じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    IT・スマホ

    スポンサーリンク

    1: 海江田三郎 ★ 2015/10/09(金) 13:30:24.48 ID:???.net
    http://japan.cnet.com/news/service/35071716/

     Appleは米国時間10月8日、新型「iPhone」に搭載されているチップによってバッテリ持続時間が異なるという懸念に対し、指摘されているほど大きな差はないとの見解を示した。

    Appleの広報担当者は8日の声明で次のように述べている。
    「当社での試験や顧客データでは、『iPhone 6s』および『iPhone 6s Plus』の実際のバッテリ持続時間は、コンポーネントの違いを考慮に入れても、2~3%以内の差に収まっている」

    アップル「iPhone 6s」レビュー(第1回)--新技術「3D Touch」のプラスとマイナス
    アップル「iPhone 6s」レビュー(第1回)--新技術「3D Touch」のプラスとマイナス

     今回の声明は、新しいiPhone 6sおよびiPhone 6s Plusに搭載されているプロセッサの違いをめぐってうわさが高まっていたことを受けたものだ。Appleは、9月末に発売した新型iPhoneに、サムスンとTaiwan Semiconductor Manufacturing Company(TSMC)が製造したチップを採用した。
    一部ユーザーの報告によると、TSMCのチップを搭載するiPhoneは、サムスンのチップを搭載するiPhoneよりもバッテリの持続時間がはるかに長かったという。

     ただしAppleは、これらの試験では同社が設計した「A9」プロセッサを連続で動作させており、現実的な利用状況を反映したものではないと述べた。つまり、平均的なユーザーがスマートフォンで1度に何時間も映画を観たり、インターネットを閲覧したりするなどありそうにないということだ。
     「現実的なバッテリ持続時間を計測するには誤解を招く方法だ」とAppleは述べている。

     Appleは、どのチップも「素晴らしい性能を発揮するために求められるAppleの最高基準を満たしており、優れたバッテリ持続時間を実現している」と述べた。



     

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1444365024/

    この記事を読む

    1: カーフブランディング(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/09(金) 02:15:21.14 ID:iE8lt08I0●.net BE:263277733-PLT(16000) ポイント特典
    「iPhone6s」やi「Phone6s Plus」を買った人にとって、非常に不安になる事実が判明した。iPhone6sには「A9」と呼ばれているCPU(コンピュータの頭脳)が搭載されているのだが、サムスン製とTSMC製(Taiwan Semiconductor Manufacturing Co製)が存在する。

    ・ハズレはバッテリーのもちが悪い
    購入者はどちらのA9がiPhone6sに採用されているか購入前にわからず、購入後でも専用のアプリで調べないとわからないようになっている。どちらの性能も同じなら問題ないのだが、サムスン製のA9は、TSMC製よりもバッテリーのもちが短いと指摘されているのだ。

    ・約2時間もバッテリーのもちに差
    サムスン製よりも、TSMC製のほうが約2時間ほどバッテリーのもちが良いという。約2時間もバッテリーに差があるのは、かなりの差といえよう。そんな事実を知ったら、誰もがTSMC製のA9が搭載されたiPhone6sを買いたくなるだろう。

    ・アタリかハズレかを調べる方法
    iPhoneアプリ『Battery Memory System Status Monitor』をインストールして起動。「System」画面に表示されているModelの項目によって、サムスン製かTSMC製かがわかる。

    サムスン製: N71AP(6s) / N66AP(6s plus)
    TSMC製: N71MAP (6s) / N66MAP(6s plus)
    ※ちなみにiPhone5シリーズでもCPUを調べられる

    ・どちらが手に入るかは運
    もし自分のA9がサムスン製だったとしても、そのような理由でiPhone6sを返品したり交換してもらうことはできない。もちろん、壊れて修理に出して新品交換となったら、TSMC製A9のiPhone6sになるかもしれないが、それも運である。

    ・交換や修理はできず
    つまり、私たちは購入前にどう頑張ったってサムスン製かTSMC製かを知ることはできないのだ。ちなみに、iPhone6sのなかには、液晶画面がやや黄色いものがある。通称「尿液晶」と呼ばれているもので、こちらも交換や修理はできず、泣き寝入りしかない。

    http://buzz-plus.com/article/2015/10/09/iphone6s-a9/
    no title

    no title

    no title

    https://youtu.be/REoCHERHSAQ


    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1444324521/

    この記事を読む

    1: すらいむ ★ 2015/10/08(木) 19:42:15.60 ID:???*.net
    首相値下げ指示、NTTコム社長「おせっかい」

     NTTコミュニケーションズの庄司哲也社長は8日の記者会見で、安倍首相が携帯電話料金の引き下げ策を検討するよう指示したことに、「料金まで踏み込んでうんぬんするというのは、ちょっと余計なおせっかい」と批判した。

     庄司社長は、携帯電話会社が政府に支払う電波利用料などを念頭に、「無線のライセンス料だって変えれば、もうちょっと価格も変わる」とも指摘した。NTTコムは、NTTドコモから携帯回線を借り受けて、格安スマートフォン向けなどに通信サービスを提供しているが、ドコモは年間2500億円近くの電波利用料を国に払っている。

     携帯料金は各社が自由に決められる。このため、首相の異例の指示に、携帯大手3社の社長も、それぞれ反発や戸惑いの声を上げている。これに対し、総務省は、有識者検討会で19日から議論を始め、年内に料金の引き下げ策について結論を出す方針だ。

    2012012600


    Yomiuri Online 2015年10月08日 18時29分
    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20151008-OYT1T50092.html

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1444300935/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング