じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    沖縄基地問題

    スポンサーリンク

    1: おさむらいin政治 ★ 2017/08/19(土) 15:02:35.29 ID:CAP_USER9
    2017.8.19 05:00

     沖縄県の2大紙「琉球新報」「沖縄タイムス」の両編集局長が、共産党機関紙の「しんぶん赤旗」日曜版20日号に、インタビューの形で登場し米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設への反対姿勢を表明していることが18日、分かった。政治的中立が求められるメディアが特定政党の機関紙上で政策をめぐって“共闘”路線を鮮明に打ち出すのは異例だ。

     「沖縄 不屈の結束」と題したインタビュー記事は、12日に那覇市内で開かれた辺野古移設阻止の「県民大会」を受けたもので1面と6面に分けて琉球新報の普久原均、沖縄タイムスの石川達也両編集局長がそろい踏みしている。

     共産党関係者によると、赤旗が一般新聞の編集幹部をインタビューし、紙面で大きく掲載したことは過去に例がないという。

     普久原氏は「沖縄の新聞として米軍基地に反対するのは当たり前」「私たちは『無力感に追いつかれるな』と言っている」「人権侵害侵害を正す報道はジャーナリズムの原点中の原点だ」などと強調する。

     石川氏は「沖縄の基地問題が解決しない最大の原因は日本政府の姿勢」「これからも矛盾点や違和感を政府に発し続ける」「報道にいる人間としてはあきらめるわけにはいかない」などと訴えている。

     共産党は「辺野古移設反対」と「翁長雄志知事支持」を叫ぶ「オール沖縄」勢力の中核をなし、琉球新報と沖縄タイムスは同勢力の応援団となっている。
    3者は、来年2月の名護市長選や来秋の知事選での「勝利」に向けて軌を一にしており、今回の記事で「不屈の結束」が示された形だ。

     これに対し、政府関係者は「2県紙の偏向報道ぶりは最近加速しているが、ここまでやるかと驚いた。共産党とタッグを組むことを宣言したものでもはや報道機関の名に値しない」と指摘した。

    12

     産経新聞
     http://www.sankei.com/politics/news/170819/plt1708190005-n1.html

    引用元:http://fate.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1503122555/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2017/08/18(金) 17:58:23.66 ID:CAP_USER9
    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-557569.html

     【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で、社民党自治体議員団全国会議(高田良徳議長)の議員や市民ら約80人が18日、辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前に座り込み、新基地建設に抗議した。

     同会議は研修で来県している。高田議長は「新基地建設は『盗んだ車を新車にしろ』と言っているようなものだ。全国の問題として考えないといけない。各地域に帰って運動を広げたい」とあいさつした。社民党の福島瑞穂副党首は「どんなことがあっても沖縄の人と一緒に頑張ろう」と呼び掛けた。

     午前9時40分ごろから基地内に入ろうとした工事関係車両が足止めされ、渋滞が発生した。市民側は一般車両が通れるよう交通整理を求めたが、県警は応じなかった。午前9時55分ごろから機動隊が議員らを排除し、16台の工事関係車両が基地内に入った。

     一方、海上では沖縄防衛局がシュワブ内の「N5護岸」建設予定地付近で砕石を投下するなどして、仮設道路工事を進めている。付近の浜辺にコンクリートブロックを複数並べる作業も確認された。市民らは抗議船3隻とカヌー8艇で抗議をしている。【琉球新報電子版】


    no title 


    no title


    引用元:http://fate.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1503046703/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [CN] 2017/08/17(木) 13:03:51.77 ID:NRx+og1+0● BE:844481327-PLT(13345) ポイント特典
    【東京】翁長雄志知事は16日、菅義偉官房長官と井上義久公明党幹事長らを訪ね、来年度予算の概算要求に沖縄振興関係費を3400億円以上計上することを要請した。
    大型MICE施設の基本設計に一括交付金の活用を認めることも要望。
    両氏は「承った」と答えたという。
     
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/128939 

    no title


    引用元:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1502942631/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [BE] 2017/08/17(木) 07:32:08.37 ID:kvBP1bO10 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    <社説>道徳教科書採択 決定過程を検証すべきだ

    決定過程に疑義が生じているのなら議事録などを公開して検証が必要だ。

    2018年度から使用する小学校道徳教科書に、那覇市や浦添市など5市町村でつくる那覇地区の協議会が、他社に比べて愛国主義的傾向の強い教育出版の教科書を採択し、全5市町村教育委員会が使用を承認した。

    県教職員組合那覇支部が採択の撤回などを求める要請書を那覇市と浦添市の教育委員会に手渡した。
    要請書は同社の教科書が、5年生の教材に安倍晋三首相の写真を文脈と関係なく掲載していることや、国旗・国歌の強調・強制が戦前の「修身」と類似していることなどを挙げている。

    教科書問題に取り組む市民団体「子どもと教科書全国ネット21」は、「どれが正しいおじぎのしかたか」など、戦前の「修身」と同じようなおじぎをさせる「しつけ」「礼儀」の教材が多く取り入れられていると指摘している。

    11年の大津の中2男子いじめ自殺を機に、政府の教育再生実行会が道徳の教科化を提言した。
    14年に中教審が検定教科書を導入し、記述式で評価する「特別の教科」とするよう答申、15年に学習指導要領を一部改正した。
    17年度に教育委員会などが教科書を採択し、18年度から全面実施することになっている。

    道徳教育を巡って文部科学省は「考え、議論する道徳」という新しい道徳観を打ち出している。教育出版の教科書のように国旗・国家の強調や、おじぎの仕方などの礼儀とは道徳観が相反するのではないか。

    国旗・国歌の扱いは道徳の学習指導要領に定められておらず、扱っていない社もあるが、同社は際立って記載が多いという。

    5年生の教科書に安倍首相の写真が掲載されている。現役の政治家であり、政治的中立を求めている教科書検定基準に抵触する恐れがある。

    https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-556712.html
    続きます

    2: 名無しさん@涙目です。(茨城県)@ [BE] 2017/08/17(木) 07:32:33.93 ID:kvBP1bO10 BE:844481327-PLT(12345)
    >>1続き
    道徳の学習指導要領にも問題がある。
    1、2年生用で、郷土の文化や生活に親しみ、愛着を持つこととされている。そもそも郷土愛の概念が曖昧すぎる。国家にとって都合のいい規範の押し付けになりかねない。
    戦前、「教育勅語」の忠君愛国の精神が「修身」教科書を通じて子どもたちに徹底され、国民を戦争にかりたてた。
    日本国憲法は、その反省から生まれたことを忘れてはならない。

    今回、那覇地区の教科書採択地区協議会が非公開で行われたため、決定過程が不透明になっている。
    東京都のように、教科書を決める協議会を一般公開する動きもある。

    那覇市教委は教育出版の教科書が愛国主義的な色が強いと指摘されている点について「採択地区協議会で慎重に検討され、総合的に判断された結果」と説明している。
    それなら、審議会の設置基準や審議委員、議事録などの審議過程を速やかに公開すべきだ。

    おしまい


    no title

    引用元:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1502922728/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [BE] 2017/08/15(火) 20:13:43.11 ID:7ISvJfgZ0 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    ブルー‏ @blue_kbx

    【弱者】
    元琉球新報 前泊博盛「内容に関わらず弱い方につく。住民が間違ってても住民側につく。それがスタート」
    小松アナ「内容に関わらず弱い方につくのがメディアとしてあるべき姿だってのはちょっと違うんじゃないか」
    八重山日報 仲新城誠「両方の意見を載せて読者に判断して貰う事が基本」


    no title



    14: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [BE] 2017/08/15(火) 20:23:02.41 ID:7ISvJfgZ0 BE:844481327-PLT(12345)

    引用元:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1502795623/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [BE] 2017/08/15(火) 12:13:56.73 ID:7ISvJfgZ0 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    長い戦争がようやく終わりを告げ、平穏な暮らしが戻ってきた。人々が平和の尊さを実感したのは、戦時下の生活の制約から解放され、日常を取り戻した時であった。

    作家の永井荷風は終戦の日から3日後、日記にこう書いている。「朝おも湯を啜(すす)り昼と夕とには粥に野菜を煮込みたるものを口にするのみ。されど今は空襲警報をきかざる事を以て最大の幸福となす」(『断腸亭日乗』)

    戦後、生活雑誌「暮しの手帖」を創刊した花森安治は著書『一戔五厘の旗』で「夜になると 電灯のスイッチをひねる」「ねるときには ねまきに着かえて眠る」「戦争のないことは すばらしかった」とつづった。

    きょう8月15日は終戦の日。72年という戦後の歳月は日本の社会を大きく変えた。
    戦後生まれの人が2014年に総人口の8割を初めて超えた。身を以て戦争のリアルさを語ることのできる人が周りからいなくなっていく。

    戦争体験者が急速に減っていく中で、「平和」や「民主主義」という言葉が戦後初期に持っていたインパクトや喚起力を失いつつあるのではないか。

    「ねるときには ねまきに着かえて眠る」ような当たり前のことに幸福感を覚えるのは、それができなかった戦争の時代を生きていたからだ。

    それだけではない。戦後72年たって、戦争ができる社会への編成替えが急速に進み、戦争を起こさせない社会的な力が弱まっているのである。

    政府与党は、数の力に物を言わせ、特定秘密保護法、安全保障関連法、「共謀罪」法を強行的に成立させた。いずれも日本の社会の在り方を根本的に変える法制である。

     米朝が戦端を開いた場合には日本は集団的自衛権を行使するため自動的に戦争に巻き込まれる可能性が高い。

    国民意識も変わってきた。中国、北朝鮮を敵視する排外主義が横行し、ネットや雑誌では「反日」「売国奴」などの罵詈(ばり)雑言が飛び交う。国民の分断が進み、ささくれだった空気が漂っている。

    「平和」「民主主義」「人権」という言葉を聞いただけで、アレルギー反応を起こし、忌避するような動きが広がりつつあるのも気掛かりだ。

    国会は肥大化する行政権に対し、チェックする役割を果たしているとはいえない。三権分立が機能不全に陥ると、戦争を止める力が弱まる。

    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/128080 


    no title

    引用元:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1502766836/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [BE] 2017/08/14(月) 19:18:23.20 ID:jb6PGh5o0 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    2018年度から使用する小学校道徳教科書に、那覇地区が他社に比べて愛国主義的傾向の強い教育出版(東京)を採択した問題で、沖縄県教職員組合(沖教組)那覇支部は14日午後、採択の撤回などを求める要請書を那覇市教育委員会に手渡した。

    要請書では同社の道徳教科書が、安倍晋三首相の写真を掲載していることや、国旗・国歌の強調・強制が戦前の「修身」と類似していることなどを挙げ、「とうてい認めることはできない」とした。

    その上で、(1)那覇地区教科書採択審議会と那覇市教委に採択撤回と他社の教科書の採択(2)審議会の設置基準や審議委員、議事録など審議過程の公開(3)関係団体との交渉の継続―などを求めている。

    要請で沖教組那覇支部の木本邦広委員長は「子どもたちへの影響を考えて、(道徳教科書を)再審議してほしい」と求めた。
    那覇市教委は「要請を受けて対応を検討したい」と述べるにとどめた。

    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-555305.html

    no title


    引用元:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1502705903/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング