じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    沖縄基地問題

    スポンサーリンク

    1: 張り手(茨城県) [US] 2017/05/03(水) 09:39:05.18 ID:RKZFJI3r0 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    中学の社会科の授業で、憲法の条文を繰り返し読み上げ、暗記したことを思い出す。試験に出る、という動機もあったが、覚えることで理解につながったと思う

    ▼アイドルグループAKB48の元メンバーだった内山奈月さんが、憲法条文暗唱の「特技」で以前注目を集めた。
    そんな内山さんと九州大学教授の南野森さんが3年前に共著で出版した『憲法主義』(PHP研究所)を手にした。これがおもしろい

    ▼「自衛隊は合憲と思いますか(南野)」「『戦力』の意味によると思います(内山)」。アイドルの恋愛禁止は憲法違反か-。
    講義を受けるような対談形式で憲法を考える。法律との違いなど条文だけからは分からない解説が豊富でひきこまれる

    ▼あらためて気づかされたのが憲法の意味だ。南野さんは「憲法は国家権力を制約することによって国民の権利を守ろうという目的でつくられたもの」と説明する

    ▼では、国民は憲法を守らなくていいのかと問う。
    内山さんは「守らなくていいんですか」と驚く。
    憲法を守らなければいけないのは国家権力で、国民は法律を守る。
    国家権力は強大なため、憲法はそれを縛るための存在なのだと

    ▼改正に向けた議論が動いている。さまざまな意見があっていい。
    大事なのはその議論にどう向き合うかだ。憲法は施行から70年を迎える。(赤嶺由紀子)

    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/95975 

    46


    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1493771945/

    この記事を読む

    1: 足4の字固め(茨城県) [US] 2017/04/30(日) 22:36:03.21 ID:b8pBZE3d0 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典





    埋め立て着手に抗議 辺野古で大規模抗議集会
    https://www.yaeyama-nippo.com/2017/04/30/%E5%9F%8B%E3%82%81%E7%AB%8B%E3%81%A6%E7%9D%80%E6%89%8B%E3%81%AB%E6%8A%97%E8%AD%B0-%E8%BE%BA%E9%87%8E%E5%8F%A4%E3%81%A7%E5%A4%A7%E8%A6%8F%E6%A8%A1%E6%8A%97%E8%AD%B0%E9%9B%86%E4%BC%9A/

    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1493559363/

    この記事を読む

    1: ろこもこ ★ 2017/04/29(土) 17:22:27.71 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170426-00000089-sasahi-soci

    「安倍首相ガンバレ」を叫ぶ子どもたち、教育勅語を朗唱させる幼稚園……。森友学園問題に端を発して「右翼」という人たちが、にわかにクローズアップされている。AERA 2017年5月1-8日号では「右傾化する日本」を大特集。「右翼」って何?「保守」とどう違う? 素朴な疑問に答える。

     メディアの右傾化はどうなのだろうか? 東京MXテレビ問題を始めとした、最近の動きを取材した。

    *  *  *
     3月下旬の日曜日。都内で「東京MXテレビ問題の本質」と銘打つイベントが開かれた。真冬の寒気が押し寄せる中、会場は立ち見を含む参加者で埋まった。

     この日、主催者を代表してあいさつしたのは、保守系ウェブ局「日本文化チャンネル桜」沖縄支局キャスターの我那覇真子氏。沖縄出身・在住で「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表の肩書も持つ我那覇氏は、全国各地の保守系イベントに引っ張りだこだ。

     我那覇氏は屈託のない表情で用意した原稿を読み上げた。

    「辛淑玉氏は寝た子を起こしました。われわれにとって大きなチャンスなのです。彼女の日ごろの“反日傲慢”はとんでもない墓穴になりそうです。自ら掘った穴ですから、きっと収まりもよいかもしれません」

     むき出しの憎悪。にもかかわらず、会場にどっと笑いがどよめく。観衆は中高年が多い。

    ●反対運動を「テロ」

     続いて登壇したのは、「科学者」の武田邦彦氏。「ニュース女子」にコメンテーターとして出演していた武田氏は、番組で取り上げた沖縄・高江の米軍ヘリパッド建設現場での反対運動についてこう言った。

    「やっぱり暴力的ですからね。簡単に言えばテロですよ、あれは」

     会場から「そうだよ」の声が飛ぶ。武田氏は沖縄の独立運動にも言及した。

     割れんばかりの拍手だ。一体感が会場を覆う。

     沖縄県の人口は約144万人。5%だと7万2千人だ。ちなみに20万人というのは沖縄戦の犠牲者の概数である。発言の内容が事実かどうか、あるいは、どれだけ専門的知見に堪えうる論理なのか。こういった問いを立てること自体が、いかにも野暮なことのように思えてしまう。

     この熱気と一体感はどこから生まれているのか。

    「インターネットに由来するところが大きいと思います」

     そう即答した立教大学の砂川浩慶教授(放送ジャーナリズム論)は、ネット媒体を「偏食メディア」と表現する。

     ネットに流通する特定の情報に共鳴した、偏った物だけを食べている人たちの集まり。ということであれば、盛り上がらないほうがおかしい。

    「社会の構造や政治・外交の内実は言うまでもなく複雑です。ファクトに基づく情報をきちんと押さえていれば、あのようなモノトーンの熱情は生まれません」

     砂川教授は、MXテレビの放送番組審議会の副委員長も務めている。1月2、9日放送の「ニュース女子」に関しては、検証番組の制作・放送や、番組内容をチェックする「考査」の体制立て直しなどを局側に求める意見書を2月に提出した。

    中略

    ●「異常さに慣れるな」

    「為政者にとってメディアは天敵みたいなもの。コントロールしたいと考えるのは当然です」

     そう唱える映画監督の森達也氏は、こう苦言を呈する。

    「本来はメディアが政治権力に対して抗さねばならないが、日本のメディアはその力が弱い。権力はメディアが機能しなければ、どんどん増長します。まさしく今の安倍政権がそう。その表れの一つが高市さんの発言だったという気がします」

     メディアの右傾化について森氏は言う。

    「視聴率や部数だけではなく、これは伝えねばならないという軸がメディアにはあります。メディアで働く人はもっと自分勝手になったほうがいい」

     前出の砂川教授は、若い世代の右傾化を懸念する。

    「若い人たちは情報の入手ルートは『偏食』化したネットに依存しているので、どんどん偏った情報を吸収しています。大事なのは、『異常さに慣れるな』ということ。ネットでしか情報を得ない人が増えているからこそ、その都度その情報はおかしいよという反論をきちんと言い続けなければいけない」


    (編集部・渡辺豪、山口亮子)



    引用元:http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1493454147/

    この記事を読む

    1: ラダームーンサルト(茨城県) [US] 2017/04/25(火) 21:29:31.04 ID:Q/eFadJC0● BE:844481327-PLT(13345) ポイント特典
    反対派抗議で国道渋滞 工事妨害、住民「迷惑」 辺野古移設

    米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先である名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前の国道で24日、工事車両の搬入を妨害しようとする反対派が座り込みなどの抗議活動を展開し、一時的に激しい渋滞が起きた。
    機動隊員が反対派を排除し、約20分後、工事車両や一般車両の通行が再開された。
    地元住民からは「迷惑だ」などと反対派を批判する声が上がった。

    政府は25日、護岸工事に着手する方針を固めており、24日午前9時ごろ、石材などを積んだトラックや重機が次々とキャンプ・シュワブの工事用車両ゲート前に集結した。

    https://www.yaeyama-nippo.com/2017/04/25/%E5%8F%8D%E5%AF%BE%E6%B4%BE%E6%8A%97%E8%AD%B0%E3%81%A7%E5%9B%BD%E9%81%93%E6%B8%8B%E6%BB%9E-%E5%B7%A5%E4%BA%8B%E5%A6%A8%E5%AE%B3-%E4%BD%8F%E6%B0%91-%E8%BF%B7%E6%83%91-%E8%BE%BA%E9%87%8E%E5%8F%A4%E7%A7%BB%E8%A8%AD/

    21


    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1493123371/

    この記事を読む

    1: カーフブランディング(愛媛県) [EU] 2017/04/24(月) 13:30:37.06 ID:5IqFfLoe0 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典

    官房長官「知事の『オール沖縄』 現実と違ってきている」

    菅官房長官は、24日午前の記者会見で、沖縄県内でことしに入って行われた3回の市長選挙で、いずれも自民党支援の候補が、翁長知事が支援した候補に勝利していることに関連して、
    「翁長知事を支える『オール沖縄』という言い方が現実と全く違ってきていることが明らかになったのではないか」と述べました。

    この中で菅官房長官は、23日の沖縄県うるま市の市長選挙で、自民党と公明党が推薦する現職が勝利したことについて、
    「地方自治体の首長選挙は、地域経済や住生活の向上など身近なことが基本的な課題だ。
    当選した島袋氏は、こうしたことに実績を残したことが評価されたのではないか」と述べました。

    そして菅官房長官は、沖縄県内では、ことしに入って行われた3回の市長選挙で、いずれも自民党支援の候補が、翁長知事が支援した候補に勝利していることに関連して、「沖縄にある11の市のうち9つの市長が翁長県政に否定的であり、翁長知事を支える『オール沖縄』という言い方が現実と全く違ってきていることが明らかになったのではないか」と述べました。

    そのうえで、菅官房長官は「政府としては、沖縄県の負担軽減に全力を尽くし、経済発展にも『できることはすべてやる』という姿勢で取り組んできた。こうしたことをさらに自信を持って推進していきたい」と述べました。

    no title

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170424/k10010959221000.html 

     

    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1493008237/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2017/04/24(月) 07:28:31.24 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00094554-okinawat-oki

     2018年の知事選の前哨戦と位置付けられたうるま市長選は自民が公明と推薦した島袋俊夫氏が当選した。自民は1月の宮古島、2月浦添に続く市長選3連勝を県政奪還の足掛かりとしたい考えだ。翁長雄志知事ら「オール沖縄」勢力にとって3連敗は痛手となり、名護市辺野古の新基地建設に反対する民意を選挙結果につなげる手法の練り直しが急務となる。政治対決の舞台は知事選に直結するとされる来年1月の名護市長選に移るが、それぞれに懸念や課題も残る。(政経部・銘苅一哲)

     ■「基地よりも経済」が成功

     自民にとって市長選3連勝は県内11市のうち9市長でつくる「チーム沖縄」のメンバーを守りきった点で大きな意義を持つ。

     自民はうるま市長選の直前、8日の県連大会で辺野古問題のスタンスを「辺野古を含むあらゆる選択肢を排除しない」という事実上の容認から、「容認」へと態度を明確化した。

     うるま市長選では基地問題に触れず経済や雇用などを前面に打ち出し、政府・与党と協力する重要性を訴え、「基地よりも経済」が有権者の支持を集めることに成功した格好だ。

     名護市長選は、辺野古問題の地元として新基地の賛否が争点となるのは必至で、自民は連勝の成功体験を生かせるかが問われる。ただ、国政与党の公明は県本が辺野古反対を堅持しており、「容認」の明確化が連携の壁となる懸念も残る。

     ■民意が変化する可能性も

     「オール沖縄」勢力は辺野古反対を強調して敗れた宮古、浦添の経験から、うるまでは「辺野古反対」の意味を含めた「建白書の実現」を主張。教育政策や市政刷新を中心に訴えたが現職との差別化に苦しんだ。

     名護と知事選では辺野古が争点の柱となるため、翁長県政の与党からは2つの政治決戦で「オール沖縄」の真骨頂を発揮するとの声も上がる。

     ただ、辺野古の現地では国が最高裁判決での勝訴を理由に建設工事を再開し、近く護岸整備を着工する。埋め立てに向けた工事が進む中で、名護や知事選までに民意が変化する可能性もある。

     翁長知事を支える層からは知事の埋め立て承認撤回や県民投票など新たな動きを求める声があり、「オール沖縄」勢力は選挙戦をにらみながら現実的な建設阻止の対応も迫られる。

    no title
     

    引用元:http://karma.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1492986511/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング