じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    マスコミ・メディア

    スポンサーリンク

    1: 鴉 ★ 2019/09/23(月) 13:47:21.57 ID:CAP_USER
    「嫌韓」の裏に格差と陰謀論
    9/23(月) 10:30配信


     「嫌韓」という排外主義が吹き荒れている。少しでも冷静な議論をすれば「売国奴」などの罵声が飛んでくる。

     背景にはアベノミクスにも責任がある格差がある。人間が感じる不満は相対的なものだ。客観的には中間層、あるいはやや上であっても、富裕層に恩恵が偏っていると感じれば不満は爆発する。

     こんな時の政権の対応ははるか昔から同じだ。一つは下に目を向けさせ「それよりはまし」と考えさせる。もう一つは外へ目を向けさせる。

     ◇国外にそらす

     安倍政権もアベノミクスに足らざる点があることは認めている。だが、安倍晋三首相は国会答弁ですぐにかっとなることに表れているように批判を受け止めることが苦手なようだ。

     政治の役目はなによりもまず、批判者、少数者との対話にある。しかし、安倍政権はすすんで自らの欠点を認め、国民と双方向の対話をすることがうまくできていない。

     トランプ米大統領の例をあげるまでもなく、国民をうまく統合することができない政権の逃げ道はいつも不満を国外にそらすことだ。対韓輸出規制はそういう機能を果たした。

     ◇今も昔も変わらぬ陰謀論

     もう一つの特徴は陰謀論だ。「中露に、あるいは中韓にあやつられている政党、新聞。自分だけが真実を知っている」「各国政府はユダヤ人とコミンテルンに支配されている。自分だけが真実を知っている」

     今も昔もポイントは、自分の知らないところで誰かが不当な利益を得ているという感覚だ。この感覚自体は間違っていない。どのような体制であろうと不備はいつもあるからだ。

     不満の先が間違っている。責任は「ユダヤ人」にも「在日」にもない。「ユダヤ人」は現実のユダヤ人とは関係がない。なぜならば現実は常に複雑であり、日韓関係も含めて一方的に非難できるものなどないからだ。そんな当たり前のことは、みんな日常生活でよくわかっている。

     けれども、意識的に現実から目をそらさないと気持ちよく他者はののしれない。だから陰謀論がセットでついてくる。


     ◇家族に言えることなのか

     その証拠に罵声を書き込んでいるあなたは、それと同じことを自分の家庭、あるいは会社で言えるだろうか。友人や家族と対立した時に「半島に帰れ」などと、面と向かって言えるだろうか。自分の現実と無関係だと思っているから書き込めるのだ。


     あなたが本当に嫌いなのは日本なのだろう。


     昔の日本は良かった、今の日本は左翼に汚染されて堕落してしまった、というのもおきまりの文句だ。あなたは現実の日本が受け入れられない。格差を放置し、少数者に冷たい、個人に冷たい、そしてあなたにも冷たい、きっと誰かがずるをしていい思いをしているに違いない、今の日本を否定したい。


     しかし、そうは口に出せない。


     すぐに「おまえはどうなんだ」という罵倒が返ってくるからだ。自己責任という理不尽な威圧が社会にのさばっている。


     だから、代わりに韓国を持ち出すのだ。



     決して自分に跳ね返ってくることがない韓国という的に罵声を投げつける心地よさが「嫌韓」だ。


    毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190923-00000011-mai-pol 

    スクリーンショット 2019-09-23 14.16.06

    引用元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1569214041/

    この記事を読む

    1: 鴉 ★ 2019/09/22(日) 23:33:17.77 ID:CAP_USER
    ●韓国ドラマも政治の季節 世論を分けるテーマも次々登場

    日本政府が韓国向け輸出規制について発表した7月以降、韓国では日韓関係に関するニュースがあふれ返っていた。かと思うと、8月後半からは、「日韓関係はどこへ?」と思うぐらい、曺国(チョグク)法相の任命をめぐるニュース一色になった。

    曺氏の家族や親せきの様々な疑惑が報じられる中、文在寅大統領は任命に踏み切った。

    文政権の政策の方向性を大きく二つ挙げると「親北朝鮮」と「富の分配」だろう。文政権支持層は「親北朝鮮」には無関心あるいは否定的だが、「富の分配」の方を理由に支持していた人も多かった。ところが、今回の曺国法相の件では、娘の大学入学にまつわる疑惑など、「富や権力を利用した不正」に見える疑惑が多く報じられ、文政権の支持者の一部が離れる結果となった。

    曺国法相の任命をめぐるニュースがここまで盛り上がったのは、一つには来年4月の総選挙を見据え、与野党の勢力争いのネタになったためだ。

    ここ2、3ヶ月、政治ドラマが目立ってきたのも、来年の総選挙を意識してのことだろう。


    まずはイ・ジョンジェの10年ぶりドラマ復帰作、JTBCドラマ「補佐官」(6~7月放送)。補佐官というのは、国会議員秘書を指す。イ・ジョンジェ演じるチャン・テジュンは、国会議員を目指す野心満々の補佐官。市民をだましてまで国会議員になろうとする「悪い人」だ。党内の勢力争いや、立法をめぐる駆け引き、秘書たちの情報収集など政治の裏側を見せるドラマで新鮮だった。後味の悪い終わり方だと思ったら、シーズン制ドラマで、11月にシーズン2の放送を予定しているという。


    一方、tvNドラマ「60日、指定生存者」(7~8月放送)の主人公パク・ムジン(チ・ジニ)は、「いい人」だ。米国のドラマ「サバイバー 宿命の大統領(原題はDesignated Survivor)」のリメイクだが、そうと言われなければ気付かないぐらいうまくローカライズされていた。

    初回から国会議事堂がテロによって爆破され、大統領以下国会議員の多くが亡くなる。環境相だが、たまたまテロの時に国会議事堂にいなかったパク・ムジンが大統領権限代行となる。その期間がタイトルにある60日だ。


    学者出身で政治家らしからぬ「いい人」のパク・ムジンは、毎回難しい選択を迫られる。例えば、「差別禁止法」の制定をめぐって、だ。人種や出身国家、性別や性的指向、社会的地位などを理由に雇用や教育などで理不尽な差別を禁止する法律だが、実際の韓国社会でも、「性的指向」の部分で「同性愛を助長する」などと反対意見が多い。

    韓国はクリスチャンが多く、キリスト教系の団体の反発が特に大きいようだ。代行任期満了後に大統領選に出馬すると公言したパク・ムジンに、秘書たちは「差別禁止法」は大統領選で不利になるとして制定に反対する。パク・ムジンは制定をいったん延期し、「大統領になってから制定する」という苦渋の決断を下した。

    妥協にも見える主人公のかっこ悪さが、このドラマの魅力に思えた。「いい人では政治はできない」と言っていた秘書の一人が次第にパク・ムジンの人柄に惹かれ、「いい人が勝つ世の中を見てみたくなった」というセリフが印象に残った。


    対照的な2本のドラマの放送が終わり、現在放送中のtvNドラマ「偉大なショー」は、前国会議員ウィ・デハン(ソン・スンホン)が主人公の政治ドラマでもあり、家族ドラマでもある。韓国語で「偉大な」の発音は主人公の名前と同じ「ウィデハン」だ。ウィ・デハンは家族の問題で落選したが、再び国会議員を目指し、親のいない4人兄弟を家族として受け入れる「ふり(ショー)」をする。コメディータッチだが、「政治なんて結局ショーだ」と皮肉っているようでもある。

    「補佐官」と「偉大なショー」で共通して「堕胎禁止」の問題が取り上げられるなど、現在の韓国のイシューがドラマにも出てくるのも興味深い。「60日、指定生存者」の同性愛についてもそうだが、賛否の割れる問題をドラマで果敢に取り上げている。


    韓国では政治の話が天気の話のように日常的に交わされる。
    最近、ある人が「騒々しいのが民主主義」と言っていた。

    曺国法相の任命をめぐって騒々しい韓国よりも、政治の話がタブーのようになっている日本の方が、実は問題なのかもしれない。


    朝日新聞:グローバルアジア
    https://globe.asahi.com/article/12722117

    引用元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1569162797/

    この記事を読む

    1: Felis silvestris catus ★ 2019/09/21(土) 17:49:30.42 ID:XnHv5fwN9
     秋である。隣は何をする人ぞ、というワケでもなかろうが、テレビは連日、韓国の文在寅政権の報道にご執心である。安倍晋三首相側近が誰かは知らずとも、文大統領の側近には詳しいという人も多いのではないか。テレビよ、いや視聴者よ、これでいいのか。【吉井理記/統合デジタル取材センター】

    ■アナログで恐縮ですが…

     テレビはどれだけ「韓国ネタ」を流しているか? 

     手元に月初めの9月1日から7日までの1週間のテレビ欄(本紙東京本社発行分)を用意した。アナログな方…

    毎日新聞
    2019年9月21日 06時00分
    https://mainichi.jp/articles/20190920/k00/00m/040/362000c 

    スクリーンショット 2019-09-22 2.13.34

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1569055770/

    この記事を読む

    1: ひかり ★ 2019/09/19(木) 10:11:05.67 ID:umbB+Udn9
     TBS系バラエティー番組「笑いが無理なら体張れ」(26日放送、深夜0時1分)のスタジオ収録中に、お笑いトリオ「ネルソンズ」の
    青山フォール勝ち(33)が全治8週間のけがを負ったことが19日、分かった。同日、TBSが発表した。

     同局によると事故が起こったのは今月15日、東京・砧スタジオで行われた収録で、ローションを塗ったターンテーブル上でジャンプし、
    上からつるされた賞金をキャッチする企画。青山がジャンプして着地した際、腕をひねり右肩を負傷。待機していた医師が応急処置をし、病院へ搬送。
    診察の結果、「右肩関節脱臼、右肩甲骨関節窩(かんせつか)骨折、全治8週間の見込み」と診断された。医師によると、患部を固定し、
    無理な体勢を取らなければ、仕事は可能とのことで、青山は翌16日から芸能活動を行っているという。

     青山は4歳からレスリングを始め、松江工では国体準優勝、東洋大では天皇杯で8強入り。元レスリング日本代表の経験も。和田まんじゅう(33)、
    岸健之助(36)とともに2010年に「ネルソンズ」を結成。16年に「青山久志」から「青山フォール勝ち」に改名した。TBSが主催する
    キングオブコントは2017年、18年と準決勝に進出し、21日に決勝が行われる今年の大会でも3年連続で準決勝に進出している。

     「笑いが無理なら体張れ」は従来のネタ番組に体を張るアトラクションの要素を融合した番組で今年3月に放送。好評のため、第2弾として26日の放送が
    決まっていた。MCはバナナマン。バナナマンは過剰演出が発覚し、放送休止となっている同局系「消えた天才」(日曜・後8時)でもMCを務めている。

     TBSのコメントは以下の通り

     「青山さんご本人をはじめ、所属事務所ほか関係各所の皆様に大変ご迷惑をおかけしました。当番組の収録に当たっては、参加する方にヘルメットと、
    首・肘・膝の3か所にサポーターを着用していただき、怪我防止の対策をとっていました。また、事前のシミュレーションを9月8日、
    14日(収録前日)と2日かけて実施するなど、安全面には注意を払っておりましたが、青山さんが怪我をされたことについては大変申し訳なく
    思っております。青山さんの一日も早いご回復をお祈りするとともに、今後番組制作上の安全管理をさらに徹底していく所存です」

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190919-00000058-sph-ent

    no title

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1568855465/

    この記事を読む

    1: Felis silvestris catus ★ 2019/09/18(水) 21:24:14.07 ID:MULXtzMS9
    https://anonymous-post.mobi/archives/13765
    菅義偉官房長官は18日の記者会見で、携帯電話会社に競争を促す改正電気通信事業法が10月に施行されるのを踏まえ、携帯料金について東京新聞の女性記者に「値下げが期待外れにみえる」と指摘されたのに対し「そういう考え方は期待外れだと思う」と反論した。政府高官は「これからどんどん下がっていく」と自信をのぞかせた。

    https://www.sankei.com/politics/news/190918/plt1909180021-n1.html


    (略)
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1568809454/

    この記事を読む

    1: 鴉 ★ 2019/09/18(水) 00:34:00.18 ID:CAP_USER




    WS000002

    引用元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1568734440/

    この記事を読む

    1: クロ ★ 2019/09/17(火) 07:56:24.59 ID:KMttnums9
    no title


     ▼1面参照

     14、15日に朝日新聞社が実施した全国世論調査(電話)で、日韓関係について尋ねた。韓国への好悪を聞くと、韓国を「好き」は13%、「嫌い」が29%、「どちらでもない」が56%だった。18~29歳は「好き」が23%で、「嫌い」より多い。「嫌い」は、高い年齢層に多い傾向がみられ、70歳以…

    朝日新聞
    2019年9月17日5時0分
    https://www.asahi.com/articles/DA3S14181201.html

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1568674584/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング