じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    沖縄基地問題

    スポンサーリンク

    1: 腐乱死体の場合 ★ 2017/03/22(水) 00:58:53.37 ID:CAP_USER9
    「逮捕者のうち4人は韓国籍」と警察庁 沖縄の米軍基地反対運動

    産経新聞 3/22(水) 0:24配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-00000502-san-soci

     警察庁の白川靖浩官房審議官は21日の参院沖縄北方特別委員会で、沖縄県での米軍基地反対運動に関連して平成27年以降に沖縄県警が威力業務妨害などの容疑で41人を逮捕し、このうち4人が韓国籍だったと明らかにした。「逮捕した4人の国籍はいずれも韓国だ」と述べた。自民党の山田宏氏の質問に答えた。

     米軍基地反対運動をめぐっては、東村などの米軍北部訓練場や名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ周辺での抗議活動参加者による威力業務妨害事件が相次いで発生している。

     9日の参院内閣委員会では、警察庁の松本光弘警備局長が
    「反対運動を行っている者の一部には極左暴力集団も確認されていると承知している」と指摘し、反対運動に過激派が関与している実態を明らかにしていた。

     e1538465

    引用元:http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1490111933/

    この記事を読む

    1: 不知火(岐阜県) [ニダ] 2017/03/21(火) 11:32:55.35 ID:q9B6FtLr0 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
    石嶺市議に辞職勧告 FB投稿受け宮古島市議会 本人は拒否

    【宮古島】宮古島市議会(棚原芳樹議長)は21日午前に開かれた3月定例会で、石嶺香織市議に対する辞職勧告決議を賛成多数(賛成20、反対3)で可決した。
    石嶺市議が9日に自身のフェイスブック上で、米海兵隊の訓練を受けた陸上自衛隊部隊が宮古島に配備されたら「絶対に婦女暴行事件が起こる」などと投稿し、削除した件を受けた。勧告に法的拘束力はない。同市議会で辞職勧告決議が可決されるのは初めて。

     決議では「投稿は自衛隊員、米海兵隊員に対する職業的差別であり、断じて許すことができない暴言と言わざるを得ず、市議会の品位を著しく傷つけるものだ」などとした。(略)

    no title


    http://ryukyushimpo.jp/news/entry-464505.html

    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1490063575/

    この記事を読む

    2: 鴉 ★ 2017/03/19(日) 23:21:39.23 ID:CAP_USER
    ■沖縄タイムス 
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/89107 

     沖縄平和運動センターの山城博治議長(64)が逮捕されてからちょうど5カ月。長期勾留されているにもかかわらず、那覇地裁204号法廷に元気な姿で現れた。法廷では「まごうことなき不当弾圧だ」と長期勾留を批判するなど不屈の闘志をみせた。 

     東村高江のヘリパッド建設や辺野古新基地建設の抗議行動に絡み、三つの事件で逮捕・起訴された山城議長の公判が17日午前、那覇地裁(潮海二郎裁判長)で始まった。 
     山城議長が逮捕・起訴されたのは、通常は長期勾留をしない「微罪」としかいいようのない事案ばかりだ。 
     県内外の刑事法研究者らが緊急声明で指摘するように、いずれも抗議行動を阻止しようとする機動隊などとの衝突で偶発的に発生した可能性が高く、違法性の程度が極めて低いのである。 

     山城議長側は威力業務妨害罪と、公務執行妨害・傷害罪に問われた二つの事件について「(憲法に基づく)正当な表現行為だ」「暴行しておらず、相手は傷害を負っていない」などと無罪を主張した。 

     一方で米軍北部訓練場の侵入防止用の有刺鉄線1本(2千円相当)をペンチで切断したとされる器物損壊罪については起訴内容を認め、「やむにやまれず行動を起こしたことの正当性を訴えたい」と強調した。 

     政治的表現の自由は民主主義の中でも重要な権利である。選挙で繰り返し示した辺野古新基地反対の民意が無視される中、政治的表現として抵抗権を行使したのである。 


    ■琉球新報 
    http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-462932.html 


     裁かれるべきは沖縄に過重な基地負担を強いる政府の構造的な差別政策である。那覇地裁は新たな基地建設に反対する沖縄の民意に真摯(しんし)に向き合うべきだ。 
     辺野古新基地建設、米軍北部訓練場のヘリパッド建設への抗議行動中の行為で起訴された沖縄平和運動センターの山城博治議長は、初公判で器物損壊罪の起訴事実を認めたが、公務執行妨害罪など2件については「不当な弾圧。機動隊の暴力的な市民排除に対するやむにやまれぬ行動であり正当な表現行為」と無罪を主張した。 
     弁護団も「処罰は表現の自由を保障する憲法に違反」と訴えた。 

    中略) 

     有刺鉄線を切る、ゲート前にブロックを積むなどの外形的事実のみに着目して起訴事実を認定しては「表現の自由」に基づく市民の抗議行動をも萎縮させることになりかねない。

     



    引用元:http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1489933273/

    この記事を読む

    1: マスク剥ぎ(茨城県) [NL] 2017/03/19(日) 06:27:29.22 ID:UF1Exsji0 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    初公判が行われた那覇地裁の玄関前には鉄柵のバリケードが敷かれ、地裁職員や警察官が監視する物々しい雰囲気に包まれた。
    詰め掛けた市民からは「過剰警備だ」との声が上がった。

    2月24日にあった3人の釈放を求める集会では、集会後に市民ら数百人が地裁敷地内になだれ込んだ。
    ※当日の動画 音量注意
    https://youtu.be/c9HNh8kRWoc



    地裁は「円滑に裁判を進めるための警備だった」とコメントした。

    名護市辺野古の新基地建設に反対する女性(65)=那覇市=は、バリケードを見て「(2月は)敷地内で歌を歌うなど静かな集会だった。裁判所は市民の進入を警戒していると思うが、異常な光景」と眉をひそめた。
    三宅俊司弁護士は「弁護士になって30年余り。裁判所入り口にバリケードを作り警備したことは一度もなかった。裁判所が私たちを怖がっているということは、国も怖がっているということだ」と訴えた。

    一方、傍聴券の抽選は、地裁近くの中央公園で行われた。22枚の傍聴券を巡り381人が詰め掛け、倍率は17・3倍だった。

    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/89114
    no title

    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1489872449/

    この記事を読む

    1: 鴉 ★ 2017/03/16(木) 20:34:25.94 ID:CAP_USER
    【ニュース女子「検証」番組 私はこう見た】

    ■必死の抗議を笑う病理


     香山リカさん(精神科医 BPO元委員) 昨年まで放送倫理・番組向上機構(BPO)放送倫理検証委員会の委員だった。番組は「審議入り」は軽いものだと紹介していたが、とんでもない。放送倫理違反となれば局によっては番組の打ち切り、関係者の処分に踏み切りかねない深刻な事態だ。

     内容も、日当という言葉が駄目なら資金援助と言おう、お金が動いているとばれるのが気にいらないんでしょう、という程度。沖縄への基地集中という構造的差別があり、それに抗議する人々を傷つけたという本質を理解できていない。

    初回と同じようなメンバーが集まり、抗議を受けた被害者というスタンスで主張を正当化し合うだけだった。

     尊厳を懸けた必死の抗議を笑いものにして、娯楽として消費する。安倍晋三首相が国会答弁で質問者をやゆする態度とも共通する。改めて病んだ風潮だと感じる。(談)

    沖縄タイムス
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/88556

    13


    引用元:http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1489664065/

    この記事を読む

    1: 動物園φ ★ 2017/03/15(水) 18:46:07.01 ID:CAP_USER
    ニュース女子「検証」番組を検証する 沖縄報道 6つの論点
    2017年3月15日 17:07

     東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設反対運動を巡り、テレビ制作会社のDHCシアターは13日、「ニュース女子」の「続編」番組をネット配信した。1月2日の東京MXテレビでの放送で事実に反すると批判された点について、問題をすり替えて正当性を主張する内容に終始した。論点ごとに内容を検証する。

    「ニュース女子」当初放送内容と続編の主張

    (1)高齢者を「過激派デモの武闘派集団シルバー部隊」と表現
     初回放送について根拠の明示を求める本紙社説を引用。その上で、オスプレイ配備反対に向けて「逮捕されても生活に影響がない65歳から75歳」を募る動きがあると報じた2012年9月の本紙記事を根拠として示した。だが、4年後の高江で同じ実態があるとする根拠は、ある集会で「じいさん、ばあさんは捕まってください」と冗談交じりの呼び掛けがあったことのみ。シルバー部隊などという呼び名が現場に存在しないことの釈明はなかった。

    (2)「テロリストみたい」と表現
     沖縄防衛局が市民側の拠点テントを撤去する期限として指定していた16年8月5日、防衛局職員がテントを訪れた際のもみ合いを動画で紹介。「過激な言葉と暴力が横行する」と指摘した。一方で、「テロリスト」という言葉について「爆弾テロを連想することは確か」とのコメントもあった。

    (3)「韓国人はいるわ中国人はいるわ」と表現
     ヘイトスピーチ対策法を提案した自民党の参院議員にインタビュー。「政治発言はヘイトスピーチではない」「不利なことを言われたら差別だ、人権侵害だ、ヘイトだ、と言う。そのことが言論空間をゆがめる」との見解を伝えた。マイノリティーに対して、変えようのない属性を攻撃するというヘイトスピーチの定義には触れなかった。

    (4)高江の約25キロ手前にある名護市のトンネルで「危険だ」と引き返した
     どこが危険か分からず、スタッフの安全に配慮してロケを中止したと説明した。根拠はヘリパッド工事への抗議ではなく、15年11月20日に名護市安部のホテル前であった辺野古新基地建設工事の過剰警備への抗議の動画。大手メディアが福島第1原発事故後に避難したことや、危険な紛争地域に社員を派遣しないと例示。初回放送で現地取材した軍事ジャーナリストは「危険を判断するのは取材する側だ」と強調した。

    (5)「反対派は日当をもらっている!?」と表現
     追加取材した「高江の反対運動でも日当2万円で雇われたと聞いた」「知り合いが日当が出るから行ってるよ(と聞いた)」という伝聞証言を報告。日当をもらった人にも取材交渉したが断られたとした。ジャーナリストが数年前の取材で、防衛局前で辺野古新基地建設に反対する活動家から「2万円もらっている」と聞いたと発言した。運動へのカンパや交通費相当の支給があることを挙げ、「資金援助はあり、デマではなかった」と正当化。初回放送で出所不明の封筒を根拠にしたことについては取材の詰めが甘かったと指摘した。

    (6)「過激派が救急車も止めた?」と表現
     救急車を「止めた」から「妨害している」という論点にずらして検証した。初回放送で証言した住民が「本来の時間通りに到着できなかった」という意味合いだったと説明。前回はしなかった地元消防への電話取材を実施。「救急車の妨害はなかった」という証言を紹介した一方で、「安全のために徐行したりして、時間がかかったことはある」という言葉を強調した。

    以下略
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/88556 

    19 


     

    【動画】MXニュース女子、検証番組公開で辛淑玉氏を徹底論破、あの反対派の暴力動画も流す

    引用元:http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1489571167/

    この記事を読む

    1: ■忍法帖【Lv=6,やまたのおろち,yic】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/03/14(火)19:34:53 ID:YfT

    500円? @_500yen
    百田尚樹「ニュース女子が検証番組を作ったが、
    東京MXの重役がオンエアしないと決めた。
    理由がBPOが怖いから、番組考査にせず放送しなかった。素晴らしい番組を地上波で放送しない日本の完璧に歪み切った言論空間。恐ろしい」←全く同意。
    日本のテレビ局は異常だよ。マスコミ改革が必要ですよね
    2:20
    午後5:59 ・ 2017年3月14日


       

    19
     

    引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1489487693/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング