じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    沖縄基地問題

    スポンサーリンク

    1: Felis silvestris catus ★ 2020/01/20(月) 18:08:09.28 ID:71EizG9s9
    https://anonymous-post.mobi/archives/18225

    [大弦小弦]コスタリカの奇跡

    「無防備こそ最大の防御だ」-。
    インタビューに答える市民や大統領経験者らが目を輝かせ、誇らしげに自国の平和政策について語る姿にぐいぐい引き込まれた。
    映画「コスタリカの奇跡」が沖縄市のシアタードーナツでアンコール上映中だ

    ▼世界有数の紛争地域に位置しながら、1948年に軍隊を廃止。
    翌49年に憲法に規定し、70年余り常備軍を持たずに平和を維持してきた中米の国の歩みを追ったドキュメンタリー

    ▼軍事費を医療や教育、環境に充て、国民の幸福度の最大化を図ってきた。
    その結果、人々の幸福感や環境の豊かさを測る「地球幸福度指数」(2016年)で3回連続世界一になった

    ▼難局もあった。80年代には中米が冷戦の戦場となり、米国に再三、再軍備を迫られながらも拒否。当時の大統領が中立宣言し、切り抜けた

    ▼隣国ニカラグアから侵入された際は国際司法裁判所に訴え、解決させた。
    積極的な外交と国際法を頼りに敵をつくらない国家安全モデルを構築。その考えが広く国民に浸透する

    ▼戦力不保持を掲げる憲法を持つわが国の来年度の防衛費は5兆3133億円で6年連続で最大を更新。周辺国を刺激していないか。
    国のトップが憲法改正を声高に叫び、平和憲法の理念を骨抜きにしようとする今こそ、理想を現実にしたコスタリカから多くを学びたい。(石川亮太)

    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/523578



    関連ツイート

    (略)

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1579511289/

    この記事を読む

    1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [CN] 2020/01/11(土) 21:29:40.73 ID:LmS7YXl00● BE:844481327-PLT(13345)
    ワクチン接種めぐり…国と沖縄県に温度差 背景に何が

    【東京】県内で豚コレラ(CSF)が広がっていることを受け、ワクチン接種を巡り国と県で温度差が生じている。
    養豚農家への配慮が必要との認識は一致するものの、国はワクチンを早期に接種したい意向をにじませ、県は感染状況の確認が最優先として、慎重な姿勢だ。

    江藤拓農相は最初にCSFが確認された8日、沖縄を訪問し、玉城デニー知事にワクチン接種の用意があることを伝えた。
    感染3例目が確認された10日には「沖縄で思いがまとまったら、スピーディーに応えられるように対処したい」と述べた。

    知事は10日、県庁の対策会議で「まずは感染が広がっていないか確認することが最優先。ワクチン接種は農家の意見を聞きながら検討したい」との認識を示した。農家からはワクチン接種による風評被害などの懸念があるためだ。

    農水省が定める指針では、ワクチン接種は国が推奨地域を設定するものの、最終的に接種するか否かを決めるのは都道府県となっている。

    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/520593

    続きます

    2: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [CN] 2020/01/11(土) 21:30:00.42 ID:LmS7YXl00 BE:844481327-PLT(12345)
    玉城知事、ワクチン接種の可否を示さず 「感染状況を確認」

    沖縄県沖縄市内の養豚場で新たな豚コレラ(CSF)の感染が確認されたことを受けて、県は11日、県庁で対策本部会議を開いた。
    豚コレラまん延予防のためのワクチン接種について、玉城デニー知事は「周辺の養豚場の感染状況を確認した上で検討する」と述べるにとどめた。

    県内で豚コレラの感染が相次いで確認される中で、ワクチン接種の判断を先延ばしにした。
    豚コレラの感染拡大を懸念する県内の畜産関係者からは、早期のワクチン接種を求める意見が上がっている。

    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1055762.html

    no title

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1578745780/

    この記事を読む

    1: Felis silvestris catus ★ 2020/01/05(日) 14:46:07.35 ID:xlw7IxyM9

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1578203167/

    この記事を読む

    1: シャチ ★ 2019/12/16(月) 17:31:11.79 ID:c/kSwJ3V9
     力で異論を抑え込み、重要な情報を隠し、ごまかしと強弁を重ねて相手の疲弊を待つ――。そんな安倍政権の体質が、この問題でもあらわだ。

     沖縄・米軍普天間飛行場の移設をめぐり、辺野古の海への土砂投入が始まって1年になる。

     昨年9月の知事選、今年2月の県民投票、4月の衆院補選、そして7月の参院選と、県民は繰り返し「辺野古ノー」の意思を示してきた。だが政権は一貫して無視を決めこんだ。

     日ごろ自らの正統性をアピールするために国政選挙での「連勝」を誇り、野党をやゆする首相だが、こと沖縄に関しては、投票で示された民意は切り捨てるべき対象であるらしい。二重基準も甚だしい。

     ほかにも、およそ民主主義国家とは思えぬ行いが続く。

     環境破壊の恐れや取り決め違反を理由に県が実施した行政指導は、埋め立てに関する法令に基づくものだけで、15年以降で33件に上る。今月も、浮き具の重りがサンゴを傷つけたとして撤去と工事の中止を求めたが、国は一顧だにしない。民間の事業では考えられない対応だ。

     一方で、県が埋め立て承認を撤回したことの当否を争う裁判では「国も一般企業や個人事業者と変わりはない」と主張し、国が埋め立てをする「権利」を守るよう唱える。物事の本質を見ず、小手先の法解釈に走る裁判所がこれを追認し、一体となって沖縄を追い詰める。嘆かわしい限りだ。

     埋め立て予定区域に広がる軟弱地盤問題でも、国は14~16年の調査で存在を把握しながら公表しなかった。土砂投入後にようやく正式に認め、8万本近くの杭を海底に打ち込んで対応すると言い出した。自らが選んだ有識者の「お墨付き」を近く得て、設計変更を県に申請し、認められなければ裁判に訴えてでも押し通す構えだ。どれだけの費用がかかるのか、国は見通しすら示していない。

     こうした態度に県民が不信を募らせるのは当然だ。焼失した首里城の復元に国が前向きなのも、辺野古で県の譲歩を引きだすためではないかと、警戒の目が向けられるありさまだ。

     そもそも普天間飛行場の移設は、沖縄の基地負担の軽減が出発点だった。ところが辺野古の埋め立てが自己目的化し、普天間が現に直面する騒音被害や墜落の恐怖をいかに取り除くかという協議は、一向に進展しない。今の計画どおりでも移設工事の完成に10年以上かかる。国が力を尽くすべきは、真の「普天間問題」の解決である。

     沖縄の声に向き合え。土砂もろとも民意を海中に投じたあの日から1年、繰り返し訴える。

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/DA3S14295181.html 

    スクリーンショット 2019-12-17 3.57.52

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1576485071/

    この記事を読む

    1: Felis silvestris catus ★ 2019/12/13(金) 21:52:06.57 ID:ISzlJua99
    歴史的な条例が川崎市で成立した。あまりに深刻なヘイトスピーチ被害に対処を続けてきた街で、議論を尽くした結果、刑事罰の導入が市議会の全会一致で決まった。
    その普遍的な結論は、沖縄にも当てはまる。

    ヘイトの害が広まった今、残る禁止反対論は2種類ほどしかない。一つ目は表現の自由の侵害を恐れる意見。
    しかし、ヘイトは差別を背景にした多数派の暴力であり、自由の名の下に守られる表現ではない。野放しにすれば少数派にのみ沈黙を強い、その表現の自由と尊厳を奪う。

    今回、刑事罰を導入するに当たっては市が3段階の手続きを踏み、その都度審査会の意見を聞くなど、恣意(しい)的な運用を防ぐ仕組みも導入されている。

    反対論の二つ目は「日本人へのヘイトは許すのか」という議論。しかし、多数派の日本人は日本にいる限り、その属性で差別されることはまずない。
    政治家まで口にするようになったこの「日本人ヘイト」という言説は論理的に成り立たず、意図的な議論のかく乱と言うほかない。

    9日、川崎市議会の委員会審議を取材した。当初「日本国民への差別」対策を主張した自民党会派もこれを取り下げ、「差別を根絶する」と条例案に賛成した。
    12日の本会議も全会一致での可決となった。条例は議席構成などの特殊要因でたまたま成立したのではない。
    足元の被害に議員一人一人が向き合い、地域を差別から守ると決意した結果だった。

    沖縄にも在日コリアン、外国人の被害があり、本土からの差別が沖縄自体に向けられている。沖縄にも差別を根絶する条例が必要だ。(編集委員・阿部岳)

    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/510053

    スクリーンショット 2019-12-14 13.50.57

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1576241526/

    この記事を読む

    1: Felis silvestris catus ★ 2019/11/27(水) 17:58:33.47 ID:3S7evTk29
    <社説>GSOMIA 解決は日韓対話に尽きる

    日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の失効が回避された。
    ただし、両国の関係改善が図られたわけではなく、先送りされたにすぎない。日韓両首脳は冷静に問題解決の糸口を見つけるべきだ。

    GSOMIAは軍事上の機密情報を提供し合う際に第三国への漏えいを防ぐための協定で、3年前に安倍政権と朴槿恵(パククネ)前政権の間で締結した。日米韓の軍事連携の象徴だ。

    しかし昨秋の韓国人徴用工訴訟判決で日韓関係は急速に悪化した。
    朝鮮半島出身者が日本の植民地時代に労働を強いられ、非人道的な扱いを受けたとして賠償を求めた裁判で韓国最高裁は日本企業へ賠償命令を出した。一方の日本政府は1965年の日韓請求権協定に基づいて解決済みだと訴え、両者の主張は平行線をたどる。

    <中略>

    関係悪化の発端となった徴用工の問題は日本の韓国併合、植民地支配への反省なくしては解決できない。
    身近な例えで言えば、犯罪の加害者が被害者に対して、法の処罰を受けたから問題は終わったと言いつのるのは人として許されないだろう。
    日本は同じことをしていないか

    https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-1030604.html

    no title

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1574845113/

    この記事を読む

    1: ◆mZB81pkM/el0 (東京都) [GB] 2019/11/22(金) 12:50:49.66 ID:3cccJkh10● BE:844481327-PLT(13345)
    孫向文 (新垢)😷☂@sonkoubun

    大袈裟太郎氏を批判したら、「沖縄タイムス」編集部から青林堂に抗議するFAXが届いた、僕にツイートの削除と撤回を求めた。
    さて、デマを流布するのは誰ですか?みなさんは大袈裟さんの「表現の自由」を鑑賞してください。

    とりあえず、極左暴力に負けて、該当ツイートを削除します。

    no title

    no title

    no title

    no title 


    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1574394649/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング