じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    沖縄基地問題

    スポンサーリンク

    1: ばーど ★ 2020/10/11(日) 16:07:57.30 ID:Bycmzyo59
    来年度末に期限を迎える沖縄振興計画をめぐり、政府が既存事業の成果検証を週明けから本格化させることが10日、分かった。岡下昌平内閣府政務官を沖縄に派遣して県内各市町村から意見聴取し、振興予算の無駄削減や、計画の裏付けとなる沖縄振興特別措置法見直しの検討材料にする。政府は振興と米軍基地再編をリンクさせる構えも見せている。

     岡下氏は今後の市町村との議論の「素地作り」も兼ねて12~14日にかけて沖縄を訪れ、クルーズターミナル整備事業の現場などを視察する。岡下氏は「沖縄の本土復帰50年まであと1年半という節目でもある。地元の意見を聞き、沖縄の潜在力を生かした新たな振興策を考えていきたい」と意気込む。

     政府は河野太郎沖縄北方担当相を中心に沖縄振興予算を検証する方針だ。河野氏は行政改革担当相も兼務し、行政の無駄削減に熱心なことで知られる。政府関係者は「沖縄関連予算は無駄が多い。菅義偉(すが・よしひで)首相は振興計画が策定される10年に1度の機会に河野氏を起用し、聖域なく切り込むことを期待しているのだろう」と語る。河野氏は9日の記者会見で「内閣府の地域経済分析システム『リーサス』を活用し、県内市町村のディスカッションを始めてもらう」と述べた。

     政府の念頭には基地再編の推進がある。平成25年に当時の安倍晋三首相が現行計画期間中は毎年3千億円台を維持すると確約。26年度予算は3501億円に上り、仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事(当時)は米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設先・名護市辺野古の埋め立てを承認した。

     だが、26年11月の知事選で辺野古移設反対派の翁長雄志(おなが・たけし)前知事が当選し、予算額は減少。30年度からは3年連続で3010億円が続く。一方で30年2月の名護市長選で辺野古移設容認派が当選すると、米軍再編交付金の支給を再開するなど“硬軟”織り交ぜている。

     菅首相自身も基地と振興について「全体として総合的に推進するという意味において両者はリンクしている」と語る。防衛相から横滑りで河野氏を沖縄北方担当相に就けたのも異例だ。

     これに対し、玉城デニー知事は7日、首相官邸で記者団に「沖縄県における振興予算と基地問題がリンクすることがあってはならない」と政府を牽制(けんせい)した。今後、国と県の対立が計画や振興予算をめぐって熱を帯びる可能性がある。(大島悠亮)



    ■沖縄振興計画 国が示す沖縄振興基本方針に基づき、県が10年ごとに策定する計画。沖縄振興特別措置法を裏付けとし、政府は計画に沿って沖縄経済の発展を全面的にバックアップする特別措置を講じ、各年度予算で「沖縄振興費」を確保する。令和2年度の振興予算には沖縄科学技術大学院大学(OIST=オイスト)の規模拡充支援に203億円▽火災で焼失した首里城復元を含む公共事業関係費などに1420億円▽キャンプ瑞慶覧(ずけらん)の西普天間住宅地区(宜野湾市)跡地の健康医療拠点の整備支援に89億円▽離島の海底送電ケーブル整備を支援する事業に11億円-が盛り込まれた。

    2020.10.10 21:26 産経新聞
    https://www.sankei.com/smp/politics/news/201010/plt2010100013-s1.html 


    no title

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1602400077/

    この記事を読む

    1: Felis silvestris catus ★ 2020/10/06(火) 18:21:06.48 ID:xuADMm519
    https://news.yahoo.co.jp/articles/820401b2c40f64b363d5b23e95ed10523a63ad50

     新型コロナウイルスを巡る「持続化給付金」の受給問題は、県内の主婦層にも広がっている。沖縄タイムスの取材に応じた2人の60代主婦は、マルチ商法の副業を基に「個人事業主」を名乗り100万円を受給した。1人は副業を理由に正当性を主張するが、別の1人は「やはり、もらえないお金だったのかも。家族にも言えず、どうしたらいいのか」と罪悪感をにじませる。怪しい話と思いながらも、親しい友人に誘われて「危ない橋」を渡る現状が垣間見える。(社会部・銘苅一哲、比嘉太一)

    【写真】沖縄タイムス社員による不正受給を巡る流れ

     ■友人に誘われ

     主婦のAさんは生活用品を扱うマルチ商法の会員として活動し、仲間の1人に持続化給付金の受給を勧誘された。「自分は受給できないんじゃないか」と警戒したが、勧誘してきた知人の「大丈夫だから」という言葉を信じた。

     Aさんは知人に3万円を支払い、資産運用や融資を専門とするコンサルタント会社を紹介された。必要な書類をそろえて会社に提出すると100万円が自分の口座に振り込まれ、提示された手数料の10万円をコンサルタント会社に振り込んだ。

     コンサルタント会社が、自身を「個人事業主」としてどう申請したかについては「サービス業かな?  よく分からない」という。

     Aさんはマルチ商法で月に1~2万円の利益があった。従来の年間利益を上回る100万円の受給をどう考えるか記者に問われ「テレビでもよく不正受給のニュースを見る。だけど、私は罪を犯したの?  給付金はコロナで打撃を受けた経済を潤わせる安倍首相の政策でしょう」と訴える。

     ■借金の返済に

     一方で、別の主婦Bさんは「(不正受給問題が)新聞とかでたくさん報道され、心配になっている」と告白する。

     紹介されたマルチ商法の利益は月に数百円程度。Aさんと同じ方法で給付金申請の代行を依頼し、100万円を手にした。

     夫と2人の生活。年金でやりくりしている。100万円から勧誘料、手数料を差し引いた87万円の多くは借金の返済に充てた。「100万円を返すとしても、また借金をしないといけない。夫に知られたら…」と目を潤ませた。

     ■マルチ商法が入りやすい沖縄

    三宅俊司さん(消費者市民ネット沖縄理事長・弁護士)の話

     マルチ商法は最初に契約した上の人(営業店)がもうかり、後から入った末端の人(販売人)たちは、もうからない仕組みとなっている。末端の人たちが、使わない商品の在庫を抱えて支払いが滞ってしまっていることが多く、それを持続化給付金で補うために不正に利用させたとなれば、マルチ商法の上にいる人たちの行為はかなり悪質だ。

     沖縄は親族や友人関係が濃い地域で、マルチ商法が入りやすい。人間関係を壊したくないが故に断りにくい、逃げ切れない人が多くいるのも特徴だ。今回のように、主婦がマルチ商法の仲間を勧誘するのはよくある話。営業店から「あなたも事業者だから問題ない」と言われれば、それをうのみにしてしまう人たちが多くいるのだろう。

     不正受給ではないか、と疑わしい誘いに気付いた時には、きちんと断る勇気も必要だ。
    【関連記事】

    56: 不要不急の名無しさん 2020/10/06(火) 18:32:20.53 ID:9piXL/Rw0
    盗人猛々しい(笑)

    沖縄タイムス社員が100万円不正受給 コロナ給付金 関連会社社員も虚偽申請
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c595de518f6988934a23e30f6a4bd18d64b680f9

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1601976066/

    この記事を読む

    1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [US] 2020/09/18(金) 07:53:07.62 ID:YIqaTviy0● BE:844481327-PLT(13345)
    フォロワー175万人 河野太郎沖縄担当相

     前防衛相。外相時から米軍基地問題に対応してきた。新型コロナウイルス対応では在日米軍関係者の入国後のPCR検査実施を巡り米側と調整。
    党の行政改革推進本部長時には、県や那覇市がアイドルのイベントに一括交付金を使ったことを批判した。

     首相候補に挙げられ、自身も意欲を何度も明言。ツイッターアカウントには175万人超のフォロワーがおり、発信力に定評がある。
    一方で、批判的な言動をする人を「ブロック」することも多く、寛容さに欠けるとの指摘も。神奈川県出身。57歳。(麻生派)

    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/633781
    no title

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1600383187/

    この記事を読む

    1: クロ ★ 2020/09/14(月) 09:54:28.22 ID:CAP_USER9
     沖縄タイムス社(那覇市)は13日、記者会見を開き、同社の40代男性社員=総務局付課長=が新型コロナウイルスに関する持続化給付金などを虚偽申請し、計180万円を不正に受給・借り受けしたと発表した。武富和彦社長は「人や社会を欺くあるまじき反社会的行為で、決して許されるものではない」と述べ、謝罪した。

     同社によると、社員は5月、知人男性の紹介を受けた税理士の事務所で、新型コロナで売り上げが減った中小企業などを対象にした持続化給付金の書類を不正に作成。職業を「個人事業主」と偽って申請し、7月に100万円を受給、知人男性に手数料として15万円を支払ったという。

     さらに生活困窮者らを対象にした緊急小口資金と総合支援資金も虚偽申請し、計80万円を借り受けていたことが判明。社員は同社の聞き取りに対し、住宅ローンなどの返済に充てたと話しているという。

     社員は同僚や知人ら15人にも申請を勧誘。関連会社・タイムス印刷の30代男性社員は、同じ税理士のもとで虚偽申請し、緊急小口資金20万円を不正に借り受けたという。

     12日に「社員が不正に関わっている」との外部からの指摘が沖縄タイムス社にあり、社内調査で発覚した。社員は11日、制度を担当する経済産業省の窓口に連絡して返還手続きを始め、那覇署に出頭したという。

     武富社長は13日の会見で、「警察の捜査に協力して全容解明に努め、厳正に対処する」と述べた。

    朝日新聞
    2020/9/13 21:34
    https://www.asahi.com/articles/ASN9F71JBN9FTPOB119.html 


    スクリーンショット 2020-09-13 1.54.32

    引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1600044868/

    この記事を読む

    1: うずしお ★ 2020/09/13(日) 00:38:07.64 ID:XILnwnyZ9
    沖縄タイムス社(那覇市)は12日、総務局付で関連会社に出向中の40歳代男性社員について、新型コロナウイルスの影響で経営不振に陥った事業者を支援する国の持続化給付金100万円を不正受給していたと発表した。副業があると偽って申請しており、沖縄県警那覇署の事情聴取を受けているという。

     同社によると、外部からの指摘で12日に発覚した。男性社員は社内の聞き取り調査に対して事実関係を大筋で認め、7月頃に100万円を受給したと説明した。11日に那覇署へ申し出たという。

     また、社内調査の結果、同じ関連会社の30歳代男性社員も虚偽申請したことが確認され、2人は12日付で自宅待機となっている。

     沖縄タイムス社は「警察の捜査に協力させながら社内調査も徹底し、全容が明らかになった段階で厳正に対処する」としている。

     持続化給付金は中小企業に200万円、個人事業主らに100万円を上限に支給される。

    https://www.yomiuri.co.jp/national/20200912-OYT1T50365/ 


    スクリーンショット 2020-09-13 1.54.32

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1599925087/

    この記事を読む

    1: クロ ★ 2020/09/11(金) 15:48:38.45 ID:CAP_USER9
     防衛省沖縄防衛局が辺野古新基地(名護市)建設に関し、埋め立て工事の約10年の期間中に、1173億円の警備費を計上していることが、縦覧により公開された設計変更申請書から分かりました。単純計算すれば1日あたり3000万円を超えます。

     長期にわたり、新基地建設への市民の抗議行動の弾圧に異常な額の税金が支出されることになります。

     変更前は、埋め立て工事費に警備費は含まれておらず、「仮設工」などの費目から回していました。申請書によれば、1年次20億円、10年次25億円で、それ以外は毎年115億円~185億円の警備費をあてています。

     新基地建設への抗議行動は、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前や海上のほか、土砂が搬出されている同市安和の琉球セメント桟橋ゲート前や、本部町の本部港塩川地区で取り組まれています。変更申請で土砂の採取地を増やすことから、これにあわせて警備体制も増強し、警備費が膨らむものとみられます。

    しんぶん赤旗
    2020年9月10日(木)
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-09-10/2020091002_02_1.html

    引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1599806918/

    この記事を読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/08/28(金) 12:49:30.56 ID:TLkw44/f9
     沖縄県の玉城デニー知事は28日、県庁で定例会見を開いた。憲政史上、連続在任日数が過去最長となった安倍晋三首相について、「総理はこれまで『県民に寄り添う』『県民投票の結果を真摯に受け止める』と発言しているが、残念ながら言葉だけなのかという印象をぬぐえない」と述べた。これまでの知事選や国政選挙、県民投票で辺野古新基地建設に反対する民意が示されたのにもかかわらず、一顧だにしない姿勢を批判した形だ。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/83a72ef353fce60bd359c6e507f0eaaa4efee8c8
    no title

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1598586570/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング