じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    左翼

    スポンサーリンク

    1: (^ェ^) ★ 2017/10/01(日) 22:07:08.16 ID:CAP_USER9
    https://twitter.com/yukawareiko/status/914468217149460480
    湯川れい子 Verified Account
    @yukawareiko
    後でリツィートしますが、有田さんが出して下さった「希望の党」に流れた議員さん達の中に、私が個人的におつきあいしてきて、人間的に信頼出来そうな人の顔は1人もありませんでした。逆にホッと安心しました(^^) twitter.com/aritayoshifu/s…
    no title



    常在戦場 三代目
    @payopayokill
    有田ヨシフが名簿をリークしてるだと!


    ジャべリン対戦車ミサイル
    @javelin1749
    反対に言うと反日売国奴はこのリスト以外にまとめて存在していると暴露なわけだ

    引用元:http://fate.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1506863228/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2017/09/29(金) 14:18:39.31 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00000045-asahi-pol

     民進党が希望の党に事実上の合流方針を示したことを受け、動向が注目される大阪10区(大阪府高槻市、島本町)で立候補を予定している元国交副大臣の辻元清美氏(57)は、慎重に今後の行動を検討している。

     陣営幹部によると、辻元氏は28日夜に大阪に戻り、29日も大阪府内で関係者らと接触している。29日朝、民進党本部から衆院選の立候補予定者に対し、10月1日までに離党届と希望の党への公認申請の書類を提出するよう指示があったという。陣営幹部は「無所属で闘うのか、希望から出るのか、本人から伝えられていないので分からない。ただ、期限があるので一両日中に態度を決めないといけないと思う」と話した。

     大阪10区には、自民前職の大隈和英氏(48)と維新前職の松浪健太氏(46)が立候補を予定している。希望の党と日本維新の会との間で候補者調整が進んでおり、維新の松浪氏がいる選挙区で公認が得られるか不透明な情勢となっている。

    no title



    引用元:http://fate.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1506662319/

    この記事を読む

    1: ニライカナイφ ★ 2017/09/27(水) 09:27:24.15 ID:CAP_USER9
    森友・加計問題をはじめ、次々と浮上する新たな疑惑を意にも介さず、暴走を続ける安倍政権。
    そして緊迫の度を増す北朝鮮情勢――今後の日本は、どのような道を歩むことになるのだろうか?
    課題山積の現代日本に向けた“未来への提言”を導き出すべく、筆者はこの国を代表するジャーナリストである鳥越俊太郎氏にインタビューを敢行した。

    筆者と編集者を快く迎えてくれた鳥越氏は、御年からは想像もできないほど若々しく、そしてパワフルだ。
    現在もジム通いを欠かさず、取材当日もスポーツに汗を流した後だったという。
    さすがは過去に「ダンディ大賞」を受賞しているだけのことはある。さり気なく着こなしているTシャツは、なんとアルマーニ。

    しかし、そんなカジュアルな雰囲気とはまるで対象的に、インタビューはトカナの過去記事では類を見ないほど硬派な内容となったのだ。
    後半、話題はいよいよ現在の北朝鮮危機へ――。

    ■北朝鮮情勢、戦争勃発の可能性は!?

    ――ではここから、やはり現在の北朝鮮情勢についてお聞きしなければなりません。
    今の状況は、いずれ開戦につながるのではないかと恐れている読者も多いと思いますが、鳥越さんのご見解を教えて下さい。

    鳥越俊太郎氏(以下、鳥越) 戦争にはならないだろうと思います。

    なぜなら、アメリカも北朝鮮も互いに核の恐ろしさをわかっているからです。いざ戦争を始めてしまえば、これはもう本当に悲惨なことになる。
    それに、北朝鮮に日本を攻撃するメリットはありません。

    そもそも日本から巨額の賠償金を取りたいと思っているのに、日本の政治・経済を混乱させても仕方ない。北朝鮮は戦争をしたいのではなく、アメリカと対等に話をしたいんです。
    なかなか核を放棄しないのは、リビアのガタフィ大佐やイラクのサダム・フセインの末路を見ているからでしょう。

    ――では、挑発がどんどんエスカレートして戦争に至る、そんな心配をする必要はないということですか?

    鳥越 いえ。

    戦前の日本が追いつめられたように、各国が本気で北朝鮮に経済制裁を行い、石油ルートも絶たれるとなれば、北朝鮮が自暴自棄に陥り、理性的な判断ができなくなる可能性もあると思います。
    万が一にでも北朝鮮が、日本中の原発に向けて一度に核ミサイルを撃ったら、日本は間違いなく“沈没”するでしょう。それに、北朝鮮が米軍基地を狙う可能性も高い。
    そうなれば、近郊に横田基地や横須賀基地がある東京も安全ではないし、そもそもルートが狂って住宅地に墜ちる可能性だってありますよ。

    ――恐ろしい話です。現状をどうにか好転させる方法はないものでしょうか?

    鳥越  私はこうなったらもう、最高指導者同士が直接会って対話するしかないと思いますよ。

    北朝鮮はとてつもなく“変な国”だから、簡単にはいかないだろうけれど、それでもエスカレートする脅し合いを抑えて、うまく事態が収まる可能性が残されているのは、トランプと金正恩の2人が面と向かって話しをすることにあるのではないかと思います。

    ――その発想はありませんでした。

    今のように指導者同士がメディアを通して罵り合っているだけでは、互いの不信や嫌悪が深まるばかりかもしれません。
    では、現在の北朝鮮危機と直結する話でもありますが、鳥越さんは日本にたくさんある米軍基地に対してどのようなお立場ですか?

    鳥越 それは、もちろん反対です。

    今の日本はアメリカの従属国と変わりませんが、「自分の国は自分で守る」というのが本来あるべき姿でしょう?
    自衛隊は軍隊と変わらず、しかも日本の軍事力は世界の中でもトップレベルなのですから、有事の際は個別的自衛権で対処するべきです。
    当然、専守防衛という基本姿勢は堅持しつつです。

    ■メディアもコントロール下に!? 「安倍一強」の現実

    ――それには、やはりアメリカの言いなりになっている安倍政権は問題ですね。

    いま、北朝鮮危機の影響もあって安倍内閣の支持率が上がっていますが、7月には30%を割り込むほど下がっていました。
    自民党内でポスト安倍の議論は行われているのでしょうか? 石破茂、岸田文雄、野田聖子あたりが候補ではないかと報じるメディアもありますね。

    no title

    http://tocana.jp/2017/09/post_14571_entry.html

    ※続きます

    2: ニライカナイφ ★ 2017/09/27(水) 09:27:39.69 ID:CAP_USER9
    ※続きです

    鳥越 現状では安倍一強でしょうね。

    他の議員は安倍さんの言いなり。岸田さんはまさにそうだし、石破さんは自民党内で人気がない。
    野田さんも安倍さんに取り込まれて、大して反対はしていないと思いますよ。
    唯一、自民党の中で安倍さんに反対の声を上げられるのは村上誠一郎さんくらいでしょう。

    ――たしかに、村上さんは原発再稼働については安倍政権に慎重な対応を求め、秘密保護法や集団的自衛権の行使容認にも反対の立場でしたね。

    では、さらに突っ込んでお聞きします。
    安倍政権には、かねてより各メディアや広告会社・代理店の重役を食事などに招き、自分にとって都合の良い話題を社会にまき散らすよう仕向けるとともに、野党に不都合な情報を流しているというウワサがあります。
    民進党の山尾志桜里議員の不倫報道に関しても、民進党の党首が変わる時期に、このようなスキャンダルが流出したのはタイミングが良すぎる気もします。
    真偽はいかがでしょうか?

    鳥越 私は直接現場を見ていないので真相は分かりません。

    しかし、そのような噂があることも知っています。
    憶測の域を出ませんが、官邸内に公安と密着して情報をコントロールしている者がいる可能性も否定できないとは思います。
    いずれにしても、高市早苗・前総務大臣が、「テレビ局が政治的に公平性を欠く放送を繰り返した場合に電波停止を命じる可能性がある」といった“停波”発言然り、政権側にメディアをコントロールしたいという思いがあることは間違いないでしょう。

    ■傲慢すぎる安倍政権、「見るだけで吐き気がする」

    ――安倍首相がこの記事を読んでいる可能性もあります。鳥越さんはどんなメッセージを投げかけられますか?

    鳥越 「もうお辞めなさい」なんていう言葉では足りません。

    私は安倍さんを見るだけで吐き気がしますね。
    特定秘密保護法、集団的自衛権、そして共謀罪……どれも強行採決です。
    歴史上、ここまで独裁的で傲慢な内閣はほかにありません。


    それに森友学園問題で、安倍昭恵さんの秘書として籠池さんとの間をつないでいたキーマン、谷査恵子さんはもともと経産省のノンキャリアにもかかわらず、今やイタリア大使館の一等書記官に大出世ですよ。
    こんな人事は今までなかったことで、昭恵さんを守った論功行賞であることは間違いない。
    これほどバカげたことまで起きている。
    森友学園問題然り、加計問題にしても、完全な政治の私物化です。許すことはできない。

    ――安倍内閣の傲慢すぎる政治、この状況が変化することはあるでしょうか?

    鳥越 現在の小選挙区制では、1票でも多い方が勝つ制度ですから、野党がバラバラになれば当然自民・公明チームが勝つようになっています。

    やはり1対1の戦いにしなければダメだと思います。
    二大政党制のように自民党と公明党に変わる選択肢が育ち、有権者に提示されるようでなければいけないと思っています。

    ――では最後に、これからのご活動について教えてください。2016年の都知事選のように、再び選挙に出馬される構想はありますか?

    鳥越 もう77歳ですよ。

    もう選挙に出ることはないでしょう(笑)。
    報道番組への出演もだんだん減ってきて、発言の機会が失われてきているという実感もありますが、しかし自分の考えを発信することは止めません。
    今は社会の暗部に光を当てる映画を製作したいという想いもあります。

    ――とても楽しみです! これからもご活躍ください、ありがとうございました!

    日本が民主主義社会であるからこそ、忖度の嵐が吹き荒れるこの時代にあって「不条理」を見逃さず、「数の論理」に左右されることなくハッキリと自身の意見を発信して社会に問いかける、鳥越氏のような“物申すジャーナリスト”の存在がますます求められているのではないだろうか。
    インタビューの端々から滲み出る気骨あるジャーナリスト魂が、読者にとってこの国の現状を省みる契機となれば幸いである。

    ※以上です

    引用元:http://fate.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1506472044/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2017/09/26(火) 21:22:16.76 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170925-00000038-sasahi-pol

     北朝鮮のミサイル脅威、森友、加計疑惑……。論議すべき問題が山積しているのに、28日に開かれる臨時国会の冒頭で衆議院が解散される。SEALDsにかつて所属した諏訪原健さんが安倍政権の“暴挙”に物申す。

    ***
     つくば駅(茨城県)のホームで電車を待ちながら、電光掲示板に流れる「ミサイル発射のため…」という文字をぼんやりと目で追っていた。

     東日本の12道県でJアラートが9月15日の早朝、鳴り響いたからだ。

     今回は北関東も対象となっており、私が乗ろうと思っていた電車もその影響で遅れていた。

     ミサイルが飛行したのは「日本上空」といっても遠く離れた宇宙空間であって、落下したのも襟裳岬から2000キロメートル以上離れた場所だ。このミサイルが日本に向けて発射されたものとは言いがたい。それがわかっていても、何度も流れてくる「ミサイル発射のため…」という文字を見ていると、いつから日本はこんなに物騒な国になったのだろうとついつい思ってしまう。

     そんな不安につけ入るかのように、安倍首相は20日の国連総会で、北朝鮮に対して「必要なのは対話ではない。圧力だ」と熱弁した。「対話」による解決を強調する国際的な世論からするとどう考えても異様だが、北朝鮮に対して大きな危機感を覚えていれば、そんな言葉も心強いものに思えるのかもしれない。

     9月28日に開かれる臨時国会の冒頭でいよいよ衆議院が解散される。

     森友学園や加計学園の問題について、これ以上国会で追及されることを避けようとする思惑があるのだろうが、そのために発足したばかりの「仕事人内閣」に、仕事をさせる暇も与えないのだから、何ともシュールだ。

     自民党は衆院選に向けて、住宅へのシェルター設置を公約に掲げるという情報まで出ている。北朝鮮という外敵の存在を誇張することで、内政の問題から目を背けさせ、権力基盤をいっそう磐石にしようという考えは、姑息だとしか言いようがない。

     しかも思い返してみれば、自民党は憲法改正で緊急事態宣言を加えるべきだと主張していたのだ。北朝鮮の危機を煽っておきながら、解散・総選挙に踏み込もうとしているのだから、まったく辻褄が合わない。

     彼らは国民を愚かな群衆だとしか思っていないのだろう。危機を煽ることで外に目を向けさせれば、内政の問題は忘れ去られ、自分たちの地位は安泰になると信じているのだろう。こんなことのために衆議院が解散させられ、総選挙のために約700億円が費やされるのだ。あまりに馬鹿らしく、この社会に生きる者の代表として、その資質を疑わざるを得ない。

     外敵の存在を強調し、群衆に強く危機感を刻み込むというのは、実にうまいやり方だ。危機的状況の中では、政府に対する批判も「反日」とか「売国奴」とかいう言葉の下に無力化される。しかし、それでもおかしいことにはおかしいと言わなければならない。私は今の政府に対して、率直に強い怒りを覚える。こんなやり方はあまりに卑怯だ。次の衆院選、「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と思う。(諏訪原健)

    29


    引用元:http://fate.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1506428536/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [EU] 2017/09/26(火) 12:33:38.04 ID:bzAHv1AW0 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    本紙の取材を拒否 東京新聞・望月衣塑子記者の講演 新潟県平和運動センター「話したいこと話せない」と説明

    (略)

     関係者などによると、望月記者は新潟市での講演で、衆院解散・総選挙をめぐって「投票によって、自民党ではない方向を指し示していかなければならない」と発言し、自民党以外の候補者への投票を事実上呼び掛けた。

     また、弾道ミサイルを発射し続ける北朝鮮に関して「安倍(晋三)政権が対話や柔軟な外交姿勢を軽視し、欧米列強にならい、軍事的なオプションのみを考え続けた結果が、今の北朝鮮問題に結実する」と主張。
    国際的な非難を無視し続ける北朝鮮の挑発行動は、日本政府が対応を誤ったことが一因だとした。


    http://www.sankei.com/politics/news/170925/plt1709250110-n2.html


    関連
    【北ミサイル】「金正恩委員長の要求に応えろ」…!? 東京新聞記者が菅義偉官房長官にトンデモ質問
    http://www.sankei.com/politics/news/170831/plt1708310051-n1.html

    姉妹スレ
    【パヨク速報】東京新聞の望月衣塑子記者の講演、産経の取材を拒否&強制退去に。「産経だけは駄目だ」
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1506390504/

    引用元:http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1506396818/

    この記事を読む

    1: ■忍法帖【Lv=10,いっかくうさぎ,4gP】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/09/24(日)15:55:53 ID:???
    香山リカ @rkayama

    27人の精神科医らがトランプを「危険な症例」として
    分析した本が10月に出るようだ。

    アメリカには「精神科医が診てない著名人を論じるのは倫理違反」と
    いう医療ルールがあるが、専門家にはトランプの危険さを警告する義務がある、と考えあえて出版

    The Dangerous Case of Donald Trump: 27 Psychiatrists and Mental Health Experts Assess a President
    https://www.amazon.com/Dangerous-Case-Donald-Trump-Psychiatrists/dp/1250179459

    午後1:56 ・ 2017年9月24日
    https://twitter.com/rkayama/status/911816681621659649 

    no title


    引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1506236153/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2017/09/24(日) 09:00:02.50 ID:CAP_USER9

    03


    23日に今治市で行われた加計獣医学部反対デモは、一般参加者が呼びかけに応じず県外応援者などの身内だけで行われた。当初は300人規模と発表されていたが、実際に現場でカウントした人物によると最大で65名とのこと。
    参加者の半数以上は県外からの応援と見られ、主催者メンバーと政治家関係者を除くと一般市民の参加は皆無となる。警察も参加者を低く見積もっていたようで、市役所前の抗議でも、たった3名で見守るだけだったようだ。
    現地で取材をしたジャーナリストの田中龍作氏は、この惨状をどう伝えたらよいか迷ったようで、自身のブログでは「デモは穏やかに行われた」という微妙な表現で濁している。


    詳細はリンクで
    http://ksl-live.com/blog11188 

    引用元:http://fate.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1506211202/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング