じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    北朝鮮

    スポンサーリンク

    1: 豆次郎 ★ 2017/07/29(土) 00:40:45.96 ID:CAP_USER9
    北朝鮮がミサイルとみられる飛しょう体発射 政府関係者

    7月29日 0時06分

    政府関係者によりますと、北朝鮮が、ミサイルとみられる飛しょう体を発射したということです。政府は、総理大臣官邸に設置している北朝鮮情勢に関する官邸対策室で情報の収集と分析にあたっています。
    菅官房長官は、北朝鮮がミサイルとみられる飛しょう体を発射したという情報を受けて、このあと記者会見を行うことにしています。

    政府関係者はNHKの取材に対し、「午前0時前に、北朝鮮がミサイルとみられる飛しょう体を発射し、日本の排他的経済水域内に着水する可能性があり、航行警報を出した」と述べました。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170729/k10011079291000.html?utm_int=news_contents_news-main_001
    ─────────────────────
    北朝鮮ミサイル発射 EEZ内に落下か 官房長官

    7月29日 0時38分
    菅官房長官は、午前0時半すぎ、総理大臣官邸で記者会見し、「昨夜23時42分、北朝鮮中部より弾道ミサイルが発射され45分程度飛しょうしたのちわが国のEEZ=排他的経済水域内に落下したものとみられる」と述べました。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170729/k10011079331000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001 

    DF1aol6UIAEyUYN

    引用元:http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1501256445/

    この記事を読む

    1: ばーど ★ 2017/07/04(火) 11:37:48.89 ID:CAP_USER9
    安倍総理大臣は総理大臣官邸で記者団に対し、北朝鮮が、再び弾道ミサイルを発射したことについて、
    「さらに脅威が増したことを明確に示すものだ」としたうえで今週のG20サミットに合わせて、アメリカや韓国に加え、中国やロシアの首脳に対しても北朝鮮に対する圧力の強化に協力を求める考えを示しました。

    政府は、北朝鮮が、弾道ミサイルを発射したことを受けて、午前10時半すぎから、総理大臣官邸で、安倍総理大臣や岸田外務大臣、稲田防衛大臣らが出席して、NSC=国家安全保障会議の閣僚会合を開きました。
    このあと安倍総理大臣は、記者団に対し、「北朝鮮がまたもや弾道ミサイルの発射を強行した。たび重なる国際社会の警告を無視するものだ。今回のミサイル発射は、さらに脅威が増したことを明確に示すものだ」と述べました。

    そのうえで、安倍総理大臣は、「昨日、トランプ大統領と日米電話会談を行い、日米の強い連携を確認した。強固な日米同盟のもと、高度な警戒態勢を維持して、国民の安全を確保するために万全を尽くす」と述べました。

    そして、安倍総理大臣は、今週ドイツで開かれるG20サミットに合わせて、日米韓の3か国の首脳会談を行うとしたうえで、「トランプ大統領、ムン・ジェイン(文在寅)大統領と認識をともにし、
    日米韓の強い結束のもとに国際社会の圧力を強化していく」と述べました。

    さらに安倍総理大臣は、「G20には、世界の首脳やリーダーたちが集まる。この場を活用して、北朝鮮問題に対する国際社会の連携を強く訴えていきたい。
    また中国の習近平国家主席、ロシアのプーチン大統領に対しより建設的な対応をとるよう働きかけていく」と述べ、G20サミットに合わせて各国の首脳に対し、北朝鮮に対する圧力の強化に協力を求める考えを示しました。

    配信 7月4日 11時21分
    NHK NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170704/k10011041321000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004 

    no title


    引用元:http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499135868/

    この記事を読む

    1: ろこもこ ★ 2017/06/29(木) 17:56:47.74 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170616-00010000-sentaku-soci

     北朝鮮に対しては国際社会の厳しい目が向けられているが、意外な日本企業が「制裁破り」の嫌疑をかけられている。
     日本政府は現在、独自制裁として、北への送金は人道目的でかつ十万円以下のもの以外を原則禁止としている。報告なしで日本から持ち出せる現金の上限も十万円までとしているが、ある外交筋は「これには例外があり、最たる例が共同通信社」と指摘する。
     共同通信は日本のメディアとして唯一、平壌に支局を設置しているが、同社関係者によると、同支局の必要経費と称して年間一億円近い送金が認められており、北京駐在記者の移動や現地スタッフの雇用など支局維持にあてられている。ただ、相変わらず日本人特派員は「中国総局がある北京から行ったり来たりの状態」(他の大手マスコミ記者)で、報道は現地職員頼り。そもそも二〇〇六年の同支局開設自体が、現在も裏で権力を保持する石川聰前社長の野心の残滓であり、社内でも「報道の制約は多く、高い維持費を垂れ流してまで継続する必要があるのか」(同社ベテラン)との声は絶えないという。

    no title


    引用元:http://lavender.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1498726607/

    この記事を読む

    1: 動物園φ ★ 2017/06/27(火) 11:56:02.16 ID:CAP_USER
    首相官邸(災害・危機管理情報)?認証済みアカウント@Kantei_Saigai
    【テレビCM「弾道ミサイル落下時の行動」放送中】本日から7月6日(木)までの2週間、弾道ミサイルが日本に落下する可能性がある場合、国民の皆様がとるべき行動などを伝えるテレビCMを全国で放送します。CMをご覧いただき、国民の皆様がとるべき行動などをご確認ください。
    https://twitter.com/Kantei_Saigai/status/878087992513929216


    鮫島浩@SamejimaH
    ミサイル危機を煽って支持率を稼ぐ露骨な世論工作。権力維持のための巨額の公金支出であり、国際情勢からかけ離れた国家権力による印象操作である。新聞は黙認してはいけないだろう。権力監視の責務を自覚していないから、目の前に流れている重大なファクトに反応できないのだ。
    https://twitter.com/SamejimaH/status/878888539085127680 


    no title

    引用元:http://lavender.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1498532162/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [HU] 2017/06/12(月) 08:10:00.24 ID:aewHZCbR0 BE:306759112-BRZ(11000) ポイント特典


    今日の中日新聞。呆れを通して力なく笑うしかない。

    https://twitter.com/pes0878taku/status/873697612691423232
    no title




    先軍女子を世に広め、北に親近感を持たせよふと誘導するプロパ新聞の督記者さん

    https://twitter.com/0V5f1dTlqhFoe2f/status/873844395199545344
    no title

    no title

    引用元:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1497222600/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) [ニダ] 2017/05/22(月) 13:06:43.13 ID:6NzqH8nL0 BE:695656978-PLT(12000) ポイント特典
    http://news.livedoor.com/article/detail/13095249/
    北メディア「われわれの核は日本も守っている」

    北朝鮮の労働新聞は21日、日本の麻生太郎財務相が「朝鮮の核抑止力に言いがかりをつけた」と非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

    論評は、麻生氏が「米財務長官との会談で、朝鮮の核抑止力に言いがかりをつけて、制裁強化のための井戸端会議した挙句、『常識のない国』が危険な武器を持っているだとか、何とか言って散々けなした」と指摘した。

    つづけて、「麻生がわれわれの核抑止力を危険な武器と描写したのは、自らの低レベルな判別力と事物現象についての無理解を自ら広めた無知な醜態」と述べた。

    また、「われわれの握っている核兵器は、朝鮮半島での核戦争を防ぐ強力な自衛的抑止力であり、地域の安全と平和を守るための必勝の宝剣だ」と主張した。

    さらに、「米国の核戦争挑発騒動で朝鮮半島における核戦争が起きれば、米国の核前哨基地、兵站基地に転落した日本列島も破滅的な災害を免れないというのが定説だ。
    そのような面を考えると、われわれの核は、日本の安全も守ってやっていることとなる」と強調した。

    そのうえで、「日本の反動層は、われわれをけなすのではなく、われわれに感謝の挨拶をすべきだ」と述べた。

    no title


    引用元:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1495426003/

    この記事を読む

    1: ろこもこ ★ 2017/04/29(土) 14:39:12.34 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-00000019-asahi-int


    対馬の南約30キロを北北東に進む米海軍の原子力空母カールビンソン=29日午前8時57分、長崎県沖の東シナ海、朝日新聞社ヘリから、長沢幹城撮影

     米海軍の原子力空母カールビンソンの艦隊が29日午前、対馬海峡を航行しているのを、本社ヘリから確認した。午前9時、対馬の南約30キロを北北東に進んでおり、甲板上には戦闘攻撃機が並び、ヘリコプター1機が発艦するのが見えた。近くには海上自衛隊の護衛艦あしがらの姿もあった。

    【写真】対馬の南約30キロを北北東に進む米海軍の原子力空母カールビンソン=29日午前9時4分、長崎県の対馬海峡、朝日新聞社ヘリから、長沢幹城撮影

     カールビンソンの艦隊は今月8日にシンガポールから豪州に向けて出港した後、米太平洋軍のハリス司令官が朝鮮半島近海に展開するよう、行き先の変更を指示。その後、豪軍との共同演習を経て、23日から西太平洋周辺の海域で海上自衛隊の護衛艦2隻と共同訓練をしていた。28日には空母艦載機・FA18戦闘攻撃機が航空自衛隊那覇基地所属のF15戦闘機と沖縄県の東方の海域で共同訓練をした。

    no title


    引用元:http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1493444352/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング