じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    北朝鮮

    スポンサーリンク

    1: みつを ★ 2019/06/30(日) 20:19:09.44 ID:WzOmjKQS9
    no title



    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1561893549/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(日本のどこか) [US] 2019/05/31(金) 13:45:48.61 ID:YwMH5mgO0● BE:151915507-2BP(2000)



    no title

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1559277948/

    この記事を読む

    1: ニライカナイφ ★ 2019/05/20(月) 06:06:22.22 ID:X6LQj8TH9
    ◆ 北朝鮮紙「敵対勢力が食糧難で屈服させようと…」

    北朝鮮が18日、穀類増産は体制の死活問題だとし、食糧難を乗り越えるために総力を挙げてほしいと住民に促した。
    労働党機関紙の労働新聞はこの日、「すべての力量を総集中し、田植えを適期にうまく終えよう」と題した社説で「我々が強盛に向かって良く暮らしをすることを望まない敵対勢力は、わが人民を食糧難に直面させ、彼らの胸中で社会主義に対する信念を崩壊させ、さらに我々を屈服させようとしている」と主張した。

    続いて「我々は田植えを適時にうまくし、穀類増産の突破口を開くことで、敵対勢力に恐ろしい鉄槌を下さなければいけない」と強調した。
    特に「穀類増産を画期的に増やすのは、わが党の社会主義強国建設構想の実現と結びつく非常に重要な事業」と主張した。

    労働新聞は「食糧問題、食の問題さえ解決すれば、人民に安定した生活を保障し、彼らの熱意と創意性を発揚させ、社会主義建設を進めることができる」とし「なんとか今年は農作業をうまくして、党中央の権威を全面的に守り、我々の社会主義の必勝不敗性を誇示しなければいけない」と指摘した。
    さらに党および勤労団体組織が農民に「現時期の食糧問題解決の切迫性を確実に認識させ、わが党と国家が食糧問題の解決にどれほど大きな関心を向けているかをよく理解させて奮発できるようにすべき」と促した。

    これに先立ち北朝鮮はハノイ米朝首脳会談の決裂後、制裁の解除に固執しないとして自力更生を宣言した。
    本格的な農繁期に入った中、穀物生産を単なる経済発展ではなく「対米決戦」「体制守護」レベルで力説し、総力を挙げているとみられる。

    北朝鮮は昨年、干ばつと異常高温、洪水などで過去10年間で最悪の作況となったのに続き、今年も類例のない降水量不足に苦しむ中、国際社会に支援を要請した。
    韓国政府は鄭義溶(チョン・ウィヨン)青瓦台国家安保室長の主宰で国家安全保障会議(NSC)常任委員会会議を開き、前日、世界食糧計画(WFP)とユニセフ(UNICEF)の北朝鮮児童・妊産婦栄養支援および母子保健事業などに800万ドルの供与を進めることにした。

    北朝鮮が対内外的に食糧難を認めた状況で、韓国政府が対北朝鮮直接支援方式で大規模な後続食糧支援をするかどうかが注目される。

    中央日報 2019年05月18日 11時20分
    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=253492

    no title

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1558299982/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2019/05/18(土) 15:38:20.75 ID:NVzbz3kr0● BE:448218991-PLT(14145)
    国連の制裁に違反していたとして北朝鮮船籍の貨物船がアメリカに差し押さえられた問題で、北朝鮮が国連事務総長に対して「緊急の措置」を取るよう要求していることがJNNの取材で分かりました。

     この問題は、北朝鮮船籍の貨物船「ワイズ・オネスト」が、国連の制裁に違反して北朝鮮から
    石炭を輸出していたなどとしてアメリカに差し押さえられたもので、貨物船は今月11日に
    アメリカ領サモアの港に運ばれています。

     JNNは、この問題をめぐり北朝鮮の国連大使が国連事務総長に宛てた書簡を入手しました。
    書簡の中で、北朝鮮は「国連憲章と国際法に違反する」「ギャングのような国だ」とアメリカを
    非難しています。その上で、北朝鮮は事務総長に対し「緊急の措置を講じるべきだ」と要求し、
    「我々は国連の行動を見ている」と対応を求めています。

    https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3676689.html 

    スクリーンショット 2019-05-18 17.19.38

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1558161500/

    この記事を読む

    1: ニライカナイφ ★ 2019/05/18(土) 14:03:35.29 ID:AY0zQbap9
    ◆ 朝鮮総連「破壊活動の恐れ」=拉致関与も-政府、答弁書を閣議決定

    政府は17日、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)について、現在も「破壊活動防止法に基づく調査対象団体である」とした答弁書を閣議決定した。
    「今後の情勢いかんによっては、将来、暴力主義的破壊活動を行う恐れがあることを否定し得ない」との見解も示した。
    衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」の松原仁氏の質問主意書に答えた。

    答弁書は、北朝鮮による三つの拉致事案で「朝鮮総連傘下団体等の構成員の関与があったと認識している」と説明。
    朝鮮総連について「前身組織である在日朝鮮統一民主戦線がこれまでに暴力主義的破壊活動を行った疑いがある」「北朝鮮とも密接な関係を有している」などとも指摘した。

    時事ドットコム 2019年05月17日11時08分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019051700511&g=pol 

    スクリーンショット 2019-05-18 17.09.24

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1558155815/

    この記事を読む

    1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [CN] 2019/05/17(金) 20:35:54.42 ID:Ez9mnqkm0 BE:844481327-PLT(12345)
    【ソウル=桜井紀雄】韓国統一省は17日、世界食糧計画(WFP)や国連児童基金(ユニセフ)が進める北朝鮮の児童・妊産婦への栄養支援や母子保健事業に800万ドル(約8億7680万円)を拠出することを決めたと発表した。
    「住民への人道的支援は政治的状況と関係なく進める」とし、食糧支援も「国民の意見を収斂(しゅうれん)して具体的計画を検討していく」という。

    大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長も17日、食糧支援について「原則を既に確定している」と説明した。
    統一省は、南北経済協力事業の開城(ケソン)工業団地の企業関係者に対して資産点検のための訪朝も2016年2月の事業中断後初めて承認した。

    文在寅(ムン・ジェイン)政権は対話再開の呼び水にしたい考えだが、北朝鮮は、メディアで「『人道主義』などと空虚な方便や恩着せを弄するな」と批判。
    開城工団など経済事業再開を要求している。

    https://www.sankei.com/world/news/190517/wor1905170016-n1.html
    no title

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1558092954/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2019/05/10(金) 21:15:05.40 ID:37P+YZf09
    https://anonymous-post.mobi/archives/7434
    「9条の精神で」 北の飛翔体発射で共産・笠井氏

    5/10(金) 12:28配信 産経新聞

     共産党の笠井亮政策委員長は10日の記者会見で、北朝鮮が相次いで飛翔(ひしょう)体を発射したことについて、日本政府に対し「憲法9条の精神に立って、日朝平壌宣言を基礎に(米朝間の)平和プロセスが前進するよう、積極的にコミットしていくことが必要だ」と要求した。

     「問題解決の道は対話と交渉の継続以外にない。いかなる軍事的挑発行為も厳しく自制すべきだ」とも述べた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00000526-san-pol

    (略)

    no title

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1557490505/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング