じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    沖縄基地問題

    スポンサーリンク

    1: Felis silvestris catus ★ 2019/06/15(土) 17:44:19.59 ID:bCRfxNXg9
    改正ドローン規制法を巡り、米軍は施行前から基地上空や周辺での飛行同意に慎重な姿勢を示し、取材への回答さえ渋ってきた。

    防衛省が今後指定すれば同意を申請しても拒否され、活動の「ブラックボックス化」が進みそうだ。
    法的根拠があいまいなまま、すでに妨害電波を基地外に向けて発している可能性もある。

    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/432779 

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1560588259/

    この記事を読む

    1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [GB] 2019/06/14(金) 22:00:57.62 ID:ALIgEyAp0 BE:844481327-PLT(12345)
    玉城デニー知事は14日の定例記者会見で、13日に施行された、小型無人機ドローンによる米軍施設・区域や自衛隊基地上空の飛行禁止を盛り込んだ改正ドローン規制法について、
    「辺野古新基地建設は県民や国民の関心も高く、ドローンを使用した取材で多くの事実が伝えられていることも確かだ。これからも国民が知るための権利そのものを損うようなことがあってはならない」と述べ、報道目的の飛行を禁止するべきではないとの考えを示した。

    https://ryukyushimpo.jp/movie/entry-936229.html
    no title


    https://youtu.be/aHJ2mQzqch8


    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1560517257/

    この記事を読む

    1: Felis silvestris catus ★ 2019/06/13(木) 07:30:46.91 ID:0gj2yRq89
    <社説>辺野古の計画外工事 法治国家の衣投げ捨てた

    県民投票で示された民意を一顧だにせず、なりふり構わず工事を強行する。法治国家の衣をかなぐり捨てたかのような国の姿勢である。

    米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局は新たに造成した「K8」と呼ばれる護岸を使って、埋め立て用土砂の陸揚げを始めた。

    2013年に防衛省が県に提出し14年に変更された公有水面埋立承認願書の「設計概要説明書」は、現在の工事区域の土砂搬入場所として大浦湾側の埋め立て区域の「中仕切岸壁」を明示している。
    「K8」護岸や、先に使用している「K9」護岸からの陸揚げについては触れていない。

    設計概要説明書に記載した事項は県に対する約束事である。護岸に係船機能を追加するのなら県の承認が必要になるはずだが、協議の申し出すらない。

    これについて岩屋毅防衛相は7日の記者会見で「具体的な陸揚げ場所までは特に限定されているわけではない。K8護岸からの搬入は問題ない」と言ってのけた。
    防衛相の発言は、提出した文書が単なる参考資料であって従う必要はないと表明したに等しい。
    そうであれば、このような説明書に何の意味があるのか。その場しのぎで作成したものだったのか。

    今後、埋め立てを伴う公共工事を国が進める際に提出される設計資料は、内容が予告なしに無断で変更されるという前提で受け取らなければならなくなる。ひとり沖縄だけの問題ではない。
    法令の順守を指導する立場にある政府が、本来取るべき手続きを無視して埋め立てを進めている。

    独裁国家と見まがうような振る舞いである。

    https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-935296.html

    WS000000


    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1560378646/

    この記事を読む

    1: Felis silvestris catus ★ 2019/06/09(日) 14:15:40.56 ID:q3OtJGzU9
    https://anonymous-post.mobi/archives/8621

    【沖縄】ネット上に広がる真偽不明な情報とどう向き合っていくかなどを共に考える「沖縄ファクトチェック会」が5月31日、沖縄市のアーケードリゾートオキナワホテル&カフェで開催された。
    約10人の参加者らはテーブルを囲みながら、実際にネット上で飛び交った情報の事例を検証するなどした。

    「モバイルプリンス」としてネットリテラシーの啓発活動やファクトチェックなどを行う島袋昂さん(32)が呼び掛けた。

    島袋さんは、デマが飛び交うのは情報の「曖昧さ×重要さ」が要因であると過去の研究から引用し「情報が曖昧であるほど確認が取れず、デマを信じやすくなり、重要な話題であるほどデマとしても広がりやすい」と説明した。

    20代、30代を中心に、他の年代に比べメディアに対する不信感が強いことにも触れた。
    デマの拡散について「メディアからの情報を疑う力はあるのに、一部のブログに見られる怪しい情報に簡単に飛びつきがち」と警鐘を鳴らし、注意深く情報をかみ砕いていくことの重要性を話した。

    (長濱良起通信員)


    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-933336.html

    no title




    (略)

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1560057340/

    この記事を読む

    1: 幻の右 ★ 2019/06/06(木) 16:12:28.86 ID:CEtToKMs9
    お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔(38)が5日、ツイッターを更新した。

     村本は米軍基地の辺野古への移設を巡って揺れる沖縄の問題に言及。

    「台湾の独立は進めるのに沖縄の独立は進めない。台湾が中国見てるみたいに沖縄も日本をそう見えるかもよ」(原文ママ)と政府の対応に不満を表明した。

     住民投票では移設反対派が多数を占めいているにもかかわらず、政府は埋め立てを続行。主張の乖離は深刻だ。最近では、周辺に生息していたジュゴンの姿も見当たらなくなったと報じられ、環境破壊への影響が懸念されている。

     村本はかつても「沖縄も村本もあまりに圧をかけるなら独立しちゃうぞ。沖縄は日本の宝。村本は吉本の宝よ」と投稿していた。

    東スポ 6/6(木) 9:12
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190606-00000007-tospoweb-ent 




    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1559805148/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2019/06/06(木) 07:19:13.75 ID:TKlM9Xbi9
    https://snjpn.net/archives/135300


    (略) 

    no title

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1559773153/

    この記事を読む

    1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [ニダ] 2019/06/05(水) 08:15:31.79 ID:NtYwNjaC0 BE:844481327-PLT(12345)
    防衛省によると、4日午後3時35分ごろ、沖縄県浦添市立浦西中学校のテニスコートで、20センチ四方程度の黒いゴムの切れ端のようなものが落下した、と学校側が市に通報にした。けが人はいない。

    落下物が確認された当時、上空に米軍のヘリコプターが飛んでいたとの情報もある。浦添市が同省に通報し、同省は米側にこの物体が米軍機からの落下物かどうか照会中。

    浦西中によると、放課後にテニスコートで部活動中のテニス部員から「上空から何かが落ちてきた」と連絡があった。
    当時、二十数人が同コートで部活動をしていたが、けが人はいないという。

    同中によると落下物は縦18センチ、横12センチ、厚さは1ミリもなく黒色のゴムシートのようなもの。落下する様子を数人が見ており、ヘリが上空を通過した。米軍機かどうかは不明。

    学校側は落下直後、屋外で活動していた生徒ら200~300人に対し、屋内へ避難するよう校内放送で促した。
    同4時45分に校長の判断で待機を解除したという。

    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/428590  

    no title

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1559690131/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング