じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    社会

    スポンサーリンク

    1: minato ★ 2022/06/01(水) 15:47:07.75 ID:fHrivN+g9
    2022.6.1
    日経ビジネス副編集長

    新型コロナウイルスに関する厚生労働省の新集計で、ワクチンを未接種の人より2回接種済みの人の方が陽性者になる確率が高くなったとのデータが示された。
    同省が外部からの指摘を受けて「未接種者」の集計方法を見直したのをきっかけに、40~49歳など約半分の世代で逆転現象が明らかになった。
    政策決定に関わる基礎データの一つだけに、専門家からは「なぜ接種者の方が感染しやすいのか国は詳細を調べて公表すべきだ」との声が出ている。

     この逆転現象は、5月11日に厚労省の専門家会議「新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボード」に提出された資料で明らかになった。
    この会議はほぼ毎週開かれ、同省がワクチン接種歴別に新規陽性者数をとりまとめた資料を提出するのが習わしになってきた。

     5月11日の資料によると、4月11~17日に40~49歳、60~64歳、65~69歳、70~79歳の各世代で、ワクチンを2回接種した人10万人当たりの新規陽性者数が、未接種の人10万人当たりの新規陽性者数を上回った。30~39歳はほぼ同等だった。

     4月18~24日には30~39歳でも、2回接種者の新規陽性者数が未接種者のそれを上回った。その後、直近の5月25日までに報告された週次データでもほぼ同様の傾向が明らかになっている。

    https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00454/053100005/

    no title


    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1654066027/

    この記事を読む

    1: powder snow ★ 2022/05/30(月) 16:17:23.07 ID:M2NnnPs69
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5bfac49ee647304b0d037088e68c87decae1e6b9

    家族ぐるみで新型コロナ対策の持続化給付金の不正受給に関わったとして、警視庁は30日、三重県内に住む谷口光弘容疑者(47)を詐欺容疑で指名手配して写真を公開したほか、家族3人を同容疑で逮捕し発表した。

     光弘容疑者は海外に出国したとみられる。

     同庁は、光弘容疑者らの家族を中心とするグループが少なくとも計960件以上の不正な申請をし、計約9億6千万円分の受給に関わったとみている。ひとつのグループによる不正受給額としては過去最大規模という。

     逮捕されたのは、光弘容疑者の妻で会社役員谷口梨恵容疑者(45)、長男で職業不詳の大祈(だいき)容疑者(22)、次男(21)=事件当時19歳=の計3人。

     捜査2課によると、3人は2020年6~8月、兵庫県や東京都などの20~50代の男女3人の依頼を受け、コロナ禍で売り上げが減ったなどとする虚偽の内容の申請をし、持続化給付金300万円を国からだまし取った疑いがある。同課は3人の認否を明らかにしていない。

     3人はいずれも光弘容疑者の指示を受け、次男が名義人に代わって作成したうその確定申告書を税務署に提出して申告書の控えを入手し、妻と長男が申請手続きをしていたという。同課は、光弘容疑者が家族だけでなく複数の知人にも同様の役割を与えるなど十数人からなるグループを作り、不正申請を繰り返していたとみている。

     光弘容疑者らグループは「誰でもお金がもらえる」とセミナーを開いたり知人の紹介を受けたりして、全国から計約1780件の名義人を集め、このうち約960件以上について不正に給付金を受け取っていたという。給付金が振り込まれた名義人からは、1件あたり十数万~数十万円の報酬を得ていたとみられる。

     20年8月ごろ、持続化給付金事務局から警視庁に相談があり事件が発覚。光弘容疑者はその2カ月後にインドネシアへ出国したという。

    WS000000


    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1653895043/

    この記事を読む

    1: 生玉子 ★ 2022/05/25(水) 01:25:31.58 ID:i5FuObyn9
    誤送金された5月8日から資金をネットカジノにつぎ込んでいたという田口容疑者。町は誤送金の発覚後、副町長が田口容疑者の職場を訪れるなど、何度も返金を求めた。しかし、田口容疑者はこれを拒否し続けてきた。

    FNNが独自入手した町の職員が田口容疑者と4月21日に話し合った際の会話記録ではこう話している。

    田口容疑者:
    (4月14日)副町長来ました急に。会社来て「今から銀行連れて行っていいですか」ってやっぱおかしいじゃないですか

    このように町の職員に不満をぶつけ、返金に応じない心境を次のように語った。

    田口容疑者:
    (職場に来るとか)そういうのも余計僕からしたら火がつくもんなんですよ。もう許せなかったんですよ。「打撃を与えてやろう」と思った部分も正直ありました

    やりとりはまだ続き…

    町の職員:
    逃げようとかそういのは?

    田口容疑者:
    ないですないです。どっかの離島とかでひっそり暮らせたかもしれないけど、そういう考えはなかったです

    誤送金した4,630万円の大部分を回収したとする阿武町。しかし、残りの330万円の返還の見通しはまだ明らかになっていない。

    全文はソースでご確認ください。
    https://www.fnn.jp/articles/-/361791

    WS000000


    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1653409531/

    この記事を読む

    1: 風吹けば名無し 2022/05/17(火) 19:43:07.67 ID:l9r2KOYha

     国際政治学者の三浦瑠麗氏(41)が17日、「めざまし8」に出演。山口県阿武町が臨時特別給付金4630万円を24歳男性に誤送金し、回収できなくなった問題についてコメントした。
     三浦氏は「結構、刑事で問うのも難しいところがあるんじゃないかなという気がするんですね」とはじめ、「だから正直、阿武町としては民事裁判で不当利得返還請求っていうのをするわけですよね。でも、不当利得返還請求しか通らなかった場合に、彼が逃げ続けた場合って10年で時効になるわけですよね」と説明した。

     「2ちゃんねる」創設者の西村博之氏が過去に、誹謗中傷の書き込みを放置した管理者責任を問う裁判をいくつか抱え約30億円もの賠償金を請求されるも、それを無視したことを例に挙げ、「その人たちが地上波に出たり、ネットニュースに出たりしているわけですよ。だから、民間ではこのくらいのことは結構起きてるんじゃないかな」と予想。

    今回の男性について「社会的信用みたいなのを考えても、ひろゆきさんほどの知名度も何もない方だし、逃げ切れちゃうんじゃないかなっていう気もする」と私見を述べた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/56d42893a4f75fc91f937e58455362a898690b2d 


    スクリーンショット 2022-05-18 2.21.13

    引用元:https://eagle.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1652784187/

    この記事を読む

    1: 鬼瓦権蔵 ★ 2022/05/04(水) 15:44:21.47 ID:NysUNFjX9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a80920d183567c0b2269f74aaed20f4438012d8c


    自動車や飲料の缶に使われるアルミニウムの価格は世界的な需要拡大により高騰していて、名古屋市内ではアルミ缶の“持ち去り”が横行しています。
    ビンや缶などのごみの集積所を取材すると、生活のために自転車でアルミ缶を集めるホームレスと、車で大量のアルミ缶を持ち去る業者の間で、争奪戦が起きていました。

    ■世界的な需要拡大でアルミの価格が高騰…繰り広げられる“アルミ缶争奪戦“
    名古屋市中区のペットボトルやビン、缶など再利用できるごみの集積所となっている資源ステーション。
    そこへ、ハンドルや荷台に大量の空き缶をぶら下げた自転車でやって来た男性に話を聞きました。

    ホームレスの男性:
    「仕事もないもんで、そのためちょっとやってる…」

    ホームレスのこの男性は、アルミ缶を買取業者に持ち込み、生活のためにお金に換えています。

    2021年3月に1キロ約90円だったアルミ缶の価格は、2022年3月には約180円と、1年でほぼ2倍になりました。
    いま名古屋市中心部では、買い取り業者に持ち込むと1キロあたり170円で引き取ってくれるといいます。

    背景にあるのは、世界最大の生産国・中国をはじめとした世界的な需要の高まりです。日本アルミニウム協会によると、車体の軽量化が求められる電気自動車の製造など、様々な分野でニーズが拡大。
    アルミの輸出国であるロシアによるウクライナへの侵攻で先行きも不透明なことから、価格は今後も上昇する可能性があるといいます。

    ■車で片っ端から持っていく…ホームレスを悩ます車でアルミ缶を持ち去る業者
    自転車で住宅街を回り、アルミ缶を集めては回収業者に持ち込むホームレス。路上で暮らす人たちが、生活の糧にしているのは今も昔も変わりません。
    最近は、新型コロナの影響で“家飲み”が増え、ホームレスが集められる空き缶は増えているはずですが…。

    ホームレスの男性:
    「困っとる。飯代が作れん場合もある。あの人らは毎日やっている、月曜から金曜まで。全部持っていくから…」

    アルミ缶を集めるのに苦労しているといいます。

    別のホームレスの男性:
    「小さな業者が車で持っていく。車乗って回ればたくさん取れる。半端じゃないです、持っていく量が」

    車でアルミ缶を片っ端から持ち去る業者が目立ってきているといいます。

    ■“持ち去り”により市は最大3億円の損失…車で大量のアルミ缶を持ち去る業者
    市民が出した缶は、アルミとスチールに分別しプレスした後、業者に売却され市の収入になります。

    しかし、“持ち去り”により名古屋市では、本来得られるはずの1億5000万円から3億円ほどが失われているといいます。

    ■全てのごみ集積所のパトロールは経費的に無理…“持ち去り“に禁止条例がない名古屋市
    貴重な財源を守るため、この放置状態を何とかすることはできないのでしょうか。市に聞きました。

    名古屋市環境局の担当者:
    「市内に資源ステーションが約1万8000か所、それをパトロールするとなると、相当の人と経費がかかりますので…。費用対効果も考えますと、現在条例に至るまでにはなっておりません」

    アルミ缶が、収集した缶全体の50パーセント以上を占めている愛知県豊橋市や豊田市などの県内の中核市は、“持ち去り”について罰則付きの違反行為とする条例を設けています。
    しかし、名古屋市は売価が高いアルミの回収割合が全体の僅か5%程度で、その量も少ないのが現状です。

    車を使った持ち去りも頻発する今、生活の糧にしているホームレスへの支援の在り方と合わせ、改めて考える時期に来ているのかもしれません。 


    スクリーンショット 2022-05-04 18.25.46

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1651646661/

    この記事を読む

    1: ヒップアタック(SB-Android) [CA] 2022/05/01(日) 17:52:07.74 ID:j02EQi9H0● BE:769643272-2BP(2000)
    通報は「乗客の携帯電話からではないか」海保が認識 家族へ補償説明も近々に 知床観光船遭難

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3ec7871dcac7884acc6c043eb38340f8bd70d123

    北海道知床沖で26人乗りの観光船が遭難してから9日目の5月1日、海保の担当者が取材に応じ、遭難が発生してから海保への通報は、乗員からではなく乗客からの携帯電話ではないかとの認識を明らかにしました。

     1日午前の家族説明会に出席した第一管区海上保安本部のの横内伸明次長は、「北海道警の水中カメラが1日から加わって捜索している、潮の流れが早く、思うように進んでいないようだ」と説明。また「事故当時、海保への通報は乗客の携帯電話からではないかと認識している」と話しました。

     同じく家族説明会に出席した国交省の坂巻健太現地対策本部長は、観光船の運航会社が加入している保険会社と弁護士が東京で2日にも打ち合わせをすることなどを明らかにしました。

     坂巻本部長は、家族説明会には20人ほどが出席し、家族への諸費用の補償について、近々説明会を開く方向だとの説明があったということです。

     坂巻本部長によると、観光船「KAZU1(カズワン)」を所有する知床遊覧船の桂田精一社長は、「乗客1人につき上限1億円の対人賠償保険に入っているようだ」と話しています。

     行方不明の人たちの捜索は5月1日、北海道警の水中カメラが加わり、水中カメラ3台が投入され、また関係機関の船舶や地元観光船も海上から捜索を続けています。

     海保によりますと、4月30日には、海自が3回、海保が1回の計4回水中カメラでの捜索を行い、船体の後方の姿をとらえたほか、船体後部のドアが開いている状態だったことなどを確認したということです。

     残る12人の捜索が続けられています。

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1651395127/

    この記事を読む

    1: 孤高の旅人 ★ 2022/04/30(土) 13:21:43.34 ID:F2QDuR9/9
    桂田社長、沈没は「クジラの可能性」 知床の観光船事故
    4/30(土) 11:04配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/df0b4583c9c7fb765f40446218d68de3ceeb897c

     【斜里】オホーツク管内斜里町の知床半島沖で小型観光船「カズワン」が23日に遭難した事故で、運航会社「知床遊覧船」の桂田精一社長が、遭難した船の運航を正当化しているとも読めるメッセージを29日に従業員に送ったことが分かった。また、桂田氏が船体への浸水の原因を、動物との衝突と主張していることも、関係者への取材で分かった。

     メッセージはLINEで、経営する宿泊施設の従業員らに送信した。事故が起きたのはウトロ漁港に午後1時に戻るコース。桂田氏は「船が予定通り(午後1時に)戻れれば、(波高は)1メートル前後の許容範囲内だったことがわかります」と記した。続けて、事故があった23日のウトロ漁港の気象データを送信し、正午の波高が0・69メートルだったことを示した。

     ただ、実際には午後1時の波高は1・88メートル。予定通りに戻っていても、コース上の波高は同社の運航基準で定めた1メートルを超えていた可能性がある。桂田氏は27日の記者会見で、当日の運航について「今となれば、判断は間違っていた」と謝罪したが、会見2日後に送ったこのメッセージでは運航判断を正当化しているとも取れる。

     メッセージでは「マスコミは面白がり物語を作ります。なるだけテレビを見ないで」とも記した。

     また、桂田氏は関係者とのやりとりの中で「(遊覧船が戻る際は水深が)深い所をまわるので、水が漏れるような座礁はしない。ただ、クジラに当たったり、突き上げられると穴が空く可能性はある」と話し、確たる裏付けがないまま、事故原因は高波や座礁ではなく、動物との衝突と主張していたという。


    no title

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1651292503/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング