じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    IT・スマホ

    スポンサーリンク

    1: 孤高の旅人 ★ 2019/04/18(木) 17:55:38.65 ID:lLvmnkgo9
    米アマゾンが中国のネット通販撤退へ
    4/18(木) 17:12配信

     【上海共同】米インターネット通販大手のアマゾン・コムは18日、中国国内でのネット通販事業を7月18日に停止すると発表した。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190418-00000108-kyodonews-bus_all

    関連
    【経済】米アマゾン、中国撤退か シェア0.6%にとどまる 現地報道 ★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1555557486/ 

    no title

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1555577738/

    この記事を読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/03/26(火) 15:47:42.88 ID:CAP_USER
    文部科学省は26日、全国の小学校で2020年度から使われる教科書の検定結果を公表した。文科省の審議会の検定意見を受けて修正を加えるなどし、教科書会社が申請した164点全てが合格した。20年度に始まる新学習指導要領に基づく初めての検定で、算数や理科などの教科書には必修となるプログラミング教育が初めて導入された。

    プログラミングについて書かれた小学校の算数と理科の教科書(東京・霞が関)
    no title


    IT(情報技術)関連のビジネスが拡大するなか、政府の産業競争力会議は16年、プログラミング教育の必修化を成長戦略に盛り込んでいた。英国が既に初等教育から導入するなど、他国でも取り組みは活発化。IT人材の不足が指摘されるなか、小学校から大学まで、人材育成の一貫した戦略が求められている。

    小学校のプログラミング教育は基本的な情報活用能力とともに、試行錯誤することによる論理的思考力を育てるのが狙い。検定に合格した教科書の大半は、新指導要領が例示した▽小5算数での正多角形の作図▽小6理科での明かりの制御――の2カ所でプログラミングを取り上げた。

    プログラミング教育は、中学校で21年度から、高校でも22年度から新しい指導要領の下で拡充されることになっている。

    20年度から小5、6年で正式な教科になる英語の教科書も登場した。「読む・聞く・書く・話す」の4技能を身に付ける内容で、簡単な会話や発表に取り組む。「主体的・対話的で深い学び」(アクティブラーニング)も拡充され、課題について考えたり、討論やグループワークをしたりする内容が盛り込まれた。

    2019/3/26 14:47
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42915160W9A320C1MM8000/

    引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1553582862/

    この記事を読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/03/05(火) 14:01:58.01 ID:CAP_USER
    政府は5日、携帯電話料金の値下げを促す電気通信事業法の改正案を閣議決定した。端末購入を条件に通信料を割り引くといったプランを禁じ、端末と通信を分離する。次々に新機種を買う一部のユーザーに値引きの恩恵が偏らないようにする。透明な競争を通じて通信料が全体として下がりやすい環境を整える。関係省令の改正も進め、今夏にも施行する。

    石田真敏総務相は閣議後の記者会見で端末と通信の分離について「利用者が通信料金のみで事業者を比較・選択できるようにする。競争の進展を通じて通信料金の低廉化が進むと考えられる」との見方を示した。

    端末購入と通信契約をセットにする販売手法では通信容量が同じプランでも、新機種の利用者だけが割引を受けられ、同じ端末を長く使っている人の料金は割高なままだ。割引の原資は利用者全員の通信料であるため、かねて不公平との声があった。

    また、携帯大手による過度な端末購入補助は経営体力のない格安スマートフォン(スマホ)事業者との競争上、平等でないとの指摘も出ていた。

    このほか改正法案は顧客を長期間囲い込む販売手法も禁止する。消費者が自由に事業者やプランを比べて選べるようにする。従来の「2年縛り」のようなプランでは違約金が著しく高かったり、期間拘束のない場合は割引を受けられなかったりするケースがあった。

    販売代理店に届け出制を導入することも盛り込んだ。携帯会社と同様に不当な販売手法を規制するほか、社名や目的を偽った勧誘行為も禁じる。違反した場合は業務改善命令などを出せるようにする。

    これまで電気通信事業法は代理店については一部業務しか対象としていなかった。ユーザーとじかに接する販売現場の監視を強め、消費者保護を徹底する。

    携帯電話料金を巡っては2018年8月、菅義偉官房長官が「4割程度下げる余地がある」と発言。事業者間の競争が不十分で、海外に比べて割高との見方を示した。その後、総務省の有識者会議が具体策の検討に着手し、今年1月に端末と通信の完全分離などを求める緊急提言を公表していた。

    2019/3/5 6:30 (2019/3/5 9:41更新)
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42021680U9A300C1MM0000/ 

    no title

    引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1551762118/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [JP] 2019/03/01(金) 00:59:50.35 ID:Oza0bsKY0● BE:887141976-PLT(16001)
    中国の人気動画アプリ『TikTok(ティックトック)』が無断で児童の個人情報を収集した疑いで570万ドルの罰金支払いを命じられた。

    米国連邦取引委員会(FTC)は『TikTok』に児童の個人情報を無断で収集したと課徴金、いわゆる罰金を命じた。
    収集したデータは電話番号、メールアドレス、写真、位置情報など。

    また、米国の児童オンラインプライバシー保護法(COPPA)によると、インターネットサービスやアプリにて13歳未満の児童が参加して利用するには、保護者の同意を得なければならない。
    しかし『TikTok』は保護者の同意がなくても登録できるようにしていた。
    いわゆる「保護者の同意を得てください」と注意事項がなかったようだ。

    6億3000万円という罰金は史上最高額であり、『TikTok』側も応じると共に収集したデータは削除するという。

    『TikTok』は日本でも人気で、昨年10月には「TikTok Creator Awards 2018」が開催された。

    http://gogotsu.com/archives/48626
    no title

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1551369590/

    この記事を読む

    1: クロ ★ 2019/02/19(火) 10:23:32.69 ID:/Mw+IDip9
     携帯電話事業者が、特定の動画サイトやSNSを利用した際のデータ通信量を料金プランの通信容量から差し引かず、見放題にする「ゼロレーティング(カウントフリー)」という仕組みについて、総務省は電気通信事業法に基づく指針を作って一部を規制する方針を固めた。

     昨秋導入したソフトバンクでは「ウルトラギガモンスター+(プラス)」というプラン名で、ユーチューブやアベマTV、LINEなど10(当初は8)の動画サイトやSNSを使い放題にして、毎月定額の通信料で使えるデータ量にカウントしていない。一部の格安スマホ事業者も、無料や月数百円程度でユーチューブなどが使い放題になるサービスを展開している。

     ゼロレーティングの対象になった大手動画サイトやSNSの利用者が伸びる一方で、中小の事業者は不利な立場に置かれ、公正な競争を妨げるとの懸念が出ていた。規制策は、20日に開かれる総務省の有識者会議が示す中間報告書案に盛り込まれる見通し。

     大手事業者が中小事業者を圧迫…

    朝日新聞
    2019年2月19日5時16分
    https://www.asahi.com/articles/ASM2L5TK5M2LULFA01Z.html 

    no title

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1550539412/

    この記事を読む

    1: 僕らなら ★ 2019/02/04(月) 18:03:31.67 ID:x1xWeHVx9
    メンテナンスを理由に機能を停止していたカナダ最大のビットコイン取引所「QuadrigaCX」が2019年1月31日、顧客から預かっていた仮想通貨のほぼ全てを喪失し、破産による債権者保護を裁判所に申請したことが明らかになりました。報道によると、仮想通貨を失った理由は「取引を一人で管理していたCEOが亡くなってしまったことでコールドウォレットへのアクセスが不可能となってしまったため」とのことです。

    https://gigazine.net/news/20190204-canada-bitcoin-exchange-lost/ 


    WS000000

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1549271011/

    この記事を読む

    1: ガーディス ★ 2019/01/26(土) 00:38:06.90 ID:Md6zLHlT9
    2019年1月25日 19時52分
    サイバー攻撃対策の一環として、総務省は家庭や企業にあるインターネット家電などのいわゆる「IoT機器」に無差別に侵入して対策が不十分な機器を洗い出す、世界でも例のない調査を行うことになりました。しかし、実質的に不正アクセスと変わらない行為を特例的に国が行うことに懸念の声もあがっています。

    この調査は、総務省が所管する情報通信研究機構が行うもので、25日、国の審議会をへて実施計画が認められました。

    それによりますと、調査は家庭や会社などにあるルーターやウェブカメラなどのIoT機器およそ2億台を対象に来月中旬に開始し、無差別に侵入を試みて、初期設定のままになっているなどセキュリティー対策の不十分な機器を洗い出し、ユーザーに注意を促すとしています。

    実際、おととし1年間に情報通信研究機構が観測したサイバー攻撃のおよそ54%でIoT機器がねらわれていて、国は東京オリンピックに向けて対策を強化する必要があるとしています。

    一方、調査では予想されるIDとパスワードを実際に入力して機器に侵入する計画で、本来は不正アクセス禁止法で禁じられている行為だけに専門家からは懸念の声もあがっています。

    国は特例的に5年間に限って調査を行うとしていますが、無差別の機器に国が侵入する調査は世界でも例がありません。

    総務省サイバーセキュリティ統括官室の後藤篤志参事官補佐は「IoT機器が増加する中で、機器をねらうサイバー攻撃も増加している。東京オリンピック・パラリンピックを来年に控え、国民の皆様には今回の調査にご理解いただくとともに、セキュリティー対策に関心を持っていただきたい」と話しています。

    「無差別調査」 去年5月に法改正
    今回の調査は、実質的に不正アクセスと変わらない行為を行うことから、国は去年5月、情報通信研究機構の業務を定める法律を改正し、5年間に限って行うとしています。

    改正された法律は去年11月に施行され、他人のIoT機器にIDとパスワードを入力するという不正アクセス禁止法で禁じられた行為について、今回の調査に限る形で認めています。
    専門家「通信の秘密に抵触のおそれも 慎重に運用を」
    今回の調査について、情報セキュリティ大学院大学の湯淺墾道教授は、「IoT機器が急増する一方、パスワードが正しく設定されていない機器があまりにも多く、東京オリンピック・パラリンピックを前にそれらの機器がサイバー攻撃に悪用されることを防ぐためのいわば緊急措置だ」と一定の理解を示しました。

    その一方で、どういった機器が調査の対象となるのかが現時点で明示されておらず、プライバシーの侵害につながる危険性があるとしたうえで、「侵入した時点でウェブカメラの映像が見えてしまったり、保持するデータの中身がわかってしまったりすることも考えられるほか、もし通信先がわかってしまえば憲法で定めた『通信の秘密』に抵触するおそれもある」と指摘しています。

    そして、「他人の機器に勝手にログインすることが犯罪行為とされているなかで、政府に特例を認める今回の事業は専門家の間でも意見が分かれてきた。政府は、調査結果を公表して透明性を保つとともに、慎重に運用することが求められる」と話しています。
    機構「ルールにのっとり運用していく」
    今回の調査に当たって、情報通信研究機構は、調査に使う発信元の「IPアドレス」を事前に公表しています。

    また、セキュリティーの弱い機器が見つかった場合、内部に侵入はしますが、機器の種類を特定するなどの通信は一切行わないとしています。

    さらに、調査で得られたデータの管理を厳重に行い、情報の保護につとめるとしています。

    情報通信研究機構サイバーセキュリティ研究室の井上大介室長は、「目的以外のデータを得たり、調査で得たデータが外に漏えいすることが一切無いように厳格なルールを設けている。この調査は国民の安全安心のためのものなので、ルールにのっとって運用していく」と話しています。

    全文
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190125/k10011791591000.html 

    スクリーンショット 2019-01-26 1.06.29

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1548430686/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング