じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    左翼

    スポンサーリンク

    1: ハロプラズマ(愛媛県) [US] 2021/08/23(月) 00:53:14.66 ID:3SuEFy2P0● BE:135853815-PLT(13000)

    no title





    【圧倒的歌唱力】歌手・MISIAさん、フジロックフェスにて国歌『君が代』を熱唱→フジロック推しのいつもの界隈の皆さん困惑。
    https://togetter.com/li/1763695

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1629647594/

    この記事を読む

    1: ライオン(栃木県) [US] 2021/07/30(金) 08:23:03.49 ID:uvsnj3p60● BE:886559449-PLT(22000)



    61: 現場猫(大阪府) [US] 2021/07/30(金) 08:59:11.38 ID:dg/kZ6Od0

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1627600983/

    この記事を読む

    1: Egg ★ 2021/07/18(日) 21:21:20.63 ID:DTt4jHRd9
     国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」で一時中止となった企画展「表現の不自由展・その後」の出展作品を集め、大阪市内で開かれていた「表現の不自由展かんさい」は18日、3日間の会期を終えて閉幕した。会場の外では連日、街宣車による抗議活動があり、中止を求める脅迫文が送りつけられるなどしたが、大きな混乱はなかった。

     閉会後、実行委員会が「多くの市民が自発的に支援に駆けつけ、大阪で表現の自由を守れた」とあいさつした。展示会には期間中延べ約30人の弁護士が待機し、会場の外で約100人の市民が「表現の自由を守れ」といったプラカードを持って立った。一方で、嫌がらせを警戒し、実行委は最後までメンバーの実名公表を見送った。新型コロナ対策もあって整理券を配り、鑑賞できたのは1300人だった。

     18日、会場には「あいちトリエンナーレ2019」で芸術監督を務めたジャーナリストの津田大介氏も駆けつけ、取材に「『不自由展』が完全な形でできたのは大阪が初めてで意味は大きく、暴力や脅しで表現の自由をつぶせないという全国の先例になる」と話した。

     会場となっている大阪府所有の施設「エル・おおさか」(大阪市中央区)が事前に抗議が相次いだことを受け、利用承認をいったん取り消したが、大阪地裁と大阪高裁が実行委員会に会場の利用を認め、最高裁で司法判断が確定した。会場宛てに脅迫文や不審物も届いたが、施設の休館や会期の中断はなかった


    2021/7/18 18:30 朝日新聞
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASP7L61C2P7LPTIL025.html?ref=rss

    スクリーンショット 2021-07-19 4.51.53

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1626610880/

    この記事を読む

    1: クロ ★ 2021/07/15(木) 13:12:24.44 ID:CAP_USER9
     「表現の不自由展かんさい」(16~18日)の予定会場の大阪府立労働センター「エル・おおさか」(大阪市)に14日、「サリン」と書かれた文書と液体入りの袋が届いていたことが15日、センターの指定管理者への取材で分かった。大阪府警は、危険な液体ではなく水の可能性が高いとみて調べている。

     指定管理者によると、14日午前に封筒で郵送され、文書には展示に関連した抗議も書かれていた。職員ら約10人が約20分間避難。府警に被害届を出すという。センターには13日、「開催するのなら実力阻止に向かう」との脅迫文も届いている。

    共同通信
    2021/7/15 12:46
    https://nordot.app/788243206769344512 


    no title

    引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1626322344/

    この記事を読む

    1: パルサー(愛知県) [US] 2021/06/25(金) 00:24:26.58 ID:+y97qUyF0● BE:156193805-PLT(16500)
    おととし、愛知県の国際芸術祭で「表現の不自由」をテーマにした企画展が一時、中止された問題で、当時の作品などを集めて25日から都内で開催される予定だった展示会が、相次ぐ街頭での抗議などを受けて延期されることになりました。

    これは、24日、編集者や学生などでつくる実行委員会が都内で会見を開いて明らかにしました。

    おととし、愛知県で開かれた「あいちトリエンナーレ」では、「表現の不自由」をテーマにした企画展で慰安婦を象徴する少女像などが展示されたことに抗議や脅迫が相次ぎ、展示が一時、中止される事態となりました。

    実行委員会では、当時の作品などを集めて、25日から来月4日まで都内の民間施設で展示会を開く予定でしたが、抗議の電話やメールが続き、街頭でも繰り返し抗議活動が行われたことから、今月上旬に施設側から「会場の貸し出しはできない」と伝えられました。

    その後、都内の別の民間施設を借りることで施設側と合意しましたが、先週、「近隣に迷惑がかかるので貸し出せない」と所有者から連絡が入り、ほかの会場が見つからず、開催の延期を決めたということです。

    現時点で開催できる日時のめどは立っていないとしています。

    抗議の中には、生命や身体を脅かすような内容に加え、展示会への攻撃を示唆するものもあったということで、法的措置も検討しているということです。

    (後略)

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210624/k10013102401000.html

    2: パルサー(愛知県) [US] 2021/06/25(金) 00:25:21.75 ID:+y97qUyF0
    >>1 つづき

    「表現の不自由展・東京展」実行委員会の岩崎貞明さんは「芸術作品に関心を寄せている方々にゆっくり鑑賞できる環境を提供したいが機会すらなかなか作ることができない。この状況について皆さんにも考えていただけたら」と話していました。

    表現の自由に詳しい慶應義塾大学法科大学院の横大道聡教授は、「展示に反対する勢力からの妨害を理由に会場が借りられなくなることは、市民にとって表現に触れる機会が減少していくことを意味する。展示内容への賛否を議論する以前に、妨害によって表現の機会を与えないことに対して反対することが重要だ」と指摘しています。

    (おわり)

    no title

    no title

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1624548266/

    この記事を読む

    1: クロ ★ 2021/06/04(金) 09:35:35.08 ID:CAP_USER9
     愛知県で2019年に開かれた国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、激しい抗議などを受けて一時中止された企画展「表現の不自由展・その後」が、「表現の不自由展・東京展」として、25日から東京都新宿区のギャラリー「セッションハウス・ガーデン」で開催されることが分かった。実行委員会が3日、発表した。
     あいちトリエンナーレでは、慰安婦を象徴する「平和の少女像」などへの抗議が殺到し、開幕3日で中止に追い込まれた。実行委によると、今回、展示のほか、少女像の作者らによるトークイベントなどが予定されている。新型コロナウイルス感染対策で予約・入れ替え制とし、7月4日まで。(共同)

    東京新聞
    2021年06月04日 02時45分
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/108493 


    no title

    引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1622766935/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング