じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    マスコミ・メディア

    スポンサーリンク

    1: (^ェ^) ★ 2019/08/12 18:46:29 ID:Twitter






    引用元:https://twitter.com/maruyamahodaka/status/1160850029076074497

    この記事を読む

    1: Felis silvestris catus ★ 2019/08/10(土) 14:10:12.62 ID:gqv/PxkP9
    森友問題、全員不起訴なぜ 検察「刑事罰の適用に限界」

     森友学園への国有地売却や財務省関連文書の改ざんなどをめぐる問題で、当時の財務省幹部ら10人は再び不起訴となった。
    大阪地検特捜部の再捜査で浮かび上がったのは、確実な有罪判決を求める検察の捜査と、問題を追及してきた市民感覚とのずれだ。
    一連の問題は大きな謎を残したまま、捜査を終えた。

     「検察審査会の指摘をふまえ、必要かつ十分な捜査をしたが、いずれについても起訴するに足りる証拠を収集することができなかった」

     9日午後4時、大阪地検が入る大阪中之島合同庁舎(大阪市福島区)16階の特捜部長室。
    小橋常和部長は集まった報道陣に撮影や録音を禁じたうえで、不起訴にしたことと、その理由を短く語った。
    その後、各社の記者と個別に面会する時間を設けた。
    詳しい理由を尋ねる朝日新聞の記者の取材に、「お答えを差し控えたい」と繰り返した。

    https://www.asahi.com/articles/ASM895J6HM89PTIL01W.html  

    スクリーンショット 2019-08-10 15.37.39

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1565413812/

    この記事を読む

    1: アンドロメダ ★ 2019/08/10(土) 12:04:53.32 ID:rC1b6v0B9
    NHKは9日夜、総合テレビで、受信料制度への理解を求める異例の番組を3分間にわたって放送した。
    NHK広報局によると、視聴者から受信料制度に関する問い合わせが相次いでいることなどを受けた対応で、7月の参院選で議席を獲得した「NHKから国民を守る党」の立花孝志党首の発言に関するものも含むという。

    同じ番組を10日と11日にも放送する。
    この日は午後8時42分から放送し、NHKの松原洋一理事が出演。受信料制度は放送法と放送受信規約で定められていることや、2017年には最高裁で受信料制度が合憲だと判断されたことなどを紹介した上で、「ルールを守り、きちんと受信料をお支払いいただいている方が不公平とお感じになることのないよう、NHKは引き続き受信料制度の意義や公共放送の役割を丁寧に説明し、公平に受信料をお支払いいただくよう努めてまいります」などと述べた。

    立花氏は8日に東京都内で開いた記者会見で、「受信契約は国会議員が決めた法律なので守るが、支払いは国会で決めていない」と主張。
    受信料の支払率が約8割であることを根拠に、受信料の8割分の支払いが合理的だと説明した。その上で差額の2割分の支払い義務はないとして、債務不存在を確認するため東京地裁に提訴する意向を示していた。

    no title

    https://news.livedoor.com/article/detail/16907230/


    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1565406293/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2019/08/09 09:26:58 ID:Twitter




    参考


    引用元:https://twitter.com/SekoHiroshige/status/1159622059212677120


    この記事を読む

    1: Hikaru ★ 2019/08/07(水) 09:15:00.46 ID:GTYHBdk29
    オスプレイか 県内2機飛行 全県で目撃情報9件
    信濃毎日新聞 2019/08/07
    https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20190807/KT190806FTI090048000.php

     6日午後4時台に、県内各地で米軍輸送機オスプレイとみられる機体2機が目撃された。
    県危機管理防災課には南は上伊那郡宮田村、北は中野市まで計9件の目撃情報が寄せられた。
    同課は防衛省北関東防衛局(さいたま市)、自衛隊長野地方協力本部(長野市)に機体の照会をした。

     県や市町村、信濃毎日新聞に寄せられた情報のうち、目撃時刻が分かっている中で最も早いのは小県郡長和町で午後4時12分ごろ。上田市では同15分前後、中野市では同20分ごろに見たという情報がある。
    宮田村では同50分ごろに目撃された。

     宮田村役場では複数の職員が目撃。1階の窓から確認した総務課の男性職員は
    「2機ともプロペラが回転していた。『ドォー』と雷のような音が響き、体に振動が伝わってきた」。
    役場上空を通過し、南東の駒ケ根市東伊那方面に向かったという。
    村民からの情報は夕方時点で寄せられていないが「不気味な気分がする」と驚いた様子で話した。

     長和町では、茅野市方面から上田市方面へ向かう2機が見えた。
    高度は不明だが、両翼のプロペラがはっきり確認でき、1機は小さく旋回した。
    役場庁舎内でも複数の職員が機体を見た。

     上田市危機管理防災課には住民から目撃情報が4件寄せられた。全て2機が南から北へ向かったとの内容。
    「防災ヘリが飛ぶ高度よりも低かった」と低空飛行の情報があった他、「家が振動した」「テレビが聞こえなかった」との声もあったという。

     県危機管理防災課に寄せられた目撃情報の場所は宮田村、長和町、上田市の他、伊那市、諏訪郡原村、中野市、上信越道須坂長野東インター(須坂市)付近の上空。
    9件のうち6件は「オスプレイとみられる」との内容だった。

     防衛省北関東防衛局は「米軍側の運用なので把握していない」としている。

    no title

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1565136900/

    この記事を読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/08/07(水) 09:42:51.36 ID:lz0vG66R9
    8/7(水) 8:51配信
     7日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)では、愛知県で1日より開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、慰安婦問題を象徴する少女像などが展示された企画展「表現の不自由展・その後」が、抗議や脅迫のファクスが届いたとして3日限りで展示中止を決めたことを特集した。

     コメンテーターとして出演の同局の玉川徹氏は、まず「先進国として恥ずかしい。その一言に尽きます」と怒りの表情でコメント。その上で「作品自体より背景にあるもの含めて芸術的価値を求めるのもしれないが、背景とか別にしての芸術的価値というものがあると思う」と続けた。

     さらに「たとえば、ピカソの『ゲルニカ』という作品はドイツ軍の爆撃への抗議として描かれたという背景があって、当時だったら、ドイツの人に受け入れられるということはなかったと思う、でも、今ではピカソの代表作になっていて、ドイツの人も芸術的価値を認めると思う。今回、問題になった『平和の少女像』の背景にあるヘイトや憎悪とは別にして、その像を見れば感じられるのではないか」と問題提起。「ヘイトみたいなもので芸術祭自体が潰されてしまうのは恥ずべきことと思います」と訴えていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190807-00000022-sph-ent  


    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1565138571/

    この記事を読む

    1: Felis silvestris catus ★ 2019/08/06(火) 18:06:00.32 ID:3L10tYrZ9
    https://snjpn.net/archives/149667
    (社説)あいち企画展 中止招いた社会の病理

    ▼記事によると…

    ・人々が意見をぶつけ合い、社会をより良いものにしていく。その営みを根底で支える「表現の自由」が大きく傷つけられた。深刻な事態である。

    ・気に入らない言論や作品に対し、表現者にとどまらず周囲にまで攻撃の矛先を向け、封殺しようとする動きが近年相次ぐ。今回はさらに、政治家による露骨な介入が加わった。

    ・菅官房長官や柴山昌彦文部科学相も、芸術祭への助成の見直しを示唆する発言をした。共通するのは「公的施設を使い、公金を受け取るのであれば、行政の意に沿わぬ表現をするべきではない」という発想である。

    明らかな間違いだ。税金は今の政治や社会のあり方に疑問を抱いている人も納める。そうした層も含む様々なニーズをくみ取り、社会の土台を整備・運営するために使われるものだ。

    ・まして問題とされたのは、多数決で当否を論じることのできない表現活動である。行政には、選任した芸術監督の裁量に判断を委ね、多様性を保障することに最大限の配慮をすることが求められる。その逆をゆく市長らの言動は、萎縮を招き、社会の活力を失わせるだけだ。

    2019年8月6日05時00分
    https://www.asahi.com/articles/DA3S14128795.html

    no title

    (略)

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1565082360/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング