じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    左翼

    スポンサーリンク

    1: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2015/04/02(木) 11:47:36.29 ID:xls2X10L.net
    国立大学法人・奈良教育大付属中学校(奈良市)の入学・卒業式で、国歌斉唱が行われていないことが1日、学校などへの取材で分かった。
    式典では生徒らを着席させた上で「君が代」の曲のみを流していた。国は平成11年に国旗国歌法を制定し、学習指導要領でも国旗掲揚と国歌斉唱の指導を明記しているが、同校は過去十数年間にわたり、入学・卒業式での国歌斉唱を実施していない。教員養成機関でもある教育大のあり方として議論を呼びそうだ。

    式は生徒が企画…

    学校側は産経新聞の取材に「式は生徒が企画、準備するものとして定着しており、開式後に座って(国歌を)聴く形で続いてきた」と説明。
    「今後はきちんとした形に改めたい」とし、8日の入学式では国歌斉唱を行う考えを示している。

    http://www.sankei.com/west/news/150402/wst1504020016-n1.html
    b661a5f7792623e48f67dddaa9c05b70

    この記事を読む

    1: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2015/03/28(土) 13:33:10.30 ID:K7gJogSC.net
    【池田信夫】
    古賀茂明氏が「報道ステーション」で、番組と関係なく「テレビ朝日の早河会長とか古舘プロダクションの佐藤会長の圧力で降ろされるのは残念だ」という恨み節を語り始め、最後は"I am not ABE"という(局に無断で)自分でつくったプラカードを掲げる珍事件が起こった。
    前後15分近く、出演者が私怨をぶちまけたのは放送事故に近い。

    奇妙なのは、彼が今回で降ろされるという事実関係がはっきりしないことだ。古舘氏もいうように4月以降も、話題に応じて出てもらう可能性もあった(この事件でなくなっただろうが)。古賀氏のいう「菅官房長官から局に圧力がかかった」ということもありえない。
    私はNHKの『日曜討論』というもっとも政治的圧力の強い番組を担当していたが、政治家が出演者をおろせなどということは絶対ない(あったら大事件になる)。

    彼は政治とメディアの関係を誤解しているようだが、報ステのような番組に政治家から圧力がかかることはありえない。
    自民党担当の記者が夜回りしたとき「古賀さんは過激だね」ぐらいのイヤミをいうことはあるだろうが、彼らも露骨な干渉はしない。
    むしろスタッフが恐れるのは、今回のように打ち合わせにない話をしてプラカードまで出すような「危ない出演者」である。

    私の印象では、古賀氏はテレ朝の左翼路線に迎合して「角度をつけ」過ぎた結果、局の許容範囲を超えたのではないか。
    民放はエンタメなので反権力は商売だから、あまり極左的な話は困る。古賀氏はもともと地味なキャラクターなので、「安倍首相が軍事大国をめざしている」という類の陳腐なコメントでは数字が取れない。

    気の毒だが、これで彼のテレビタレントとしての生命は終わったと思う。著書も最初の『日本中枢の崩壊』以外はステレオタイプの左翼本で、出版社にとっても旬は過ぎた。そして売れなくなると、彼は「政府筋の弾圧だ」などと――彼の唯一のメディアになった――ツイッターでつぶやくのだろう。

    http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51933593.html

    著者は、経済産業省の大臣官房付という現役のキャリア官僚である。
    それがこのように日本の官僚機構を全面的に批判する本を出すのは、それなりの覚悟があってのことだろう。
    ただ、彼は「反体制分子」というわけではない。本書に書かれている彼の仕事ぶりは、与えられた仕事を淡々とこなす常識的なものだ。

    その歯車が狂ったのは、福田内閣の渡辺喜美行革担当相に「一本釣り」されて国家公務員制度改革推進本部の事務局長になったときからだ。
    自民党や霞ヶ関の反対を押し切って国家公務員法の改正案をつくったものの、渡辺氏がいなくなると法案は骨抜きにされてしまった。

    政権交代で改革をやるはずだった仙谷由人行政刷新相は、著者を経産省に戻してしまい、彼は官房付の窓際ポストで飼い殺しにされる。
    そして彼が国会に参考人として呼ばれたとき、仙谷官房長官が「こういう場に呼び出すやり方は、はなはだ彼の将来を傷つける」という異例の答弁をして注目された。

    7ca0011b


    http://agora-web.jp/archives/1331594.html

    この記事を読む

    1: ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★ 2015/03/31(火) 23:35:10.65 ID:???
    ★古賀茂明氏だけじゃない TVから一掃された“反政権”言論陣
    2015年3月31日

    先週27日のテレビ朝日系「報道ステーション」で、降板をめぐる官邸やテレ朝上層部からの“圧力”を暴露した元経産官僚の古賀茂明氏(59)。「I am not ABE」と書いた紙を掲げ、強烈な最後っ屁をかましたが、古賀氏はまだマシかも知れない。

    この春の番組改編で、民放各社の報道・情報番組のコメンテーターから、安倍政権に批判的な論客は静かにほぼ一掃された。今や、反安倍論客はテレビ界の「絶滅危惧種」といってもいいほどだ。

    報ステでは、月~木曜のコメンテーターだった朝日新聞の恵村順一郎論説委員も3月いっぱいで降板する。昨年9月放送の慰安婦問題の検証で、「慰安婦問題は消すことのできない歴史の事実」とコメントしたのが、同10月のテレ朝の番組審議会で「ちゃぶ台返し」と非難された。ちなみに、審議会委員長の見城徹・幻冬舎社長は安倍首相の「メシ友」だ。

    また、古賀氏と同じく「翼賛体制の構築に抗する言論人、報道人、表現者の声明・宣言」の賛同人である精神科医の香山リカ氏も、3月をもって9年続いた日本テレビ系「スッキリ!!」のコメンテーターから外れた。香山氏は昨年、安倍首相の集団的自衛権の行使容認会見を「欺瞞的」と切り捨てていた。

    ほかにも、安倍政権の解釈改憲を真っ向から批判している作家のなかにし礼氏や、「秘密保護法は戦争できるようにするための法律」と喝破したジャーナリストの鳥越俊太郎氏。
    原発事故後に東電と国の原子力行政を批判してきたジャーナリストの上杉隆氏や岩上安身氏らも、地上波から完全に姿を消してしまった。

    ■今の民放キー局に“意見は不要”の自粛ムード

    「私も民放キー局から、だいぶ干されています」と打ち明けるのは、経済アナリストの森永卓郎氏だ。森永氏はアベノミクスに否定的な立場を明確にしている。

    「古賀さんのように官邸にニラまれなくとも、今の民放キー局には政権批判の自粛ムードが蔓延しています。広告収入は激減、制作費は大幅カット、少数スタッフで番組作りを強いられる現場は『始末書』を書く余裕すらない。裁判やBPOに訴えられたら面倒だ、とハナから厄介事を避ける風潮が強い。だから、コメンテーターには政治に波風を立てて欲しくない。

    いわゆる“左派”に限らず、コラムニストの勝谷誠彦さんや独立総合研究所の青山繁晴さんなど過激な“右派”も干されてしまうのです。元NHK記者の池上彰さんや、予備校講師の林修さんが重宝されるのは、政治的意見を極力抑えて、誰からも批判されないように時事ネタを解説するのが上手だから。今の民放キー局に“意見”は不要なのです」

    かくして報道・情報番組のMCやコメンテーターには、ジャニーズのタレントやよしもと芸人ばかりが増えていく。今のテレビは「言論の自由」を自らの手で握り潰している。

    thumb-gendai-20150331-247864-domestic



    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/158477

    この記事を読む

    1: 熱湯浴 ★ 2015/03/31(火) 12:08:01.58 ID:???*.net
    報道ステーション』(テレビ朝日系)で爆弾発言を行った古賀茂明氏へのバッシングが止まらない。ネットでは、古賀氏に対して「捏造だ」「被害妄想だ」「陰謀論を平気で事実のようにしゃべっている」という声があふれ、そして、30日には、菅義偉官房長官が記者会見で、古賀発言を完全否定した。「テレビ朝日の『報道ステーション』のコメンテーター」が、生放送中に菅官房長官の名を挙げて「バッシングを受けた」と語ったことを、「まったくの事実無根」「事実に反するコメントだ。

    公共の電波を使った行為であり、極めて不適切だ」と批判したのである。
    よくもまあ、こんな白々しい嘘がつけるものである。そもそも、菅官房長官は、この会見で「放送法という法律があるので、まずテレビ局がどう対応されるかを見守りたい」と発言。テレビ朝日に対して、あからさまな圧力をかけていたではないか。

     これだけでも、菅官房長官が日常的にメディアに圧力をかけていることの傍証となるものだが、本サイトはもっと決定的な証拠を入手した。

     古賀茂明氏が『報道ステーション』で「I am not ABE」発言をした少し後の2月某日、菅は会見の後のオフレコ懇談ではっきりと、古賀バッシングを口にしているのだ。
    その「オフレコメモ」を入手したので、ここに紹介しよう。

    メモはまず、官房長官会見でのこんなやりとりが書かれている。

    (オフレコ)
    Q 会見で出た、ISILの件でまったく事実と違うことを延々としゃべっていたコメンテーターというのはTBSなんでしょうか。
    A いやいや、いや、違う。
    Q テレビ朝日ですか?
    A どことは言わないけど
    Q 古賀茂明さんですか?
    A いや、誰とは言わないけどね。(※肯定の反応)ひどかったよね、本人はあたかもその
    地に行ったかのようなことを言って、事実と全然違うことを延々としゃべってる。
    放送法から見て大丈夫なのかと思った。放送法がある以上、事実に反する放送をしちゃいけない。
    本当に頭にきた。俺なら放送法に違反してるって言ってやるところだけど。



     どうだろう。これは古賀氏が『報ステ』発言の動機として説明したことと完全に合致する。
    古賀氏は『IWJチャンネル』でこう語っていた。
    「官房長官は名前は出さないけど明らかに私を攻撃してくる。『俺だったら放送法違反だと言ってやったのに』と言ってるという話も聞いている。官房長官という政府の要人が、放送免許取り消しもあるよという脅しですよ」
     ようするに、嘘をついていたのは古賀氏でなく、菅官房長のほうなのだ。明らかに、「放送法違反」という言葉で古賀氏と『報道ステーション』を攻撃しなから、平気で「事実無根」などと強弁する捏造と謀略による報道弾圧を繰り返してきた安倍政権の官房長官ならではの手法といえるだろう。
    しかし、信じられないのが、マスコミの対応だ。彼らはこのオフレコ懇談の席に同席し、誰よりも菅官房長官が嘘をついていることを知りながら、なんの追及もせずに、「事実無根」発言を垂れ流していたのである。
     もっとひどいのが、当事者である『報道ステーション』だ。菅官房長官の会見やその後のオフレコ懇談には、当然、テレビ朝日の担当記者も出席しており、同様のメモが報道局全体で共有されていた。

    http://lite-ra.com/2015/03/post-986.html

    sugakoga_01_150331
     

    この記事を読む

    1: シャチ ★ 2015/03/30(月) 12:23:39.57 ID:???*.net
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150330-00000520-san-pol
    菅義偉(すが・よしひで)官房長官は30日午前の記者会見で、 元経済産業省官僚の古賀茂明氏が27日のテレビ朝日番組(報道ステーション:司会古舘伊知郎)で
    「菅氏をはじめ官邸にバッシングを受けてきた」などと批判したことに対し
    「全く事実無根だ。言論の自由、表現の自由は極めて大事だが、
    公共の電波を使った報道として極めて不適切だ」と不快感を示した。

     菅氏は「(報道した)テレビ局がどのような対応をするか、
    しばらく見守っていきたい」と説明した。

     7ca0011b

    この記事を読む

    1: きのこ記者φ ★ 2015/03/27(金) 23:45:06.26 ID:???*.net
    元経済産業省官僚の古賀茂明氏(59)が27日、テレビ朝日系「報道ステーション」に生出演し、古舘伊知郎キャスター(60)と自身の番組降板を巡って、バトルを繰り広げた。

    番組中盤、緊迫する中東情勢を伝える場面で、古舘が古賀氏に解説を求めると、この日が最後の出演になった古賀氏が切り出した。

    古賀氏
    ちょっとその話をする前に。テレビ朝日の早河(洋)会長と、古舘プロジェクトの佐藤(孝)会長の意向で今日が最後ということに(なりました)。

    これまで古賀氏は同番組で、「I am not Abe」などと安倍政権に批判的な発言を繰り返していた。

    古賀氏
    これまで本当に多くの方に激励していただいた。一方で菅官房長官をはじめとして、官邸のみなさんからバッシングを受けてきた。それを上回る応援で楽しくやらせていただきまして、本当にありがとうございました。

    降板した理由を話すと、古舘も「ちょっと待ってください。今の話は承伏できません」と対抗したが、 古賀氏は「古舘さんもその時におっしゃいました。『この件に関してはお役に立てなかった。本当に申し訳ない』と。 全部録音させていただきましたので、そこまで言われるなら全て(データを)出させていただきます」と引かない姿勢で、いったん束した。

    しかし、その後も「I am not Abe」と書かれた手製の紙を広げ、マハトマ・ガンジーの言葉をフリップで出し、「言いたいことはそのまま言いましょう。裏で圧力をかけたり、陰で言うのはやめていただきたい」と話した。

    images


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150327-00000111-nksports-ent

    この記事を読む

    1: イス攻撃(岐阜県)@\(^o^)/ 2015/03/25(水) 15:32:53.18 ID:S9tS5Phm0.net BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典

    香山リカ @rkayama 22:48 - 2015年3月23日

    オバマ大統領は演説で「our military 」とは言うけど「my military」とは言いません
    @yobu_dai: "@merdeka2670 @rkayama
    【我が軍】は駄目で【我が自衛隊】なら良いのでしょうかね???
    どこの国でも通常は【我が軍】と呼びませんか?









    ルイセン子(最高インターネット人間) @neupon08 17:20 - 2015年3月24日

    「安倍が『我が軍』と言ったぞ!安倍はネトウヨ!」
    K山Rカ「オバマ大統領もmy military なんて言わない!」
    Barack Obama「My Military Assured Me…」
    _人人人人人_
    > 言ってる <



     
    【動画】
    Barack Obama: "My Military Assured Me ...."
    http://www.youtube.com/watch?v=_R_uO3GVzRY&feature=youtu.be&t=1m22s
    images

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング