じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    芸能

    スポンサーリンク

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/03/25(水) 16:28:20.32 ID:???.net
    KARAの元メンバー、知英(ジヨン、21)が出演している映画『暗殺教室』が日本ボックスオフィス1位に入る勢いを見せた。

    日本映画メディアによると、知英が出演した映画『暗殺教室』は21日、22日の2日間で35万人の観客を動員してボックスオフィス1位に登場した。

    知英は前所属事務所DSPメディアとの契約終了後、日本に進出し俳優として変身して各種ドラマに出演するなど縦横無尽に活躍している。

    知英は日本で発行部数1000万部を超える人気漫画を原作にした映画『暗殺教室』で外国語教師として雇用された暗殺者に扮した。知英は美貌とおしゃべりが自慢の親しみやすい先生だが、本当の正体は暗殺者であるイリーナ・イェラビッチ(ビッチ先生)役を演じた。

    知英はこれに先立ち、日本オリコンスタイルとのインタビューで役柄について紹介した。知英は「実は(セクシーは)苦手なんです。でも、すごく研究しました。脚の組み方や声も、どうすればセクシーに見えるだろう? って。普段の自分とはかけ離れています」と伝えた。

    一方、同映画には日本の人気アイドルHey! Say! JUMPの山田涼介が主役を演じて話題になっている。

    ソース:ISPLUS/中央日報 2015年03月25日15時14分
    http://japanese.joins.com/article/114/198114.html?servcode=700&sectcode=730
    no title

    この記事を読む



    1: Ergo Proxy◆FdDsU0B5ivx5 2015/03/23(月)18:38:26 ID:???
    17:名無しさん@おーぷん:2015/03/22 23:09:36ID:rcf
    あかひの別動隊が速攻でwiki改変(チョンの証拠末梢)してたよ
    no title

    no title


    18:名無しさん@おーぷん:2015/03/22 23:14:43ID:NuC
    >>17
    すげー、露骨だな


    21:名無しさん@おーぷん:2015/03/23 00:19:53ID:tRW
    >>17????
    asahi-npではないので朝日新聞ではないし、たぶん単なるプロバ利用者なんだろうけど
    まあやってることはアカヒと同じだな

    http://hosyusokuhou.jp/archives/43311657.html


    ■wiki隠蔽工作員曰く、国籍公表=ヘイトらしい

    13:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2015/03/23(月) 14:36:09.37 ID:FUUn87DV0.net
    WIKIで国籍変更合戦してるらしいな。
     緑のパスポートの韓国籍ってのはそんなに恥ずかしいことなんか?


    26:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2015/03/23(月) 14:39:31.97 ID:JJ7wov5n0.net
    >>13
    国籍とかをせっせと消してる奴がいる

    http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E9%9A%E5%A4%A7%E4%BB%8B&action=history

    >利用者:ねんねこ
    >日本人が傲慢な民族だと思われるのがいやなのです。 日本人が下品な
    >ヘイトをまきちらす民族だとおもわれるのがいやなのです。

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1427088679/

    この記事を読む

    1: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2015/03/23(月) 22:02:32.49 ID:jQBbY7Ao.net
    【井上太郎】
    俳優の隆大介が台湾の入国検査で暴力働き逮捕されました。
    台湾では日本在住の南朝鮮人本名張明男と報道しています。
    ところが日本では在日との報道ありません。日本のマスコミは恥ずかしくないのでしょうか?
    正しい事を報道するマスメディアがその信念を放棄してはメディアの存在意義がありません。


    235901bb



    この記事を読む

    1: coffeemilk ★@\(^o^)/ 2015/03/23(月) 18:29:07.28 ID:???.net
    台湾メディアによると、在日韓国人俳優の隆大介が21日晩、台湾桃園国際空港で酒に酔って、入国審査官のひざを蹴って骨折させるという醜態をさらした。23日付で台海網が伝えた。

    一連の様子を撮影した映像によると、隆はカメラに向かって大声を上げるなど、すっかり「招かれざる客」になっていた。
    隆をマーティン・スコセッシ監督の新作「サイレンス(原題)」への出演のため台湾に招聘した制作側は、22日晩に声明を出し、「出演契約を即日解除した」と明かした。隆は強制送還されることになるとみられている。

    no title
    235901bb


    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9921799/

    この記事を読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/03/23(月) 13:12:16.60 ID:???.net
    ガールズグループ少女時代のメンバー8人の魅力が際立つカタログが公開された。

    少女時代は23日公開されたレディース・ウオッチ・ブランド「BABY-G」春夏カタログに、ボリューム感あふれるヘアスタイル、グロッシーなつや感あふれるメーク、そして1990年代を思わせるバカンスルックで登場。

    少女時代のメンバー8人はそれぞれ異なるカラーをテーマに衣装と時計をスタイリングし、さわやかで元気いっぱいの魅力をアピール。また、見事な脚線美を誇るなど、大胆な姿を披露した。

    ソース:edaily/朝鮮日報 2015/03/23 10:09
    http://ekr.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/03/23/2015032301196.html


    no title


    画像続く 
    この記事を読む

    1: 終わりの終わり@\(^o^)/ 2015/03/21(土) 19:30:20.53 ID:/K58v338.net
    産経新聞 3月21日(土)17時37分配信

    14日から仏ドキュメンタリー映画「ディオールと私」の上映が始まった。この作品の配給・宣伝会社アルシネテラン・ディヴィジョンは今や存在しない。親会社のエプコット(東京・渋谷)が負債額約20億円を抱えて今月倒産したからだ。

    エプコットは韓流ブームに乗って業績を上げた会社だった。東京商工リサーチなどによると、設立は1985年。ホラー「エルム街の悪夢」から始まり、現役最高齢監督(106歳)のマノエル・ド・オリヴェイラやパトリス・ルコント監督らの作品を扱い、2004年から「あなたしか愛せない」といった韓流ドラマのDVD販売を開始。
    ブームに乗ってピークの09年6月期には約26億3900円の売上高を計上していた。
    しかし、大手企業の参入による買い付け額の高騰や、日韓関係の悪化によりブームに陰りが見え始め、14年6月期には売上高約22億4800万円にまで減少。打開策として始めたゲーム制作事業も資金調達が難航して逆に足を引っ張る形となった。DVDの受注制作をしていた関連会社のパピルス(東京・中野)も負債1億2000万円を抱えて共倒れした。

    アルシネテランの元宣伝部員は現在、「ディオールと私」と4月4日公開の韓国映画「傷だらけのふたり」の宣伝を続けている。その一人に倒産した理由について尋ねると「映画は堅調だったが、ビデオ(DVD)部門が落ち込んでいた」と明かした。
    倒産の話を耳にしたとき、いよいよ韓国映画の凋落が目に見えて現実のものになってきたと実感した。1月には韓国映画をはじめとした“アジア映画の専門館”として親しまれてきたシネマート六本木が6月14日に閉館することが発表になったばかり。
    同館(4スクリーン、計440席)は06年にオープン。中国、香港、台湾、日本の作品も上映しているが、特に韓国映画に力を入れており、閉館イベントの一環で4月4日から「韓流祭」が開催される。イ・ビョンホンやウォンビンら韓国スターが出演した作品を俳優別に特集する上映会だ。運営会社のエス・ピー・オー(東京・港区)は閉館理由について「定期建物賃貸借契約が8月8日に期間満了になるため」としているが、韓流ブームの衰退もその一因なのは間違いない。

    小欄では昨年11月、東京・渋谷の映画館ヒューマントラスト渋谷が「韓国映画を渋谷に定着させよう」と試みていることを紹介した。その際に、竹島問題や慰安婦問題などに端を発した「嫌韓」ムードから韓国映画が日本で苦戦しているという、韓国の映画会社社員の本音に触れた。ただ理由はそれだけだろうか。韓国映画では恋愛映画とともに量産されている犯罪映画で描かれるすさまじい暴力描写が日本人の生理に合わないといったことも、敬遠される理由ではないか。それでも「韓国映画はいまだ熱烈なファンに支えられている」と先の元宣伝部員は言うのだから、需要はあるのだろう。
    日本国内で一時期の勢いがない韓国映画だが、同国の映画界は自国の映画製作もさることながら海外進出に積極的だ。日本で7月4日公開のシリーズ第2弾「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」のロケ誘致に成功し、前述のイ・ビョンホンは同月11日公開の「ターミネーター:新起動/ジェニシス」に出演している。

    日本での苦戦はお構いなしとでも言わんばかりに。

    prm1503210013-p1
    元アルシネテランの宣伝部員が手がけている韓国映画「傷だらけのふたり」
    のファン・ジョンミン(左)とのハン・ヘジン



    http://www.sankei.com/premium/news/150321/prm1503210013-n1.htmlhttp://www.sankei.com/premium/news/150321/prm1503210013-n1.html 

    この記事を読む

    1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/03/11(水) 17:51:53.99 ID:???.net
    【ニッポンの新常識】韓国、変わらなければ1000年経っても先進国ではない K・ギルバート氏 (1/2ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150311/dms1503111140009-n1.htm


    no title

    襲撃されたリッパート駐韓米国大使(聯合=共同)


     マーク・リッパート駐韓米国大使が、ソウル市内で開催された朝食会に出席中、刃物で襲われて顔や腕などを負傷した。

     韓国人テロリストは、親韓米国人の代表を襲撃した。米国人はあきれると同時に、「韓国はまだ一人前ではない」と、在韓米軍の必要性を再認識した。
    米国世論は皮肉にも、犯人の思惑とは正反対に動いた。

     韓国マスコミは「親北朝鮮主義者による凶行」として片付けようとしているが、私は、犯行の動機や組織的背景以外にも、論じるべき重要な点があると
    考える。

     実行犯である政治団体代表、金基宗(キム・ギジョン)容疑者は前科6犯。2010年には駐韓日本大使にコンクリート片を投げつけた容疑で逮捕され、懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を受けている。

     要するに、彼はテロの前科を持つ要注意人物で、顔も名前も有名な「活動家」だった。ところが、前回の事件後、韓国の反日マスコミは「英雄」のように扱った。

     キム容疑者は、日本大使を襲ったおかげで、反日国家の英雄になった。本を出版して有名になり、支援者も増えた。「次は米大使を襲えばもっと英雄になれる!」とでも考えたのだろうか。「第2の安重根(アン・ジュングン)」として後世に名前を残せる可能性すらあると。

     韓国世論に存在する「目的が正しければ暴力やウソも容認する」という風潮の中で、彼が妄想を膨らませたとしても不思議ではない。

     キム容疑者は、拘束されてパトカーに乗る直前に「戦争反対」と叫んだらしい。戦争反対や平和を叫ぶ人間に限って暴力的であるという奇妙な法則は、日韓共通のようだ。彼らが単純な自己矛盾になぜ気が付かないのか、心から不思議でならない。

     仮に、理想や目的が崇高なものだったとしても、無防備な人間を一方的に襲撃するテロ行為は絶対に許してはならない。まして認めたり褒めたりするのは論外だ。

     欧米や日本などの先進国では当然とされるこの常識が、韓国社会にはまだ根付いていない。加えて、何かを主張する場合は感情論ではなく、事実や証拠に基づいて論じる必要があるという常識も根付いていない。

     産経新聞の加藤達也前ソウル支局長の起訴や出国禁止措置を見る限り、韓国では、検察や裁判所という司法部門ですら、この先進国の常識を逸脱している。それでは「自由と民主主義の価値観」が共有できない未熟な発展途上国も同然である。

     もし、私が米国大統領で、加藤前支局長が米国人だったならば、私は韓国に領事裁判権(治外法権)を要求する。

     暴力犯罪者を英雄視したり、被害者や被疑者の国籍次第で、法律の適用や政府の対応、マスコミの論調が変化する現状が改善されない限り、韓国は1000年経っても先進国ではない。

     ■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。80年、法学博士号・経営学修士号を取得し、国際法律事務所に就職。83年、テレビ番組「世界まるごとHOWマッチ」にレギュラー出演し、一躍人気タレントとなる。現在は講演活動や企業経営を行っている。最新刊は『不死鳥の国・ニッポン』(日新報道)。


     rFFWZMuY_400x400

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング