じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    マスコミ・メディア

    スポンサーリンク

    1: 稲妻レッグラリアット(dion軍)@\(^o^)/ 2015/10/24(土) 12:36:06.30 ID:2aPNUf+y0●.net BE:448218991-PLT(14145) ポイント特典
    NHK受信料の義務化、有識者検討会で議論へ
    2015年10月24日 10時09分

     総務省は23日、NHK受信料の問題など、放送を巡る課題を議論する有識者検討会の初会合を11月2日に開くと発表した。

     自民党の小委員会が9月、NHK受信料の支払い義務化を検討するよう求める提言をまとめており、検討会も義務化の是非を含め、受信料の公平な負担のあり方を議論する。
    来年6月をめどに結論をまとめる。

    img_0


    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20151024-OYT1T50009.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1445657766/

    この記事を読む

    1: ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★ 2015/10/16(金) 22:05:28.90 ID:iB3EL00i*.net BE:348439423-PLT(13557)
    インターネットの質問投稿サイトで、興味深いやりとりを見つけました。

    投稿主の問いは「日本のメディアに左翼が多いのは何故ですか?」
    というものですが、この質問のベストアンサーに選ばれた内容が簡潔にまとめてあって、とても分かりやすかったので紹介いたします。

    《発端は、戦後の公職追放です。日本を占領したGHQは戦争の指導者を追放するという理由で、あらゆる業界から一定以上の役職にいた人間を職場から追放しました。その空いた席に入り込んできたのが、戦前戦中の反体制派だった「左翼」なのです。GHQは戦後統治の一環として、
    先の大戦は日本が悪い日本人が悪いという意識を植え付けるために、マスコミや教育界を利用しましたが、この2つの業界が予想以上に拡大してしまったのです》


    GHQ2


    *+*+ 産経ニュース +*+*
    http://www.sankei.com/column/news/151012/clm1510120006-n1.html

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1445000728/

    この記事を読む

    1: ウエスタンラリアット(北海道)@\(^o^)/ 2015/10/16(金) 13:39:49.06 ID:o1jwbid50.net BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    [古森義久]【朝日新聞“素粒子”、日本政府を激しく非難】~ユネスコへの抗議に対しあてこすり~

    朝日新聞の特徴について「朝日新聞はなぜここまで中国を擁護するのだろうか――」という書き出しで始まる報告を私はこのコラムの今年8月30日付に書いた。

    中国側の天皇陛下への謝罪の要求に関する朝日新聞の記事がいかにも中国側をかばう姿勢に満ちていたからだ。もちろん客観報道の規範に背を向ける特徴だった。

    この私の考察はやはり正しかったのだと朝日新聞の10月14日夕刊をみて、感じさせられた。一面コラム「素粒子」の記述だった。もっともこのコラムは客観性を建前にせよ、求められるニュース記事ではないが、朝日新聞の中国への一貫した姿勢を嫌でも痛感させる強烈な「親中」の記述だった。そしてつい「反日」という言葉を連想させる、わが日本国政府への激しい非難が込められているのだ。

    素粒子の記述は以下だった。

    「ユニセフと並んでカタカナで書ける。日本と縁の深いユネスコ。といって金で言うことを聞けという旦那気取り」

    さて以上の記述はもちろんユネスコ(国連教育科学文化機関)が「南京大虐殺の文書」を世界記憶遺産に登録したことへの日本政府の反応を論じていた。
    日本政府や自民党ではこのユネスコの措置を「史実に反する中国の一方的主張だけを受け入れた」として抗議した。その抗議のなかには日本政府が将来、ユネスコへの巨額の分担金や拠出金の支払いを停止するという案も入っていた。

    このことをあてこすって、日本側を批判する朝日新聞の「素粒子」の「金で言うことを聞けという旦那気取り」という記述は明らかに以下の立場をとっている。
    (1)日本がユネスコに資金の支払い停止を示唆することはけしからん。
     (2)日本がユネスコの「南京大虐殺」登録に抗議することはけしからん。
     (3)ユネスコの「南京大虐殺」登録は正しかった。
     (4)「南京大虐殺」登録を申請した中国の主張は正しい。 
     (5)ユネスコの世界記憶遺産登録への反応は中国が正しく、日本が間違っている。

    以上を総括すると、やはり私の思考はブーメランのように冒頭の「朝日新聞はなぜここまで中国を擁護するのだろうか――」という疑問へと着地するのである。

    1


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151016-00010000-jindepth-cn

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1444970389/

    この記事を読む

    1: リバースパワースラム(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/10/16(金) 15:09:05.27 ID:BFFxVNNn0●.net BE:937623412-PLT(16000) ポイント特典
    「偏ってますが、なにか」カナロコ・オピニオン 論を興し民主主義を体現する存在に

    カナロコ by 神奈川新聞 10月16日(金)10時58分配信

     本紙論説・特報面の「時代の正体」シリーズについて、記事が偏っているという批判が寄せられる。
    それには「ええ、偏っています」と答えるほかない。

     偏っているという受け止めが考えやスタンスの差異からくるのなら、私とあなたは別人で、考えやスタンスが同じでない以上、私が書いた記事が偏って感じられても何ら不思議ではない。つまり、すべての記事は誰かにとって偏っているということになる。

     あるいは、やり玉に挙げられるのは安倍政権に批判的な記事だから、政権の悪口ばかり書くなということなのかもしれない。

     これにも「でも、それが仕事ですから」としか答えようがない。権力批判はジャーナリズムの役割の一つだからだ。それは先の大戦で新聞が軍部や政権の片棒を担ぎ、非道で無謀な侵略と戦争を正当化し、美化した反省に基づくものでもある。

     そして私たちはいま、権力の暴走を目の前で見せつけられるという歴史的瞬間のただ中にある。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151016-00004511-kana-l14
    2: リバースパワースラム(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/10/16(金) 15:09:54.54 ID:BFFxVNNn0.net BE:937623412-PLT(15000)
    >>1
     シリーズを始めたのは2014年7月15日、安倍晋三内閣が集団的自衛権の行使を容認する閣議決定に踏み切った2週間後のことだ。

     憲法上許されないとされてきたものが、解釈をひっくり返すことでできるようになる。憲法という権力に対する縛りを為政者自らが振りほどき、意のままに振る舞うさまは暴走の2文字がふさわしかった。

     権力の暴走はしかし、歯止めになり得なかったジャーナリズムの存在意義を問うてもいた。
    私たちは何を見落とし、何を書き逃してきたのか。「時代の正体」なる大仰なタイトルはその実、時代を見通す目を持ち得なかった自分たちのふがいなさの裏返しにほかならず、遅ればせながらの再出発をそこに誓ったつもりだった。

     暴走はいま、加速し、拡大の気配さえみせる。

     政権に不都合な報道をするマスコミを懲らしめるべきだと与党議員が息巻く。安全保障関連法を強行採決によって成立させる。果ては国会前で抗議デモを続けてきた大学生に殺害予告が届く。
    それは異論を封じ込め、排除する風潮が政治によって醸成、助長された帰結であるに違いなかった。

     言論の幅が狭まれば民主主義は根元から揺らぐ。そうであるなら、私たちが直面しているのは、新聞記者である以前に社会を構成する一員としてどのように行動するのかという問題であるはずだ。
    4: リバースパワースラム(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/10/16(金) 15:10:21.73 ID:BFFxVNNn0.net BE:937623412-PLT(15000)
    >>2
     民主主義の要諦は多様性にある。一人一人、望むままの生き方が保障されるには、それぞれが違っていてよい、違っているからこそよいという価値観が保たれていなければならない。それにはまず自らが多様なうちの一人でいることだ。

     だから空気など読まない。忖度(そんたく)しない。おもねらない。孤立を恐れず、むしろ誇る。
    偏っているという批判に「ええ、偏っていますが、何か」と答える。そして、私が偏っていることが結果的に、あなたが誰かを偏っていると批判する権利を守ることになるんですよ、と言い添える。

     ほかの誰のものでもない自らの言葉で絶えず論を興し、そうして民主主義を体現する存在として新聞はありたい。

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1444975745/

    この記事を読む

    1: のっぺらー ★ 2015/10/12(月) 20:53:18.47 ID:???*.net
    愛知県警豊田署は12日、同県豊田市花園町塩倉、中日新聞若園専売所長、高橋勝己容疑者(62)を信用毀損(きそん)の疑いで逮捕したと発表した。
    容疑は、高橋容疑者は同日午前4時10分ごろ、同市中根町小根崎の民家の郵便受けから読売新聞を抜き、チラシ抜きの読売新聞に取り換え、信用を毀損したとしている。
    容疑を認めているという。

    同署によると、読売新聞専売店から11日、8月ごろからチラシが抜かれているようだと相談があり、同署員が張り込み捜査していたところ、高橋容疑者が現れ取り換えた。
    窃盗容疑で現行犯逮捕し、その後信用毀損に切り替えた。

    取り換えた新聞はコンビニで購入していた。
    高橋容疑者は「中日新聞の売り上げを上げたかった」と話しているといい、同署は、チラシを抜いた民家にセールスをかけたのではないかとみている。

    中日新聞社は、
    「取引先の販売店主が事件を引き起こしたことをおわび申し上げます。
     事実を確認したうえで、厳正に対処いたします」との販売局のコメントを出した。

    毎日新聞 2015年10月12日 20時26分
    http://mainichi.jp/select/news/20151013k0000m040017000c.html 

     111454

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1444650798/

    この記事を読む

    1: 6564億円◆o8vqQW81IE 2015/10/09(金)17:22:30 ID:???
     「1億さん」は大変だ。かつては「一心」「火の玉」となって戦場に駆り立てられ、
    敗色濃厚になると「総特攻」「総玉砕」。愚かな指導者に無理心中させられそうになった

    ▼国破れて「総懺悔(ざんげ)」あり。
    戦争責任は曖昧に。混乱と貧窮の時代の中で、勤勉な1億さんは一生懸命働いた。
    焦土から経済大国へ奇跡の復興。1億さんの暮らしにも多少余裕が生まれ、「総中流」を感じることができた
    ▼テレビが娯楽の中心だったころ。
    低俗な番組ばかり見ていると、想像力や思考力が低下し「総白痴(はくち)化」すると叱られた。
    1億さんの財布の中身まで国が管理できるよう「総背番号」を付けろ、とも言われた。
    片仮名の名前に変わって、個人への番号通知作業が始まった
    ▼今度は「総活躍」である。第3次安倍改造内閣が発足した。スローガンは「1億総活躍社会の実現」。
    あらためて「活躍せよ」とハッパを掛けられても、別にサボっているわけではないのに、と戸惑う1億さんだ
    ▼そもそも活躍しているのか否かを誰が判断するのか。国や政権に貢献することが活躍なのか。
    高齢者も子どもも主婦もみんな働かなければ日本が立ちゆかないと言うのなら、正直に「総動員」とすればいい

    logo


    2015/10/09付 西日本新聞朝刊
    http://www.nishinippon.co.jp/nnp/syunzyu/article/200110

    引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1444378950/

    この記事を読む

    1: 足4の字固め(宮城県)@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 20:09:16.97 ID:vBH7wU8P0●.net BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典
    「天声人語」

    違和感という言葉は、なるべく使いたくない。辞書には、なんともいえない嫌な気分、しっくりしない感じ、などとある。何かを批判する時に「違和感がある」と言うと、もっともらしく聞こえるが、言われた方は具体的にどうすればいいかわからない▼

    とはいえ明確な言葉がすぐに出てこない時には便利である。「1億総活躍」社会と聞いて直ちに感じたのは、まさに違和感だった。安倍首相が新たに掲げた目標だ。一人ひとりが職場や地域でもっと活躍できる社会を目指すという。1億総活躍プランを作り、担当相も置く▼

    類似の言い方を思い出す人は多いだろう。敗戦直後の「1億総懺悔(ざんげ)」、近いところでは「1億総中流化」。
    こうした表現ぶりは、大げさで大雑把だが、耳には入りやすい▼

    違和感の出どころの一つは活躍という言葉だと思う。めざましく活動すること。だが、活躍できない人、活躍したいと思わない人も社会にはいる。「総」の中に入れない人、入りたくない人には息苦しく感じられる標語ではないか▼

    もう一つ。活躍しているか否かには、「女性が輝く」か否かと同様、客観的な指標がない。「所得倍増」のような政策目標なら数値ではっきり結果が出る。掲げるには歴史の審判を受ける覚悟もいる。総活躍は、その覚悟に裏打ちされているのか▼

    「総」は「個」の対極にある。総活躍は、個々の国民を一くくりにして上から号令をかけているかのようにも聞こえる。
    「総動員」の語は連想したくないけれど。


    1


    http://www.asahi.com/articles/ASH9Z35GNH9ZUSPT001.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1443697756/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング