じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    左翼

    スポンサーリンク

    1: フライングニールキック(庭) [US] 2017/04/15(土) 21:40:31.40 ID:Y8aJcUy30● BE:618588461-PLT(36669) ポイント特典
    労働者の最低賃金を時給1500円に引き上げることを求めて運動している若者のグループ「エキタス」が15日、東京・新宿でデモをした。
    東京都庁近くの公園を出発し、高層ビル街や新宿駅南口、歌舞伎町などを巡りながら、「最低賃金いますぐ上げろ」「税金つかって貧困なくせ」と訴えた

    エキタスは2015年秋から活動し、20代の若者が多く参加している。小気味よいビートに訴えを乗せ、最低賃金の引き上げをはじめ、経済格差の解消や長時間労働の是正も求めている。

     今回のデモでは、既存の労働組合にも連帯を呼びかけた。「若い人が参加しやすいように、見た目を重視して遠慮してもらっていた」というのぼりや旗の持ち込みも初めて歓迎したところ、連合(日本労働組合総連合会)や全労連(全国労働組合総連合)などの傘下組合のメンバーも多く集まった。主催者の集計では約1500人が参加したという。

     都道府県ごとに定められている最低賃金は現在、最も高い東京都でも時給932円で、最低の宮崎、沖縄両県は714円と目標の1500円の半額以下。仮に時給1500円で週40時間働くと、4週間で24万円になる計算だ。

    20170415-00000066-asahi-000-1-view


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170415-00000066-asahi-soci

    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1492260031/

    この記事を読む

    1: トペ スイシーダ(栃木県) [US] 2017/04/14(金) 14:19:47.39 ID:pdzyE8d30● BE:886559449-PLT(22000) ポイント特典
    めがねのおやじ ???
    @eachtime1208

    西南学院大学の後藤宏基くん、責任とって北朝鮮で酒飲んでかりあげくんの暴走止めてこいよ

    後藤宏基「もし中国や韓国が攻めてくるなら、アジアの玄関口に住む僕が、韓国人や中国人と話して、遊んで、酒を飲み交わし、 もっともっと仲良くなってやります。僕自身が抑止力になってやります」



    【スピーチ全文掲載】
    「好き放題やっている安倍総理へ、僕らはこの怒りを絶対に燃やし続けます」――
    “アジアの玄関口”福岡から来た学生がもの申す! 10万人国会前抗議直前のSEALDs金曜行動で訴え 2015.8.28

    この日、はるばる福岡県から上京した西南学院大学3年の後藤宏基さんは、
    「どうしても言いたいことがある」と初めて訪れたという国会前でマイクを取った。

     僕は周りに政治のおかしさを訴えていきます。

     戦争を起こして何になりますか。

     誰が得をしますか。

     僕ら国民には犠牲しかもたらしません!

     そんなに中国が戦争を仕掛けてくるというのであれば、そんなに韓国と外交がうまくいかないのであれば、アジアの玄関口に住む僕が、韓国人や中国人と話して、遊んで、酒を飲み交わし、もっともっと仲良くなってやります。

     僕自身が抑止力になってやります。

     抑止力に武力なんて必要ない。絆が抑止力なんだって証明してやります。
    http://iwj.co.jp/wj/open/archives/260302 

     

    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1492147187/

    この記事を読む

    1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/04/12(水) 14:26:50.75 ID:CAP_USER
    北朝鮮問題 外交的解決以外に道はない
    米国務長官、「危険な発言」と小池氏が批判

    日本共産党の小池晃書記局長は10日、国会内で記者会見し、ティラーソン米国務長官がシリアへの軍事行動を引き合いに、北朝鮮に対して「国際規範や合意に違反し他国への脅威となるならば、対抗措置が取られるだろう」と発言したことについて、「軍事的な選択肢を強調する大変危険な発言だ。対北朝鮮の問題は外交的解決以外にはありえないということを強く求めていきたい」と述べました。

    小池氏は、菅義偉官房長官も米国が北朝鮮への軍事的圧力を強めていることについて評価する発言をしていることを批判し、「軍事的な対応は絶対にしてはならない。厳格な経済制裁の実施、国際社会の一致結束した力で北朝鮮に核の放棄、ミサイル開発の放棄を迫っていくことこそ解決の道だ」と強調しました。

    菅官房長官が、トランプ大統領からシリア攻撃の国際法上の根拠について説明はなく、米国政府から「考えを聴取しているところだ」と述べたことについて、小池氏は「日本政府は、国際法上の根拠を確かめることなく、アメリカの軍事行動に対して理解・支持するという対応をしたということだ。非常に無責任だ」と厳しく批判しました。

    小池氏は、かつて、「大量破壊兵器」があるとの情報をうのみにしてイラク侵略戦争を支持したのと同様のやり方を批判。安倍政権の米国追従を批判し「一方的な軍事攻撃も辞さないようなトランプ政権にどんどん追従していくという危険な道を日本は歩いていいのか。今こそ自国の進むべき道は自分の頭でしっかり考える、自主自立の外交、対米従属からの脱却が必要だ」と強調しました。

    no title


    ソース:しんぶん赤旗 2017年4月11日
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-04-11/2017041101_02_1.html?_tptb=089

    引用元:http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1491974810/

    この記事を読む

    1: シャチ ★ 2017/04/11(火) 10:45:33.59 ID:CAP_USER
     日本共産党の宮本徹議員は10日の衆院決算行政監視委員会で、新しい学習指導要領による小学生向けの道徳教科書で、教科書検定による修正後に国歌斉唱を強要するような記述があることを指摘し、国による特定の価値観の押しつけだと批判しました。

     宮本氏は、生徒らが国歌斉唱している写真とともに「国歌がながれたら、みんなでいっしょに歌います」と書かれた教育出版作成の教科書を示し、
    「在日韓国人や宗教上の理由で歌いたくない人もいる。歌わない自由があることや内心の自由についての記載がない」と指摘。
    国旗・国歌法の審議(1999年)における「義務付けはしない」「無理強いは内心の自由にかかわる」との国会答弁に反すると迫りました。

     松野博一文科相は、「国歌斉唱を強制しているものではない」と強弁しました。

     宮本氏は、「このままではみんなで『歌います』ということだけを教え込むことになる。
    憲法よりも学習指導要領を上に置いた教科書検定になっている」と厳しく批判しました。

     宮本氏はまた、同じく東京書籍作成の教科書のなかで、子どもが住む近所のお店がパン屋さんから和菓子屋さんに修正後、検定に合格したこと指摘。「国による特定の価値観の押しつけだ。道徳教科化の帰結であり、道徳教科化をやめるべき」だと求めました。

    no title


    しんぶん赤旗
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-04-11/2017041102_02_1.html

    引用元:http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1491875133/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2017/04/10(月) 22:00:59.10 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170409-00000029-sasahi-int

     北朝鮮と中東における緊張が急激に高まっているが、日本人が、戦後初めて戦争に巻き込まれる危機が、すぐそこまで迫っているということに、どれだけの人が気付いているだろうか。

     北朝鮮が頻繁にミサイル発射実験を行い、「射程距離を延ばした」「一度に何発も同時発射した」「移動式発射装置が多用されている」「潜水艦からの発射技術が格段に向上した」「北朝鮮が在日米軍基地攻撃を明言した」「把握が難しい移動式発射装置や潜水艦から、一度に数発発射されては、日米の迎撃体制でも対応しきれない」という報道が続いている。

     しかし、「危機」という言葉が報じられる一方で、国民に本当の「危機感」が広がっているようには見えない。その原因はどこにあるのだろうか。

     昨年、米国大統領選で、ドナルド・トランプ氏が勝利すると、マスコミは、「トランプは日本の防衛に責任を持ってくれないかもしれない」「在日米軍経費をもっと負担しろと言ってくるに違いない」などと報道をして、国民の不安を煽った。官邸が流す情報をその注文通りに垂れ流したのだ。

     大統領選が終わると、安倍総理は、ゴルフクラブをお土産にして、真っ先に「ご挨拶」に訪れ、年明けにも世界の嘲笑を浴びながら、トランプ氏へのおべっか外交で得点稼ぎを試みた。

     トランプ氏の「日本を100%守る」という言葉を引き出し、安倍官邸は、「大成果」だと喧伝した。


    中略


     私はマスコミが、「今は戦時。国民が一致団結することが大事。政権批判は、北朝鮮を利するだけだ」という論調を展開し、国民も漫然とそれに従うことを心配している。

     しかし、ひとたび参戦すれば、日本は、まさに、米国と並び北朝鮮の敵となり、在日米軍基地だけでなく、日本全土の原発や東京などの大都会が攻撃されることになる。

     先制攻撃でミサイル基地を全滅させればよいという主張もあるが、北朝鮮のミサイル技術は進歩している。一度に4発のミサイルを移動式発射台から同時に撃つ能力も誇示したし、潜水艦からのミサイル発射もできる。マレーシアで、白昼堂々金正男氏をVXガスで殺害したのは、戦争にVXを使用すると宣言したとも理解できる。VXガス搭載ミサイルが何十発も飛んでくることを覚悟するべきだろう。もし、何十発かのミサイルのうちの数発でも撃ち損じれば、国内の犠牲者数は数千人単位になるかもしれない。

     日米韓が協力し、ロシア、中国が北朝鮮を支援しなければ、日米韓連合軍が北朝鮮に勝つことは確実かもしれない。しかし、数千の犠牲者を出して、「勝った、勝った」と喜べるのだろうか。

     もちろん、北朝鮮を米国が攻撃するのは、そう簡単な決断ではない。中国やロシアが反対するのは確実だし、韓国も大きな被害を受ける。韓国や日本の米軍基地の被害も覚悟しなければならない。

     そう考えれば、今すぐにもこうした事態が生じるとは考えにくい。しかしそれでも、予測不能なのが、トランプ氏である。最悪のシナリオは想定しておくべきだろう。

     いずれにしても、日本人が、本当に安倍政権の対米追随路線の怖さに気づくのは、やはり、前述した北朝鮮とのミサイル戦争に巻き込まれて、日本の国土が戦場と化し、数千人の死傷者を出すときまで待たなければならないのかもしれない。

     そういう事態になって、初めて日本の国民は気づく。

    ――あの時、日本は米国を止めるべきだった。中ロと協力してでも、北朝鮮との戦争を止めて欲しかった――と。

     そして、私たちは、次のような疑問に突き当たるだろう。

     日米安保条約と在日米軍基地があるから日本の安全が守られるというのは間違いだったのではないか。日米安保条約と在日米軍基地があったからこそ、日本が無用な戦争に巻き込まれることになったのではないか。

    ――政治の役割は二つある。一つは、国民を飢えさせないこと。もう一つは、これが最も大事です。絶対に戦争しないこと――

     これは、菅原文太さんが亡くなる約4週間前に沖縄で行った最後のスピーチの有名な一節だ。

     今、日本人は、この言葉をかみしめて、日本が進むべき道について、根本から考え直すべきではないだろうか。(文/古賀茂明)

    10
     

    引用元:http://karma.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1491829259/

    この記事を読む

    1: 鴉 ★ 2017/04/09(日) 17:17:50.88 ID:CAP_USER9
    日本ペンクラブ テロ等準備罪の新設法案に反対の集会

    共謀罪の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案をめぐり、作家や詩人などでつくる日本ペンクラブが7日夜、集会を開き、会長で作家の浅田次郎さんが「看過できない大問題で、反対の輪を広げたい」と訴えました。

    「テロ等準備罪」は、かつて廃案になった「共謀罪」の構成要件を改め「組織的犯罪集団」が重大な犯罪を計画して準備行為をした場合などに処罰するもので、政府はテロなどの組織犯罪を未然に防ぐために必要だとして法案を提出し、6日、審議入りしました。

    日本ペンクラブは表現の自由が侵害されるおそれがあるとして、7日夜、東京・文京区で集会を開き、会長の浅田次郎さんが、「われわれにとって看過できない大問題だ。大きな反対の輪を広げたい」と呼びかけました。

    参加した作家などからは、捜査当局が犯罪の計画を把握するために社会への監視を強めるおそれがあり、表現行為が萎縮するという懸念の声が相次ぎました。

    「あしたのジョー」などの作品で知られる漫画家のちばてつやさんは「国を守る勇気のある男の子しか漫画に描けなくなることを憂えている」と訴えました。

    東京の出版社に勤める男性は「本を作る時にそんたくしてしまうことを1番心配しています。法案を通すという結論ありきで進めるのはおかしい」と話していました。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170408/k10010941121000.html 

     11

    引用元:http://karma.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1491725870/

    この記事を読む

    1: たんぽぽ ★ 2017/04/03(月) 19:47:19.84 ID:CAP_USER9
     大阪府立支援学校の卒業式で、君が代斉唱時に起立して歌わなかったとして減給処分を受けた教諭、奥野泰孝さん(59)が府に処分取り消しを求めた訴訟は、原告敗訴の2審判決が確定した。最高裁第1小法廷(池上政幸裁判長)が3月30日付で、奥野さんの上告を退ける決定をした。

     奥野さんは、卒業式での君が代の起立斉唱を定めた府条例について、思想や良心の自由を侵害しており憲法違反だと主張。1審大阪地裁判決は「式典を円滑に進行させるためで違憲ではない」とした上で、奥野さんが積極的に秩序を乱そうとしており、処分は重すぎないと判断した。2審大阪高裁も支持した。

    no title


    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://www.sankei.com/west/news/170403/wst1704030067-n1.html

    引用元:http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1491216439/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング