じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    沖縄基地問題

    スポンサーリンク

    1: 名無しさん@涙目です。(栃木県) [KR] 2018/12/23(日) 14:48:21.26 ID:m+zdSM8J0● BE:886559449-PLT(22000)
    ローラ、りゅうちぇる、ウーマン村本etcが米国政府動かす!?辺野古米軍新基地の建設中止署名が急増

     沖縄県名護市辺野古への米軍新基地建設計画について、その一時中止を米国大統領に求める署名が急速に集まっている。今月8日の開始から、わずか11日目で目標の10万筆を超えた。
    タレントのローラさんや、りゅうちぇるさん、ウーマンラッシュアワーの村本大輔さんらが、署名を呼びかけたことも話題となり、10万筆を超えた現在もその数は増え続けている。
    署名サイトはホワイトハウス公式のものであり、署名から1ヶ月以内に10万票が集まった場合、米国政府として何らかの対応をする。つまり、米国政府としても、辺野古新基地についての対応を行うことが求められているということだ。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20181221-00108445/

    https://www.asahi.com/articles/ASLCH3419LCHTPOB001.html
    米政府当局者「辺野古が唯一の解決策」 玉城知事に語る

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1545544101/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2018/12/22(土) 09:03:14.21 ID:CAP_USER9
    スクリーンショット 2018-12-24 5.28.34

    <金口木舌>ありがとう、大好きだよ、忘れない

    「見下し、同化させ、調節しても、心の落ち着きを確保するのに不十分なとき、心理的圧力が物理的追放になることが多い」。米国の3人の心理学の教授による共著「なぜ保守化し、感情的な選択をしてしまうのか」の一節に息をのんだ

    ▼モデルのローラさんが辺野古新基地建設を県民投票実施まで中止するよう米政府に求める署名を呼び掛けると、「国際情勢を勉強しろ」「危険性がそのままでいいのか」などと見下すようなコメントがネット上にあふれた

    ▼海洋進出を進める中国や朝鮮半島情勢など、日本を取り巻く安全保障環境は予断を許さない。政府は日米同盟の重要性を主張するが、島嶼(とうしょ)部の防衛は一義的に日本の義務と日米間で合意されており、最初から米軍が前線に行くわけではない

    ▼尖閣諸島への不法侵入や領海侵犯に海兵隊が対応したことはない。米政府の決断なしに海兵隊が動くことはあり得ず、沖縄に駐留する地政学的メリットはないに等しい

    ▼森本敏元防衛相ら安全保障の専門家が指摘する通り、海兵隊は「NIMBY(自分の裏庭には来るな)」という日本国内の政治的な理由で沖縄に押し付けられているにすぎない

    ▼空軍も海軍も陸軍も抱える沖縄。県は基地全てを撤去しろと要求しているわけではない。
    国防の重要性を訴え、ローラさんを中傷する人からまず、移設先に手を挙げてはいかがだろうか。

    https://ryukyushimpo.jp/column/entry-852486.html

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1545436994/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2018/12/23(日) 11:06:01.82 ID:T

    https://snjpn.net/archives/86057 

    『障がい者 辺野古の集い』長野県在住の女性がSNSで呼びかけ、全国各地から20人が参加「1人の障がい者は健常者100人分の値打ちがある」
    スクリーンショット 2018-12-23 15.41.44




    引用元:https://snjpn.net/archives/86057

    この記事を読む

    1: ◆mZB81pkM/el0 (庭) [US] 2018/12/21(金) 12:35:49.24 ID:bAHFqu8/0 BE:844481327-PLT(12345)
    【東京】政府が2019年度の沖縄関係予算案に、沖縄振興一括交付金の補完を名目にした「沖縄振興特定事業推進費」を盛り込むことが20日、分かった。
    事業費は30億円。関係者によると、県が市町村への配分額を決める一括交付金と異なり、県を通さない新たな交付金として、国が市町村へ直接費用を充てられるという。
    市町村事業への予算配分で国の直接関与を強め、沖縄県の自主性を弱める懸念も含み、今後議論になりそうだ。

    同推進費は予算案で新たに盛り込まれた。

    新設の目的として、市町村の事業に迅速・柔軟に対応して推進するとしている。

    政府は19年度沖縄関係予算案を3010億円とする方針を固めている。
    総額では18年度当初予算と同額となるが、このうち一括交付金は前年度比95億円減の1093億円と縮減され、12年度の制度創設以降、最も低い額となる。

    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-851997.html 

    0028972143


    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1545363349/

    この記事を読む

    1: ストラト ★ 2018/12/20(木) 21:52:32.92 ID:CAP_USER9
    沖縄の米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に関し、工事中止の嘆願書への署名を呼びかけたモデルのローラ(28)のSNSに賛否両論が巻き起こっている。

    ローラは18日にインスタグラムで移設反対を表明。
    フォロワー520万人を抱えるその反響は大きく、ホワイトハウスへとつながる署名は目標の10万人をあっという間に突破した。

    また、発言によって沖縄県外の注目も集め、基地問題を若い世代へ知らせる契機となった。

    実際、態度を示した直後のインスタの投稿には約500件のコメントが殺到。
    呼びかけを受け、署名したフォロワーはもちろん、

    「環境や政治を自分の事として捉え、意見を言う日本の有名人は貴重」

    「ローラさん叩かれても発言する勇気素敵です」

    と行動をたたえる声が相次いだ。

    一方で、ローラ側からまだ十分な説明がなされていないため、発言の真意を問う指摘も多く、

    「辺野古基地移設に反対して、常に危険に晒されてる普天間の住民はどうなるの?」

    「移設反対→普天間固定賛成ってこと?」

    「普天間の危険性はどうするんですか?教えて下さい」

    との反応もあった。

    同様にツイッターにも200件以上のコメントが寄せられた。

    「貴女みたいな無駄に影響力のある人が直情的に政治問題に頭を突っ込んでも迷惑なだけ」

    「ローラさんには失望しました 沖縄の基地の事について呼びかけるならもっと勉強しなよ」

    「辺野古の建設まで10年以上かかるのですよ。それまで普天間の危険性は除去されません」

    「辺野古以外に住む沖縄県民の声も聞いた上で声出してくれ。単純に綺麗な海を汚さないでっちゅうような話じゃねえんだ」

    「ええっすよ、辺野古移設中止で。そのかわり『世界一危険な普天間』が残りますが......」

    いずれも沖縄からの悲痛な叫び。ローラは「普天間」について言及しておらず、そのことが論争に拍車をかけている模様だ。
    ファンからは「今回の発言で心無い言葉に落ち込まないで」と励ましの言葉もあった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181220-00000021-tospoweb-ent

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1545310352/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2018/12/20(木) 18:10:20.07 ID:CAP_USER9
    https://snjpn.net/archives/85646


    スクリーンショット 2018-12-20 21.10.20

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1545297020/

    この記事を読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/12/20(木) 18:55:21.11 ID:CAP_USER9
     20日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」は、モデルのローラ(28)が沖縄の米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に関し、工事中止の嘆願書への署名を呼びかけた話題を特集した。

     18日にインスタグラムで表明したローラのフォロワー520万人は国内タレントでは渡辺直美(31)の840万人に次ぐ2位。しかも若い世代が中心とあって、影響力は絶大だ。ローラの投稿後、2日で4万5000人の署名が集まり、目標の10万人を突破する反響となった。

     一方で、芸能人が政治的な話題に触れたことには賛否両論が飛び交っている。CMの契約条項に抵触する可能性があり、仕事が減るなどの影響が指摘された。

     そんななか、女優の高木美保(56)はローラの発言を全面的に支持した。
     
    「日本は有名人とか芸能人とかの政治的発言はタブーっていう、その発想を変える時代じゃないか」と主張。

    「インターネットで世界とつながる。世界の中で日本だけが鎖国状態のような考え方でいていいのかなと思うし、政治的発言は政治家を倒そうということではなくて『この国をよくしたい』『政治家にもよくなってもらいたい』そういう純粋さをローラさんの中から感じる」とローラの勇気を高く評価した。

     仕事への影響については「例えば『自然を守る』という発言をしたならば、自然環境を破壊するようなプラスチック製品のコマーシャルはできなくなるかもしれません。でも、その代わり、彼女のできることは広がっていく。すぐに仕事に差し障るということではないと思う」と一定の制限がかかることを認めつつも、新たに活動の幅が広がることを確信。

    「一つは環境のため、一つはみんなにパワーを注入している。両方の素晴らしさがある」と力を込め「私は拍手喝采ですね」と信念を貫くローラの姿勢を称賛した。

    2018年12月20日 11時23分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1226026/ 

    Du0Z9flVsAAn5XX

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1545299721/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング