じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    IT・スマホ

    スポンサーリンク

    1: 紅あずま ★ 2016/07/22(金) 00:20:28.78 ID:CAP_USER9
    「ポケモンGO」政府“気を付けて遊んで”
    NNN(日本TV):2016/7/21 12:19
    http://www.news24.jp/nnn/news890130598.html

     海外で人気のゲーム「ポケモンGO」が日本で配信されるのを前に、政府がLINEなどを通じて、ゲームに集中しすぎて事故にあわないよう注意を呼びかけている。

     「ポケモンGO」は実際に街を歩きながらキャラクターを探すスマートフォンゲームで、アメリカなどで爆発的人気となっている。
    日本での配信を前に、政府の内閣サイバーセキュリティセンターはLINEやTwitterを使って遊ぶ際の注意を呼びかけている。

     海外の事故の例をあげ、歩きスマホの危険性や自転車に乗りながら遊ばないこと、危険な場所に立ち入らないこと、さらに熱中症に気を付けたり、防災情報に気を付けたりするよう指摘している。
    内閣サイバーセキュリティセンターでは、「事故に気を付けて楽しく遊んでほしい」と話している。
     
    pokemon-go-battle-tamago-ss-4

     

    引用元:http://karma.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1469114428/

    この記事を読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/06/01(水)15:30:36 ID:???
    人種、国籍、宗教、性的指向、性別、障害などに基づいて個人または集団を攻撃、脅迫、侮辱する発言や言動を「ヘイトスピーチ」と言います。
    このヘイトスピーチを排斥する動きが活発化しており、欧州連合(EU)の政策執行機関である欧州委員会のガイドラインに従い、Facebook・Google(YouTube)・Twitter・Microsoftはヘイトスピーチとみなされた投稿などを24時間以内に削除することに同意しました。

    Press release - European Commission and IT Companies announce Code of Conduct on illegal online hate speech
    http://europa.eu/rapid/press-release_IP-16-1937_en.htm


    01
    02
    03


    Googleのエリック・シュミット会長が「より良いネット」を作るためにヘイトと嫌がらせ表現の検閲の必要性を主張したり、Twitterが何度も迷惑ユーザーを報告するための機能を拡充したりと、インターネット上で大きな役割を担っているIT企業はサービス上から差別行為をなくすためにさまざまな取り組みを行っています。

    実際、Twitter上には4万6000ものIS関連アカウントが存在しているそうで、これらがテロ的行為を扇動したりISの支持者を探したりといった目的で使用されています。こういった行為を抑止するためにもヘイトスピーチの規制は必要というわけです。


    インターネット上にはびこるヘイトスピーチを抑止し、より安全・安心にインターネットを使用できるようにするため、多くの企業が独自の規制などを設けてヘイトスピーチと戦っています。また、インターネット上のヘイトスピーチと戦っているのはIT企業だけではありません。ヘイトスピーチが法的に禁止されているドイツでは、外国人などに対する差別的発言が投稿された場合に「24時間以内にコンテンツを削除する」ことでFacebook・Google・Twitterと合意しています。


    そしてこのヘイトスピーチ排斥の動きはドイツだけに留まらず、ヨーロッパ全体にまで拡大しています。今回明らかになったのは、Facebook・YouTube・Twitter・Microsoftといった企業が、EUが定める新しいガイドラインに沿ってヘイトスピーチの取り締まりを行うことに合意した、というもの。これはドイツがFacebook・Google・Twitterなどと合意に達したものの拡大版のようなもので、「過半数がヘイトスピーチであるとみなしたコンテンツを24時間以内に削除する」というものになっています。さらに、Facebook・YouTube・Twitter・Microsoftはヘイトスピーチ関連におけるスタッフ教育の強化と他社との協力関係の構築を進めていくことも明かしています。

    同問題に取り組むEUのベラ・ヨウロワー氏は、「不法なオンライン上のヘイトスピーチへの対策は差し迫った問題となっています。ソーシャルメディアは不運にもテロリスト集団が若者を刺激したり暴力や憎悪をまき散らすためのツールとなってしまっているのです」と、インターネット上でヘイトスピーチの規制を行うことの重要性を説いています。加えて、Facebook・YouTube・Twitter・Microsoftはヘイトスピーチと戦うためのプロモーション活動にも合意しています。このプロモーションは無差別・寛大さ・尊敬などを奨励するものになるとのことです。


    なお、日本でもYahoo!ニュースのコメント機能が、2015年9月2日にヘイトスピーチなどへの対応強化に関する投稿を行っています。

    Yahoo!ニュースがコメント機能を続ける理由~1日投稿数14万件・健全な言論空間の創出に向けて~ - Yahoo!ニュース スタッフブログ
    http://news.yahoo.co.jp/staffblog/newshack/yjnews_comment.html


    GIGAZINE
    http://gigazine.net/news/20160601-hate-speech-remove-eu/

    引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1464762636/

    この記事を読む

    1: あずささん ★ 2016/05/10(火) 17:27:45.87 ID:CAP_USER*
    米フェイスブックの元契約社員が、フェイスブックのページ右側の「トレンド」欄に表示される内容を同僚が操作して、保守系のニュースを抑制する場面を目撃したと証言して物議を醸している。

    元契約社員が匿名で語ったとされるこの証言は、ITニュースサイトの「ギズモード」が9日付で伝えた。

    それによると、保守系の話題の抑制は、その日のシフトが誰かを見極めながらこっそり行われたと元契約社員は証言。別の1人も「明らかに偏見があった」「私たちの主観で行っていた」と語ったという。

    この報道についてフェイスブックは、「偏見があったという訴えは深刻に受け止める」との声明を発表。
    事実だとすれば、政治的意見の抑圧や、特定の意見やニュースを優先的に扱うことを禁じた規定に違反するとした。ただ、抑制疑惑を全面的には否定しなかった。

    たとえ特定の意見やニュースを優先する従業員がいたとしても、会社がそれを確認する手段はない。
    ギズモードの報道をきっかけとしてこの問題への関心が高まり、9日午後までにフェイスブックのトレンドにも浮上した。
    (以下省略)

    ※以下の部分はソース元にてご確認ください。

    facebook-logo-1


    ソース/CNN
    http://www.cnn.co.jp/tech/35082313.html

    引用元:http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1462868865/

    この記事を読む

    1: 孤高の旅人 ★ 2016/03/08(火) 10:53:21.11 ID:CAP_USER*.net
    米デルのIT事業買収=4000億円超で最終調整?NTT
    2016 年 3 月 8 日 10:00 JST 更新
    http://jp.wsj.com/articles/JJ11081306951518364074017379289321012532307

     NTTが米パソコン大手デル傘下のIT事業会社ペロー・システムズの買収に向けて最終調整に入ったことが8日、分かった。買収額は4000億円超になる見込み。
    NTTグループでは過去3番目の大型買収になる可能性がある。国内通信事業は人口減少などの影響で成長が鈍化する見通しで、NTTはペロー買収により海外 事業を強化する考えだ。 
     
    c108ae2c


    参考
    Dell、IT情報サービス企業Perot Systemsを39億ドルで買収(2009年09月22日)
     

    引用元:http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1457402001/

    この記事を読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/03/07(月) 06:59:04.49 ID:CAP_USER.net
    配信日時:2016年3月7日(月) 1時30分

    2016年3月6日、日本でもiPhoneの人気は高いが、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「日本と韓国で販売されているiPhoneだけにある機能」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーの間で物議を醸している。

    その機能とは「カメラのシャッター音の強制活性化」だといい、スレッド主によると、世界で販売されているiPhoneは「無音モード」にするとシャッター音は鳴らないが、日本と韓国で販売されているものだけは必ずシャッター音が鳴るようになっているという。なお、アプリをダウンロードすれば無音で撮影することもできる。

    これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

    「さすが兄弟」
    「隠し撮りする人が多いから?」
    「堂々と撮影すればよいこと。無音にしたいなんて、何か気にすることでもあるの?」

    「自撮りで『カシャッ』ってシャッター音がしたら、周りの視線が集中して恥ずかしい」
    「レストランで料理の写真を撮る時も、シャッター音のせいでパワーブロガーのように思われてしまう」

    「スピーカーを手で押さえて撮ったらよい」
    「米国のサイトから購入すれば?」

    「カメラはともかく、画面のスクリーンショットのシャッター音は意味不明」
    「アプリをダウンロードすれば無音モードにできるのに、標準搭載できない。なんだそりゃ」(翻訳・編集/松村)

    imgout


    http://www.recordchina.co.jp/a130448.html 

    引用元:http://yomogi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1457301544/

    この記事を読む

    1: バックドロップ(千葉県)@\(^o^)/ 2016/01/09(土) 18:10:58.48 ID:dHW/P25g0.net BE:663621836-PLT(12001) ポイント特典
     携帯電話大手3社が、通話とデータ通信を合わせて月額5千円以下の割安な料金プランを4月以降に導入することが7日、分かった。
    ソフトバンクは同日、通話と1ギガ(ギガは10億)バイトまでのデータ通信が利用できる月額4900円(税別)の料金プランを発表。
    またNTTドコモは家族向け料金プランにデータ通信量の少ないプランを新設する。KDDIも割安な料金プランを新設し、今夏までに導入する見通しだ。

     現在、大手3社は通話とデータ通信容量が2ギガバイトの定額プランを月額6500円の横並びで提供している。
    安倍晋三首相の指示で、総務省が昨年12月、携帯料金引き下げや販売奨励金の適正化を要請したことを受け、ドコモとKDDIも1月中に発表する予定だ。

     ソフトバンクの新料金プランは、データ通信容量が1ギガバイトまでで月額2900円。
    1回5分以内の国内通話がかけ放題となるプランと組み合わせると、合計で月4900円(同)となる。1ギガバイトを超えると通信速度が低下するが、追加料金(千円)を払えば、1ギガバイト分のデータ通信が利用できる。

     一方、ドコモは家族向けの「データシェアパック」に、データ通信の使用量が少ない家族向けに数ギガバイトの低料金パックを導入する。
    これまで同パックはデータ通信量10ギガバイトが最小だった。
    ドコモは個人向けの1ギガバイトプランも「(ソフトバンクと)同等のプランを検討中」としている。

    top


    http://www.sankei.com/economy/news/160107/ecn1601070031-n1.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1452330658/

    この記事を読む

    1: ミントソーダ ★ 2015/12/25(金) 06:50:28.80 ID:CAP_USER*.net
    沖縄県文化観光スポーツ部(前田光幸部長)が、外国人観光客を対象にした無料LANサービスWiFi(ワイファイ)を県内全域で統合する整備事業を2016年度から始めることが23日、分かった。

    各自治体や観光施設で設けられたWiFiのパスワード統一などで利便性を高める。18年度から本格的なサービス導入を目指し、拡大を図っていく。

    県が主導して整備するのは初めて。

    ポータルサイトで観光情報の発信や利用者の認証データを活用し、外国人観光客の行動パターンを分析し、観光プロモーション政策にも活用する。

    アジアを中心にした外国人観光客はSNSなどを利用する機会が多く、WiFi環境の整備の進展で誘客の拡大が期待される。

    新規事業「沖縄Free WiFi統合環境整備事業」は、16年度からの3年計画。16年度は約3500万円の予算要求する予定で、現在設置されているWiFi設備の利用状況などの実態やシステム構築の調査費用などに充てる。

    17年度は実証実験やデータ活用法を検討し、18年度に市町村や観光施設などと連携して統一を進め、利用者の拡大とデータの活用を計画している。

    県内のWiFi環境は、自治体や民間の観光施設や宿泊施設が独自で整備を進めており、それぞれの区域で異なるパスワードの取得が必要だった。現在の個別システムを統合し、全県統一のパスワードを利用者に割り振る。

    一方、通信情報会社別に整備されている事業をつなげる課題も残る。

    WiFi環境は外国人観光客の旅行満足度調査でも突出して低い傾向にあり、環境改善が沖縄観光の課題となっていた。

    WiFi(ワイファイ) 無線でインターネット回線に接続できる技術。スマートフォンやタブレット端末の普及で、企業などで顧客サービスの一環として導入が進んでいる。外国人観光客誘客のため、県内でも設置する市町村が増えている。

    20150503_1096860


    ソース:2015年12月24日 11:50
    http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=147110&f=i

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1450993828/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング