じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    左翼

    スポンサーリンク

    1: スナドリネコ(愛知県) [GB] 2021/01/22(金) 22:05:33.03 ID:8Hfb+SK+0● BE:509689741-2BP(6000)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/649f21a7a59bfbb360b18d8d1cfa69f96bd4ae97

    平成31年4月の大阪府知事・市長のダブル選前にSNSで誹謗(ひぼう)中傷されたとして、大阪市の松井一郎市長が埼玉県の女性に550万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が22日、大阪地裁であり、金地香枝裁判長は女性側に330万円の支払いを命じた。

     判決によると、女性はダブル選の約1カ月前の同年3月、ツイッターに「松井一郎は過去に女子中学生を強姦し、自殺に追いやりました」などと匿名で投稿した。

     女性側は「選挙妨害目的ではなく公益目的だった」と主張していた。

     判決理由で金地裁判長は、投稿について「客観的裏付けがなく、立証もしていない」と認定。発信者特定に労力が必要になったり、ダブル選間近の投稿だったりした経緯を指摘し「政治家としての社会的評価を低下させ、精神的苦痛を与えた」と結論付けた。 

    no title

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1611320733/

    この記事を読む

    1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/01/21(木) 16:26:32.52 ID:CAP_USER9
    1/21(木) 15:45
    日刊スポーツ

    グレタさん「幸せそうな老人」トランプ氏へ皮肉返し

    18歳の誕生日を迎えたグレタさん(ロイター)
    スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(18)が、20日に退任したトランプ前米大統領に、ツイッターで「明るく素晴らしい未来を楽しみにしている、とても幸せそうな老人に見える」と皮肉たっぷりのメッセージを寄せた。

    気候変動に懐疑的立場のトランプ氏は2019年にツイッターで「明るく素晴らしい未来を心待ちにしている、とても幸せそうな少女に見える」とグレタさんについて投稿していた。今回グレタさんはそれとまったく同じ言葉を使い、ホワイトハウスから大統領専用ヘリコプターに乗り込むトランプ氏の姿を投稿してお返しをした形だ。

    トゥンベリさんがトランプ氏のツイートを引用して皮肉るのは今回が初めてではない。トランプ氏は19年、米タイムス誌の「今年の人」に選ばれたトゥンベリさんに対して、自分の感情をコントロールすることに取り組むべきだと批判。「落ち着けグレタ、落ち着け」とツイートしていた。

    これに対し、大統領選の選挙結果は不当だと訴えるトランプ氏に対し、昨年、今度はトゥンベリさんが「ドナルドは自分のアンガーマネジメントの問題に取り組んで、友人と一緒に昔懐かしい映画を見に行くべき。落ち着けドナルド、落ち着け」とまったく同じ言葉でやり返したこともある。

    20日に就任したバイデン大統領は地球温暖化対策を政権の最重要事項の1つに掲げており、初日にトランプ氏が任期中に離脱したパリ協定にさっそく復帰する大統領令に署名した。

    (ロサンゼルス=千歳香奈子)

    no title

    https://news.yahoo.co.jp/articles/bbf409930c62d7b877568573c5bc1d120d2bf2f7

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1611213992/

    この記事を読む

    1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/01/04(月) 01:08:56.52 ID:CAP_USER9 BE:285967568-2BP(0)
    1/4(月) 0:18
    東スポWeb

    ラサール石井が緊急事態宣言に反対の三浦瑠麗氏を〝酷評〟「意味不明。中身がない」
    ラサール石井
     タレントのラサール石井(65)が3日、ツイッターを更新。新型コロナウイルス感染症拡大における緊急事態宣言の是非を巡り、国際政治学者の三浦瑠麗氏(40)を批判した。

     三浦氏は2日、「新型コロナが『有事』ならばやるべき医療体制の組み直しをやらず、平時と有事のあいだのグレーゾーンの質を判断してそれに対応する能力もなく、偽りの解としての竹槍精神的な自粛要請に飛びつく政治を目の前に、日本人が後世振り返るべき参照地点としての現在、緊急事態宣言発出に反対しておきます」(原文ママ)とツイート。

     ラサールはこれに対し「お姉さん言葉を弄ぶのはもうよしにしな。意味不明。中身が全くない」のコメントをつけてリツイートした。

     さらに「毎度のこういう言い回し、令和3年を期におやめください。『理解できないのはそっちのせい』みたいなマウントは昭和のおっさんみたいだ」と酷評した。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/196e5a787275f7e85d0e2035df072a0822e3a37d 


    no title

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1609690136/

    この記事を読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2020/12/28(月) 20:32:00.65 ID:CD6oWlJU9
    https://www.j-cast.com/2020/12/28402096.html?p=all

    ファミリーマートの商品ブランド「お母さん食堂」について、名前がジェンダーの固定観念を据え付けるとして、ネットで変更を求める署名活動が行われ、論議になっている。

    ガールスカウト日本連盟によると、連盟のプログラムに参加した女子高生らが始めたという。
    ファミマでは、「貴重なご意見として受け止めております」などと話している。

    no title

    「お母さん」役は香取慎吾さんだが…(写真は、ファミマの公式サイトから)

    ■商品ブランド名がジェンダーの固定観念を据え付けると考え  

    「食事を作るのはお母さんだけですか?」。連盟が2020年12月25日に出したプレスリリースによると、兵庫県、京都府、岡山県の女子高生3人は、こう問題提起している。

    3人は、「性別によって役割を決めつけることがない社会をつくる」として、「今、私たちが変えないと、未来は変わりません」
    と活動の趣旨を説明した。「食堂プロジェクト」を名乗って、ネット署名サイト「change.org」で、
    「ファミリーマートの『お母さん食堂』の名前を変えたい!!!」と題して署名を募っており、31日までに1万人が目標だとしている。

    きっかけは、3人が19年夏にジェンダー平等を考えるプログラムに参加したことで、商品名が固定観念を据え付けると考えたという。
    ガールスカウト日本連盟は、活動に協力するという形を取っている。

    このことが27日に一部のネットニュースで報じられると、ツイッター上などで、様々な意見が寄せられた。

    「こうした呼び名がジェンダーバイアスを再生産し、女性たちを苦しめている」などと活動に賛同する声も寄せられた。
    一方で、活動への異論も多く、「言葉狩りだろう、これ」「母親という存在にリスペクトの意味をもたせているだけ」
    「何でもかんでも男女差別に結び付けるな」などと書き込まれている。
    テレビCMで慎吾ママこと香取慎吾さん(43)が「お母さん」役をしていることから、ジェンダーのバランスも考えられているとの指摘もあった。

    ■「様々な意見を聞きながら、方向性を決定するが、現時点では未定」

    ガールスカウト日本連盟の広報担当者にJ-CASTニュースが12月28日に聞いたところでは、世界連盟が2011年から差別や暴力の問題に取り組んでおり、日本でも翌12年からこの問題の解決を掲げている。
    国連が15年、SDGs(持続可能な開発目標)の5番目にジェンダー平等の実現を掲げたことを受け、それを目指す今回の教育プログラムを導入した。

    女子高生らは、プログラムに参加して、商品名が人に与える影響が問題だと気づき、コンビニが身近な大企業であることから、ファミマの「お母さん食堂」に目を付けたという。

    代替案をSNS上でアンケートしたところ、「ふるさと食堂」が一番人気だった。この結果を元に、女子高生らは、20年春に名前を変えてとファミマに手紙を出したが、回答はなかった。そこで、アプローチを考え直し、10月末にネット署名活動を始めた。
    冬休みを使って、ツイッターなどSNS上でも発信を強めたことから、活動に注目が集まったそうだ。

    「ファミマ1社を攻撃するつもりはなく、商品名が与える影響を知ってほしいと活動を始めました。大きな問題があれば別ですが、基本的に子供たちのプロジェクトです。ネット上の声については、人の価値観は色々ですので、1つ1つは否定しません。
    彼女たちも、『お母さんのご飯はおいしい』と言っています」(広報担当者)

    ネット署名は、28日夕現在で2500人以上が賛同している。

    「1万人に届くかどうかは気にしておらず、ネットの声が届けばいいと考えています。今後は、何らかの形で、集まった意見を提出したいです」(同)

    ファミリーマートの広報部は同日、商品ブランドについて、取材にこう説明した。

    「お母さん食堂は、家族の健やかな生活を祈って作った、おいしく、安全・安心な食事と食材を提供するブランドで、お客さまにとって、一番身近でおいしく安心できる食堂を目指しております」

    ブランド名を変えてとの要望については、こうコメントした。

    「貴重なご意見として受け止めており、今後様々なご意見をお聞きしながら、方向性を決定して参りますが、現時点では未定でございます」


    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1609155120/

    この記事を読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2020/12/05(土) 16:46:57.41 ID:CAP_USER9
    連載「eyes 浜矩子」

    浜矩子2020.12.3 16:00AERA#浜矩子

     経済学者で同志社大学大学院教授の浜矩子さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、経済学的視点で切り込みます。


    *  *  *
    今、安倍晋三前首相に是非言いたいことがある。「Go To 国会」。

     安倍氏の後援会が主催した「桜を見る会」の前夜祭について、彼の資金管理団体が参加者の会費と実際に要した費用の差額を補填していた。この事実を示す明細書や領収書が明るみに出た。この問題の存在が判明したのは、去年の秋だ。その後の国会答弁の中で、安倍氏は補填の事実はないと繰り返してきた。

     ご本人は、補填が実際に行われていたことを承知していなかった。安倍氏周辺の人々は盛んにそう言う。だが、彼らが必死でそう言い立てれば言い立てるほど、我々の「ホントかよ」の疑念は深まる。

     野党は、衆参両院の予算委員会への安倍氏の参考人招致を要求した。当然だ。本当に、ご本人がこの問題について知らなかったのなら、積極的に「Go To 国会」してその旨をしっかり語ればいい。それをすると、「Go To トラブル」となってしまうから、イヤなのか。

    「Go To 国会」に安倍氏がひるむほど、我々は、彼にとって、そこに「トラブル」の要素があるに違いないと確信してしまう。どうかすれば「Go To プリズン」ということになりかねない。ひょっとして、そんな風に怯えているのか。

     現に、この補填疑惑については、政治資金規正法違反や公職選挙法違反の疑いが出ている。このような展開の中で、安倍氏が気配を消して、いない振りをすることなど、許されるはずがない。この場面で「ステイホーム」を決め込むとは、何事か。
         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで
    https://dot.asahi.com/aera/2020120200010.html?page=1 


    スクリーンショット 2020-12-06 1.12.48

    引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1607154417/

    この記事を読む

    1: デネブ・カイトス(東京都) [JP] 2020/12/03(木) 11:24:32.00 ID:9aavRGmb0 BE:306759112-BRZ(11000)
    前川喜平氏が感染拡大中の「GoTo」運用に苦言「国民を犠牲にして業界を潤す政策」
    https://mdpr.jp/other/2317583

    2: デネブ・カイトス(東京都) [JP] 2020/12/03(木) 11:24:42.30 ID:9aavRGmb0
    あの連中を皆殺しにしたい、という衝動が、ごくたまに、少しだけ、起きる。
    もちろん、その100倍の理性が、そのすぐあとに、現れるが。


    前川喜平(右傾化を深く憂慮する一市民) 


    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1606962272/

    この記事を読む

    1: クロ ★ 2020/11/11(水) 07:04:33.21 ID:CAP_USER9
     刑法の性犯罪規定について、専門家で構成される日本学術会議の三つの分科会は、現行法の問題点を指摘し、国際的な人権基準を反映した法改正を求める提言をまとめた。法改正を巡っては、法務省の検討会で10日から個別の規定について具体的な議論が始まる。「各国と同様、同意のない性交自体を犯罪化する規定に変えるべきだ」とした提言は影響を与えそうだ。

     刑法の性犯罪規定は2017年に改正され、厳罰化されたが、その後も無罪判決が相次ぎ、さらなる改正を求める声が上がっている。特に、暴行や脅迫がないと強制性交罪が成立しない「暴行・脅迫要件」の是非が注目されている。

    共同通信
    2020/11/9 16:41 (JST)
    https://this.kiji.is/698437565082092641 


    no title

    引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1605045873/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング