じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    北朝鮮

    スポンサーリンク

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 00:53:35.63 ID:???.net
    no title

    ▲第30回正論大賞受賞記念大阪講演会で講演する西岡力氏=19日午後、大阪市北区のリーガロイヤルホテル(恵守乾撮影)

     第30回「正論大賞」(フジサンケイグループ主催)に輝いた東京基督教大学教授の西岡力氏の受賞記念大阪講演会が19日、大阪市北区のリーガロイヤルホテルで約550人が出席して開かれた。西岡氏は「朝鮮半島の近未来と日本」をテーマに、朝鮮半島情勢などについて語った=写真。

     西岡氏は、韓国では1980年代に北朝鮮による民族主義が浸透し、反日反米の“従北派”が増え続けていると指摘。「独裁政権の北朝鮮と、従北派が伸長する韓国のどちらが先に体制崩壊するかというほど緊迫した状況になっている」との認識を示した。

     北朝鮮については、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)からの送金が核開発に使われてきたと主張。日米の経済制裁で外貨不足に陥ると対外的に反応するとし、「外貨不足が北朝鮮の弱点だ」と述べた。

     北朝鮮による拉致被害者について「生存情報がある」と強調。昨年7月に北朝鮮が日本人拉致被害者らの安否を調査する特別委員会を設置したことに触れ、「日本政府は拉致被害者の生存保証を取ってから再調査に臨むべきだった」と語った。

     正論大賞には現代史家の秦郁彦氏も選ばれた。

    ソース:産経ニュース<「北朝鮮と韓国、どちらが先に体制崩壊するか…緊迫」 西岡力氏が受賞記念大阪講演会で>


    http://www.sankei.com/west/news/150319/wst1503190073-n1.html

    この記事を読む

    1: ちくわ部φ ★ 2015/03/20(金) 12:49:05.54 *.net
    北朝鮮政府が、海外赴任が3年を超えた外交官を対象に、順次帰国命令を出していることがわかった。

     帰国を避けたい外交官が、朝鮮労働党や外務省高官に賄賂攻勢をかける事例が相次いでいるためとみられている。

     中南米の北朝鮮外交筋など、複数の関係者の話で明らかになった。ある北朝鮮外交官は、帰国したくない理由を「生活環境が赴任先より劣るため」と語った。末期がんであることが判明した別の外交官は、「本国に戻れば、ろくな治療も受けられないまま死んでしまう」と考え、帰任命令を無視したという。
    帯同した子供に現地の大学で教育を受けさせるため、上司に賄賂を送ったケースもあった。

     北朝鮮の外交官は、北朝鮮製の金の密輸や薬品密売などで外貨を獲得する任務を負うが、賄賂の元手にするため、利益の一部を着服することもあるようだ。贈賄品で特に人気なのが、日本製や欧州製のコーヒーメーカーや炊飯器、システムキッチンなどで、メーカーまでこだわる外交官もいるという。
    senkyo_wairo



    http://www.yomiuri.co.jp/world/20150320-OYT1T50006.html

    この記事を読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/03/18(水) 09:48:03.99 ID:???.net
    東京都千代田区の在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の継続使用をめぐり、総連側が、土地建物を購入した山形県酒田市の不動産会社グリーンフォーリストに年間2億数千万円を支払う賃貸契約を結んでいたことが17日、関係者への取材で分かった。

    中央本部は日本と国交がない北朝鮮にとって事実上の大使館といえる重要拠点。2012年に土地建物が競売に出されて以降、所有権の移転先や、総連が立ち退くかどうかが焦点だったが、総連が契約に沿った支払いを続ければ、これまで通り使えることになる。

    o0433049413209687328


    ソース:北海道新聞‎ 03/18 02:23
    http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0112839.html

    この記事を読む

    1: フェイスクラッシャー(神奈川県)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 10:04:28.04 ID:SxventfT0.net BE:586999347-PLT(15001) ポイント特典
     競売の落札後に転売された在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部ビルをめぐり、朝鮮系中国人女性が10億円の購入資金を提供していたことが11日、分かった。政府関係者と日朝関係者が明らかにした。
    女性は1月に中国から日本に入国、朝鮮総連関係者らと密会し、ビルを購入した倉庫会社に送金していた。

     総連本部ビルの転売をめぐっては、中国・香港から10億円が流入した疑いが分かっていた。
    公安当局は、女性の送金がなければ転売は実現できなかったとして10億円の原資など一連の流れの解明を急いでいる。

     関係者によると、女性は香港で海運会社に勤務する商工人。
    1月下旬、総連本部を44億円で購入し、後に総連に本部ビルを貸し出すとされている山形県の倉庫会社「グリーンフォーリスト」に送金した。

     女性は、送金直前の1月中旬に日本に入国し、各地で朝鮮総連関係者らと会った。
    関西地方では北朝鮮と強力なパイプを持つ在日韓国人とも会談、総連本部の継続使用のために必要な経費の捻出方法について議論したとみられる。
    総連本部の継続使用を目指した北朝鮮、総連、海外の商工人らの密接な連携が浮き彫りになった。

    B-BNJR3CEAAyjs2


    http://www.sankei.com/politics/news/150312/plt1503120004-n1.html

    この記事を読む

    1: オムコシ ★ 2015/03/11(水) 09:47:55.30 ID:???.net
    韓国メディアは7日、北朝鮮の3D作品を含めたアニメ制作の技術がすでに世界レベルに達していると報じた。
    昨年は3Dアニメ100本以上を制作したという。中国新聞網が9日伝えた。

    報道によると、北朝鮮の3Dアニメは立体感が強く、人物の表情が生き生きと描かれている。
    以前の北朝鮮アニメは道徳的教育作品が主体だったが、今では歴史をテーマにした作品が増えた。
    多くは外来の敵の侵入を防いだ歴史を描き、愛国主義を強調した作品。
    こうしたアニメはDVD化され、幼稚園の子供に見せるといった使い方もされている。

    朝鮮中央通信は昨年11月、最高指導者の金正恩第1書記が朝鮮4.26児童映画撮影所を視察した際、制作者に対して、「十分な野心を持って、わが国を世界トップレベルのアニメ大国にしてほしい」と指示したと報じていた。

    (編集翻訳 恩田有紀)

    pr1


    http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/411400/

    この記事を読む

    1: テキサスクローバーホールド(茸)@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 09:09:05.63 ID:XU0M0cJm0●.net BE:787573259-PLT(16000) ポイント特典
    都道府県:山口県
    メルマガ名:萩市防災メール
    受信日時:2015/03/02 08:44:50
    タイトル:北朝鮮ミサイル事案
    首相官邸(災害情報)ツイッター等から引用
    2日06時30分頃から、北朝鮮西岸より、2発の弾道ミサイルが日本海に向けて発射された模様である。
    なお、現時点において確認中であるが、付近を航行する航空機や船舶への被害報告等の情報は確認されていない。
    船舶や航空機は今後の情報に留意するとともに、落下物を認めた場合は近づくことなく、関連情報を海上保安庁に通報して下さい。


    キャプチャ


    http://anzen.m47.jp/mail-252083.html

    この記事を読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/02/27(金) 10:44:45.88 ID:???.net
    敗戦時の混乱で北朝鮮に取り残された残留日本人で、帰国を希望していた丸山節子さん(86)が先月16日に亡くなっていたことが分かった。
    横浜市栄区で暮らす弟の毅(つよし)さん(80)が26日明らかにした。

    丸山さんは戦時中、家族7人で開城(ケソン)で暮らしていたが、敗戦直前に父と妹と出掛けたまま生き別れに。父と妹の行方は分かっていないが、丸山さんは現在は北朝鮮北東部の清津(チョンジン)で子どもたちと暮らし、昨年8月には、北朝鮮の特別調査委員会の担当者から帰国の意思などを確認されていた。毅さんが昨年9月に北朝鮮を訪問した際には、「一緒に日本に帰りたい」と泣きながら何度も訴えていたという。

    毅さんによると、26日午前8時半ごろ、北朝鮮に住む丸山さんの次女から電話があり、「先月16日に亡くなった」と伝えられたという。毅さんは「日朝協議も始まり、期待していたのに残念だ。一度でいいから日本の地を踏ませてあげたかった」と声を落とした。
    【斎川瞳】

    PK2014120902100208_size0



    ソース:毎日新聞 2015年02月26日 21時04分
    http://mainichi.jp/select/news/20150227k0000m040083000c.html

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング