じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    マスコミ・メディア

    スポンサーリンク

    1: 断崖式ニードロップ(北海道) [RU] 2017/04/21(金) 21:59:16.38 ID:1AKszIYq0 BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    中川議員のがん闘病中の妻、テレビ取材に正座で謝罪…本人は女性問題発覚後、公の場に出ず
    2017年4月21日 14時30分

    スポーツ報知

     女性問題を理由に経済産業政務官を辞任し、自民党を離党した中川俊直衆院議員(46)=広島4区=の妻が、20日にフジテレビの取材に応じて謝罪した。21日の放送で同局の各番組で放送された。

     中川氏の妻は、がん闘病中ということで帽子にマスク姿でカメラの前で取材に応じた。
    そして「本当にこの度は主人の行為によって、大変ご迷惑をおかけしたことを心から主人共々お詫び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした」と正座をして頭を下げた。

     さらに「主人がしてしまったことに対して、連帯責任と言ったらおかしいですが、少なくとも私は主人の仕事の手伝いをしていることもあり、私ができるのはお詫びをすること」と語った。

     中川氏は騒動の発覚後、公の場に出ておらずフェイスブックで釈明したのみ。この日の離党届提出も代理人が行った。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12966100/

    no title

    no title 

    動画



    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1492779556/

    この記事を読む

    1: 動物園φ ★ 2017/04/18(火) 19:06:55.18 ID:CAP_USER
    素粒子
    2017年4月14日16時30分

     シリアと同じだと言いたいか。北朝鮮がミサイルにサリンを載せられると首相。だから何が欲しい、何がしたい。

        ☆

     核実験場で準備が進み、金正恩氏が特殊部隊を視察。米空母は到着を前倒し。互いに「歩」を一つずつ前に進め。

        ☆

     山より大きな猪(しし)は出ぬ。とはいえ大きな地震の後にさらに大きな本震が来ることもある。熊本地震の教訓忘れず。

    http://www.asahi.com/articles/DA3S12892102.html

    38: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2017/04/18(火) 19:14:31.90 ID:Sos973b6
    一応ソース確認してみたら
    本気でしたw

    no title


    引用元:http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1492510015/

    この記事を読む

    1: 閃光妖術(新疆ウイグル自治区) [US] 2017/04/12(水) 12:10:46.05 ID:JOrNRnWm0 BE:565421181-PLT(12000) ポイント特典
    北朝鮮と日本 軍事より対話の道描け


    米国と北朝鮮の軍事的な緊張が高まっている。
    トランプ米政権が原子力空母カールビンソンを朝鮮半島近海に向かわせた。

    問題は、あらゆる選択肢と言いながら、軍事力による示威ばかりが前面に出て、対話による外交努力が後景に退いていることだ。

    米国が対話を拒んだことが、結果として、北朝鮮の核・ミサイル開発を進展させた面もある。
    トランプ政権の体制が固まらない中で日本の役割は大きい。


     これまでの北朝鮮政策を振り返り、何がうまくいき、なぜ挫折したのか。その経験と教訓をふまえ、軍事に偏らない選択肢をトランプ政権に説く。
    それこそが、日本がいま果たすべき喫緊の使命だ。

    そんななか、安倍政権が米国の「力の誇示」を評価する姿勢を示していることに疑問を禁じ得ない。
    大事なのは、対話による危機回避の道筋を描くことだ。
    あらゆる場での日本の外交努力が問われている。

    http://www.asahi.com/paper/editorial.html 

     no title

    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1491966646/

    この記事を読む

    1: ネックハンギングツリー(岐阜県) [CN] 2017/04/12(水) 11:42:12.57 ID:IfG3Xefp0 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
    崔碩栄 @Che_SYoung
    今朝、テレビの「4・27北朝鮮空爆説」を見て笑った理由



    ①日本のテレビが4.27北朝鮮空爆説を報じた根拠は「韓国言論」
    ②韓国言論の根拠は「日本の媒体」

    no title


    ③日本の媒体というのは実は「個人ブログ」
    no title


    ④日(個人)→韓(言論)→日(言論) の合作ニュース(笑)
    no title


    まわるまわるよ~♪
    https://twitter.com/Che_SYoung/status/851960260768280576 


     

    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1491964932/

    この記事を読む

    1: 鴉 ★ 2017/04/09(日) 18:08:40.13 ID:CAP_USER
    本当に怖いのは排外主義をあおる◯◯◯ 世界に広がる排外主義〈dot.〉


     まわりに外国人が増えると、「悪いことが起きるのは外国人のせい」と考えてしまう人がいる。なかでも特に怖いのは、どんな人なのだろうか。毎月話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説してくれている、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』に掲載された、朝日新聞ウィーン支局長・喜田尚さんの解説を紹介しよう。

    *  *  *
     就任したばかりのアメリカのトランプ大統領が、中東やアフリカの7カ国出身の人々に、アメリカへの入国を一時禁止した。紛争で国を追われ、安全な場所を求めて来たシリアなどからの難民もアメリカに入れなくなった。7カ国はイスラム教徒が多い国ばかり。トランプ大統領は選挙のときから「イスラム教徒の入国を禁止する」と言っていた。「入国禁止は、テロリストからアメリカを守るために必要」と言う。

     たしかに、アメリカやヨーロッパではイスラム教を偏って解釈した過激派が何度もテロを起こした。でも、その多くはアメリカやヨーロッパに生まれるか、住む間に孤立して過激な思想に染まってしまった若者たちだった。「テロは外国から来るイスラム教徒のせい」という根拠は乏しい。それでも、普通のアメリカ人に意見を聞いたある調査では、トランプ大統領の措置に賛成する人が反対を上回った。

     まわりに外国人が増えると、「悪いことが起きるのは外国人のせい」と考えてしまう人がいる。本当かどうか調べないで「外国人が犯罪をしている」「自分たちより得をしている」と信じ込み、「この国から出ていけ」と主張するのが典型的な例だ。こうした考えは「排外主義」と呼ばれ、人々の生活が苦しくなると広がる。外国人だけでなく、異なる文化を持つ少数派の人も標的になる。

     怖いのは、人気を得るため排外主義をあおる政治家がいること。ヨーロッパでは第2次世界大戦前から「ナチス」というドイツの政党が少数派のユダヤ系住民らへの差別をあおって人気を高め、数百万もの人々が人種や民族の違いを理由に殺された。そのヨーロッパで今、移民や難民を入れるな、イスラム教徒の活動を制限しろと主張する党が支持を伸ばす。今年は主要な選挙が控え、その結果が注目される。

     日本でも、在日コリアン(※注)を標的に「日本から出ていけ」と叫ぶヘイトスピーチが問題になっている。日本は移民の受け入れを制限しているから、アメリカやヨーロッパと比べて少数派とされる人の割合が低い。でも、割合が低いぶん、排外主義の標的になった人たちは逆に孤立し、強い恐怖を感じている。(解説/朝日新聞ウィーン支局長・喜田尚)

    (※注)在日コリアン=戦前から日本に住む旧植民地出身者とその子孫のうち、韓国・朝鮮籍の人たち
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170406-00000040-sasahi-soci 

     12

    引用元:http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1491728920/

    この記事を読む

    1: リバースネックブリーカー(東京都) [CA] 2017/04/07(金) 22:38:28.08 ID:G9KEhDq90 BE:306759112-BRZ(11000) ポイント特典
     東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)の「ニュース女子」騒動とは何だったのか。
    番組を制作するDHCシアター(現DHCテレビジョン)が沖縄問題を再検証した続編をネットで公開して以来、騒ぎは沈静化した格好だ。
    だが、今回の騒動はマスコミとジャーナリズムについて深刻な問題を提起している。

     それは事実確認よりも政治的スタンスを優先する左派ジャーナリズム、言論の自由をめぐる組織と個人の対立、
    さらにはネットと既存マスコミの乖離(かいり)といった問題である。ここでは、それらを深掘りしてみる。

    (中略)

     論説副主幹は東京新聞の論調に縛られなくてはいけないのか。
    もしそうであれば、副主幹はいつでもどこでも東京新聞の論調に沿って書いたり、喋らなければならなくなる。
    「社の意見が違うことがあってはならない」というなら、東京新聞は北朝鮮と同じだ。

     私は2014年秋まで社内の論説会議でも大方の論調と違う論を語っていた。
    ところが、そのころを境に会議には出席せず、意見も言わなくなった。なぜか。
    この際、はっきり言おう。当時の論説主幹から「もう君には社説を書かせない」と通告されたからだ。

     そのとき以来、それまでは2カ月に一度くらいのペースで順番が回ってきていた日曜付大型社説の執筆当番からも外された。
    私は「おかしい」と思ったので、社の最高幹部に事情を訴え「どうしたらいいか」と尋ねた。

     最高幹部は「論調が違う君の主張だって、他の委員と順番で書けばいい」と言ってくれた。
    だが、ヒラ取締役の論説主幹は「いくら最高幹部だって、それはオレが絶対に許さない」と私に断言した。
    私は唖然(あぜん)としたが、言い争うことはしなかった。以来、会議には出席していない。

     つまり、東京新聞は今回の騒動が起きるずっと前から、私の社説執筆を許さず社内で異論を封じてきたのだ。

    32



    全文
    【長谷川幸洋独占手記】異論を封じる東京新聞と私は断固闘う
    http://ironna.jp/article/6224

    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1491572308/

    この記事を読む

    1: 餡子老師 ★ 2017/04/05(水) 15:21:59.67 ID:CAP_USER9
     教育勅語を学校教材として活用するのを否定しないとする答弁書を安倍内閣が閣議で決めた。菅義偉官房長官は教育勅語を道徳教育に使うことも「否定できない」と述べた。
     戦前の教育規範だった教育勅語は国家主義を支え、軍国主義を推し進める役割を果たし、戦後、国会の決議で失効した。この経過を踏まえれば、こうした言動は看過できない。
     答弁書は「教育の唯一の根本とするような指導は不適切」だが、「憲法や教育基本法に反しないような形で教材として用いることまでは否定されない」との見解を示した。

     憲法などに反しない活用法とはいったい何を指すのか。

     1948年、教育勅語について衆院は基本的人権を損なうとして憲法に照らし排除の宣言を、参院は教育基本法制定により失効の確認をそれぞれ決議した。にもかかわらず憲法や教育基本法に反しない活用法ならよい、というのは理解に苦しむ。

     政府が道徳での活用を否定しない態度はとりわけ問題だ。教育勅語は親孝行など12の徳目を示しているが、菅長官は「適切な配慮の下」でなら「懸念は生じない」と言う。
     だが、親孝行など道徳的な教えは教育勅語を持ち出すまでもないことだ。教育勅語の核心はこうした徳目を実行することで「天壌無窮(てんじょうむきゅう)の皇運」(永遠の皇位)を助けよ、と要請し、国の非常時には天皇のために命を懸けよ、と説いている点にある。
     それがどう使われたかの歴史的文脈を無視するような姿勢は、新憲法により天皇中心の国家観を否定し、国民主権となった戦後の日本の歩みに逆行しているかのようだ。
     「適切な配慮」の定義もあいまいだ。解釈が広がるおそれがあり、教材としてお墨付きを与えることにつながりかねない。

     教育勅語を巡っては、学校法人「森友学園」の幼稚園が園児に唱和させ、稲田朋美防衛相が国会で「核の部分は取り戻すべきだ」と再評価する発言を繰り返し問題となった。
     政府として活用する考えはないというが、ならばなぜ全否定をためらうのか。憲法や教育基本法に抵触せず、適切に活用するとすれば、教育勅語が軍国主義教育を助長していった負の歴史の教訓と反省を説く教育以外にはないのではないか。

    41

    http://mainichi.jp/articles/20170405/ddm/005/070/043000c

    引用元:http://karma.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1491373319/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング