じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    左翼

    スポンサーリンク

    1: ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★ 2015/10/17(土) 12:57:30.10 ID:???
    ★北大教授に「殺すぞ」と脅迫-反原発主張の人物
    石井 孝明

    原子力研究と啓蒙活動を行う北海道大学の奈良林直教授に対して「原発推進をやめないと殺すぞ」などと脅迫する電話が北大にかかっていたことが10月16日までに分かった。奈良林教授は大学と相談し、
    10日に札幌北警察に届けて受理された。

    奈良林教授は、これまで何度か脅迫を受けていたが、10月8日に殺害を示唆する電話が大学にかけられたことから、警察に届け出た。個人の安全に加えて、大学関係者へのテロを警戒したためという。16日時点で各メディアはこれを取り上げていないが、広く告知されるべきである。

    奈良林氏は原子力工学・安全で国際的に著名な研究者であり、日本保全学会の会長として、一般への啓蒙も積極的に活動している。福島原発事故の後は、反対派との対話集会にも参加している。筆者も尊敬する誠実な方だ。脅迫は断じて許されない、卑劣な行為である。

    奈良林氏は「これは明らかな犯罪であり、『原発の安全性を推進して人類の未来に貢献すべき』との信念を持つ私としては、学問の自由に対する悪質な犯罪ですので、許す訳にはいきません」と述べている。

    脅迫はたいてい実際の暴力事件にはならないが、今回は懸念すべき事実がある。
    極左暴力集団が、奈良林氏の名前を出して北大構内で、批判ビラをまくなどの活動をしている。また奈良林氏が支援する福島復興のNPOが最近の福島で行ったイベントで最近、極左暴力集団の関係者が妨害をしたという。福島では、反原発を語りながら、活動をする極左の活動が目立つという。(参考記事、産経新聞「過激派、福島にターゲット 不安あおり浸透図る?」)そのような異常な人物らが、普通の市民を相手に、テロ活動をする可能性は否定できない。

    反原発については、感情に基づく異常な言説がこの4年横行している。
    狂気もここまで来たかと、悲しい。警察当局は速やかに犯人を検挙して、再発防止の戒めとしてほしい。また奈良林教授の安全を祈り、同氏を守らなければならない。

    残念ながら、最近「市民運動」と称する違法な暴力的デモ、またそれに参加する極左暴力集団の活動が活発だ。(参考の私の記事「異様な安保法制反対デモ、笑劇の現場」)
    筆者も福島デマの拡散を批判する言論活動に対して、嫌がらせ、脅迫を受けたことがある。
    (同「オペレーションコドモタチが石井孝明を脅迫」)こうした風潮が、今回の脅迫にも影響しているのかもしれない。

    このほど国会前で活動するシールズという団体の代表が、匿名の殺害をほのめかされた封書を受け、警察に告発した。メディア、支持者が、強くその脅迫行為を批判した。
    原発をめぐる言論でも、反対意見を封殺する意見を封殺する行為は強く批判されるべきだ。

    また元朝日新聞記者の植村隆氏を非常勤講師として雇う北海道の北星学園大学に、彼が慰安婦の誤報をしたことを非難する右派の抗議が集まった。
    それを大学の学問の自由と絡めて批判する人々もいた。

    シールズや植村氏を守れと主張した人々は、この問題でも脅迫者へ強い批判をしなければならないだろう。沈黙は公平性を欠く。

    そして嘆かわしい状況がある。極左暴力集団を甘えさせている人々がいるのだ。
    参議院議員山本太郎氏が極左暴力集団の中核派の支持を受けている。
    民主党幹事長の衆議院議員枝野幸男氏もかつて同じような集団の革マル派の支援を選挙で受けた。そしてメディアがこうした暴力集団の活動を支援するかのような報道をしている。
    (参考・報道ステーションの中核派支援についての記事「報道ステ、偏向報道批判」)
    また言論活動を、スラップ訴訟(嫌がらせ訴訟)で止めようとする人も(参考・池田信夫氏記事「上杉隆の訴状について」)、こうした動きを支える(実際にはそれによる金儲けをする)一部左派系弁護士もいる。
    残念ながら、一連の国会前デモは、こうした極左暴力集団の影響が強い。

    言論活動を暴力で妨害をする極左暴力集団を支援する動きをする人には、今回の事件を機に猛省を求めたい。このような70年代に暗躍した化石化した「化け物」を、実社会で再び、悪霊のように呼び覚ましてしまった。

    こうした脅迫行為は、私たちの民主主義体制と言論の自由を破壊するものである。
    断じて許してはならない。

    f2491_1_2


    2015年10月16日13:07
    http://agora-web.jp/archives/1658038.html

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1445054250/

    この記事を読む

    1: リバースパワースラム(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/10/16(金) 17:03:53.94 ID:BFFxVNNn0●.net BE:937623412-PLT(16000) ポイント特典
    Waks (Wakako) @QueenWaks 10月13日
    なぜわたしが大事に思ってる女の子たちがこんな社会の最底辺
    彷徨ってるようなクズに毎日毎日罵詈雑言投げつけられて苦しま
    なきゃいけないのか。こんなに言われると人でも殺したのかと
    思うけどデモやっただけだからね アホかよ。
    https://twitter.com/QueenWaks/status/653988422630051840

    Waks (Wakako) @QueenWaks 13時間前
    J-CASTニュース SEALDs女性が誹謗者を「クズ」呼ばわり 「社会の最底辺さまよってるようなクズ」
    - http://www.j-cast.com/2015/10/15247990.html

    勝手になんか載ってる。わざわざ固有名詞引っ張り出して書きたい放題
    書くならせめて署名記事にすればいいのにね。クズ呼ばわりしたことが
    問題なのかそれともそのクズがレイシストとセクシストの塊であることが
    問題なのか。わかるでしょそれくらい。
    https://twitter.com/QueenWaks/status/654717003748413440

    Waks (Wakako) @QueenWaks 4時間前
    わたしの「社会の最底辺のクズ」の定義は
    レイシストやセクシスト等の他者に対する想像力を
    持たず知性に対し敬意を払わない人間のことです。
    https://twitter.com/QueenWaks/status/654852376948445185

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1444982633/

    この記事を読む

    1: リバースパワースラム(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/10/16(金) 15:09:05.27 ID:BFFxVNNn0●.net BE:937623412-PLT(16000) ポイント特典
    「偏ってますが、なにか」カナロコ・オピニオン 論を興し民主主義を体現する存在に

    カナロコ by 神奈川新聞 10月16日(金)10時58分配信

     本紙論説・特報面の「時代の正体」シリーズについて、記事が偏っているという批判が寄せられる。
    それには「ええ、偏っています」と答えるほかない。

     偏っているという受け止めが考えやスタンスの差異からくるのなら、私とあなたは別人で、考えやスタンスが同じでない以上、私が書いた記事が偏って感じられても何ら不思議ではない。つまり、すべての記事は誰かにとって偏っているということになる。

     あるいは、やり玉に挙げられるのは安倍政権に批判的な記事だから、政権の悪口ばかり書くなということなのかもしれない。

     これにも「でも、それが仕事ですから」としか答えようがない。権力批判はジャーナリズムの役割の一つだからだ。それは先の大戦で新聞が軍部や政権の片棒を担ぎ、非道で無謀な侵略と戦争を正当化し、美化した反省に基づくものでもある。

     そして私たちはいま、権力の暴走を目の前で見せつけられるという歴史的瞬間のただ中にある。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151016-00004511-kana-l14
    2: リバースパワースラム(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/10/16(金) 15:09:54.54 ID:BFFxVNNn0.net BE:937623412-PLT(15000)
    >>1
     シリーズを始めたのは2014年7月15日、安倍晋三内閣が集団的自衛権の行使を容認する閣議決定に踏み切った2週間後のことだ。

     憲法上許されないとされてきたものが、解釈をひっくり返すことでできるようになる。憲法という権力に対する縛りを為政者自らが振りほどき、意のままに振る舞うさまは暴走の2文字がふさわしかった。

     権力の暴走はしかし、歯止めになり得なかったジャーナリズムの存在意義を問うてもいた。
    私たちは何を見落とし、何を書き逃してきたのか。「時代の正体」なる大仰なタイトルはその実、時代を見通す目を持ち得なかった自分たちのふがいなさの裏返しにほかならず、遅ればせながらの再出発をそこに誓ったつもりだった。

     暴走はいま、加速し、拡大の気配さえみせる。

     政権に不都合な報道をするマスコミを懲らしめるべきだと与党議員が息巻く。安全保障関連法を強行採決によって成立させる。果ては国会前で抗議デモを続けてきた大学生に殺害予告が届く。
    それは異論を封じ込め、排除する風潮が政治によって醸成、助長された帰結であるに違いなかった。

     言論の幅が狭まれば民主主義は根元から揺らぐ。そうであるなら、私たちが直面しているのは、新聞記者である以前に社会を構成する一員としてどのように行動するのかという問題であるはずだ。
    4: リバースパワースラム(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/10/16(金) 15:10:21.73 ID:BFFxVNNn0.net BE:937623412-PLT(15000)
    >>2
     民主主義の要諦は多様性にある。一人一人、望むままの生き方が保障されるには、それぞれが違っていてよい、違っているからこそよいという価値観が保たれていなければならない。それにはまず自らが多様なうちの一人でいることだ。

     だから空気など読まない。忖度(そんたく)しない。おもねらない。孤立を恐れず、むしろ誇る。
    偏っているという批判に「ええ、偏っていますが、何か」と答える。そして、私が偏っていることが結果的に、あなたが誰かを偏っていると批判する権利を守ることになるんですよ、と言い添える。

     ほかの誰のものでもない自らの言葉で絶えず論を興し、そうして民主主義を体現する存在として新聞はありたい。

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1444975745/

    この記事を読む

    1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2015/10/15(木) 08:29:07.19 ID:???*.net
    音楽家の坂本龍一さんら安全保障関連法に反対する東京芸術大の関係者でつくるグループが十四日、東京・上野のキャンパスで旗揚げ集会を開き、法廃止を訴える声が相次いで上がった。

    グループは「自由と平和のための東京芸術大学有志の会」で、九月上旬に法案反対のアピール文を発表。
    呼び掛け人には卒業生の坂本さんのほか、同大で教壇に立つなどしている音楽家大友良英さん、劇作家平田オリザさん、作曲家三枝成彰(さえぐさしげあき)さんら約七十人が名前を連ね、九月二十六日までに約八百八十人が賛同した。

    集会では、バイオリニストの玉井菜採(なつみ)准教授が「日本が戦争に足を踏み入れたり、表現の自由が奪われたりすることがないよう声を上げることが大事だ」と指摘。
    毛利嘉孝(よしたか)准教授は「戦争になると芸術が動員される」と懸念を示した。

    d0164331_18542194


    http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201510/CK2015101502000140.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1444865347/

    この記事を読む

    1: メンマ(dion軍)@\(^o^)/ 2015/10/14(水) 15:23:29.60 ID:4HAp2epF0●.net BE:448218991-PLT(14145) ポイント特典
    共産・志位委員長:「1人区全部で選挙協力をしたい」
    毎日新聞 2015年10月14日 08時00分

     共産党の志位和夫委員長は13日、毎日新聞のインタビューに応じた。共産党が呼びかけている来夏の参院選での野党選挙協力について「32の(改選数1の)1人区全部で自民を落として野党が勝つ構えで選挙協力をしたい」と述べ、すべての1人区で野党の選挙協力を進める意向を明らかにした。

     志位氏は「どの選挙区にも擁立するこれまでと同じ対応では国民への責任は果たせなくなる。
    共産党も変わらなければいけない」と述べ、党方針を大きく転換する姿勢を改めて示した。

     共産は安全保障関連法で反対した民主など野党4党に構想を呼びかけたが、民主内の保守系議員らが政策的違いを理由に反発している。これに対し、志位氏は「安保法廃止と立憲主義回復の一致点で協力し、不一致点は横に置く。安保法廃止時には(自衛隊法など)現行の条約と法律の枠内で対応する。日米安保条約の解消に向けた措置は取らない」と述べ、他党と一致しない共産党の政策は棚上げする考えも強調した。

     また、志位氏は今回の構想について、「安倍政権が続くなかではすぐに降ろすものではなく、一貫して掲げたい」と述べ、中期的に構想を掲げ続ける考えも示した。【田所柳子】


    20151014k0000m010181000p_size5


    http://mainichi.jp/select/news/20151014k0000m010184000c.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1444803809/

    この記事を読む

    1: 栓抜き攻撃(茸)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 16:46:36.13 ID:9aoyqigZ0.net BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    アジアプレス・ネットワーク 10月13日(火)15時22分配信

    安保関連法賛成議員の「カネ」を徹底調査 弁護士が組織立ち上げへ

    全国の弁護士の有志が、安全保障関連法案に賛成した議員について、政治資金収支報告書などを徹底的に調査して問題を洗い出す取り組みを始める。参加弁護士は全国で連携して調査を行い、問題があれば法的手続きに入るなどして、法案に賛成した政治家の落選運動につなげたいとしている。(アイ・アジア編集部)

    弁護士の有志で結成をしようとしているのは、「安保関連法賛成議員を落選させよう・弁護士の会」(仮称)。


    会は、9月19日(2015年)に成立した安全保障関連の2法について、「日本国憲法の平和主義を直接に蹂躙するだけでなく、立憲主義や民主主義をも破壊する立法」として厳しく批判。
    「この法案の廃案を求める国民運動は大きな高揚と広がりを見せたが、結局は自公両党の数の力に押し切られてしまった」として、民主主義を正常な状態に戻すためには、次の選挙で自民党と公明党の議員を少数に転落させる必要があるとしている。
    現在、大阪の他、東京、札幌、京都、奈良の弁護士などでその準備が開始されており、会のHPを作り、全国の弁護士に参加を呼び掛けることにしている。


    呼びかけ人代表は大阪弁護士会の阪口徳雄弁護士。阪口弁護士は市民団体「政治資金オンブズマン」の共同代表として政治資金規正法違反を告発してきた政治資金調査の第一人者。


    会の発足について阪口弁護士は、「国を守るために立憲主義を無視するなど、言語道断だ。それは国を守ることにならないことを、いやしくも政治家が知らないなどは許されない。
    各地の弁護士と相談を開始しており、その数は増えつつある。いずれも、国に届け出た資料と都道府県に届け出た資料を突き合わせるなどして徹底的に調べ、違法、不正、不透明な入金や支出が見つかった政治家については、HPに公表して、場合によっては法的に告発するなど追及していく」と話している。

    キャプチャ


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151013-00010001-asiap-soci

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1444722396/

    この記事を読む

    1: ひろし ★@\(^o^)/ 2015/10/12(月) 21:26:56.80 ID:???*.net

     しんぶん赤旗は12日、〈第3次安倍改造内閣 自民閣僚全員が「靖国」派 侵略美化・改憲を推進…〉と題された記事を電子版に掲載した。 
    これは、7日に発足した第3次安倍内閣20人のうち、公明党の石井啓一国交大臣を除く全員が「靖国派」の議員連盟に所属してきた議員だったということだ。石井氏以外の閣僚は全員が自民党所属である。 

     赤旗は、各閣僚が3つの議連のうちどこに所属しているかを表も用いて説明。安倍晋三首相をはじめ、8人がすべてに所属していると指摘した。 
    そして「このような議連に所属する閣僚がほとんどを占めている実態は、歴史逆行の安倍政権の姿勢を浮き彫りにしています」と分析した。 

       これを受け、日本共産党の志位和夫委員長もツイッターで懸念を表明。 

    〈これは恐ろしい。今の自民党は、もはやかつてのような幅のある保守政党ではありません。過去の侵略戦争を肯定・美化するウルトラ右翼の潮流によって呑みこまれてしまっている。一刻も早い退場を!〉 

     今の自民党が「ウルトラ右翼」に呑みこまれているとの認識を示した。 
    しかし、靖国参拝をすることが「ウルトラ右翼」「歴史逆行」なのかという点については志位氏に対して異論が多数出ている。 

    「なんで靖国神社を参拝すると戦争を賛美する事になるんだよ。レッテル貼るのも大概にしろ」 

     こうした意見も見られるように、靖国=戦争賛美の象徴という解釈をすること自体に反発もあるようだ。 
    ちなみに議連の一つである「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」所属経験者には、比較的リベラルとされる民主党の議員や、小沢一郎氏もいる。 



    http://yukan-news.ameba.jp/20151012-58/



    引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1444652816/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング