じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    沖縄基地問題

    スポンサーリンク

    1: ラ ケブラーダ(庭) [US] 2017/05/08(月) 12:37:52.78 ID:Xj99LPhD0● BE:844481327-PLT(13345) ポイント特典
    【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局は8日午前9時ごろから、米軍キャンプ・シュワブの「K9護岸」建設現場で砕石を積むなどの作業を始めた。

    浜辺にある袋詰めされた砕石の間に袋詰めされていない砕石を敷き詰め、その上に鉄板のような板状の資材を少なくとも4枚を敷いた。
    海上では新基地建設に反対する市民らが抗議船2隻、カヌー15艇で抗議した。
    一方、米軍キャンプ・シュワブゲート前では約100人の市民らが新基地建設反対を訴えて座り込んだ。
    正午ごろまでに8台のコンクリートミキサー車を含む28台の工事関係車両が2回にわたってゲート内に入った。その際、市民らは機動隊によって排除された。
    ゲート前に座り込んだ中頭退職教職委員会の玉那覇トミ子会長(81)=沖縄市=は「戦争を繰り返すのは愚の骨頂だ。戦争につながる新基地を許してはいけない」と話した。

    玉那覇さんは戦前、小学校3年生まで皇民化教育を受け、学校の学芸会や運動会で軍歌を歌いながら踊った経験がある。
    「国のために命を捨てることを強要した皇民化教育は異常だ。その危機感があるからこそ、ゲート前に座って、新基地建設反対を訴えている」と強調した

    http://ryukyushimpo.jp/news/entry-491780.html
    no title

    引用元:http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1494214672/

    この記事を読む

    1: フェイスクラッシャー(茨城県) [US] 2017/05/07(日) 22:19:18.69 ID:PehvWCVs0 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    no title


    心肺停止で見つかった女性を搬送する米軍の救難ヘリ=6日午後6時6分、国頭村安波の普久川(小型無線ヘリで撮影)
    no title


    6日午後0時40分ごろ、国頭村安波の普久川(通称タナガーグムイ)で、米軍嘉手納基地所属の女性空軍兵(19)が滝つぼに落ちたとの通報が名護署や国頭地区行政事務組合消防本部などにあった。

    同署や同消防本部が潜水して捜索し、約4時間半後の午後5時19分に川底で女性を発見。
    消防本部によると、女性は意識や脈、呼吸がなく心肺停止状態だったため、消防署の搬送対象外となった。

    同日午後5時57分ごろから米軍ヘリ1機が現場周辺の上空を2周した後、午後6時6分ごろ、女性を乗せたとみられる救助用の担架を滝壺からヘリまで引き上げて回収した。

    同消防本部によると、女性が発見された現場は水深8メートルの川底。タナガーグムイの滝から約13メートル、対岸から約10メートル離れた川の中心付近で発見された。

    http://ryukyushimpo.jp/news/entry-491108.html

    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1494163158/

    この記事を読む

    1: ファイヤーバードスプラッシュ(北海道) [DE] 2017/05/05(金) 23:58:04.38 ID:b8Wd9S3V0 BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    米山 隆一?認証済みアカウント @RyuichiYoneyama
    米山 隆一さんが我那覇真子をリツイートしました
    ご本人は大真面目かもしれないので恐縮ですが、面白いです。
    休日の横浜中華街で、美味しい肉まんを頬張らずにいったい何をしろというのでしょうか(笑)。
    控えようと思っていましたが、あまりに面白いので一句捧げます。

    肉まんの 熱きお肉に 触れもせで 寂しからずや 保守を説く君



    我那覇真子 @ganaha_masako
    私の前には今、休日の横浜中華街で美味しい肉まんを頬張っている平和ボケした日本人が通って行く姿があります。保守運動は同好会ではなくこの一般の人達の目を覚まさなければなりません。

    https://twitter.com/RyuichiYoneyama/status/859335340787515392 


    25

    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1493996284/

    この記事を読む

    1: 鴉 ★ 2017/05/04(木) 16:06:40.58 ID:CAP_USER
    1987年の憲法記念日の夜、兵庫県西宮市の朝日新聞阪神支局に散弾銃を持った男が押し入り、小尻知博記者が銃撃され死亡、犬飼兵衛記者が重傷を負った。あの事件から30年たった。

     言論機関がテロ攻撃を受け、憲法が保障する言論の自由が侵害された。意見や立場の違いがあろうとも、それを受け入れる多様な社会でなければならない。私たちは暴力による言論封殺に決して屈しない。

     阪神支局襲撃後に「赤報隊」名の犯行声明文が届き「反日分子は極刑」などと書かれていた。警察は右翼団体関係者らを捜査したが2002年、事件は時効となった。「反日」という言葉は今、異論を排除する時に使われている。気に入らない意見に「反日」とレッテルを貼って切り捨てる不寛容な空気が広がっていないか。

     阪神支局襲撃事件以降も言論に対する暴力は依然後を絶たない。
     1990年1月「天皇に戦争責任」と発言した本島等長崎市長が銃撃された。2006年8月には小泉純一郎首相の靖国参拝を批判した加藤紘一衆院議員の実家と事務所が放火で全焼。07年には被爆地・長崎の代表として国内外で平和を訴えてきた伊藤一長市長が暴力団組員に銃で撃たれ死亡した。
     県内では昨年、米軍北部訓練場でヘリパッド建設の取材に当たる琉球新報、沖縄タイムス両紙記者を警察が現場から排除した。安倍政権は記者拘束について事実関係を検証せず、根拠も明らかにしないまま「報道の自由は十分に尊重されている」とする答弁書を閣議決定した。警察の恣意(しい)的な権限行使を擁護することは、国家が言論規制に手を貸しているに等しい。
     国境なき記者団(RSF)はこの答弁書に触れ「安倍晋三首相率いる政府は機動隊のこのような活動を容認し、ジャーナリストにとって危険な前例を作った」と問題視している。
     RSFが発表する各国の報道自由度ランキングで、日本は10年の11位から16年には72位に大きく下がった。安倍政権が成立させた特定秘密保護法などの影響で「自己検閲の状況に陥っている」との指摘を、重く受け止めなければならない。
     報道機関が自己規制すれば、戦前に逆戻りである。メディアが国家に統制された歴史を繰り返してはいけない。権力監視こそ使命であることを肝に銘じたい。

    http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-489856.html 

    01


    引用元:http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1493881600/

    この記事を読む

    1: 張り手(茨城県) [US] 2017/05/03(水) 09:39:05.18 ID:RKZFJI3r0 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    中学の社会科の授業で、憲法の条文を繰り返し読み上げ、暗記したことを思い出す。試験に出る、という動機もあったが、覚えることで理解につながったと思う

    ▼アイドルグループAKB48の元メンバーだった内山奈月さんが、憲法条文暗唱の「特技」で以前注目を集めた。
    そんな内山さんと九州大学教授の南野森さんが3年前に共著で出版した『憲法主義』(PHP研究所)を手にした。これがおもしろい

    ▼「自衛隊は合憲と思いますか(南野)」「『戦力』の意味によると思います(内山)」。アイドルの恋愛禁止は憲法違反か-。
    講義を受けるような対談形式で憲法を考える。法律との違いなど条文だけからは分からない解説が豊富でひきこまれる

    ▼あらためて気づかされたのが憲法の意味だ。南野さんは「憲法は国家権力を制約することによって国民の権利を守ろうという目的でつくられたもの」と説明する

    ▼では、国民は憲法を守らなくていいのかと問う。
    内山さんは「守らなくていいんですか」と驚く。
    憲法を守らなければいけないのは国家権力で、国民は法律を守る。
    国家権力は強大なため、憲法はそれを縛るための存在なのだと

    ▼改正に向けた議論が動いている。さまざまな意見があっていい。
    大事なのはその議論にどう向き合うかだ。憲法は施行から70年を迎える。(赤嶺由紀子)

    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/95975 

    46


    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1493771945/

    この記事を読む

    1: 足4の字固め(茨城県) [US] 2017/04/30(日) 22:36:03.21 ID:b8pBZE3d0 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典





    埋め立て着手に抗議 辺野古で大規模抗議集会
    https://www.yaeyama-nippo.com/2017/04/30/%E5%9F%8B%E3%82%81%E7%AB%8B%E3%81%A6%E7%9D%80%E6%89%8B%E3%81%AB%E6%8A%97%E8%AD%B0-%E8%BE%BA%E9%87%8E%E5%8F%A4%E3%81%A7%E5%A4%A7%E8%A6%8F%E6%A8%A1%E6%8A%97%E8%AD%B0%E9%9B%86%E4%BC%9A/

    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1493559363/

    この記事を読む

    1: ろこもこ ★ 2017/04/29(土) 17:22:27.71 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170426-00000089-sasahi-soci

    「安倍首相ガンバレ」を叫ぶ子どもたち、教育勅語を朗唱させる幼稚園……。森友学園問題に端を発して「右翼」という人たちが、にわかにクローズアップされている。AERA 2017年5月1-8日号では「右傾化する日本」を大特集。「右翼」って何?「保守」とどう違う? 素朴な疑問に答える。

     メディアの右傾化はどうなのだろうか? 東京MXテレビ問題を始めとした、最近の動きを取材した。

    *  *  *
     3月下旬の日曜日。都内で「東京MXテレビ問題の本質」と銘打つイベントが開かれた。真冬の寒気が押し寄せる中、会場は立ち見を含む参加者で埋まった。

     この日、主催者を代表してあいさつしたのは、保守系ウェブ局「日本文化チャンネル桜」沖縄支局キャスターの我那覇真子氏。沖縄出身・在住で「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表の肩書も持つ我那覇氏は、全国各地の保守系イベントに引っ張りだこだ。

     我那覇氏は屈託のない表情で用意した原稿を読み上げた。

    「辛淑玉氏は寝た子を起こしました。われわれにとって大きなチャンスなのです。彼女の日ごろの“反日傲慢”はとんでもない墓穴になりそうです。自ら掘った穴ですから、きっと収まりもよいかもしれません」

     むき出しの憎悪。にもかかわらず、会場にどっと笑いがどよめく。観衆は中高年が多い。

    ●反対運動を「テロ」

     続いて登壇したのは、「科学者」の武田邦彦氏。「ニュース女子」にコメンテーターとして出演していた武田氏は、番組で取り上げた沖縄・高江の米軍ヘリパッド建設現場での反対運動についてこう言った。

    「やっぱり暴力的ですからね。簡単に言えばテロですよ、あれは」

     会場から「そうだよ」の声が飛ぶ。武田氏は沖縄の独立運動にも言及した。

     割れんばかりの拍手だ。一体感が会場を覆う。

     沖縄県の人口は約144万人。5%だと7万2千人だ。ちなみに20万人というのは沖縄戦の犠牲者の概数である。発言の内容が事実かどうか、あるいは、どれだけ専門的知見に堪えうる論理なのか。こういった問いを立てること自体が、いかにも野暮なことのように思えてしまう。

     この熱気と一体感はどこから生まれているのか。

    「インターネットに由来するところが大きいと思います」

     そう即答した立教大学の砂川浩慶教授(放送ジャーナリズム論)は、ネット媒体を「偏食メディア」と表現する。

     ネットに流通する特定の情報に共鳴した、偏った物だけを食べている人たちの集まり。ということであれば、盛り上がらないほうがおかしい。

    「社会の構造や政治・外交の内実は言うまでもなく複雑です。ファクトに基づく情報をきちんと押さえていれば、あのようなモノトーンの熱情は生まれません」

     砂川教授は、MXテレビの放送番組審議会の副委員長も務めている。1月2、9日放送の「ニュース女子」に関しては、検証番組の制作・放送や、番組内容をチェックする「考査」の体制立て直しなどを局側に求める意見書を2月に提出した。

    中略

    ●「異常さに慣れるな」

    「為政者にとってメディアは天敵みたいなもの。コントロールしたいと考えるのは当然です」

     そう唱える映画監督の森達也氏は、こう苦言を呈する。

    「本来はメディアが政治権力に対して抗さねばならないが、日本のメディアはその力が弱い。権力はメディアが機能しなければ、どんどん増長します。まさしく今の安倍政権がそう。その表れの一つが高市さんの発言だったという気がします」

     メディアの右傾化について森氏は言う。

    「視聴率や部数だけではなく、これは伝えねばならないという軸がメディアにはあります。メディアで働く人はもっと自分勝手になったほうがいい」

     前出の砂川教授は、若い世代の右傾化を懸念する。

    「若い人たちは情報の入手ルートは『偏食』化したネットに依存しているので、どんどん偏った情報を吸収しています。大事なのは、『異常さに慣れるな』ということ。ネットでしか情報を得ない人が増えているからこそ、その都度その情報はおかしいよという反論をきちんと言い続けなければいけない」


    (編集部・渡辺豪、山口亮子)



    引用元:http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1493454147/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング