは、今年1月2日放送の番組で、沖縄県の米軍ヘリパッド建設をめぐり先鋭化する反対運動を特集。VTRで運動を「日当をもらってる!?」などのテロップ表現を使い紹介したほか、反対派による救急車の運行妨害などを事実として伝えた。当事者らへの取材がなされていないことに市民団体などから批判や抗議の声が上がった。

     番組は局外の制作会社が手がけたものだが、MXの放送責任が問われていた。

     意見書によると、検証委による沖縄での実地調査では、救急車の運行妨害や日当支払いなどの事実が確認できなかった。さらにMX側からの聞き取りで、考査担当者が編集途中の内容しか視聴していないなどずさんさが浮き彫りになった。

     また番組で「反対派の連中」「過激派デモの武闘派集団『シルバー部隊』」などの表現について、MXは考査のうえ「侮蔑的表現を指摘し、(制作会社に)修正を求めるべきだった」とした。

     川端和治委員長は記者会見で「当然、裏付けがなされていなければならない、番組の中核をなす内容について、十分な事実が見当たらない」と指摘した。

     同番組をめぐっては、市民団体共同代表の辛淑玉(シン・スゴ)氏が番組内容で名誉を傷つけられたとして、BPOに申し立て、放送人権委員会で審理入りしている。

    配信2017.12.14 15:03更新
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/entertainments/news/171214/ent1712140009-n1.html

    24: 名無しさん@1周年 2017/12/14(木) 15:33:23.05 ID:sTCHdCDB0
    >>1
    https://www.bpo.gr.jp/?p=9335&meta_key=2017
    東京メトロポリタンテレビジョン
    『ニュース女子』沖縄基地問題の特集に関する意見

    2017年12月14日 放送局:東京メトロポリタンテレビジョン

    放送倫理検証委員会は、「東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)『ニュース女子』が2017年1月2日に放送した沖縄基地問題の特集を審議してきたが、このたび委員会決定第27号として意見書をまとめ公表した。
    当該番組はTOKYO MXが制作に関与していない“持ち込み番組”のため、放送責任のあるTOKYO MXが番組を適正に考査したかどうかを中心に審議した。
    委員会は、
    (1)抗議活動を行う側に対する取材の欠如を問題としなかった、
    (2)「救急車を止めた」との放送内容の裏付けを制作会社に確認しなかった、
    (3)「日当」という表現の裏付けの確認をしなかった、
    (4)「基地の外の」とのスーパーを放置した、
    (5)侮蔑的表現のチェックを怠った、
    (6)完パケでの考査を行わなかった、
    の6点を挙げ、TOKYO MXの考査が適正に行われたとは言えないと指摘した。
    そして、複数の放送倫理上の問題が含まれた番組を、適正な考査を行うことなく放送した点において、
    TOKYO MXには重大な放送倫理違反があったと判断した。

    no title



    224: 名無しさん@1周年 2017/12/14(木) 16:01:46.03 ID:PoIecK5W0
    5chで書いても無駄だよ。苦情を言い続けるしかない。

    BPOの報告書(PDFファイル)
    https://www.bpo.gr.jp/wordpress/wp-content/themes/codex/pdf/kensyo/determination/2017/27/dec/0.pdf

    苦情はこちら。
    https://www.bpo.gr.jp/?page_id=1119

    インターネット
    https://www.bpo.gr.jp/?page_id=5464

    電話によるご意見は 03-5212-7333 で受け付けます。
    □受付時間は平日10時~12時、13時~17時です。
    □土・日・祝日・年末年始は電話での受付は行っておりません。

    FAXによるご意見は 03-5212-7330 へ送信してください。
    □ A4用紙で1~2枚にまとめてください。
    □ 添付資料等がある場合は、郵送でお願いいたします。

    郵送
    〒102-0094東京都千代田区紀尾井町1-1千代田放送会館 BPO視聴者応対 係

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513232865/

    この記事を読む

    1: ■忍法帖【Lv=12,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/12/12(火)17:24:53 ID:???
    http://netgeek.biz/archives/108160

    普天間バプテスト教会に付属する緑ヶ丘保育園で米軍ヘリの部品が見つかり、その後、落下した可能性が低まった件について、神谷園長(牧師)が新たに米軍を批判するコメントを行った。 しかしどうも話がすり替わっている。

    no title



    神谷園長は「ヘリからの落下でないとすれば盗まれたものに違いない」と
    またもや勝手に妄想を膨らませ、ストーリーを作り上げる。
    そしてこの前提に基いて「管理体制の問題。言い訳が苦しい」と意見を述べている。
    本来なら米軍に謝るべき局面なのに、自分が間違っていることに気づいてもなおごね続ける。
    はじめは園児の安全性を訴えていたのに、米軍の管理体制など神谷園長には全く関係がない話ではないか。




    詳細はリンクで
    http://netgeek.biz/archives/108160

    引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513067093/

    この記事を読む

    1: ロンダスレ乱立する糞茨城とは別人です ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [ニダ] 2017/12/12(火) 08:15:03.93 ID:zc4yTZ270 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    米軍ヘリの部品が沖縄県宜野湾市内の保育園に落下した問題で、トタン屋根に落下した際に付いた可能性があるへこみが2カ所残っていることが分かった。
    県の富川盛武副知事が11日、事故の中間報告のため県庁を訪れた防衛省の中嶋浩一郎沖縄防衛局長に対して説明した。

    富川副知事は、へこみが見える屋根の写真を示しながら「固いセメントの上に落ちると粉砕すると思うが、(屋根の)下が空洞でショックアブソーバー(衝撃緩和材)のようになって、これだと当初(米側から)聞いた説明と違う」とさらなる事実究明を求めた。
    中嶋局長は同日、佐喜真淳宜野湾市長や現場の保育園にも報告した。

    屋根のへこみは9日に現場を視察した県の吉田勝広政策調整監が確認した。部品の発見場所から数メートル離れた場所でへこんでいたという。

    中嶋局長は米側の説明として、見つかった部品は「(普天間飛行場に配備の)CH53ヘリのブレード(羽根)の損傷を検知するための装置のカバー」と説明。
    ヘリ1機に7個装着され、保育園の上空を飛行したCH53からは離陸前に全て取り外され、ほかのCH53の部品も保管されているのが確認されたと報告した。

    それらのことから中嶋局長は「海兵隊としては普天間基地の航空機から飛行中に落下したものではないと認識している」と伝えた。

    富川副知事は「(部品が)在庫としてあることは分かったが、ヒアリングを受けただけで、誤認はあり得ないのか、紛れ込みがないか確認をお願いしたい。うやむやでは県民も納得できないし、不安も払しょくできない」とも指摘し、さらなる事実解明を求めた。

    一方で佐喜真市長から「(同じ部品が)ほかの機種には使用されていないのか」と質問を受けた中嶋局長は「この形の部品は付いていない」と説明した。
    佐喜真市長は「保育園側の『落ちてきた』との話もあり、双方の見解が異なる。事実確認して市民や県民に公表してほしい」と求めた。

    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-629204.html
    no title


    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1513034103/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング