じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    芸能

    スポンサーリンク

    1: 1号 ★ 2020/08/02(日) 17:26:18.89 ID:CAP_USER9
    8/2(日) 10:38配信
    スポニチアネックス

    モデルでタレントのゆきぽよ

     ゆきぽよことモデルの木村有希(23)が2日、TBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)で、新型コロナウイルス感染が日増しに拡大しているのに安倍晋三首相が多くを語らなくなったことを批判した。

     「安倍さんの年収をちょっと調べてみたんですよ。そしたら年収4000万円もらってて」と独自調査の結果を報告。「よく考えたら4000万円に見あう働きをしてないなと思って」と指摘し、「ちょっと小池さんに分けてあげたらいいなと思って」と東京都の小池百合子知事を引き合いに出した。

     爆笑問題の太田光(55)が「総理大臣の役割って一つはリーダーシップをとって、国民に向き合って、総理の言葉で今どういう状況かっていうのを話すというのが重要な役割だから。政治家にとって命じゃないですか、言葉ってね」と同調すると、ゆきぽよは「何のために総理大臣やっているのか」と斬り捨てた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7febf33e141d4028ae29b7391decc52e4cc3a64f  

    スクリーンショット 2020-08-03 1.01.24

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1596356778/

    この記事を読む

    1: クロ ★ 2020/08/02(日) 00:08:10.08 ID:CAP_USER9
     尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(73)が1日、公式ブログを更新し、政府の新型コロナ対策に苦言を呈している。

     尾木氏は「国民感情と全く噛み合わない不思議」と題して投稿。「国民のコロナ菌に対する不安や疑問、懸念」として「感染の広がりは急増ではないのか?」、「東京の問題というより名古屋・大阪・横浜・福岡など大都市部に共通した問題、課題抱えているのではないでしょうか?」、「本気で封じ込めようとするなら自粛要請だけでなく、国の強制力発揮す!」を挙げた。

     これに対し、国の動きを「『急増ではない』『漸増』だと屁理屈おっしゃる パッと聞いてわからないような4段階は無意味ではないでしょうか?」と皮肉り、「反対にごまかされたようなモヤモヤ気分にさせられるのはどうしたらいいのでしょうか?長く生きてきてこんなに大きく政府との乖離を感じるのは初めてかも分かりませんーー」と、国民感情と政府の新型コロナ対策の乖離(かいり)を指摘した。

     「教育分野も文科省自身が相対する矛盾した通知を出したり、特例措置発して根本を歪めたりーー 愚痴になりますからもうやめますが 本当に政府には一貫性がありません」と政府を批判し、「心配で仕方がない尾木ママです」と、心情を吐露している。

    デイリー
    2020.08.01
    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/08/01/0013564283.shtml 


    no title

    引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1596294490/

    この記事を読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2020/07/23(木) 20:32:10.88 ID:CAP_USER9
    2020年07月23日 17:38芸能
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/07/23/kiji/20200723s00041000339000c.html

    no title


     俳優の石田純一(66)が23日、木曜コメンテーターを務める文化放送「斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!」(月~金曜後3・30)に生出演。新型コロナウイルスから回復し、社会復帰してから受けた差別的な行為について語った。

     番組にリスナーから「私はコロナに感染することは怖くないのですが、回復して職場復帰したときの周りの反応が怖いです。悪いことをしたわけではないのに、小さくなっていないといけない圧力のようなものを感じそうです」という投稿が届いた。

     石田は「鋭い質問ですね」と苦笑しながら「結論いいますと、非常に肩身の狭い思いをしております。僕の友達の友達で、コロナから回復し復帰すると『会社をやめろ』と言われた人もいる。聞いていて寂しいというか、悲しいというかね」と話す。

     「僕でも周りの会員から『スポーツクラブをやめろ』って言われたこともあって。実際ね『偏見とか差別の心を持つな』って自分たちのお子さんには言ってると思うんです。社会的にも立派な方々がね、でも実際怖いんでしょうね。僕は治って陰性になって3か月近く経っている。抗体もあるし、ぶり返さないんです。気持ちはわからなくもないんですけど、日本ってそういう感じになってしまったのっていうね、寂しいですね。正しい知識をお持ちであったらそういうことにはならないと思うんですけど」と残念がった。

     具体的にどのように対応するのか問われると「『わかりました。もう少し自粛しますからって』って言って。その後、また言われたら『3カ月過ぎてぶり返した例はないですから』ということで、いろいろと話し合っていきたいですね」と語った。

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1595503930/

    この記事を読む

    1: Felis silvestris catus ★ 2020/07/09(木) 07:21:57.40 ID:gk/JQuUk9
    https://sn-jp.com/archives/1774
    高樹沙耶さんのツイート

    だから言ったのよ!マスク2枚より大麻の見直し!

    これはすごい情報ですよ❗

    (略)




    引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1594246917/

    この記事を読む

    1: Felis silvestris catus ★ 2020/07/08(水) 17:59:29.60 ID:xEWa8osX9
    https://sn-jp.com/archives/1613
    ヒロミ 再選の小池都知事に「僕は“排除”発言は一生忘れませんので」初の女性首相の可能性があっても

    ▼記事によると…

    ・タレントのヒロミ(55)が7日、「バイキング」で、東京都の小池百合子知事が史上初の女性首相になる可能性についてコメント。

    ・番組では5日の都知事選で圧勝し、「初めての女性総理をと望む声も一部あります」と質問した記者とのやりとりを紹介。

    ・将来的に首相を目指したとしても、ヒロミは「僕は“排除”発言は一生忘れませんので」と消極的に回答。2017年に新党「希望の党」を結成した際、民進党からの全員受け入れを否定し、一部は「排除いたします」と選別したことを蒸し返した。

    ・首相について
    「女性でも男性でもどちらでもいいと思うんですよ。力があれば」
    「都知事選もこの時期にやるのがベストだったか、どうかというのも本当に俺は思ってたし」

    2020年7月7日 14:50
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/07/07/kiji/20200707s00041000190000c.html

    (略)


    no title

    引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1594198769/

    この記事を読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2020/07/03(金) 20:55:35.64 ID:gk5zU3mA9
    テラハ、演出に従わせる誓約書制作側、出演者と交わす

    フジテレビのリアリティー番組「テラスハウス」に出演したプロレスラー木村花さん(22)が、会員制交流サイト(SNS)で誹謗中傷を多数受けた後に死去した問題で、制作側が演出を含む指示に従わせる誓約書を出演者側と交わしていたことを、フジテレビが3日、定例会見で明らかにした。

    フジテレビによると、誓約書には、誓約内容に違反して放送が中止になった場合、出演者が制作費分の損害賠償を負う内容も盛り込まれていた。

    フジテレビは「無理強いなどはない」「感情表現をねじ曲げるような指示はしていない」とし、「演出とは段取りなどのこと」と強調した。

    2020.07.03 デイリースポーツ
    https://www.daily.co.jp/society/main/2020/07/03/0013478249.shtml

    no title

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1593777335/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング