じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    芸能

    スポンサーリンク

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [ニダ] 2018/02/19(月) 21:52:56.67 ID:sl686Au60 BE:837857943-PLT(16930)
    お笑いタレントの江頭2:50さん(52)が平昌冬期五輪の会場へ応援に駆け付けていたと、ツイッターで話題になっている。

    「北朝鮮美女応援団の近くでポーズをとる江頭2:50」――。そんな一文とともに、江頭さんとされる写真と動画が拡散した。
    はたして本人なのか。所属事務所の担当者はJ-CASTニュースの取材に「先週、会場へ行っていたようです」と明かした。

    no title 

    DV-ebFhW0AE9LzF

    https://www.j-cast.com/2018/02/19321582.html?p=all

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1519044776/

    この記事を読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/02/11(日) 21:46:34.67 ID:CAP_USER
    no title


    開幕後も相変わらず、競技よりも「政治的」な動きに注目が集まり続ける平昌(ピョンチャン)五輪に、ダウンタウンの松本人志さんが新しい呼び名を提唱した。

    2018年2月11日の「ワイドナショー」(フジテレビ系)の五輪特集では、ゲスト出演した国際政治学者・三浦瑠麗さんらが、五輪の政治ショー化の背景を解説した。

    北朝鮮が金正恩委員長の妹・金与正氏を特使として送り込み、韓国側も文在寅大統領が与正氏と笑顔で握手、さらにはともにアイスホッケー・南北合同チームの試合をそろって観戦するなど、平昌五輪を舞台に、韓国・北朝鮮の「融和」ムードの演出が続いている。

    三浦さんはその裏には、韓国国民の北朝鮮への同朋意識、そして「歴史的な業績をやりたいという文在寅さんの思惑」などがあり、結果的に北朝鮮による「棍棒外交」が奏功してしまっている、と説明した。

    松本さんは終始、三浦さんの説明を渋い顔で聞いていたが、不意にこう口を開いた。

    「だから僕は、本当にこれは平昌オリンピックなのかと、平壌(ピョンヤン)オリンピックじゃないのか、と思っていたんですが――さらに突き詰めて考えたら『文(ムン)ちゃんオリンピック』だよね」

    五輪が文ちゃん、つまり文在寅氏の実績作りのための舞台になってしまっているのではないか――「文ちゃんのためにみんなやってるみたいな......文ちゃんの点数集めのためにやってる感じがしてね」というわけである。

    これには、スタジオが大笑いに。三浦さんもつられるように笑顔を見せた。松本さん自身このフレーズが気に入ったのか、その後も共演者が「平昌五輪」と言いかけると、「文ちゃんオリンピック、ね」とわざわざ「訂正」する場面も。

    視聴者からも、「美味い!w w w さすがだね」「言い得て妙」「ムンちゃんオリンピックは草」など、この新ネーミングを評価するツイートが多く上がっている。

    ソース:j-cast<平昌五輪は「ムンちゃん五輪だよね」 松本人志の皮肉に「言い得て妙」>
    https://www.j-cast.com/2018/02/11321010.html

    引用元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1518353194/

    この記事を読む

    1: 名無し1号 ★ 2018/01/28(日) 18:01:29.43 ID:CAP_USER9
    お笑いコンビ、ウーマンラッシュアワーのボケ担当、村本大輔(37)が27日放送のニッポン放送「渡邉美樹 5年後の夢を語ろう!」(土曜後4・30)に出演。
    2年後をめどに、米国を拠点にお笑い活動をする意向を明かした。(サンケイスポーツ)

    村本といえば、昨年12月放送のフジテレビ系特番「THE MANZAI」で、原発や沖縄の米軍基地問題などを扱った漫才を披露して話題に。

    この日も「もう日本のテレビに興味はない」と明かし、「(政治批評などをネタにする)アメリカのスタンドアップコメディーを勉強したい」と決意したという。

    お笑い界では現在、ピースの綾部祐二(40)がニューヨークを拠点に活躍中。村本は米国進出を目指して英語の勉強を始めており、
    「4カ月前にようやくbe動詞を覚えた」と苦笑するが、今月末から1カ月間、ロサンゼルスの語学学校に留学すると報告。

    今後のコンビ活動にも言及し、時期は明言しなかったが「解散します」と打ち明け、「アメリカでは、すべてのタブーを笑いに変えて大金持ちになる!」と目標を掲げた。



    ソース元タイトル『ウーマン村本大輔が米進出 語学学校に留学、2年後“完全移籍”へ』

    産経ニュース
    http://www.sankei.com/entertainments/news/180128/ent1801280003-n1.html
    2018年1月28日10:54

    57



    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1517130089/

    この記事を読む

    1: あちゃこ ★ 2018/01/25(木) 15:04:25.33 ID:CAP_USER9
     お笑いコンビ「トップリード」の新妻悠太(35)がマンションの一室に侵入したとして、警視庁新宿署に住居侵入と窃盗未遂の疑いで現行犯逮捕されていたことが25日、報じられ、芸能界からも反応が出ている。

     ウーマンラッシュアワーの村本大輔は「トップリード我妻さんの笑いには一ミリの罪なし」「あ、間違えた」「トップリード新妻さんの笑いに罪なし」とツイート。続けて、「Twitterで流れてきたニュースで新妻さんがやらかしたってこと知ったし色んなコメントよんでアイドルファンから愛されてることも知った、ということは、いい仕事してたんだな、ということも知れた。」と、新妻の行為と仕事をごちゃ混ぜにしないよう暗にくぎを刺した。

     数日前、新妻の相方・和賀勇介と仕事で一緒になったというタレントの椿彩菜はツイッターで
    「え?!?!?!トップリード新妻さんまーじ?!?!?!」と、驚きを隠せなかった。

    no title


    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180125-00000066-dal-ent

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1516860265/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2018/01/14(日) 15:04:18.06 ID:CAP_USER9
    https://www.gosen-dojo.com/index.php?key=jo3r9r0iv-1998

    今日中に『おぼっちゃまくん』の作画を終わらせたい。
    全何話になるか分からないが、まだまだこれは2本目だ。
    コンテは今年になって3本目を描いた。

    筆ペンの使い方に段々、慣れてきた。
    これからはつけペンから筆ペンに移行したいが、
    まだまだ細部の線はつけペンでなければ出せない。
    使い始めの筆ペンは細い線も出るのだが、すぐに筆先が緩んで、細い線が出なくなる。
    新しい筆ペンに替えればいいのだが、まだインクがいっぱい残っているのに捨ててしまうのがもったいなくて、しつこく使い続け、細い線はつけペンに頼ってしまう。
    ケチなのだろうか?
    どんどん筆ペンを使い捨てるべきか?

    『おぼっちゃまくん』にこだわるのは、ギャグ漫画が不作の時代だからである。
    多分、お笑い芸人に異形の者たちが続出したから、漫画のキャラでは刺激がなくなってしまったのだろう。

    だが、漫才やコントも練り込んだ芸で見せる者は滅多にいない。テレビで見るのは一発芸ばっかりだ。
    ときどき大阪のよしもとを見に行くが、有名な芸人でも、以前爆笑したネタと同じものをやっている場合は笑えない。
    次々に新しいネタを考えるのは難しいのだろう。

    ただし、アホの坂田だけは別格だ。
    アホの坂田は飽きないし、ネタ以前のアホの真髄を極めた人間の可笑しさだ。
    これは一代限りの芸で、誰も越えられない。
    生身の人間でアホの坂田を超える芸人は出て来ないだろうから、わしが漫画で坂田超えをしたいと思っている。
    だからわしはギャグ漫画を描き続けなければならない。

    最近、よしもとは芸人を抱えすぎて、活躍の場が足りなくなったのか、ワイドショーのコメンテーターに売り込んだり、政治評論家にしようとしたり、場を広げるのに
    躍起になっている。
    もともと頭が悪いから芸人になったはずなのに、ワイドショーや政治評論で、善人ぶってる芸人を見ると、ムカムカして、奴らが滅びるのも間もなくだと予感がする。

    芸人なんて河原乞食の末裔のくせに、常識振りかざして、コメンテーターしたり、超未熟な政治知識で正論こいたりしてるのを見ると、吐き気がする。
    わしは「坂田超え」のために、もう一度、ギャグ漫画を復活させたい。

    BJ_1312_kobayashi_01


    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1515909858/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2018/01/12(金) 18:02:25.56 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180112-00536199-shincho-cn

    日本と中国どちらが侵略回数が多いのか

     時事ネタを扱った年末の漫才で話題を呼び、また「朝まで生テレビ」での発言が物議を醸しているのがウーマンラッシュアワーの村本大輔氏だ。「朝生」では、「尖閣を(中国に)取られてもいい」と言い、また沖縄はもともと中国のものだったという認識を表明したことから、彼の歴史認識そのものが問われる事態ともなっている。

     そんな中、4日、村本氏は自身のツイッターでこんな疑問を表明した。

    「その前におれも純粋な疑問なんなけど、なぜ侵略してくると思ってるんだろう、歴史からしたら、って言うけど、日本と中国、どっちが多く過去にほかの国を侵略したんだろう。中国の友達と話したらそんなことを言っていた、侵略するわけない、いまイケイケなのに、デメリットしかねーわって」(原文ママ)

     要は、現在「イケイケ」の中国が、日本を侵略してくるわけがないのでは、という疑問を呈しているのである。この場合の「日本」と「中国」あるいは「ほかの国」の定義がどうなのかは不明なので、村本氏の疑問は大雑把すぎるかもしれないが、とりあえず国連発足後の「日本」と「中華人民共和国」を比べてみたらどうだろうか。要は現在の国際秩序が生まれて以降の話である。そして、それを知れば村本氏もなぜ、今なお多くの人が「中国の侵略」を心配しているのかがわかるかもしれない。
     
     テキストは『歴史問題の正解』(有馬哲夫・著)。有馬氏は早稲田大学教授で公文書研究の第一人者である。
     
     同書の第9章のタイトルはズバリ「現代中国の歴史は侵略の歴史である」。村本氏の疑問に正面から答える形となっている。有馬氏は、2014年に公開されたダグラス・マッカーサー記念アーカイヴズ所蔵の文書(「アメリカ極東軍司令部電報綴1949-1952」)を読み解くと、1949年に生まれた現在の中国が、誕生直後から「極めて貪欲にアジアの周辺諸国に侵略の手を伸ばし、これらの国々の間に紛争を起こしていく姿が鮮明に浮かび上がってくる」としている。

     以下、同書をもとにその侵略の姿を見てみよう(引用はすべて同書より)

    1949年以降一貫して侵略をしている中国

     中国がアジアの他国に軍隊を送った事例として有名なのは朝鮮戦争だろう。この時、中国は朝鮮半島に約30万もの軍隊を派遣している。しかし実は中国は同時期に別の動きも見せている、

    「中国は朝鮮戦争とほぼ同時進行で、ヴェトナム北部に大軍を送り、ミャンマー(当時はビルマ、以下同)北部・タイ・ラオス・中国南部の国境地帯で領土拡張の浸透作戦を行い、台湾に侵攻するための艦船の供与をソ連に求めていた。

     しかも、前年の1949年にはすでにチベット東部を侵略していて、朝鮮戦争のさなかにも中央チベットまで侵攻し、チベット征服を完成させているのだ。まさしく貪欲そのものだ。

     こういった中国の侵略的動きの全体を眺めてみると、朝鮮戦争への中国の参戦がこれまでとは違ったものに見えてくる。つまり、この参戦は、自衛というよりは、中国が周辺諸国に対して起こしていた一連の拡張主義的動きの一部だったと見ることができるということだ。事実この戦争のあと、中国はソ連に代わって北朝鮮の宗主国となる。

     その後、中国はさらにヴェトナム、ラオス、ミャンマー、タイ、インドへとターゲットを変えつつ、侵略的動きを継続させていく。

     近年の西沙諸島や南沙諸島の島々の強奪、そして尖閣諸島への攻勢は、この延長線上にあるのだ」

     歴史が教えてくれるのは、少なくとも「中国」は誕生後、一貫して他国を侵略しつづけている、ということだ。これが、「正解」であり、決して偏った見方ではない。「チベット」「フリー」といった単語でネット検索をすれば、洋の東西、あるいは保守リベラル関係なく、多くの先進国の人達が中国の侵略あるいは人権侵害への懸念を表明してきたことがすぐにわかるはずだ。また、中国がどれだけ多くの国と国境で紛争を起こしているかも、調べればすぐにわかる。

    (略) 

    no title



    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1515747745/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2018/01/10(水) 21:24:19.30 ID:CAP_USER9
    https://twitter.com/WRHMURAMOTO/status/950756375235211264
    村本大輔(ウーマンラッシュアワー) Verified Account
    @WRHMURAMOTO
    おれがこの発言したのはおきなわのあるおばあちゃんが「400年前に戻りたい、中国はよくしてくれた、いまはアメリカと日本が怖い」と言ってたのを聞いていて、中国から取ったと言っちゃった。ほかにもあるけど。中国台湾日本、各々の土壌で勉強してきた人と話したい。 recordchina.co.jp/b310191-s0-c60…
    no title



    青髭
    @laboratorymembe
    一筆感想を失礼申し上げます。 その「おばあちゃん」というのは何歳で、何年間沖縄に住んでいらっしゃるのでしょうか。「400年前に戻りたい」とは、まさか400歳以上と言うことはありますまい。また、たった一人の、体験談ですらない想像を伝聞して、TVで断言したわけですか? twitter.com/WRHMURAMOTO/st…


    青髭
    @laboratorymembe
    私も、沖縄生まれ沖縄在住の知人が幾人もおりますが、日本の経済水域を荒らし、盗漁をくり返し、領海にまで船舶を繰り出して軍事的な威圧をかけ続ける中国に怒っている人がほとんどでした。(漁業関係者は特に)貴方の話す「沖縄の人」が、基地反対活動家や中国贔屓限定なのは不均衡ではないでしょうか

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1515587059/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング