じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    マスコミ・メディア

    スポンサーリンク

    1: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [GB] 2017/05/17(水) 12:44:28.67 ID:ElcXNfcf0● BE:501696153-2BP(2000)
    眞子様婚約報道を「察知しておりましたが、このタイミングで出す社があるとは思わなかった」
    スポーツ報知 5/17(水) 12:37配信

     TBS系「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)は17日、第2部でも眞子様の婚約について特集した。

     TBSの解説・専門記者室長の牧嶋博子氏は「こういう動きがあるということは察知しておりましたが、まさかこのタイミングで出す社があるとは思いませんでした」と話した。NHKが午後7時のニュースで報じたときは、宮内庁記者クラブにいたという。

     MCの恵俊彰(52)から、驚いたか問われると「驚きましたね」。さらに他の出演者から「このタイミングで報道されたことについてか」と問われると牧嶋氏は「そうですね」と答えていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-00000079-sph-ent

    引用元:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1494992668/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [DE] 2017/05/16(火) 10:45:23.65 ID:xhtKBx940● BE:878898748-PLT(16000) ポイント特典
    朝日新聞5月15日付けの朝刊に掲載された「新作歌舞伎、さらに進化 映画監督らが挑戦 マンガ・絵本が原作」という記事の中に取材した内容と全く異なる内容の物が掲載されていたことがわかった。

    朝日新聞から取材を受けた書籍『歌舞伎四〇〇年の言葉 学ぶ・演じる・育てる』の著者が自信のブログにて取材内容について苦言を投じている。

    「朝日新聞の記事について」というブログを投稿しており、そこには次のように書かれている。

    “電話取材に対して「これまでの新作についてはどれも面白く、また役者の個性を活かしてうまく書けている。
    夢幻恋双紙の当て書きは見事だし、阿弖流為は鍛錬を積んだ歌舞伎役者の肉体の魅力を存分に発揮していた」とお答えしました。
    不満はないか?という質問には「ない」と明確に答えてもいます。”

    と答え、更に「今後の新作に対しては?」という質問に対しては「あまりに演出過多や、イベント的な扱いになってしまうと歌舞伎の意味がなくなるので、ぜひ鍛錬を積んできた歌舞伎役者の魅力を活かす作品を作り続けてほしい」と答えたという。

    しかし朝日新聞の記事内容は180度すり替わっており、「新作歌舞伎には疑問の声も」という文脈の中に置くことで、まるで『夢幻恋双紙』などの新作を認めていないかのような印象を作ることに成功。

    全文は以下
    http://gogotsu.com/archives/29109
    no title

    no title

    98: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [EU] 2017/05/16(火) 11:05:35.04 ID:F7/046pD0
    #16報道特注【朝日新聞また捏造SP】足立議員が天下の朝日にねつ造されたw これがその手口だ!!
    https://www.youtube.com/watch?v=nwux9GL3qQ4
       

    #18報道特注【百田尚樹SP①】TVから消された真相!朝日のねつ造ウラ話!TBSの嫌がらせ!足立康史 和田政宗 生田よしかつ

    引用元:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1494899123/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2017/05/08(月) 07:00:25.79 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170508-00000001-asahi-soci

    no title


     ――「自衛隊の街」の北海道千歳市で、しかも自衛官の母なのに安全保障関連法に反対の声をあげたのはなぜですか。

     「安倍首相は安全保障関連法案を『丁寧に説明する』と言っていましたが、実際には丁寧な説明はありませんでした。米国の戦争に巻き込まれ、息子が殺したり殺されたりするのは嫌だと思い、いても立ってもいられませんでした」

     ――でも安全保障関連法は施行され、千歳の陸自第7師団を主体とする部隊が南スーダンPKOに派遣されました。

     「『国土の防衛』という自衛隊の本来任務を逸脱した行為だと思い、国に派遣差し止めを求める訴訟を起こしました。国会で安全保障関連法案に賛成した人は、危険のない場所で税金からたくさん給料をもらい、安全に裕福に暮らしています。そして危険な場所に行くのは自衛官というのは、どう考えてもおかしいです」

     ――政府は「活動地域の治安は安定している」と言っています。

     「昨年7月の大規模戦闘に象徴されるように、危険な場所であることは疑いようがありません。本当に安全なら、自衛官じゃなくて一般企業の社員でいいじゃないですか」


    http://www.asahi.com/articles/ASK4T05NPK4SIIPE04V.html

    引用元:http://karma.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1494194425/

    この記事を読む

    1: アンクルホールド(新疆ウイグル自治区) [US] 2017/05/06(土) 07:26:22.17 ID:m6e71uiW0● BE:565421181-PLT(13000) ポイント特典
    (社説)阪神支局襲撃30年 覚悟をもって喋る、明日も


    異論を排除する、すさんだ言葉の横行は、安倍政権の姿勢と無縁ではなかろう。
     国際NGO・国境なき記者団が毎年発表している「報道の自由度ランキング」で、日本はことし、180カ国・地域
    のうち前年と同じ72位。主要国7カ国(G7)で最下位となった。

    報道機関への信頼は揺らぎ、取材環境も厳しさを増す。
    自分好みの「情報」を信じ、既存メディアの情報を疑う傾向は、世界で強まっている。
     メディアが伝える事実とは別の「事実」があるとする「もう一つの事実」。
    昨年の米大統領選では「フェイク(偽)ニュース」が世論に影響を与えた。

     虚偽が現実の政治を動かす、極めて深刻な事態だ。
     報じる側が批判に向き合い、自らの責務と役割を問い直すしかない。
    多角的な見方を提示し、軸足を定めた視座で主張、提言をなしえているか。
    日々の積み重ねで信頼を得る必要がある。

    http://www.asahi.com/articles/DA3S12919356.html

    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1494023182/

    この記事を読む

    1: アトミックドロップ(新疆ウイグル自治区) [US] 2017/05/04(木) 11:06:16.37 ID:kLwyQxXx0● BE:565421181-PLT(13000) ポイント特典
    北朝鮮の核・ミサイルによる軍事的挑発はやまない。
    日本は自らをどう守り、アジア太平洋地域の平和と安定のために役割を果たしていくか。

    答えに迷うことはない。

    憲法9条を堅持し生きていくべきだ。

     自衛隊は国民の間で定着し、幅広い支持を得ている。
    政府解釈で一貫して認められてきた存在を条文に書き込むだけならどれほどの意味があるのか。
    9条を改める必要はない。

     自衛隊はあくまで防衛に徹する「盾」となり、強力な打撃力を持つ米軍が「矛」の役割を果たす。
    この役割分担こそ、9条を生かす政治の知恵だ。

    9条は日本の資産である。

    http://www.asahi.com/articles/DA3S12922579.html 


    17

    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1493863576/

    この記事を読む

    1: 動物園φ ★ 2017/05/03(水) 20:28:03.97 ID:CAP_USER9
    鮫島浩‏@SamejimaH 4月29日
    ミサイル報道で電車を止めても安全確保の効果はないが、国民の危機意識を高めて森友事件から目を逸らす効果は十分ある。
    これこそ印象操作だ。政権の意向は働いていないのか、それとも忖度か。
    電車を止めるまでの隠された真実に迫るのが報道の責務だ。
    https://twitter.com/SamejimaH/status/858447893736194048 

    31

    引用元:http://karma.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1493810883/

    この記事を読む

    1: 和三盆 ★ 2017/05/02(火) 02:13:15.93 ID:CAP_USER9
     憲法施行70年となる5月3日の憲法記念日を前に、朝日新聞社は3月中旬から4月下旬にかけ、憲法を中心に全国世論調査(郵送)を実施した。施行70年を迎え、いまの憲法が「日本にとってよかった」は89%に上ったほか、憲法改正については、憲法を「変える必要はない」は50%(昨年調査は55%)に対し、「変える必要がある」は41%(同37%)だった。

     憲法に関する郵送調査は2013年から毎年実施しており、今年で5回目。新たに有権者となった18~19歳も今回から調査対象としたため、過去との単純な比較はできないが、14年調査から4年連続で憲法を「変える必要はない」が「変える必要がある」を上回った。ただ、その差はやや縮まった。

     憲法9条は「変えないほうがよい」63%(昨年調査68%)、「変えるほうがよい」29%(同27%)。安倍政権下での改憲に「反対」は50%(同58%)、「賛成」は38%(同25%)。いずれも改憲に否定的な答えが肯定的な答えを上回ったが、これらも昨年調査に比べ、両者の差は縮まった。

     施行70年にあたり、現行憲法があったことが「日本にとってよかった」との回答は、改憲への賛否や年代差にかかわらず9割前後が選んだ。

     いまの憲法は全体として「よい憲法だと思う」は66%(昨年調査67%)、「そうは思わない」は21%(同23%)。改憲に反対する人では「よい憲法」との回答は89%に上ったが、改憲に賛成する人では「よい憲法」47%、「そうは思わない」42%と割れた。憲法が果たしてきた歴史的役割と、現在や将来に向けての役割とを分けて考えている人が一定数いる可能性がある。

     改憲への具体的な動きには消極的傾向が見られた。別の質問で、国会の憲法審査会で議論が始まっていることを踏まえ、改憲は優先的に取り組むべき課題だと思うかは、「優先的に取り組むべき課題」33%に対し、「そうは思わない」62%と差が開いた。内閣支持層の54%、自民支持層の54%も「そうは思わない」と答えた。

     改憲項目の絞り込みに向け、自民党などが主張する「緊急事態条項」の憲法への追加も、「いまの憲法を変えずに対応すればよい」59%に対し、「憲法を改正して新たに加えるべきだ」は28%にとどまった。「そもそも必要ない」は8%。自民支持層でも「いまの憲法を変えずに対応すればよい」は56%に上った。

    2017/5/2 0:16 朝日新聞
    http://www.asahi.com/articles/ASK4L528LK4LUZPS004.html?iref=sptop_8_03
    no title 


    no title


    922: 名無しさん@1周年 2017/05/02(火) 07:49:46.96 ID:9YyHFyWy0

    改憲に反対する人では「よい憲法」との回答は89%

    ・・・なんの意味あるのこの記事

    引用元:http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1493658795/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング