じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    マスコミ・メディア

    スポンサーリンク

    1: タイガードライバー(庭)@\(^o^)/ 2015/03/18(水) 14:02:38.68 ID:uxDrDDuq0●.net BE:887141976-PLT(16000) ポイント特典
    韓国のソウル新聞が「日本のテレビやメディアが自画自賛しまくり」と報道している。今の日本のテレビはテレビ東京の『世界ナゼそこに?日本人』を代表に様々な日本上げ番組が放送されている。中には外国人に日本の好きなところを言わせる番組もある。

    これらは韓国メディアが指摘報道するまでもなく、日本のメディアやネットで既に散々言われていること。
    1つの番組がヒットしたら後を続く様に似たような番組が増えるのはテレビ番組業界のお約束である。
    しかし今の日本のテレビ番組はそれがあまりにも増えすぎだとしている。

    テレビ以外にも書店に行けば日本を褒め、韓国や中国をおとしめる書籍が並べられている。
    そしてそれらの書籍がベストセラーになるという。
    数年前には外国人を呼び日本に意見させる内容のテレビ番組があったが、内容は真逆であった。ゾマホンや日本テリー伊藤などが口論バドルを繰り広げる内容で日本で話題になった番組である。

    韓国メディアは日本が自画自賛していると報道しているが、日本の文化は素晴らしいしので自画自賛せずとも自然と素晴らしさは伝わると思うのだが。あまりに惜しすぎると見ている方もウンザリという声が聞こえる。

    http://gogotsu.com/archives/5507

    この記事を読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 15:17:43.33 ID:???.net
    発行部数が「右肩下がり」を続ける新聞業界の中でも、社によって様相は大きく異なる。半期ベースでみれば、大手5社のうち3社が「ほぼ横ばい」で、朝日、読売の2社が前年同期比で6%程度も部数を落としている。

    朝日は原発に関する「吉田調書」、いわゆる従軍慰安婦の関連する「吉田証言」の2つの誤報が一部で不買運動に発展し、部数を大きく減らすのは確実だとみられていた。一方、読売は朝日の劣勢に乗じる形で販売攻勢をかけていたはずだが、ほとんど奏功しなかったようで、朝日より大幅なマイナスとなった。

    ■読売、半期ベースでは10年下期最後に1000万部割れ続く

    日本ABC協会がまとめた2014年下期(7~12月)の平均販売部数によると、産経新聞が161万5209部(前年同期比0.1%減)、日本経済新聞が275万534部(同0.9%減)、毎日新聞が329万8779部(同1.5%減)と「ほぼ横ばい」または「微減」に踏みとどまっている。だが、「2強」と言われた朝日・読売は様子が違う。

    朝日が710万1074部(5.9%減)で、読売が926万3986部(6.1%減)と、明らかに減り幅が他の3社よりも大きい。

    毎日新聞社の常務取締役などを歴任し、『新聞社-破綻した ビジネスモデル』(新潮社)などの著書がある河内孝さんによると、両社に共通しているのが、販売コストを削減するために専売店を減らしているという点だ。残り3社についてはすでに配達網の整理や縮小が進んでおり、多少なりとも体力の残っていた2社の衰えがこの1年は目立った、ということのようだ。

    特に読売は、かつては「1000万部死守」を至上命題にしていたが、半期ベースでは震災直前の10年下期を最後に1000万部割れが続いている。それでも11年上期~13年上期までは990万~980万部台で推移しており、1000万部復活をうかがっていたようだ。この状況を、河内さんは「現場の努力で無理をしてきた」とみる。この「無理」がきかなくなった結果、部数が急減したということのようだ。

    ■朝日は半年で45万部減

    このように、14年下期の平均部数を見る限りでは、朝日よりも読売が劣勢にみえる。だが、下期を月ごとにみていくと、様子は一変する。

    読売の14年7月の部数は924万8446部で、12月は914万2753部。半年で1.1%減らした計算だ。これに対して朝日は、726万6866部(7月)、725万2277部(8月)、721万4122部(9月)、702万1480部(10月)、704万2644部(11月)、680万9049部(12月)と推移。半年で45万7000部、割合にして6.3%減らしていることになる。

    朝日新聞では、14年8月に、いわゆる「慰安婦」問題をめぐる「吉田証言」関連報道が誤報だと認める検証記事を出したものの、謝罪がなかったとして問題化。9月には、原発事故関連の「吉田調書」の誤報を認め、記事の取り消しを発表した。11月には一連の問題の責任を取る形で木村伊量(ただかず)社長(当時)の辞任が発表されたり、第三者機関「報道と人権委員会」(PRC)が吉田調書の誤報に至るまでの経緯を検証した「見解」を発表したりするなどして、朝日新聞への注目が集まっていた。

    半年間での急激な部数の落ち込みには、こういった問題が影を落としている可能性もある。

    p176_2


    ソース:J-CASTニュース 2015/3/11 19:22
    http://www.j-cast.com/2015/03/11230114.html?p=all

    この記事を読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/03/11(水) 10:44:44.10 ID:???.net
    韓国学者の『私の文化遺産踏査記』が日本上陸…朝日新聞社会面で報じられる
    2015年03月11日08時50分
    [中央日報/中央日報日本語版]

    no title


    兪弘濬教授の『私の文化遺産踏査記』日本編の日本語版刊行を「韓国学者、日本を歩く」という題名で報じた朝日新聞1月6日付紙面。(写真提供=チャンビ)

    兪弘濬(ユ・ホンジュン)明智(ミョンジ)大美術史学科客員教授(65)が昨年出版した『私の文化遺産踏査記』日本編が日本で話題だ。

    日本の大手出版社である岩波書店は『日本の中の朝鮮をゆく』という題名で九州編1巻と飛鳥・奈良編2巻の計3巻を翻訳出版した。また、有力日刊紙の朝日新聞は社会面トップ記事で扱った。韓日修交50周年を迎える年に「互いを理解して絡まった問題を賢く解決し、両国が東アジア文化創造の親密なパートナーになるときが来た」という兪教授の執筆意図が日本社会に反響を巻き起こしている。

    岩波書店は兪教授の著作を紹介して「双方向の視点で見た斬新な歴史紀行」と強調した。嫌韓図書があふれる日本の流れと逆に韓国人の目で日本文化遺産を深く扱った点を高く評価している。

    今年1月6日付の朝日新聞夕刊は「韓国学者、日本を歩く」という題名の記事で「韓国文化財庁長を務めた兪教授が『日本を知ることがすなわち韓国を深く知るということ』と話し、初めての海外編として日本を選んだ」と説明した。「国交正常化50年 両国つなぐ」「ツアーも人気」等の中間タイトルもつけながら、同著の日本語版刊行を大きく報じた。

    出版社チャンビは日本語版出版を記念して11日午後7時30分、ソウル堅志洞(キョンジドン)の曹渓寺(チョゲサ)韓国仏教歴史文化記念館伝統文化芸術公演会場で著者の特別講演会を開催する。

    昨年11月、全4巻で完結した後、20万部以上売れた日本編に対する関心を見守った兪教授は「東アジアの共存・共生関係を回復するため、両方から飛んでくる毒矢を吹き飛ばしてしまうような者が必要な時」と話した。

    http://japanese.joins.com/article/571/197571.html?servcode=400&sectcode=400

    この記事を読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/03/06(金) 23:46:36.13 ID:???.net
    5日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日系)で古舘伊知郎氏が、世界経済を「中国が助けた」とコメントする一幕があった。

    番組では、中国の経済成長率が鈍化している問題を特集し、李克強首相が全人代(全国人民代表大会)で2015年のGDP成長率を「7%前後」と発表する様子をVTRで紹介した。

    中国では8%の成長率がないと社会が不安定になると言われており、番組では中国経済に「異変が起きている」と伝えた。

    工場はより人件費の安い海外に移転し、日本をはじめとする対中投資も大幅に減っているという、厳しい現状も報じた。

    VTR後、スタジオの古舘氏は「ちょっと前に世界経済が大ピンチだった時に、中国に助けられたなってことを思い出すんですね」と切り出し「(2008年の)リーマン・ショックの後、中国が76兆円規模の景気対策を打った訳ですね。それだけやれば、経済は動くけども、無理がたたってくるということもあるわけですよね」とコメントした。

    img01


    ソース
    トピックニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/9860338/

    この記事を読む

    1: 〈(`・ω・`)〉Ψ ★ 2015/03/04(水) 18:54:57.31 ID:???*.net
     韓国政府が、産経新聞の藤本欣也ソウル支局長に対し、外国記者の身分を証明する「外信記者証」を約半年間にわたり発行していないことが4日分かった。
     韓国紙・京郷新聞は「坊主憎けりゃけさまで憎い」との見出しを掲げ、
    「産経新聞が昨年、朴槿恵大統領のセウォル号事故当日の動きなどを報じたことに
    関する政府次元の報復措置ではとの指摘が出ている」
    と批判的に報道。加藤達也前支局長が朴大統領への名誉毀損(きそん)で在宅起訴されたことが背景にあるとの見方を示した。

     関係者によると、藤本氏は昨年9月10日に入国し、同月18日に文化体育観光省・海外文化広報院傘下の外信支援センターに発給申請書を提出した。
    通常、申請から数週間後に発行され、藤本氏の後に申請した日本メディア特派員
    には出されている。(2015/03/04-14:54)ソウル時事

    20141209-00000014-wordleaf-03ff8fda17d313c800f2613980fdcdebd


    http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015030400522

    この記事を読む

    20081228152455
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/07/14(月) 09:45:59.64 ID:???.net
    フジテレビといえばひと昔前は韓流ゴリ推しで、2011年には反対の大規模デモまで
    行われたくらいである。
    そのときのデモ参加者は過去最多と言われており、悪天候の中数6000人も参加した。

    今の日本の嫌韓感情のきっかけを作ったといっても過言はないフジテレビ。
    高岡蒼甫がそのことを指摘し批判したところ、事務所(スターダストプロモーション)を
    退社(一説にはクビになったという情報も)。
    その後くらいから国民やネットでのフジテレビへのバッシングが強くなり始め、
    上記の韓流ゴリ推しデモに繋がっている。

    ●フジテレビが急に嫌韓化
    そんなフジテレビだが、ここ最近様子がおかしいのである。
    韓国の嫌韓ニュースを積極的に取り上げようとしているのがわかる。
    私が先日記事にしたフィリピンの学校の日章旗が太極旗に塗り替えられたという事件だが、
    真っ先にフジテレビから「ガジェット通信の記事を使わせてほしい」と連絡が入った。
    内容は韓国の反日の実態調査するというものだった。
    そして実際に報道されたものは日本政府に問い合わせていた産経の記事である。

    また昨日は私個人宛にフジテレビの『ニュースJAPAN』担当の方から連絡が入り、
    「企画の趣旨なのですが、ジャパンエキスポになぜか出店する韓国企業という」
    という放送内容を予定するという。その際に使う映像を貸して欲しいというわけである。

    そのほかにも1か月ほど前にフジテレビ報道部から連絡が来ており、
    韓国の文化についての写真を提供して欲しいというものだった。
    ただ通常の文化ではなく、トイレでトイレットペーパーを流さないという文化や、
    本屋で座って本を読むというネガティブな物、ネットゲーマー達が死んでいく情報などを
    かき集めていた。

    急にどうしたフジテレビと言いたいが、これが本来の姿勢なのだろう。
    別にグルメ番組でキムチや韓国料理が出てくるくらいは不思議ではない。
    ただ数年前は少し推し過ぎ感があったくらいだろう。

    それ以前に音楽番組に毎週韓流スターが出演したり、字幕にハングルがついたりと
    露骨だった頃から比べればかなり変わったようである。もしかして韓国マネーが尽きた?
    それよりもドラマ『HERO』が再開で少し嬉しい。久々の月9ヒットドラマになるか?

    (ソース先に画像・動画あり)
    http://news.livedoor.com/article/detail/9035972/
    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング