じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    マスコミ・メディア

    スポンサーリンク

    1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/01/19(木) 13:06:30.48 ID:CAP_USER
    ■機動隊の訓練 市民敵視の発想ないか

    市民の抗議活動を潜在的に危険なものとみなすことは、表現の自由の抑圧につながる危うさをはらむ。見過ごすことができない。

    県警の年頭出動訓練で、機動隊が暴徒の制圧訓練を公開で実施した。重要防護施設の前で反対運動をしていた集団が暴徒化した、との想定である。

    放送でそれを告知した後、鉄パイプなどを持った暴徒役の警察官を機動隊員が盾で取り押さえて逮捕した。暴徒役が爆発物を仕掛ける場面もあった。

    市民の抗議行動が暴徒化することを前提にした訓練ではないか、と疑問視する声が上がっている。県警は過去の事例を基にしたと説明するものの、どんな事例か、具体的に挙げてはいない。

    「あくまでも暴徒から施設を守るための訓練」だという。ならば、反対運動が暴徒化する想定をなぜ持ち出したのか。

    市民による反対運動や抗議活動への否定的な見方を社会に広げ、デモや集会への参加をためらわせることにもなりかねない。運動の萎縮や分断を招くと批判が起こるのは当然だろう。

    表現の自由は民主主義の根幹を成す権利である。公共的な事柄に関して意見を表明する自由は、とりわけ尊重される必要がある。抗議の意思表示が公権力の圧力で妨げられてはならない。

    にもかかわらず、正当に権利を行使する市民の活動が敵視され、押さえ込まれようとしてはいないか。沖縄では、米軍基地に抗議する住民らが警察によって強制排除されている現実がある。

    米軍北部訓練場のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設現場近くで座り込んでいた人たちが、機動隊員に手足をつかまれてごぼう抜きされ、多くのけが人が出た。逮捕される人も相次いだ。

    「ぼけ、土人が」「黙れ、シナ人」―。県外から警備に動員され、差別意識や敵意をあらわに暴言を浴びせた機動隊員もいた。

    一方では、市民への監視強化につながりかねない法整備が次々と進みつつある。通信傍受法の改定で、捜査機関による傍受(盗聴)は縛りが大幅に緩んだ。

    謀議を処罰対象にする「共謀罪」法案も再び浮上している。国の方針に異を唱える市民の活動が標的にされる懸念がある。

    特定秘密保護法に反対するデモを自民党幹部がテロ行為と同列視して批判したことを思い起こす。一つ一つの動きが底流でつながり合っていないか。注意深く見ていかなくてはならない。

    no title


    ソース:信濃毎日新聞 1月19日
    http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20170119/KT170118ETI090004000.php

    引用元:http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1484798790/

    この記事を読む

    1: 影のたけし軍団 ★ 2017/01/18(水) 12:34:54.61 ID:CAP_USER9
    ホンマかいな? と首をかしげたくなる奇っ怪な数字だ。

    JNNが14、15両日に行った世論調査で、安倍内閣の支持率が前月から6ポイントも上がって67%になったという。
    不支持率は5.1ポイント下がって31.5%だった。

    政党支持率でも、自民党は先月より4.2ポイント増の38.7%。
    その分、民進党、公明党、共産党、日本維新の会、社民党の支持率が下がった。

    「参議院のドン」と呼ばれた自民党の青木幹雄元参院議員会長が編み出した「青木率」によれば、内閣支持率と与党支持率の合計値が50%を下回ると政権崩壊が近いとされるが、今回のJNNの調査結果のように合計が100%を上回った場合、政権は安泰で無敵の状態になる。

    67%といえば、民意の3分の2にあたる。この数字が本当なら、国会も、国民世論も、安倍政権は3分の2を押さえたことになるが、一体どこが支持されているのか。

    安倍内閣を「支持する」理由を見てみると、多い順に「安倍総理に期待できる」が32%、
    「特に理由はない」が27%、「政策に期待できる」が22%で、これには言葉を失ってしまう。

    「期待できる」って、これまで安倍首相がひとつでも国民にプラスになることをしたか?
    この1カ月を思い返してみても、外交ではロシアのプーチン大統領には3000億円の経済援助を食い逃げされ、真珠湾訪問は何の意味があったのか分からないし、今回の4カ国歴訪でもフィリピンに1兆円もの支援を約束したのを筆頭に、行く先々で気前よくバラまくしか能がない。その前に自国民の生活を何とかしろよという話なのだが、内政面でもアベノミクスは行き詰まり、トランプ効果による株価上昇に救われていることは周知の事実。まさか、有権者はカジノ解禁や共謀罪に期待できるとでもいうのだろうか。

    日刊ゲンダイ 2017年1月17日 立ち読み
    http://www.zasshi-online.com/Magazine/ProductDetail/SalesDate?code=2017-01-17&page=1&sort=1&dcode=Nikkan_Gendai_Kanto1170117&dpage=1
    no title

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/197688


    【世論調査】 安倍内閣支持率67%に上昇・・・TBS★6
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1484566862/

    引用元:http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1484710494/

    この記事を読む

    1: Egg ★ 2017/01/15(日) 12:25:52.48 ID:CAP_USER9
    15日放送の「サンデーモーニング」(TBS系)で、関口宏がネット世論に苦言めいた発言を漏らした。

    番組では、米国次期大統領のドナルド・トランプ氏が記者会見の席上、大手メディアと対立している話題を取り上げ、出演者が意見を交わした。

    その中で、津田塾大学教授の萱野稔人(かやの・としひこ)氏が「メディアも少し変わらなければいけないのかなという気がしています」と前置きした上で、米国メディアが「こんなひどい候補が大統領になるはずがない」という見込みで多くの事実を解釈した結果、トランプ氏の大統領当選を見誤ってしまったと指摘。

    萱野氏は続けて、大勢がメディアに対する不信感を持っていると語り、「権力を監視するメディアの役割って確かにあるんですけども、メディア自身が権力になってしまっているという。かなり先進国の多くの人にとっては、そちらの方がむしろ問題だと思われている状況も一つ深刻な状況として受け取るべき」だと持論を展開した。

    この話を受け、関口は真顔で「それに、ネットが輪をかけて引っ掻き回すって状況がこれからどんどん増えますからね」と、ネット世論が与える影響についても苦言めいた調子で指摘していた。

    2017年1月15日 11時30分 トピックニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12543727/ 


    47
     

    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1484450752/

    この記事を読む

    1: バックドロップホールド(茨城県)[CN] 2017/01/12(木) 07:22:14.17 ID:3IEEeTxw0 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    飲み会が多い年末年始は、1年で最も1万円札の福沢諭吉の顔に接する時期である。
    最高額紙幣のせいか、福沢がありがたく見える

    ▼歴史をひもとくと、福沢には二つの「顔」がある。
    近代日本の民主化を啓発した人物として評価される一方で、日本の西洋化を唱えた言論内容が「アジア蔑視」と批判されている
    ▼今の時代を生きる私たちが「偉人」に対する評価を活発に議論することは有意義である。この国の「顔」とも言える1万円札の人物なら、なおさらである。
    大切なのは今、「負」に見える部分をいかに克服するかだ

    ▼日本政府は慰安婦少女像設置を追認した韓国政府に対し、駐韓大使の一時帰国という強硬策に出た。
    韓国国内で日韓合意に強い反発があることや、慰安婦被害者の「無念」にも思いをはせる姿勢がほしい

    ▼転じて沖縄のオスプレイ墜落問題。日本政府は事故原因を検証しないまま訓練再開を認めた。
    「米国の言いなり」そのものだ。
    安倍晋三首相のハワイ真珠湾訪問には中国などから「戦争で深い傷を負ったアジア隣国無視」との批判もある。
    首相の対照的な対応は「現代版脱亜入欧」に映る


    ▼その犠牲を強いられてきた沖縄からは首相の異なる「顔」がよく見える。だが東京ではそこを突く議論が乏しい。
    東京ではあまり流通していない「平和希求紙幣」2千円札の守礼門が恋しくなる。

    no title


    http://ryukyushimpo.jp/column/entry-425780.html

    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1484173334/

    この記事を読む

    1: 動物園φ ★ 2017/01/11(水) 22:45:48.44 ID:CAP_USER
    上丸洋一@jomaruyan 1月8日
    首相は(あるいは、日本政府は)過去に背を向けて逃げよう、逃げようとしているようにみえる。
    しかし、そうすればするほど、過去はひたひたと追いかけてくる。過去を過去にするためには、
    過去と向き合い、過去に真摯に学ぶしかない。未来、未来と繰り返しても過去は消えない。
    https://twitter.com/jomaruyan/status/818063774150103040


    上丸洋一@jomaruyan 1月11日
    特定秘密保護法
    集団的自衛権行使容認
    戦争法
    武器輸出解禁
    「土人」容認
    カジノ法
    共謀罪
    どんな未来を志向しているのか!
    https://twitter.com/jomaruyan/status/819096603931734016


    上丸洋一@jomaruyan 1月11日
    どこやらの首相が共謀罪の成立なしに五輪は開けないと言ったとの由。
    なら五輪はいらない、という人がたくさんいるのではないか。
    戦時中は新聞社の中でも3人以上いる場所では警戒して本心をしゃべれなかった、
    とむのたけじさんが言っていたのを思い出す。
    https://twitter.com/jomaruyan/status/819169584695521280 

    WS000001
     

    2: 動物園φ ★ 2017/01/11(水) 22:46:13.88 ID:CAP_USER
    じょうまる・よういち。元高校球児。朝日新聞記者。
    連載「新聞と9条」担当。著書『新聞と憲法9条』(朝日)
    『諸君!正論の研究』(岩波)『原発とメディア』(朝日)、共著書『新聞と戦争』(同)など。
    https://twitter.com/jomaruyan

    引用元:http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1484142348/

    この記事を読む

    1: 動物園φ ★ 2017/01/08(日) 19:22:39.94 ID:CAP_USER
    冨永 格@tanutinn 1月6日
    「日本はすごいと吹聴するテレビ番組を見て悦に入ったり、
    ネット上に差別的な書き込みをして留飲を下げたりしている。
    少数派を差別することで多数派の側につくという競争が行われている。
    それしか自らを支えるものがないからです」と

    杉田敦・法大教授(朝日2面、長谷部恭男・早大教授との対談から)
    https://twitter.com/tanutinn/status/817159686554193920 

    関連

     

    2: 動物園φ ★ 2017/01/08(日) 19:23:07.01 ID:CAP_USER
    冨永 格 
    no title


    「天声人語」を6年間担当 
    http://www.asahi.com/shimbun/company/csr/journalism/topic2j.html

    引用元:http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1483870959/

    この記事を読む

    1: ■忍法帖【Lv=18,メイジキメラ,UJe】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/01/05(木)06:30:09 ID:Ue4

     文部科学省と総務省は全国の公立高校の図書館に新聞を4紙置けるよう、2017年度から自治体への新たな財政支援を始める。選挙権年齢の18歳への引き下げで、高校での主権者教育の重要性が高まる中、生徒が複数の新聞を活用して社会問題などを多面的に考える機会を増やす。

     両省は12年度から小中学校に新聞を1紙ずつ置くため、毎年15億円の地方財政措置を充ててきたが、高校は対象外だった。
    17年度から始める新たな「5カ年計画」ではこれを年30億円に倍増し、高校への4紙のほか、中学校分もこれまでの各校1紙から2紙に増やす。

     文科省の調査によると、16年3月時点の公立学校図書館への新聞配備率は、
    小学校が41.1%(平均1.3紙)
    中学校が37.7%(同1.7紙)
    高校が91.0%(同2.8紙)
    高校分は各教育委員会や学校が自主的に購読しているとみられる。

     学校図書館を巡っては財政難などで本の購入や更新が追いつかず、国が学級数などに応じて定める標準冊数を満たさない小学校が3割超、中学校が4割超を占める。
    5カ年計画ではこうした状況を改善するため、年220億円を充てることも決定。
    5年間の総額はこれまでの計1000億円から100億円増の1100億円となった。

    ◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
    日経 1月4日
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG28H6Y_U7A100C1CR0000/ 

    no title
     

    引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1483565407/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング