じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    左翼

    スポンサーリンク

    1: 逆落とし(dion軍) [US] 2017/03/08(水) 18:18:00.31 ID:LBdsdfIX0 BE:199720575-2BP(6000)
    で、村上氏の新作「騎士団長殺し」(新潮社)が思わぬ波紋を呼んでいるのであります。
    論議を呼んでいるのは第2部、謎に包まれた登場人物「免色(めんしき)」のセリフです。
    この免色は物語のキーとなるキャラクターで、白髪の54歳の独身男性であります。

    でこの男、ある人物の過去を語る中で〈南京虐殺〉に触れ、主人公の肖像画家に対し、日本軍が降伏した兵隊や市民の大方を殺害したなどと説明します。
    その上で、免色は、

    「おびただしい数の市民が戦闘の巻き添えになって殺されたことは、打ち消しがたい事実です。中国人死者の数を四十万人というものもいれば、十万人というものもいます」

    と語るのです。
    よ、四十万人、ですと?
    犠牲者数を過大に膨らませている中国の南京大虐殺紀念館でさえ「30万人」なのにそれを上回る「四十万人」なのであります。

    ネット上でも賛否両論起こりながら、さっそく中国・人民日報サイトも好意的に報道しておるようでありますね。

    これですねえ、「小説の中のキャラクターのセリフにすぎない」、そもそもファンタジー作品なのであり、
    「言論の自由」「表現の自由」で守られるべき創作作品の中のひとつの描写にすぎない、との「正論」があるわけです、
    「神聖なる芸術の領域に汚らわしい大人のイデオロギーを持ち込んで批判するな」との「正論」であります。

    それはそのとおりなのですけど、村上春樹さんのテクニカルなところは、
    実は小説の中の人物に「汚らわしい大人のイデオロギーや事実」で固めながら一部だけ神聖なる芸術の領域であるファンタジー的要素を組み込んでいるところなのであります。
    no title


    これはずるい、もとい高等なテクニックです。
    素晴らしいです。
    ノーベル賞獲得を目指して、村上春樹さんの大江健三郎化が止まりません。
    巨大なる市場でもある中国人民への迎合を、もはや隠さなくなった村上氏なのであります。

    http://blogos.com/article/213136/

    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1488964680/

    この記事を読む

    1: 逆落とし(catv?) [DE] 2017/03/08(水) 14:35:28.98 ID:HP0NwCT80 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    神奈川県海老名市が条例に基づき、突然路上で静止する集団パフォーマンス「マネキンフラッシュモブ」の禁止命令を出したのは表現の自由の過剰な規制で違憲だとして、
    参加した吉田美菜子市議が命令の取り消しを求めた訴訟の判決で、横浜地裁の大久保正道裁判長は8日、訴えを認めた。

     吉田市議以外の参加者らも、今後の禁止命令の差し止めを求めて提訴していたが、地裁は訴えを却下した。

     原告側は「表現の自由が保障されるよう、市は可能な限り配慮する必要がある」と主張。市側は「条例に基づいた対応。快適な往来の確保を目的とした規制」と反論していた。

    フラッシュモブ禁止認めず
    https://www.minpo.jp/globalnews/detail/2017030801001266 



    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1488951328/

    この記事を読む

    1: ラ ケブラーダ(愛媛県) [EU] 2017/03/08(水) 14:36:29.30 ID:lQWqTsl30 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典

    防衛省の研究資金提供めぐる声明 官房長官“懸念当たらず”

    菅官房長官は午前の記者会見で、防衛省が大学など研究機関に資金を提供する制度をめぐり、日本学術会議が問題が多いなどとする声明案を取りまとめたことについて、
    参加は研究者の自由意思によるもので、懸念は当たらないという認識を示しました。

    日本の科学者の代表機関として国が設けている日本学術会議の検討委員会は、防衛省が大学などの研究機関に資金を提供する制度をめぐって、
    「政府による研究への介入が著しく、問題が多い」とする声明案を取りまとめました。

    これについて、菅官房長官は午前の記者会見で、「参加は研究者の自由な意思によるもので、防衛省は研究成果の公表を制限することはないこと、
    研究成果を特定秘密などに指定することはないことを、すでに公表している。それに尽きるのではないか」と述べ、懸念は当たらないという認識を示しました。

    また、菅官房長官は、記者団が「技術開発に関して、軍事と民生分野の境界がなくなってきているという指摘もあるが」と質問したのに対し、
    「現実的には、そうしたことが多くなってきているのではないか。いずれにしろ、検討は政府と独立の立場でなされており、政府がコメントすることは差し控えるべきだと思う」と述べました。

    no title


    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170308/k10010903021000.html

    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1488951389/

    この記事を読む

    1: フェイスクラッシャー(愛知県) [JP] 2017/03/07(火) 23:05:08.80 ID:2Li+xCde0● BE:896590257-PLT(21003) ポイント特典
    <電気窃盗未遂>勝手に車充電、55歳県議を書類送検
    毎日新聞 3/7(火) 20:46配信

    温泉施設駐車場のコンセントに自家用のプラグインハイブリッド車を勝手につないで電気を盗もうとしたとして、和歌山県警は7日、共産党の松坂英樹県議(55)=同県有田川町=を窃盗未遂容疑で和歌山地検に書類送検した。この影響でブレーカーが作動し、駐車場の自販機やイルミネーションが停電する騒ぎに発展、発覚した。

    松坂県議によると、2月12日午後6時半ごろ、同県広川町の町立温泉施設を自家用車で訪問。入浴前に、駐車場内にある自動販売機付近のコンセントに車の充電用プラグを差し込んだ。その結果、駐車場の停電などが起き、約1時間後に館内放送で事態を知って施設関係者に陳謝したという。温泉施設本体には影響がなかった。

    松坂県議は記者会見で「燃費のことを考え、できるだけ電気で走ろうと思った。以前、フロントで許可を得て充電したことがあり、今回は必要ないと思った」と釈明。コンセント差し込み口の上部には充電しないよう呼びかける紙が張られていたが、「暗かったこともあり、目に入らなかった」と述べた。

    これに対し、施設の指定管理者側は「これまで充電するとの断りを入れられた従業員はいない」と話している。

    no title


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170307-00000107-mai-soci

    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1488895508/

    この記事を読む

    1: 荒波φ ★2017/03/06(月) 09:49:01.00 ID:CAP_USER
    まさかと言うべきか、やはりと言うべきか。慰安婦誤報の元凶の1人にして未だ無反省の元朝日記者、植村隆氏(58)が「辺野古座り込み」集会に参加した。
    今度は沖縄基地問題に食指が動いているようだが、その論理、メチャクチャです。
     
    ***
     
    その「招かれざる人物」が沖縄を訪れたのは2月頭のこと。「沖縄講演ツアー」と題し約1週間、大学での講義や書店サイン会、懇話会などをこなしたのである。
     
    慰安婦問題に詳しいジャーナリストが言う。
    「ハイライトは2月3日、辺野古のキャンプシュワブのゲート前での“激励”です。植村さんは、基地を前に、
    そこに座り込む30人ほどに向かってスピーチをぶちました」
     
    ここで植村氏は、
    「未だに戦前のような朝鮮人や沖縄人などへの差別があると思う!」
    「武力では世界を支配できない時代。信頼関係の構築で解決を図るべきだ!」
    「沖縄ヘイトや慰安婦を否定する勢力には絶対に負けない。みなさんと連帯して戦う!」
    などとアジを飛ばした。
     
    自己陶酔してしまったのか、その後の2月10日には、帰宅した札幌で「報告集会」を開催。沖縄ツアーを「目覚めへの旅」とした上で、
    「日本の歪みが最もよく見える沖縄の立ち位置を再認識した!」
    「札幌、韓国、沖縄を結ぶ三角形から、中心の東京を包囲したい!」
     とまで述べたというのだ。

    ■反体制活動家
     
    戦前の朝鮮、沖縄と同じ差別が未だ「ある」とは、「事実」を見るべき記者としての能力の低さを証明しているし、
    「信頼関係」で国際問題が解決できるとは、いまどき、中学生でも口に出さないお気楽平和主義。
     
    どのように「目覚め」ても「連帯」しても結構だが、誰がどう見たって、両問題の繋がりは薄い。
    無理やり結び付け、共闘と煽ることが、個別の問題を「政治問題」に貶めていることに、ちっとも気がついていないのだ。
     
    実際、地元名護市の「辺野古移設」反対派の面々に聞いてみても、
    「基地と慰安婦を繋げられても、唐突としか言いようがありません。いったいどういうこと?」(さる市議)
    「何が目的で来たんですかね。自分の主張を述べるため?」(別の市議)
     と目を白黒。「日本の歪み」より、こうした「己の歪み」をはやく「再認識」してほしいものである。

    「植村さんは昨春から韓国カトリック大学の客員教授を務めていますが……」とは先のジャーナリスト。
    「自らを“言論テロの被害者”と位置付け、昨年は年40件の講演、10件以上の大学の講義に呼ばれています。今春以降も大学の契約が延長され、コマ数も増えた。
    言わば、慰安婦誤報で食っているワケですが、今度はこれに沖縄も加え、嘴(くちばし)を挟んでいずれ『生活の糧』にしていくのでしょう」
     
    当の植村氏に聞くと、なぜか代理人が、
    「植村氏のジャーナリストとしての基本は『人権と平和を守る』ということであり、今後もこの原則のもとに行動していく所存です」
     とコメントするのだが、古巣の先輩に当たる「週刊朝日」元編集長の川村二郎氏が呆れて言う。

    「もはや植村君は、ジャーナリストではなく、反体制活動家でしょう。これ以上、恥をさらさず静かにしていてもらいたいけれど、
    イデオロギーの眼鏡しかかけていないから、無理だろうねえ……」
     
    まともな大人は決して近づいてはいけないのである。

    no title

    週刊新潮 2017年3月9日号
    http://www.dailyshincho.jp/article/2017/03060600/?all=1

    引用元:http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1488761341/

    この記事を読む

    1: 鴉 ★ 2017/03/05(日) 02:18:46.06 ID:CAP_USER
    〈時代の正体〉「監視されるべきは政府」 大学生の中山美幸さん

     午後9時、夜も更けた国会前は所狭しと歩道の一部を千人の群衆が埋めていた。緊張からか少しだけうわずった若い声が、切り出す。

     「大学生の中山美幸です」

     安全保障関連法制が国会で審議されていた2015年夏はテレビの画面で抗議の様子を眺めていた。

     「安保法があり得ないほど違憲で、私の身の回りを包む平和が壊され始めるのではないかと感じた」。危機感はあったが、それでも現場へ足を運ぶことはなかった。


     それは家庭環境のせいもあった。両親は特定の政党を支持し、選挙になれば当然のように投票するよう求められた。その政党の方針に反対するデモに行くなどと言える雰囲気ではなかった。

     だが背筋に感じた「気味の悪さ」を無視することは、自分を裏切ることでもあった。

     「高校生のころ、政治経済の授業で『集団的自衛権は行使できない』と習った。私たちにとって当たり前のことが、とても短い時間で政権が覆そうとしている。こんなことがあっていいのか」

     胸の中で膨らむ懐疑と危機感。テレビでは、同世代の若者が名乗って直接的に自らの言葉でスピーチしていた。昨夏に解散したSEALDs(シールズ)のメンバーたちだった。抱く不安や危機感を明確に行動として表すことの意味。衝撃を受けた。

     安保法は成立し、迎えた16年春。シールズのメンバーが参加するというトークショーに出かけ、話しかけた。中心メンバーの奥田愛基さんだった。「シールズはこれから何をするんですか?」

     16年8月の参院選に向けた具体的取り組み、いまの政治、その先にある日本の姿-。同じ大学生の言葉と行動、現実感に希望をみた。

    「私が、話す」意味


     「国会前の抗議でスピーチしてみない?」。元シールズのメンバーからそう誘われたのは2月27日の数日前のことだった。

     「まず考えたのは『どうやって断ろうか』ということ。すごく悩んだ。家庭環境のこともあるし。でも、私がスピーチすることで、家族や友人にこそ何かが伝わるかもしれない」

     千人の群衆が見詰めていた。

     「憲法9条上の問題になるから、武力衝突という言葉を使っていると淡々と説明できることに、怒りの前に恐怖を感じました。簡単にうそをつき、ちっとも面白くない言葉遊びをして、私たちをだまそうとするこの政権に何も望むことはできません」

     言葉の一つ一つに意思を込め。力強く言い放つ。

     「そもそも、言い換えをしたところで現地の状況が変わるわけではありません。国会内でどんな表現をしようと、自衛隊は危険にさらされたままです」

     語りかけていたのは、もちろんその場に集まった一人一人であったが、それ以上に「私が、話す。そのこと自体に意味を見いだしてくれるのはきっと家族であり、親しい友人だ。私が語っているということで、関心を抱くはず。それが今の政治を考えてもらうきっかけになるはず」

    続く
    http://www.kanaloco.jp/sp/article/235312

    2: 鴉 ★@無断転載は禁止 2017/03/05(日) 02:19:31.17 ID:CAP_USER
    >>1の続き

    痛みに慣れたくない

     だが、名前と顔を出して語ることに不安がもたげる。シールズのメンバーがかつてネット上でいわれのない誹謗(ひぼう)中傷にさらされていたのを知っていた。

     初めてスピーチした翌日にはネット上に心ない書き込みを見てしまった。

     〈こんな頭で、大学行ってるのかよ〉

     そうした中傷に打ち勝つ、無視する、反論するという強さをしかし、備えたいと思わない。

     「中傷が繰り返されることで、もしかしたら慣れていくのかもしれない。でも私は慣れたくはない。慣れは同時に、人の痛みに鈍感になっていくことのように思えて。それはさらに国民を見下す権力や政治のありようにもきっと鈍感になっていくことなのだと思う」

     たたかれ傷を負い、つらくともやめない。人の痛みを感じられる人であり、なお語り続けたい。それが「個」として立つことの意味と表裏であるから。

     意を決したのは、南スーダンへ派遣されている自衛隊が作成した日報問題が連日報道されたからだった。 当初は廃棄されたとしていた日報が一転見つかり、さらにその内容に「戦闘」と書かれているのにもかかわらず、稲田朋美防衛相は国会で「憲法上の問題になる『戦闘』ではなく、武力衝突という言葉を使っている」と言ってはばからない。

     国会前でのスピーチでもその欺瞞(ぎまん)に言及した。


     「政府の言葉からは、国民を言いくるめて、その場を逃れることができればそれで良いという魂胆が透けて見えます。稲田大臣の言動からは、責任感も判断能力もないことが、よく伝わってきます。もうその場しのぎの言い逃れを許すことはできません」

     稲田防衛相の詭弁(きべん)を聞いていて、思った。

     「戦争は『さぁ始めるぞ!』と号令がかかって、そこから始まるものなどではない。もっと、ぬる~っと緩慢に始まるのではないか」

     そう感じ取ったとき、寒気がした。

     「歴史は前にだけ進んでいくものだと思っていた。だけどいまの政治や社会をみていると、確実に回帰している」

     歴史は繰り返す、という事さえも繰り返しているのではないか。中学、高校で学んだ歴史。そう、これは「いつか来た戦争への道」に他ならない。その直感が危機を伝える。


     国会で議論されている、いわゆる「共謀罪」法案についてもそうだ。

     「一般人は対象にならない」「テロ等準備罪であって『共謀罪』ではない。全くの別物」。政府のそうした説明に国民への欺きを嗅ぎ取る。

     「法案の内容や政府の説明を聞いていて、これはもう完全にやろうとしていることが戦前だと思う」。権力が暴走し、強行を繰り返す。市民を監視し怪しい人を片っ端から摘発する。生み出されるのは不可逆的な萎縮社会だろう。そのときに人は「戦争をやめろ」などと叫ぶことができるだろうか。

     憲法が予定している抑制と均衡が機能せず歯止めが効かない。そして為政者は憲法の縛りすらかなぐり捨てて突き進もうとしている。

     握り締めるマイク、スピーチは終盤に差し掛かり熱を帯びる。

     「本当に監視されるべきなのは、政府だと私は思います。『戦争できる国』へと突き進む政権を監視し、私たちは『戦争をさせない国民』になりましょう」

     そして力を込めた。「うそつきたちのつくる未来に、私はついていきません」

     ここに立ち、不安を抱きながらも語る自らの姿を知った身近な人たちは、きっと何かを感じ取ってくれるはずだ。

     衆目を集め、カメラを向けられ、ネット上で生中継される中で「美幸がしゃべっている」-。

     「きっと誰かが、かつての私と同じように、語り始めてくれるだろう。その連鎖が繰り返されることで、例えば国会前に数千人、数万人が集まり、声を上げることが『別におかしいことじゃない』と伝わっていく。地道かもしれない。だけどそれがいま一番力を持っていると思う。だからまず、恋人、家族、友人に語りかけてもらいたい」

     民主主義社会にとってそれが当然の光景であることを信じて。

    11
     

    引用元:http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1488647926/

    この記事を読む

    1: 鴉 ★ 2017/03/05(日) 00:45:08.94 ID:CAP_USER
    森友学園問題を考える 見たことのある教育の風景
    毎日小学生新聞 2017年3月4日

     「森友学園問題」が毎日のように国会で取り上げられている。税金の無駄遣いや政治家の関与について熱気を帯びた質疑が続いている。ここにきて、問題の森友学園が運営している幼稚園の教育内容がニュースになった。園児たちの姿を見て、キミはどう感じただろうか。これは教育をする側だけの問題ではない。教育を受ける側、つまりキミが考える問題でもある。【編集長・西村隆】

    「安倍首相がんばれ」
     国会では、森友学園が運営する幼稚園の運動会が取り上げられた。

    園児たちは運動会で、「日本を悪者として扱っている中国、韓国が心改め、歴史教科書でうそを教えないようお願がいいたします」

    「安倍(晋三)首相(総理)、安倍首相がんばれ。安保法制国会通過よかったです。日本がんばれ。エイ、エイ、オー」と声をそろえていた。また別の日に安倍総理の妻、昭恵さんが幼稚園を訪れて、感動して泣いている姿がニュースになっている。
     編集長のボクは「なんか変だ」と頭グルグルだ。園児が、内容を理解して唱和したとは思えない。先生から言わされているのだろう

    戦争を反省してできた教育基本法

     72年前に戦争が終おわって、日本に住すむ誰もが戦争の記憶を刻み、出直すことを誓った。教育基本法も世界平和を願って生まれ変わった。14条では「政治教育」を禁止した。国の批判もできず、子どもたちを戦争に突き進ませた戦時中の教育を反省したからだ。


     この視点から見ると、「日本を悪者として扱っている……」の幼稚園は、教育基本法に反するかどうかとは別に、戦争の反省が感じられない。


    毎小読者のキミへ
     毎小の編集長として、読者のキミに「毎小の戦争の記憶」の一つを伝えよう。アメリカと開戦し、泥沼の戦争を続けた東条英機総理大臣。
    その妻かつ子さんと子どもたちが面会した1942年3月の記事だ。

     記事には、子ども代表50人が「東条おばさまのお言葉を魂に入れて、10年後には立派な兵隊さんや、強くやさしい日本婦人となって、大東亜の平和の戦士となり、忠義をつくします」と誓ったとある。こわもての総理大臣ではなく、かつ子さんだから子どもに受け入れやすい記事になっている。

     10年後どころか3年後の1945年にどうなったかは、ここで説明しない。

    記事を載せた毎小は反省しなければならない。

    だから今、総理大臣同様、総理大臣の妻の記事にも気をつけようと思う。

    毎日新聞
    http://mainichi.jp/articles/20170304/kei/00s/00s/002000c 

    07
     

    引用元:http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1488642308/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング