じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    社会

    スポンサーリンク






    12




    1: おっさん友の会 ★ 2024/02/28(水) 17:45:40.73 ID:Y5LPNeKu9
    株式会社マイナビは、2024年2月20日に「正社員の賃金不満と副業の意識調査」を実施しました。

    その結果、「理想の年収」の中央値は550万円で、年収600万円を下回る結果となっています。

    令和の日本で「年収600万円」は高望みなのでしょうか。

    そこで、今回は年収600万円を目指せる業種について、解説します。

    国税庁が2023年9月に発表した「令和4年分 民間給与実態統計調査」によると、2022年における年間の給与総額が600万円を超えた人の割合は、全体の22.6%でした。

    【中略】

    ●年収600万円以上が目指しやすい職種とは?
    業種別でみると、最も平均年収が高くなったのは「電気・ガス・熱供給・水道業」の747万円でした。

    「電気・ガス・熱供給・水道業」における収入の分布をみると、ボリュームゾーンは「年収800万円以上」でした

    続きはLIMO 2024/02/28
    https://nordot.app/1135438395726447477

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1709109940/

    この記事を読む





    スクリーンショット 2024-02-15 20.28.29







    1: ちょる ★ 2024/02/15(木) 10:59:09.14 ID:??? TID:choru
     江戸の街並みを模した「豊洲 千客万来」の〈江戸前市場〉。たこ焼きチェーン店やラーメン屋、そしてクレープ屋まで、およそ70もの飲食店が軒を連ねるが、やはり圧倒的に多いのが海産物店である。

     どうせなら地の利を生かした新鮮な魚介類を食べたいもの。どれどれ、何がいいかなと少し歩くと、目玉の飛び出るような価格の海鮮丼があった。人呼んで“インバウン丼”、すなわち外国人観光客にターゲットを絞った丼ものだ。

     例えば、本マグロ丼、6980円也。

     券売機のタッチパネルを押し、注文してみる。届いた丼を拝見すると、ふんだんに盛られたマグロは、真っ赤な赤身も、ピンクの大トロも、色鮮やかで神々しい。金額を思えばその味わいもひとしおというものだ。

    「施設自体がインバウンド客向けだと聞いていたので、いろいろ考えて、とんがった値段設定にしたんです」

     とは、件の本マグロ丼を提供する「江戸辻屋」の担当者。

    「うちで出しているのは愛媛県宇和島産のだてまぐろ。養殖ですが、サバやイワシといった生エサで育てています。中トロ、大トロなど、それぞれの部位のコントラストがはっきりしているのが特徴で、特に赤身がねっとりしていて評判がいい。高い安いは個人の判断で、値段に見合ったものを出している自信はありますよ」

     同じく出店している「築地うに虎」には、1万8000円という驚愕(きょうがく)の“ウニ丼”がある。店長いわく、

    「ウニへの感度が高いのは、アジア系の人たちですね。中国人の中にはウニを食べに日本に来る人もいるほどです。彼らは日本人と違って、値段にまったく反応しません。“高い”という意識がないんですよ」

     そして、

    「商売としては“インバウン丼”でいいと思ってます。日本人客を軽視してるわけじゃないですよ。ただ、正直インバウンドのほうが儲かるんで。日本人って貧しくなったんだなと感じますね。もちろん僕らも食べられないですし……」


    続きはこちら
    https://news.livedoor.com/article/detail/25879332/

    引用元:https://talk.jp/boards/newsplus/1707962349

    この記事を読む

    1: ばぐっち ★ 2024/01/31(水) 15:23:34.59 ID:??? TID:BUGTA
     三重県を中心にバス事業を運営する三重交通(津市)がグループ創立80周年を記念して制作した公式キャラクターが、思わぬ形で注目を集めている。

     三重交通はバス運転士に親しみを持ってもらうことを目的に、運転士の制服を着た若い男女のキャラクターを作成。今月26日から名前の募集を開始した。

     しかし、これにX(旧ツイッター)では一部の界隈から批判が噴出。「わざとらしく内股で片足跳ね上げて腰をくねらせたポージングは働く女性を貶めている。女性だけピエロ扱いの図はとても不快だ」「公共交通機関の自社広告で、女性職員にのみ『媚び』のイメージを与えるのは、男女平等ではありません」「男キャラと女キャラのポーズと表情を逆にしたら異様さが分かると思う」などの声が飛び出した。

     これらの批判に対し、逆に「これがなぜ批判されるのか、全くわからない。説明して」「悲報・ついに女性キャラがアニメ絵というだけで因縁をつけ燃やされる段階へ」「これで文句を言い出したら、男性が背が高くて、肩幅が広くて、髪の毛があって、足が長くて、イケメンに描いてるのは性的偏見だ、などとなんとでもケチをつけられそうだね」などの声が出ている。このほか「とても良いキャラクターですね。悪質なクレーマーは無視で良いと思います」「女性は快活なイメージで、男性は誠実なイメージがキャラクターから伝わってくるいいイラストですね」などと三重交通を応援する声も続々と上がる事態となった。

     さらに、2015年に「女性を蔑視した性的な描写」と批判を浴び、志摩市公認が取り消される騒ぎとなった海女キャラクター「碧志摩メグ」も加勢。公式Xに「碧志摩メグに続いて再び三重県の二次元女性が非難されることに」と投稿し、SNSはカオス状態となっている。

     一方、三重交通によると、今のところ目立った抗議の声や応募数の急増などの影響はないといい、キャラクターの名前募集は予定通り2月29日まで受け付けている。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5f234ef822e1bb4b49b5531c76337daa279d859a

    ※画像
    スクリーンショット 2024-01-31 21.40.11
    スクリーンショット 2024-01-31 21.40.11


    引用元:https://talk.jp/boards/newsplus/1706682214

    この記事を読む





    1






    1: muffin ★ 2024/01/08(月) 00:39:22.82 ID:bt0/o15Y9
    https://ranking.goo.ne.jp/column/9336/
    2024年01月08日 00:00

    1968年創刊の『週刊少年ジャンプ』(週刊となるのは翌1969年から)。幾多の名作漫画を生み出し、1994年末にはギネス記録にもなった653万部という発行部数を打ち立てるなど、1990年代に黄金期を迎えました。
    今回は、最高におもしろかったと思う90年代のジャンプ作品はどれなのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

    1位:CITY HUNTER
    2位:DRAGON BALL
    3位:SLAM DUNK
    4位:ONE PIECE
    5位:こちら葛飾区亀有公園前派出所
    6位:NARUTO -ナルト-
    7位:HUNTER×HUNTER
    8位:幽☆遊☆白書
    9位:るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-
    9位:ジョジョの奇妙な冒険

    11位:テニスの王子様
    12位:電影少女
    13位:遊☆戯☆王
    13位:ヒカルの碁
    15位:封神演義
    16位:DRAGON QUEST -ダイの大冒険-
    16位:聖闘士星矢
    18位:魁!!男塾
    18位:花の慶次 -雲のかなたに-
    20位:ろくでなしBLUES

    20位:キャプテン翼< ワールドユース編>
    22位:ROOKIES
    23位:地獄先生ぬ~べ~
    24位:みどりのマキバオー
    24位:セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん
    24位:SHAMAN KING
    27位:魔女娘ViVian
    28位:I”s<アイズ>
    28位:レベルE
    28位:D・N・A2 ~何処かで失くしたあいつのアイツ~

    以下こちら
    https://ranking.goo.ne.jp/column/9336/ranking/55133/?page=4

    投票合計数:1,178票
    調査期間:2023年12月04日~2023年12月18日

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1704641962/

    この記事を読む



    スクリーンショット 2023-12-14 19.33.14






    1: ぐれ ★ 2023/12/14(木) 12:45:01.16 ID:UyK7HKaV9
    >>2023年12月14日 06時00分
    東京新聞

     東京23区に住む30歳代子育て世帯の世帯年収が2017年から22年にかけて2割以上も上昇し、半数近くの48.6%が1000万円を超えていることが大和総研の是枝俊悟氏の分析で分かった。世帯年収を順番に並べた真ん中の値を意味する中央値は986万円。待機児童問題の改善などにより、夫婦ともに正社員の共働きが増えたことが背景だとみられる。

    ◆多くは夫婦が正社員の共働き、中央値は986万円

     総務省が5年に1度行う就業構造基本調査から、夫婦と子どもからなる世帯の年収を分析した。祖父母との同居や、ひとり親家庭は含んでいない。

     17年からの5年間で全世代で世帯年収が増加し、30代が最も上昇率が高かった。地域別では23区が突出。全国の30代子育て世帯の世帯年収の中央値は686万円で、5年間で13.2%(79万円)の増加だったのに対し、23区は23.4%(187万円)も増えていた。

     片働きで世帯年収1000万円超の世帯は全体の8.3%にすぎず、夫婦2人で稼いでいる形だ。23区は元々、給与が高い大企業が多いことなどを背景に全国よりも共働き世帯の比率が低かったが、今回調査では30代に限った比率は74.8%と、全国の72.4%を逆転した。

     東京都などによると、23区の待機児童数は17年に5665人おり、全国の2割以上を占めていた。しかし、22年には32人と激減し、保育サービスの利用児童数も19.6%増加している。

     是枝氏は「女性が子どもを持っても正規雇用で働き続けられるようになり、30代の世帯年収が前の世代に比べて大きく上昇した。23区については、都心部で特に深刻だった待機児童の問題が緩和されたことが大きい」と話した。

      ◇  ◇

    ◆生活コストが高くて郊外に…「稼げない人」を待ち受けること

     女性が子どもを産んでも仕事を続けられるようになったことで、都心の若い子育て世帯の半分近くが1000万円以上稼ぐようになったー。一見、喜ばしい数字にも思えるが、不動産と生活コストの高騰、人々が子どもを持つ意識の変化を考えると、都心で子育てすることの懸念が見えてくる。家庭の在り方や働き方が急変し、企業も対応を迫られている。

    ◆「お金がない人は結婚できず子どもを持てない」

    続きは↓
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/295820

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1702525501/

    この記事を読む






    no title






    1: ばぐっち ★ 2023/12/05(火) 08:07:12.88 ID:??? TID:BUGTA
     総合格闘技イベントBreaking Down(ブレイキングダウン)で注目を集めたユーチューバーの我愛羅こと顔面ニキ(28)が、4日までに自身のX(旧ツイッター)を更新。飲食店などで、タトゥーを入れた従業員が増えてきたという報道に触れ「日本人は入れ墨に偏見をもちすぎてるし」「日本も入れ墨の文化を増やすべきだと思う」と持論を展開した。


     顔やほお、まゆ毛の上などに「愛」「朝倉未来」「朝倉海」「Tik Tok」「breaking dream」「三崎優太」などのタトゥーを入れ、10月に2度目のタトゥー除去手術を受けたことを報告した顔面ニキは「俺は顔に入れ墨がたくさん入っているが何一つ不自由のない生活を送っている。この入れ墨が無かったら今の生活はない」と、自信の経験を振り返った。


     「入れ墨は犯罪でもなく、芸術だ。1つの芸術として」と、日本でのタトゥー文化の浸透を期待。各業界で深刻化する人手不足に触れ「人生切り開くかは自分次第だ。やるかやらないか。日本という国へ。入れ墨があって、仕事に就くのが難しい方や悩んでいる方が働きやすくするべきだと思う」と訴えた。


     除去手術を受け、自身に必要のない顔面のタトゥーを消していくと宣言している顔面ニキ。添付した顔面どアップの画像からは、すっかり薄くなった左まゆ上の「三崎優太」、唇下の「GINTA」、左ほおの「Ban 仲村」がうかがえた。
    https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/c04b4ca81e019eaa35b85248ad9e94f0c42b3288&preview=auto



    引用元:https://talk.jp/boards/newsplus/1701731232

    この記事を読む




    スクリーンショット 2023-11-23 16.49.01







    1: ばぐっち ★ 2023/11/23(木) 08:11:04.45 ID:??? TID:BUGTA
    既婚の女性を指す言葉「奥さん」。女性の社会進出や男女平等の時代に、「看護婦さん」「保母さん」などの表現はめっきり耳にすることがなくなったが、「奥さん」がいまだ使われ続けているのはなぜだろう。11月22日の「いい夫婦の日」にちなんで、日本語とジェンダーについて専門家に聞いてみた。

    「奥さん」という言葉には、ネガティブなイメージを持つ人もいる。その理由としてよく挙がるのが、「家の奥にいる人」という前時代的な意味合いで、家族のために掃除や洗濯、料理といった家事をせっせとこなす姿を連想させるというものだ。

    東京外国語大学・名誉教授の井上史雄さんが話す。

    「奥さん」をみんなが使うようになった背景に、人を直接指すのを避ける「直示の忌避」がある。人差し指で人を指すのは失礼だが、手のひらを返し、5本指すべてで示すほうが角が立たない。言葉も同じで、直接名前を呼ぶと場合によっては無礼な印象を与えかねない。

    「取引先の社長に『奥さんはお元気ですか?』と聞くところを、たとえば、『美代子さんはお元気ですか?』と言ったならばどうでしょう。なんだか慣れ慣れしいな、と思われてしまうこともあるでしょう。『奥さん』は名前を直接呼ばず、敬意を込めて呼ぶことができるので、機能的に優れた言葉なんです」

    1960年代からの女性解放運動、1970年代のウーマン・リブの流れを受けて、1980年代には「奥さん」ではなく別の呼び方が提案されたこともあった。

    「女性蔑視にあたる言葉をやめよう、もっと中立的な言い方にしようと、『奥さん』の代わりに提唱されたのが『妻さん』。たしかに、夫、妻という言葉は役所の提出書類にも使われ、もっとも平等だとされています。

    しかし、『妻さん』『夫さん』などと言うとなんだか面倒くさい人だな、ジェンダーについて一家言ありそうだな、などと色眼鏡で見られてしまうこともあるでしょう。聞き手がイデオロギーを感じとってしまう、政治色がにじみ出る言葉というのは、なかなか普及しないんです」

    夫婦共働きが当たり前になってくると、「奥さん」と呼ばれるのに違和感を覚える人がいるのも無理はない。しかし、「奥」の意味をマイナスに捉える必要はない、と井上さんは言う。

    「奥行きがある、奥が深い、というように『奥』にはよいイメージを持つ表現が多い。逆に『妻』には、刺身のツマに代表されるとおり、添え物という意味もある。その言葉の語源について論じるより、どうして多くの人に受け入れられてきたのか、時代にかなった形にするにはどう変えるのがよいかを考えることが大事でしょう」

    「奥さん」は、もともと尊敬語だ。「部長の奥さん」「向いの奥さん」など第三者の配偶者を指すときに使う。しかし、近年、言葉の性質が変化しているという。

    「たとえば、『いやぁ、僕の奥さんが昨日ね……』などと自分の妻に対して使う例が増えました。もともと妻側を持ち上げる尊敬語だったのに、夫側を一段下げる謙譲語としても使われるようになってきたのです。この用法は若い人を中心に広がってきています」

    では、なぜ尊敬語が謙譲語にもなるという珍しい現象が起きているのか。その理由は「敬意逓(てい)減の法則」にある。

    「尊敬語というのは、何度も使われ、一般化し、繰り返し耳にするようになるとありがたみが減ってしまうのです。『君(きみ)』はもともと帝王や諸侯などを指しましたが、時代とともに敬意が薄れ、一般人に使われるようになりました。

    『貴様』のように敬意が減り続けた結果、相手を挑発するような失礼な言葉になってしまう、これを『敬意逓減の法則』といいます。『奥さん』は今でも尊敬語として使われている一方で、謙譲語の役割まで担ってきているのは、時代とともに敬意そのものが低減してきたからでしょう」

    「奥さん」より丁寧な言い方に「奥様」がある。こちらも、かつては山の手の邸宅に住むような専業主婦を指していたが、今では営業担当者がセールストークで既婚者女性を一段上げるのによく使う。

    このまま「奥さん」「奥様」が使われ続けると、言葉の丁寧さ、ありがたみがさらに薄れていく。そこで、すり減った敬意を補う手段として、近い将来、既婚女性を指す新しい呼び方が生まれる可能性がある、と井上さんは考えている。井上さんの提案はこうだ。

    「私が提案するのは『奥方様(おくがたさま)』という呼び方です。『奥さん』『奥様』の流れをくみ、最大限の敬意を込めた言葉として、試してみる価値は十分にあるでしょう。日本語には『部長』『教授』『監督』といった役職で呼ぶ文化があります。職場を離れても、飲み屋などで役職が通称になっている人がいるでしょう。(抜粋)
    https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/e21b2e0ebdadce1b6f9296f7a3da03827e7a9fd3&preview=auto

    引用元:https://talk.jp/boards/newsplus/1700694664

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング