じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    マスコミ・メディア

    スポンサーリンク

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [HU] 2017/05/22(月) 21:41:16.15 ID:JziC548H0 BE:306759112-BRZ(11000) ポイント特典
     天皇陛下の退位を巡る政府の有識者会議のヒアリングで、保守系の一部専門家から「天皇は祈っているだけでよい」などの意見が出たことに、陛下が不満を漏らしたと毎日新聞が報道したことについて、宮内庁の西村泰彦次長は22日の記者会見で「陛下が発言をされた事実はない」と否定した。

     毎日新聞は21日付朝刊で「陛下 公務否定に衝撃」「『一代限り』に不満」との見出しで報道。
    保守系の専門家の指摘に、陛下が「批判をされたことがショックだった」と話したことなどを紹介した。

     毎日新聞社は社長室広報担当名で「十分な取材に基づいて報道しております」とのコメントを出した。

    毎日新聞の陛下発言報道を否定 「事実ない」と宮内庁次長
    https://this.kiji.is/239317683818939896?c=39546741839462401


    2: 名無しさん@涙目です。(東京都) [HU] 2017/05/22(月) 21:41:48.69 ID:JziC548H0
     天皇陛下の退位を巡る政府の有識者会議で、昨年11月のヒアリングの際に保守系の専門家から「天皇は祈っているだけでよい」などの意見が出たことに、陛下が「ヒアリングで批判をされたことがショックだった」との強い不満を漏らされていたことが明らかになった。
    陛下の考えは宮内庁側の関係者を通じて首相官邸に伝えられた。

    no title

    有識者会議での「祈るだけでよい」 陛下、公務否定に衝撃 「一代限り」に不満
    https://mainichi.jp/articles/20170521/ddm/001/040/176000c

    引用元:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1495456876/

    この記事を読む

    1: Ψ 2017/05/20(土) 11:25:24.76 ID:zg0OfSO2
    せんそうはすごくこわい=小学生・金子望華・8
    (さいたま市北区)

     わたしは、夜ねるとせんそうのこわいゆめをよく見ます。

     なぜなら、れきしの本を読んだり、せかいのニュースをみたりするからです。
    そういう時は朝、「こわい!」と思っておきます。目がさめて、いつものへ屋を見ると「ああ、よかった」と思います。

     わたしは、せんそうがおきてほしくありません。なぜなら、せんそうをすると、たくさんの人がしんでしまったり、けがをしたりしてしまうからです。
     あと家がやけたり、つぶれてしまったりしてしまうからです。それに、お金がなくて食べものが買えなくなるのでおなかがへってしまいます。水も、きれいな水をのめません。

     せんそうは、すごくこわいものです。いつかせんそうのない時だいがくるようにねがっています。

    https://mainichi.jp/articles/20170520/ddm/005/070/005000c 


    52

    引用元:http://carpenter.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1495247124/

    この記事を読む

    5: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [EE] 2017/05/19(金) 13:21:07.32 ID:uiDJs6Uh0
    TBSの速報 

    「共謀罪が合意のないまま採決され、自公維の賛成多数で可決されました」 

    速報テロでも偏光するTBSwww

    30: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [ニダ] 2017/05/19(金) 13:23:39.60 ID:ybfmombg0
    TBSのテロップ
    no title

    引用元:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1495167580/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [GB] 2017/05/17(水) 12:44:28.67 ID:ElcXNfcf0● BE:501696153-2BP(2000)
    眞子様婚約報道を「察知しておりましたが、このタイミングで出す社があるとは思わなかった」
    スポーツ報知 5/17(水) 12:37配信

     TBS系「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)は17日、第2部でも眞子様の婚約について特集した。

     TBSの解説・専門記者室長の牧嶋博子氏は「こういう動きがあるということは察知しておりましたが、まさかこのタイミングで出す社があるとは思いませんでした」と話した。NHKが午後7時のニュースで報じたときは、宮内庁記者クラブにいたという。

     MCの恵俊彰(52)から、驚いたか問われると「驚きましたね」。さらに他の出演者から「このタイミングで報道されたことについてか」と問われると牧嶋氏は「そうですね」と答えていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-00000079-sph-ent

    引用元:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1494992668/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [DE] 2017/05/16(火) 10:45:23.65 ID:xhtKBx940● BE:878898748-PLT(16000) ポイント特典
    朝日新聞5月15日付けの朝刊に掲載された「新作歌舞伎、さらに進化 映画監督らが挑戦 マンガ・絵本が原作」という記事の中に取材した内容と全く異なる内容の物が掲載されていたことがわかった。

    朝日新聞から取材を受けた書籍『歌舞伎四〇〇年の言葉 学ぶ・演じる・育てる』の著者が自信のブログにて取材内容について苦言を投じている。

    「朝日新聞の記事について」というブログを投稿しており、そこには次のように書かれている。

    “電話取材に対して「これまでの新作についてはどれも面白く、また役者の個性を活かしてうまく書けている。
    夢幻恋双紙の当て書きは見事だし、阿弖流為は鍛錬を積んだ歌舞伎役者の肉体の魅力を存分に発揮していた」とお答えしました。
    不満はないか?という質問には「ない」と明確に答えてもいます。”

    と答え、更に「今後の新作に対しては?」という質問に対しては「あまりに演出過多や、イベント的な扱いになってしまうと歌舞伎の意味がなくなるので、ぜひ鍛錬を積んできた歌舞伎役者の魅力を活かす作品を作り続けてほしい」と答えたという。

    しかし朝日新聞の記事内容は180度すり替わっており、「新作歌舞伎には疑問の声も」という文脈の中に置くことで、まるで『夢幻恋双紙』などの新作を認めていないかのような印象を作ることに成功。

    全文は以下
    http://gogotsu.com/archives/29109
    no title

    no title

    98: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [EU] 2017/05/16(火) 11:05:35.04 ID:F7/046pD0
    #16報道特注【朝日新聞また捏造SP】足立議員が天下の朝日にねつ造されたw これがその手口だ!!
    https://www.youtube.com/watch?v=nwux9GL3qQ4
       

    #18報道特注【百田尚樹SP①】TVから消された真相!朝日のねつ造ウラ話!TBSの嫌がらせ!足立康史 和田政宗 生田よしかつ

    引用元:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1494899123/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2017/05/08(月) 07:00:25.79 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170508-00000001-asahi-soci

    no title


     ――「自衛隊の街」の北海道千歳市で、しかも自衛官の母なのに安全保障関連法に反対の声をあげたのはなぜですか。

     「安倍首相は安全保障関連法案を『丁寧に説明する』と言っていましたが、実際には丁寧な説明はありませんでした。米国の戦争に巻き込まれ、息子が殺したり殺されたりするのは嫌だと思い、いても立ってもいられませんでした」

     ――でも安全保障関連法は施行され、千歳の陸自第7師団を主体とする部隊が南スーダンPKOに派遣されました。

     「『国土の防衛』という自衛隊の本来任務を逸脱した行為だと思い、国に派遣差し止めを求める訴訟を起こしました。国会で安全保障関連法案に賛成した人は、危険のない場所で税金からたくさん給料をもらい、安全に裕福に暮らしています。そして危険な場所に行くのは自衛官というのは、どう考えてもおかしいです」

     ――政府は「活動地域の治安は安定している」と言っています。

     「昨年7月の大規模戦闘に象徴されるように、危険な場所であることは疑いようがありません。本当に安全なら、自衛官じゃなくて一般企業の社員でいいじゃないですか」


    http://www.asahi.com/articles/ASK4T05NPK4SIIPE04V.html

    引用元:http://karma.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1494194425/

    この記事を読む

    1: アンクルホールド(新疆ウイグル自治区) [US] 2017/05/06(土) 07:26:22.17 ID:m6e71uiW0● BE:565421181-PLT(13000) ポイント特典
    (社説)阪神支局襲撃30年 覚悟をもって喋る、明日も


    異論を排除する、すさんだ言葉の横行は、安倍政権の姿勢と無縁ではなかろう。
     国際NGO・国境なき記者団が毎年発表している「報道の自由度ランキング」で、日本はことし、180カ国・地域
    のうち前年と同じ72位。主要国7カ国(G7)で最下位となった。

    報道機関への信頼は揺らぎ、取材環境も厳しさを増す。
    自分好みの「情報」を信じ、既存メディアの情報を疑う傾向は、世界で強まっている。
     メディアが伝える事実とは別の「事実」があるとする「もう一つの事実」。
    昨年の米大統領選では「フェイク(偽)ニュース」が世論に影響を与えた。

     虚偽が現実の政治を動かす、極めて深刻な事態だ。
     報じる側が批判に向き合い、自らの責務と役割を問い直すしかない。
    多角的な見方を提示し、軸足を定めた視座で主張、提言をなしえているか。
    日々の積み重ねで信頼を得る必要がある。

    http://www.asahi.com/articles/DA3S12919356.html

    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1494023182/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング