じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    マスコミ・メディア

    スポンサーリンク

    1: 幸・災・楽・禍 ★ 2017/01/31(火) 11:25:45.59 ID:CAP_USER9
     マイナビは1月30日、「マイナビウーマン」に掲載した記事「意味わかんない!『社会人としてありえない』有休取得の理由7つ!」と、「男性に聞いた! 女性が『生理休暇をとる』のはアリ?」をそれぞれ削除したと発表した。「法的趣旨を誤解させる表現があり、内容が不適切と判断した」としている。

    no title


    全文はソースで
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1701/31/news078.html

    27: 名無しさん@1周年 2017/01/31(火) 11:38:22.16 ID:OG6zfN0e0
    有給休暇の記事は27日に掲載。有休取得の「あり得ない」理由として、
    (1)寝坊したから
    (2)二日酔いがヒドいから
    (3)やる気が出ないから
    (4)彼氏と大ゲンカしたから、振られたから
    (5)体が痛いから
    (6)天気が悪いから――
    の6つを挙げて「ずる休みと変わらない」などと批判し、
    「有休は働く人の権利だが、常識ある使い方をしたい」と結んでいた。

     

    引用元:http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1485829545/

    この記事を読む

    1: nita ★ 2017/01/30(月) 07:07:15.10 ID:CAP_USER9
     原発事故で避難している横浜市の中学生が、いじめに遭っていたことが発覚したのは昨年11月。言語道断の話だが、“反原発”を社論とする朝日新聞は、その後も熱心にこの類の話を報じている。ところが、12月13日の夕刊で女性記者がスクープした「原発いじめ」の記事は、悪評ふんぷんなのだ。

     ***

     件(くだん)の記事のタイトルは、〈中学でおごり要求〉。東京・千代田区の区立中学で福島から自主避難している生徒が、同学年の3人にいじめられていたというものだ。記事をざっと要約すると──。

     まず、11月下旬、母親が子どもの鞄に大量のごみを発見。いじめに気付き、学校に申告した。一昨年夏頃から「避難者」と呼ばれ、「避難者とバラすぞ」と脅された。結果、3人の生徒にお菓子など約1万円分をおごらされ、教科書やノートもなくなったという。

     もっとも、学校や千代田区教育委員会は、この記事に困惑するばかりだ。被害者とされる生徒を仮にAさんとする。同区教委の担当者が言う。

    「Aさんの保護者から学校に相談があったのは11月21日。そこで、Aさん及び関係しているとされる15人の生徒に聞き取りを行った。結果、Aさんが約1万円をおごったのは事実でした。ただ、Aさんと他の生徒の間で証言には大きな食い違いがあって、一方的にAさんがおごったというより、“おごりおごられの関係”だったと判断されました」

     原発避難者であることを理由に誹謗中傷されたとの点も、15人全員が否定。教科書に関しては、Aさんの記憶が曖昧でいつどこでなくなったかがはっきりせず、調査できなかったという。

    「これ以上調査を行うと、Aさんが原発避難者であるのを広めることにもなりかねず、逆効果と考えた。Aさんも学校が、皆が仲良くできる環境を作ってくれればそれで良いと言っていた。そこで、保護者も納得の上、11月末で調査を終了。ところが、12月13日に件の記事が掲載されたのです」(同)

    ■仲良くやっています

     女性記者は、筋金入りの反原発記者として知られる。彼女は12月に学校と区教委を取材したが、学校関係者は、

    「学校側は、おごりおごられという関係の中で、Aさんが1万円おごったこと、あとは調査中と答えたそうです。すると彼女は強い口調で“これは文科省の定義ではいじめですよね”と高圧的な態度で何度も迫った。朝日の記事には、保護者が子どもの鞄にごみを発見しいじめに気付いた、とある。ですが、保護者はこちらの聞き取りに、自分の財布からお金が抜き取られていることに気付き、子どもを問いつめ、いじめられていることが分かったと説明しています。この点の確認取材も一切、ありません」

     12月16日、母親の代理人が区教委を訪れた際も、

    「記事を書いた記者が同行。許可もなく庁舎内で動画を撮影していた。取材手法に問題ありです」(同)

     これでは、反原発の朝日の記者が、充分な裏付けを取らず、強引に記事を書いたと言われても仕方あるまい。

     朝日新聞広報部に聞くと、

    「ご質問の前提となっている事実関係が大きく異なりますので、ご確認ください」

     と答え、問題なしとの認識。朝日の報道を受け、区教委は、この件を第三者委員会で調査中だ。とはいえ、

    「Aさんと、名指しされた3人の生徒は今も仲良くやっています」(先の関係者)

     朝日の記事が、子どもたちの仲を引き裂かなかったことが唯一の救いである。

    ワイド特集「秘せずは花なるべからず」より

    「週刊新潮」2017年1月26日号 掲載

    35


    デイリー新潮 1/30(月) 5:58配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170130-00517089-shincho-soci

    引用元:http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1485727635/

    この記事を読む

    1: 鴉 ★ 2017/01/28(土) 13:22:37.89 ID:CAP_USER

    小川Verified account@pinpinkiri
    これはbuzzfeedのグッドジョブ。それにしても噓ニュースでもうけようという恐ろしい発想に愕然とする。トランプ就任式の人出の多寡をめぐる噓ニュースも日本で多くの人が信じてしまった。
    噓を言うのは簡単だが、噓を突き止めるのは大変だ。


    ■参考
    韓国デマサイトは広告収入が目的 運営者が語った手法「ヘイト記事は拡散する」
    https://www.buzzfeed.com/kotahatachi/korean-news-xyz-2?utm_term=.eckZwQQn6#.twakR440W 
    悪質デマサイト「大韓民国民間報道」


    25


    毎日デイリーニューズWaiWai問題(まいにちデイリーニューズワイワイもんだい)とは
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%8E%E6%97%A5%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BAWaiWai%E5%95%8F%E9%A1%8C 

    毎日新聞社の英語報道メディア Mainichi Daily News(「毎日デイリーニューズ」; 以下「MDN」)で、日刊紙時代の1989年(平成元年)10月に連載が始まり、2001年(平成13年)春の公式サイト移行時にも継承されたコラム「WaiWai」において、低俗な内容、誇張や虚構に基づく内容の記事が掲載・配信された問題である。
    2008年(平成20年)に表面化し、同コラムの閉鎖、担当記者や上司の昇進、公式ウェブサイト配信分に関する「毎日新聞社社内調査結果の公表」などに発展した。

     

    引用元:http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1485577357/

    この記事を読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/01/25(水)16:53:18 ID:???
    「安倍支持率67%」は"豊洲汚染"以上の数値だ!
    2017年2月 5日号
    牧太郎の青い空白い雲 605 

    (略)

    「豊洲」より不可解な数値が発表された。
     トランプ新大統領誕生の大騒ぎで、「隠れたニュース」になってしまった「安倍内閣の支持率」も奇怪な数値だった。
    16日発表のJNN世論調査で、安倍内閣の支持率は前の月より6ポイントも上がって67%、不支持率は前の月より
    5・1ポイント下がって31・5%。支持率が67%を超えたのは、2013年11月以来である。
    日本人の「3分の2」が安倍さんを支持している!ということなのか?
     先々週、このコラムで「今年も安倍首相でいいのか?」と問題提起した安倍批判組の当方から見ると、
    「改ざん」された数値ではないか?とうたぐりたくなる。
     しかも「政策に期待できる」と答えた人が6ポイント増えて22%である。これまでは(政策は良くないけど)
    「他に適当な人物がいないから」という消極的支持が多かったのだが......。
     何かが起こっている!(断っておくが、安倍内閣に是々非々の立場のJNN系だから「改ざん」はあり得ない)
        ×  ×  ×
     多分、原因はトランプ現象にあるのだろう。「トランプなるもの」をとりあえず日本人は否定する。
    この世論調査の別の設問「アメリカの次期大統領にトランプ氏が就任することで世界情勢がどうなっていくか?」
    に56%が「悪くなる」と答え、次いで「変わらない」が29%、「良くなる」は4%しかいなかった。
    つまり、大多数の日本人が「トランプは最低の政治家」と見ているのだろう。トランプ氏と比べれば......安倍さんはマシなのだ。

    続き サンデー毎日
    http://mainichibooks.com/sundaymainichi/column/2017/02/05/post-1385.html

    no title


    引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1485330798/

    この記事を読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/01/24(火) 00:55:03.69 ID:CAP_USER
     以前、SMAPへのメッセージ広告が掲載された東京新聞の広告「TOKTOK伝言板」。今週は、韓国のアイドルグループ、2PMのテギョンのソロデビューを祝うメッセージが3面にわたりびっしり掲載された。メールやネットに書き込める時代に、あえて新聞広告を選ぶマインドの理由をいずれ探りたい。 (業界ウォッチャーX)

    http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20170123/enn1701231130005-n1.htm

    no title

    引用元:http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1485186903/

    この記事を読む

    1: 鴉 ★ [AR] 2017/01/20(金) 16:39:30.90 ID:CAP_USER9
     ♯みんなみんな東芝……はいまは昔。あれを売りこれも売り。あちらを削りこちらも削り。原発のくびきが重く。
        ☆
     みんなやっていたのか。どうりで早手回しに決まった次官の辞任。文科省の組織的天下りは前局長だけではなく。
        ☆
     みんな持ってるもん、は子どものおねだり。共謀罪の新設は2国だけ。ましてこれなしに五輪は開けないなどと。

    http://www.asahi.com/sp/articles/DA3S12757404.html 

    no title
     

    引用元:http://shiba.2ch.sc/test/read.cgi/editorialplus/1484897970/

    この記事を読む

    1: クロイツラス(愛媛県) [RO] 2017/01/20(金) 02:04:27.28 ID:2qb7AGBQ0 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    政府やメディアへの信頼感、世界各国で低下=調査

    [ダボス(スイス) 16日 ロイター] -
    17日に始まる世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)に合わせて調査会社エデルマンが発表した2016年の年次調査で、政府や企業、メディアに対する信頼感が低下したという結果が出た。

    「トラストバロメーター」というこの調査は、28カ国の3万3000人を対象に昨年10月13日から約1カ月間かけて行われた。

    政府とメディアに対する信頼度はそれぞれ41%と43%で、報道機関への信頼度が前年比で大きく低下した。

    企業への信頼感は52%だったが、独自動車大手フォルクスワーゲン(VOWG_p.DE)の排ガス不正問題や韓国サムスン電子のスマートフォン発火問題などの不祥事を受け、こちらも低下した。

    企業の最高経営責任者(CEO)に対する信頼感はすべての国で低下。日本は18%と低く、ドイツが28%、米国は38%だった。

    政府への信頼感は14カ国で低下。ズマ大統領の汚職疑惑が浮上した南アフリカが15%と最低を記録。一方、習近平国家主席が今年初めてダボス会議に参加する中国は76%で最高となった。

    昨年は米大統領選や英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる国民投票などで主流派が敗れる結果が相次いだほか、
    オックスフォード辞典が「post-truth」(世論形成において客観的事実より感情などが重視される意味)を「今年の単語」に選んでいる。

    http://jp.reuters.com/article/davos-meeting-trust-idJPKBN1500FT


    2017 EDELMAN TRUST BAROMETER
    no title


    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1484845467/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング