じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    芸能

    スポンサーリンク

    1: Egg ★ 2019/12/17(火) 21:26:50.50 ID:1rT+1PwU9
    17日放送の『ゴゴスマ~GOGO!Smile!』(CBCテレビ・TBS系)で、強制わいせつの疑いで書類送検された立憲民主党の初鹿明博衆院議員について取り上げたものの、その中の一幕が物議を醸している。

     初鹿議員は2015年5月に移動中のタクシーの中で党の関係者の女性に無理矢理キスをしたり、女性の顔を自分の下半身に押しつけたりするなどした疑いで16日までに書類送検された。この日の番組ではこのニュースについて扱い、事件の概要や、初鹿議員のプロフィールなどを紹介していった。

     そんな中、MCの石井亮次アナウンサーは、被害女性が今年に入って刑事告訴したことについて、「もしかしたら、政治的な思惑があるのでは……」と発言。さらに、コメンテーターのお笑いコンビ・ますだおかだの岡田圭右は、「4年前のことなのに違和感を感じる」と疑問を呈し、「被害女性の方にも申し訳ないですけど、こういうタイミングでこうってことは、なかなかちょっと……」と話し、「先ほどの草津(町で議論となっている乱暴疑惑)じゃないですけど、裏に何かあるんじゃないかと勘ぐっちゃう」と話していた。

     しかし、これらの発言に対し視聴者からは、「ひどすぎる。なんで被害女性を当たり屋みたいに言うの?」「セカンドレイプが地上波のワイドショーで堂々と許されるって本当にひどいね」「被害女性のこと疑う前に初鹿議員の行動を批判しろよ」といった批判の声が相次いでいた。

     「群馬県草津町については、元町議の女性が町長に対し、町長室で性行為を持ったと訴え物議を醸していたが、疑わしい点もあるとされる草津の騒動と、本人が否認していたとしても書類送検された今回の事件は全く別のもの。草津騒動と比較した岡田の発言に対しても疑問の声が多く集まっていました」(芸能ライター)

     被害女性の行動を疑うような発言をした岡田や石井アナに、視聴者は不信感を持ったようだ。

    2019年12月17日 18時10分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17539668/

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576585610/

    この記事を読む

    1: Felis silvestris catus ★ 2019/11/17(日) 14:37:56.22 ID:y5bocz609
    https://snjpn.net/archives/167487


    (略)

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1573969076/

    この記事を読む

    1: アブナイおっさん ★ 2019/11/17(日) 12:40:52.65 ID:lhBtwIj29




    この記事を読む

    1: Felis silvestris catus ★ 2019/11/09(土) 21:10:55.09 ID:woaYZMl29
    https://www.zakzak.co.jp/ent/news/191109/enn1911090012-n1.html
     7月に立憲民主党から比例代表で立候補し落選した元モーニング娘。の市井紗耶香さん(35)が落選からわずか3か月での芸能界への復帰を宣言。さらに11月5日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)では、自身のタトゥーについて驚きの発言をしたとして、ネットでブーイングが起きています。

     関連記事:市井紗耶香さん立憲民主党から立候補 後藤真希の弟と付き合い秒速で別れ、ハッピーサイエンスな雑誌の表紙を飾る「迷走っぷり」 | TABLO

     市井さんは番組にて、SNSなどで批判を受けたという自身のタトゥーについて言及。市井さんは自身の左耳の後ろに入っているタトゥーについて、国会議員にはふさわしくない、なぜ消してないという意見があったとしながら「人それぞれ、色んな生き方があっていいと思っていて」と持論を展開。さらに、タトゥー否定派がいることについては「もちろんタトゥーに関して、偏見だったり色んな気持ちをお考えの方もいらっしゃると思う」とした上で、皆の意見が一つになるのはとても難しいだろうと結論。さらにタトゥーは亡くなった母への思いを込めたものであることを明かし、「別に消したところで何になるのかな、ていうのが素直な感想」とキッパリ。落選に関しては「あの時はあの時でやりきれたので、決して後悔はしていない」とのことで、今後については「次に向けて自分自身がどう歩んでいくかというところは、温かく見守っていただければうれしいなと思います」と視聴者にメッセージを送っていました。

     この市井さんの言葉にモヤモヤした人は多かったようで、ネットでは「消したところで何になるのか」という部分について「考え方未熟だね。バイトの面接行くのに『髪黒くして何になるの?』と言ってるようなもの」「開き直りと言うんだよ、そういうのは。タトゥーは好きにしたらいいけど、税金をもらって国民の代表として仕事するなら信用を得られるように自分を律するのが誠意というもの」といった声が。

    (略)

    no title

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1573301455/

    この記事を読む

    1: ばーど ★ 2019/11/05(火) 10:16:15.81 ID:5ND7LDvW9
    ■菊池桃子が再婚 お相手は60歳初婚のエリート官僚

    女優菊池桃子(51)が4日、公式ブログを更新し結婚を発表した。関係者によると相手は経済産業省経済産業政策局長の新原浩朗氏(にいはら・ひろあき=60)。「働き方改革」や「幼児教育無償化」などに取り組み、近い将来の事務次官候補と言われるエリート官僚。交際期間中から2人の子どもの後押しもあり、離婚から約7年半を経て、再婚を決意した。

    菊池はこの日午後、「入籍のご報告」と題しブログを更新した。「今年に入ってから交際をさせていただいてきた一般の男性と、入籍をいたしましたことをご報告申し上げます」とし、「幾つになっても、人間的な成長を目指す前向きで明るい伴侶と共に、私自身、仕事も精進を重ね、もうひと回り大きくなる姿を皆様に見ていただけますよう頑張ってまいります」と結婚の喜びをつづった。

    お相手の男性は、経産省の新原浩朗氏。東大経済学部卒。16年の内閣府政策統括官時代は「働き方改革」や「幼児教育の無償化」など安倍政権の主要政策を推し進めてきた人物だ。安倍晋三首相に近いエリート官僚で、政界関係者によると事務次官レースを1歩リードしているという。菊池は15年に「1億総活躍国民会議」の民間議員に選ばれており、政府の仕事に関わったことが出会いのきっかけになったようだ。

    菊池は12年1月、女優五月みどりの息子でプロゴルファーの西川哲と離婚。23歳の長男と18歳の長女がいる。子どもたちの理解が再婚への後押しになり、ブログでは「お付き合いの間、何かと臆病な私を応援してくれていたのは長男と長女で、いま共に喜んでくれていることを感謝しています」と、2人への感謝もつづった。

    関係者によると、新原氏に結婚歴はなく、今回が初婚になる。菊池は文化放送「菊池桃子のライオンミュージックサタデー」(土曜午前10時)にレギュラー出演しており、9日の同番組で結婚報告があるとみられる。

    ◆菊池桃子(きくち・ももこ)1968年(昭43)5月4日、東京生まれ。法大大学院修了。83年に雑誌「MOMOCO」のイメージガールでデビュー。84年、映画「パンツの穴」に主演し、同年にシングル「青春のいじわる」で歌手デビュー。95年、プロゴルファー西川哲と結婚し1男1女をもうけたが、12年に離婚。同年から戸板女子短大の客員教授を務める。20年前期NHK連続テレビ小説「エール」に出演予定。

    [2019年11月5日4時0分]
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201911040000779.html

    no title

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1572916575/

    この記事を読む

    1: 名無し募集中。。。 2019/10/28(月) 09:43:36.28 0
    京都市が、市の施策を吉本興業に所属する地元出身の漫才コンビにツイッターでPRしてもらうため、ツイート(つぶやき)1回につき、
    50万円を支払う契約を2018年度に同社と結んでいたことが京都新聞社の取材で27日までに分かった。
    ツイートには市が広告主と明確に分かる記載はなかった。市はタレントの発信力に期待したといい、金額や広報の手法について「問題があるとは考えていない」としている。
     
    市は18年10月に催された「京都国際映画祭」などのPR目的で、同年度によしもとクリエイティブ・エージェンシー(現吉本興業)と業務委託契約を結んだ。
    契約書などによると、同社所属タレントが「京都市盛り上げ隊」として映画祭や市の重要施策を周知するとの内容で、ツイッターなどで20万人のフォロワー(登録者)を持つタレントが2回にわたって発信することが盛り込まれた。
    ツイートの料金は1回50万円、計100万円だった。
     
    昨年10月、京都市出身の人気漫才コンビ「ミキ」の2人が2回にわたって計4本ツイートした。
    「大好きな京都の町並み!!京都を愛する人なら誰でも、京都市を応援できるんやって!詳しくはここから!」と記述したツイートでは「京都市ふるさと納税」などのハッシュタグ(検索目印)の他、制度を紹介するリンクが張られていた。
    別のツイートでは京都国際映画祭や市営地下鉄をPRした。
     
    同志社大の真山達志教授(行政学)は「市民感覚からすれば地元タレントが地域貢献でツイートしたと考え、報酬が発生しているとは思わないだろう。
    公金の使い方としては驚く額で、自治体の広報としては誤解を与える問題のある手法だ」と話す。
     
    市市長公室は「普段は市の情報が届かない若者らにタレントの発信力で伝えることが主眼で、盛り上げ隊としての活動の一つ」としている。
    吉本興業の広報担当者は「(公金の使い道については)市の事業なので判断する立場ではなく、金額は十分に見合うものだ」としている。


    https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/54983 

    87: 名無し募集中。。。 2019/10/28(月) 10:44:21.23 0




    88: 名無し募集中。。。 2019/10/28(月) 10:44:43.41 0
    >>87
    100万の価値

    108: 名無し募集中。。。 2019/10/28(月) 11:37:13.26 0
    >>87
    ステマ感ありありでワロタ

    引用元:http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1572223416/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング