じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    しばき隊・カウンター

    スポンサーリンク

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 10:39:27.35 ID:???.net




    1408383999-1

    この記事を読む

    1: 鴉 ★@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 14:43:03.59 ID:???.net
    自分が好きな作家(小説家、映画監督、漫画家など)が絶賛しているというだけで、その作品についついお金を出してしまうということがあります。
    最近で言えば、東村アキコさんが絶賛したマンガ『僕の変な彼女』が掲載されているマンガ誌『モーニング』。

    <東村アキコさん絶賛 モーニングの新人賞受賞作「僕の変な彼女」Webで公開され話題に>

    わたしは、マンガ大賞2015に選ばれた『かくかくしかじか』で知られる漫画家の東村アキコさんが好きなのですが、その東村さんがTwitterで「私の読んだ漫画の、人生読み切りベスト10いや、ベスト3に入る傑作」と絶賛したのが『僕の変な彼女』。

    東村さんが絶賛したからには…という期待のもと、このマンガを読むためだけにモーニングを購入しました。
    ちなみに、今は「週刊Dモーニング」で全ページが無料で読めるようになっていますので興味を持たれた方はぜひ。一読の価値ありです。

    このように有名人が絶賛した作品に興味を持つというのは、よくあること。絶賛したことがきっかけでバカ売れする、というケースも少なくありません。
    ではその逆、誰かがこき下ろした作品がバカ売れするなんてことはありえるのでしょうか。ありえないことのように思いますが、今まさにこうした現象が起こっています。

    <民主党・有田芳生議員が「悪質な差別煽動コミック」とツイートした『日之丸街宣女子』が大人気に!?>

    今、おかしな売れ方をしているのが、先週金曜(15日)に発売したばかりの『日之丸街宣女子』(青林堂)というマンガ。
    内容は、主人公の女子中学生・奏が、街宣・ツイッター・電凸を通じて活動していくうちに「外国人参政権とは?」「ヘイトスピーチとは?」といったことを学んでいくというもので、作者も『ジャポニズム』という掲載誌も有名ではありません。

    このマンガがなぜ売れているのかというと、ある有名人がこのマンガをこき下ろしたから。
    ある有名人とは、民主党の参議院議員、有田芳生さん。有田さんが先週水曜(13日)、Twitterで本の一部内容の画像付きで以下のようにツイート。
    *****
    悪質な差別煽動コミックーー岡田壱花・作、富田安紀子・画の『日之丸街宣女子』(青林堂)は、表紙帯から「不逞鮮人」というヘイトスピーチのかたまり。神保町「高岡書店」によると「そんなに売れていません」。野間易通さんなどへの誹謗中傷が満載。
    *****

    Amazonのカスタマーレビューに「有田先生のおかげで本当に素晴らしい漫画に出会えました!!ほんとうに感謝です!!!」
    「普段漫画は買わないのですが、某有田芳生大先生が宣伝していたので迷わず購入しました」
    といったレビューが多数寄せられていることからも分かるように、有田さんのツイートをきっかけにAmazonではランキングが急上昇。

    先週金曜(15日)が発売日だったのですが、18時の段階で2位(Amazon 本のベストセラー)にランクインし、発売日にも関わらず品切れ。今日の16時時点でも2位をキープしています。

    このマンガの出版社である青林堂のツイッターアカウントのツイートからも売れ行きの好調ぶりは伝わってきます。

    ・先週土曜(16日)
    「皆様のおかげでアマ2位です!品切れのご迷惑をおかけし申訳ありません。」
    ・おととい(17日)
    「おかげさまで皆様から更なるご注文をいただき、アマゾンの表記が1~3週間に延びました。ただいま重版中ですので再来週辺りにはこの状態も解消するかと思いますが、品切れ状態が続きご迷惑をおかけし申し訳ありません。」
    ・昨日(18日)
    「『日之丸街宣女子』本日3刷決定!しばらく品薄状態でご迷惑をおかけいたしますが、今しばらくお待ちください。」

    2に続く

    no title


    http://www.tfm.co.jp/timeline/smartphone/index.php?itemid=95457&catid=1332 

    この記事を読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/05/22(金) 03:25:27.67 ID:???.net
    ≪中略≫

    さて、富田氏は『日之丸街宣女子』について「私は嫌韓本を描いたつもりはまったくない」と言う。
    そして、本作に対する「悪質なプロパガンダ」という批判には、次のように答える。

    「私は描きたいものを描きたいんであって、描きたくないことは描きたくないんですよ。
    もし、在特会から『プロパガンダのために、こう描いてくれ』と言われていたら描かないですよ。
    高遠さんもマンガ家だったら、マンガ家がどういう思いで描いているか、わかるじゃないですか。

    この作品はフィクションですが、嘘は描いていません。自分が体験したことを描いているだけです。
    誰か特定の個人や団体を傷つけようという意識で描いてもいません。実在の個人や団体をこきおろしたり、中傷することはやってはならないという常識はありますから。

    それに、これはドラマなんですから、敵と味方がいるわけです。主人公側がかっこよくなるのは当然です。アンチの人からTwitterで『このマンガを見る限り野間さんたちは魅力的だから右翼の人のためにはならないと思いますよ』といった意見が送られてきたんですが......私のキャラクターなわけだから、あなたのキャラはカッコイイと言われて、嫌なわけないじゃないですか。(私が)最も好きなのは、唇の厚い キャラクター【編註:作中に登場する「反ヘイト」に参加する在日四世の女性キャラ】です」

    批判者から上がった「在特会のお抱えマンガ家」「コアな活動家」という指摘にも、首を横に振る。

    「私が最初にこうした問題に興味を持ったのは、北朝鮮による拉致問題だったんです。初めて参加したデモは『主権回復を目指す会』のデモで、その時は旗を持って歩いたのですが、今も参加スタイルはさほど変わっていません。賛同できる団体、賛同できるテーマにはカンパもしてきましたが、すべてに賛同しているわけではありません。

    在特会では桜井さん【編註:前会長の桜井誠氏】が会長だった頃は毎週のようにさまざまなテーマのデモがありましたけれど、『このテーマは賛同できない』と思うものもありましたよ。今回、作中に桜井さんをモデルにした人物を描くときには、連絡して許可を頂きましたけど......在特会の幹部の方とは、行動の現場でも会釈するかしないかくらいの関係です。ですから"在特会のお抱えマンガ家では、まったくないんですよ」

    高遠氏が『日之丸街宣女子』を読んでいないことを告げると、富田氏は嘆息するのだった。

    「絶対に買っていないと思いました。でも、人を一人潰そうとするのならば、最低調べましょうよ」

    表紙に「vol.1」と記載されているように、『日之丸街宣女子』は一巻完結ではない。これからも、主人公・奏のさまざまな体験が描かれていく予定だという。

    no title


    ソース:おたぽる 5月21日 20時0分
    http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0521/ota_150521_6440467229.html

    この記事を読む

    1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2015/05/21(木) 16:24:49.62 ID:???*.net
    ソース(現代ビジネス、ジャーナリスト・安田浩一氏) http://gendai.ismedia.jp/articles/-/43337

    ■ヘイトスピーチ包囲網

     私が差別デモの主役たる在特会をテーマとしたノンフィクション『ネットと愛国』を出したのは2012年のことだ。あれから状況は少しずつ変化してきた。

     2013年から14年にかけては差別デモも大きな盛り上がりを見せ、それまで関心を寄せることのなかったメディアが、これらを大きく報じるようになった。2013年末には「ヘイトスピーチ」なる言葉が、その年の流行語大賞のトップテンにも選ばれている。

     だが一方で、差別デモやヘイトスピーチに対する社会の包囲網も徐々に狭まってきた。

     2009年に在特会のメンバーらが京都朝鮮第一初級学校(現・京都朝鮮初級学校)に押しかけた「襲撃事件」の民事裁判では、2014年12月、最高裁が同会の上告を棄却し、約1200万円の高額賠償と街宣差し止めを命じた大阪高裁判決が確定した。

     少し遡った同年8月には、国連人種差別撤廃委員会が在特会の活動などを「人種・民族差別」と断じたうえで、日本政府に対して法整備を求める勧告を出している。

     私はスイス・ジュネーブで開催された同委員会の日本審査を取材したが、ヘイトスピーチは絶対に許されないと考える国際社会と、消極姿勢を変えない日本政府代表団との温度差が強く印象に残った。

     「なぜヘイトスピーチを放置しているのか」

     「警察はなぜ、差別集団を守っているのか」

     各国委員から相次ぐ疑問に、わが政府代表団は「日本には深刻な差別は存在しない」「啓発、啓蒙をしている」と答えるのが精いっぱいで、いわば“フルボッコ”状態から逃れることはできず、結局、早急な対策を求める勧告が出されるに至ったのである。

     これを受ける形で、国内でもヘイトスピーチ対策を早急に整備するよう国に求める意見書が、多くの自治体で採決されるようになった。
    先駆けとなったのは国立市(東京都)である。

     同市議会は2014年9月19日、社会的マイノリティへの差別を禁止する新たな法整備を求める意見書を賛成多数で採択し、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、法務大臣宛てに届けた。

     提案者のひとりである上村和子市議は次のように話す。
     
     「マイノリティが安心して暮らせるような社会を作ることも行政の大事な役割だと思うんです。その使命を放棄したくなかった」

     ニュースや新聞記事でヘイトスピーチの現状を知り、それがきっかけで差別問題に関する学習会などに足を運んだ。そこで京都朝鮮学校襲撃事件の映像や差別デモの様子を映した動画を目にした。

     「一部の人間による、特別な事件なのだと考えることができませんでした。これは社会の問題であり、また地域の問題だと思ったんです」

     素案をつくり、自民党から共産党まで、すべての同僚議員を説得してまわった。反対する者はいなかった。「みんな、わかってくれるんだ」と安心した。

     しかし、採択が決まり、それが報道されると、今度は非難の声が上村に寄せられた。自宅に抗議電話が相次いだ。几帳面な上村は、そんな電話にも根気強く応対した。

    (続く)

    20141216230410
     

    この記事を読む

    1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2015/05/20(水) 21:45:50.54 ID:???.net





    ■プロフィール
    日下部将之
    C.R.A.C.のメンバー
    Masayuki Kusakabe @pfd1212
    http://twilog.org/pfd1212

    この記事を読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/05/20(水) 10:46:05.78 ID:???.net
    影書房@kageshobo

    【ヘイトスピーチに反対し、法規制を求めるフォーラム】

    日時:2015年6月6日(土)14時~17時

    会場:k-stage O!(新大久保・職安通りkスクエア3F)

    報告者:有田芳生、李信恵、安田浩一

    主催:在日韓国青年会OB全国連絡会





    1
    2053
    136741350912213126121


    この記事を読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/05/19(火) 01:13:23.39 ID:???.net



    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング