じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    社会

    スポンサーリンク

    1: サーバル ★ 2019/02/13(水) 08:17:57.58 ID:e1AGUl519
    賃貸不動産大手の「レオパレス21」が建設した全国の1300棟余りの建物で施工の不備が見つかった問題で、アパートのオーナーらで作る「被害者の会」が、国の検査体制に問題があったなどとして、国土交通省に対しレオパレスを管理下に置き調査や修繕工事を完全に実行させるなどの対策をとるよう要請しました。

    レオパレス21が建設した33都府県の1324棟の建物では、耐火構造や遮音性が国の基準を満たしていないなどの不備が新たに明らかになり、1万4400人余りの入居者のうち、特に危険性の高い641棟の7782人に対してできるだけ早い転居を求めています。
    この問題を受け、全国のアパートのオーナーらで作る「レオパレス違法建築被害者の会」の代表が東京を訪れ、国土交通省に対しレオパレスを管理下に置き調査や修繕工事を完全に実行させるなどの対策をとるよう要請しました。
    要請のあと記者会見した前田和彦会長は「大規模な違法建築を許したのは国の検査体制に問題があった。レオパレスが倒産する事態になれば、違法建築が放置されてしまう」と述べました。
    また、金融庁に対してもレオパレスの倒産を避けるため低金利融資など、経済支援をするよう求めたということです。
    前田会長は「入居者の命を守るためにも全力で活動していく。国には適切に対応してほしい」と話していました。

    「レオパレス違法建築被害者の会」の要請について、国土交通省は「詳細な話を聞いていないので現段階ではコメントできない」としています。
    https://www3.nhk.or.jp/lnews/shutoken/20190212/1000025437.html

    WS000001

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1550013477/

    この記事を読む

    1: スタス ★ 2019/02/07(木) 11:56:36.64 ID:4rnL0o1g9
    日野高でLGBT制服導入へ

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/tottori/20190206/4040002054.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    県立日野高校はLGBTと呼ばれる性的マイノリティーの人たちに配慮して性別に関わらずスカートやスラックスを自由に選べる新しい制服をこの春から導入します。

    6日は、日野高校の生徒の代表5人が県庁を訪れ、県教育委員会の山本仁志教育長に新しい制服を披露しました。
    新しい制服は、生徒や保護者などの意見を参考にこれまでの制服をリニューアルしたもので、
    LGBTと呼ばれる性的マイノリティーの人たちに配慮して生徒たちが性別に関わらずスカートやスラックスを自由に選ぶことができます。

    またこれまで女子生徒はリボン、男子生徒はネクタイを着用していましたが、新しい制服ではネクタイに統一されました。
    学校によりますとLGBTの人たちへの配慮に加えて、冬の寒い時期にはスラックスもはけるようにしてほしいと希望する女子生徒が多かったことも新たな制服を導入するきっかけになったということで、この春に入学する生徒たちが初めて着用することになります。

    スラックスの制服を着用して披露してみせた3年生の山本絢女さんは
    「私は冷え性なのでスラックスの方が暖かくていいです。制服の選択肢が増えるのはいいことだと思います」
    と話していました。

    県教育委員会によりますと県内の公立高校で性別に関わらず自由に制服を選べる取り組みを行うのは日野高校が7校目だということです。

    02/06 19:28

    WS000001

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1549508196/

    この記事を読む

    1: nita ★ 2019/02/01(金) 10:51:02.19 ID:LgcxAcc59
    2/1(金) 7:18配信
    朝日新聞デジタル

     茨城県は、LGBTなど性的少数者に対しての差別禁止を条例で明文化する。2月開会の県議会で成立した場合、都道府県でLGBTへの差別禁止を明文化するのは東京都に次いで2例目。また、条例とは別に、同性カップルに対して書類を発行するなどの対応も検討している。

     現在ある男女共同参画推進条例を改正して対応する。改正案は2月27日開会予定の県議会に提出、4月1日施行を目指している。

     県が30日までに県議会の主要会派に示した改正案によると、LGBTに対する差別禁止として、「何人も性的指向および性自認を理由とする不当な取り扱いを行ってはならない」などとする項目を加える。

     また、条例ではLGBTに加え、セクシュアルハラスメントなどを含めた問題に対する偏見、いじめを防止するため、県が情報提供や指導など必要な施策を講じることも規定する。いずれの項目にも罰則はない。

     県人権施策推進室によると、東京都渋谷区などが条例を定めて実施している、同性カップルに対して証明書発行などを行う「パートナーシップ制度」は盛り込まないが、後日に定める要項などで、パートナーであることを示す書類を出すなどの対応を検討している。

     実施している自治体では、現在は断られるケースもある病院での面会や手術の同意、会社の家族手当の受け取りなどの際に、証明書類として扱われることなどが期待されている。実現した場合、都道府県では初となる。

     県は昨年11月に改定した県総合計画で規定した「人権を尊重し、多様性を認め合う社会」の中で、性的少数者を含めた人権問題の対応を盛り込んでいた。県議会最大会派のいばらき自民は、「同性カップルを認めるパートナー制度は党内の意見は分かれるが、差別禁止については進めるべきだ」としており、条例改正案については可決される見込みだ。(重政紀元)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00000016-asahi-pol 

    no title

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1548985862/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [JP] 2019/01/26(土) 15:41:06.83 ID:bV394GsJ0 BE:123322212-PLT(13121)
    法務省では10年前から、日本の法令の外国語翻訳に着手、現在700を超える英訳を専用のホームページで無償公開している。
    しかし、翻訳に時間がかかることなどが課題となっていた。国際的な取引が重視される中、日本が「司法外交」を展開する上で法令の外国語翻訳の推進が必要とのことから、法務省は1月15日、有識者を集めた「日本法令の国際発信に向けた将来ビジョン会議」を設置。
    今後、ITやAIを活用した翻訳や、海外に向けた情報発信のあり方などを話し合うという。

    これを受けて、日本弁護士連合会は1月23日、法務大臣と会議座長に対し意見書を提出した。意見書では、法令英訳のスピードや質の向上、裁判例の外国語翻訳、中国語訳の導入などを求めている。同日に会見した日弁連の「国際活動に関する協議会」國谷史朗副議長は、
    「これまで法令翻訳は10年間の成果はあるものの、質・量ともにまだまだ不十分と思っています。さらなる体制の整備を日弁連としても求めていきたい」と話した。

    ●求められる法令の中国語訳
    意見書では、まず、「現在の日本法令外国語訳推進体制の改善について」として、企業や個人の活動がグローバル化している現在、法令外国語訳のスピードと質の向上の必要性を訴え、人材育成、AIの活用などを求めている。

    次に「法情報のコンテンツの充実について」として、法令のみならず、主要な裁判例の翻訳や外国語訳、また、英語だけでなく中国語訳の導入を求めている。

    その背景として、國谷副議長は「中国の方が観光客も含めて日本で激増しています。中国人による投資やM&Aも盛んになっています。
    そうした中国の方は英語に堪能ではありますが、中国当局とのやりとりの中で、中国語の文章が必要になります。
    そこで、日本の法令の中国語訳があれば、格段に進みます。また、すでに日本に住んでいる方が交通事故などのトラブルにあった際、その処理を全国の弁護士の方は相当、担当されていると思います。そうした時、ネットで中国語訳の法令が出てくるととても便利です」と説明した。

    https://www.bengo4.com/kokusai/n_9157/ 

    スクリーンショット 2019-01-26 17.05.41

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1548484866/

    この記事を読む

    1: ばーど ★ 2019/01/25(金) 21:11:42.09 ID:PLTMygLt9
     酩酊(めいてい)状態だった女子大生に乱暴したなどとして、準強制性交容疑などで計5回にわたって逮捕された慶応大2年の男子学生(22)について、横浜地検は25日、不起訴処分にしたと明らかにした。また、共犯として逮捕されていた犯行当時少年で同大1年の男子学生(20)ら3人についても不起訴処分とした。捜査関係者によると、いずれも示談が
    成立したとみられるという。

     慶応大2年の男子学生をめぐっては、昨年9月29日~12月25日までの間、同容疑や強制性交未遂容疑などで神奈川県警に計5回にわたって逮捕されていた。

     捜査関係者によると、男性学生らは取り調べに対して「酒を飲んでおり、覚えていない」「合意があったと思う」などと供述していた一方、早い段階で示談が成立していたケースもあり、すでに釈放されていた男子学生もいたという。

    2019.1.25 19:04
    産経新聞
    https://www.sankei.com/affairs/news/190125/afr1901250035-n1.html


    関連過去スレ
    【ミスター慶応】ファイナリストの慶應大学生(22)、準強制性交容疑で再逮捕 女子学生に性的暴行 路上で腹蹴り、頭にかかと落としも
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1539854092/

    【東京】性的暴行・腹蹴り“ミスター慶應ファイナリスト”の大学生を再逮捕 カラオケ店でわいせつ行為財布を盗んだ疑い 他慶応生も逮捕
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1542617878/

    no title

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1548418302/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(茸) [KR] 2019/01/21(月) 19:29:09.31 ID:eQSzY4Sj0 BE:172790954-PLT(12000)
    コンビニコーヒー100円カップに150円カフェラテの疑いで逮捕
    2019年1月21日 16時16分
    福岡県那珂川市のコンビニエンスストアで、コーヒー用の100円のカップを購入したのに150円のカフェラテを注いだとして、62歳の男が窃盗の疑いで逮捕されました。警察によりますと、男は以前にも代金より高い飲み物をカップに注いでいたとみられています。

    逮捕されたのは、那珂川市に住む自称・会社員の62歳の男です。

    男は21日午前7時半ごろ、那珂川市内のコンビニエンスストアで、コーヒー用の100円のカップを購入したのに150円のカフェラテを注いだ窃盗の疑いが持たれています。

    警察によりますと「100円のコーヒーカップに150円のカフェラテを注いでいる」という情報が常連の客から店に寄せられ、店が警戒していたところ、男がカフェラテを注いでいるのを確認しました。

    このため店のオーナーが問いただしたところ、男は「ボタンを押し間違えただけだ」と説明していましたが、警察の調べに対し、容疑を認めているということです。

    警察によりますと、男は以前にも支払った代金よりも高い飲み物をカップに注いでいたとみられるということで、警察がさらに詳しく調べています。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190121/k10011785331000.html

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1548066549/

    この記事を読む

    1: ガーディス ★ 2019/01/11(金) 10:40:18.59 ID:jpk2dZRt9
    静岡県小山町の2018年度の「ふるさと納税」の寄付金の受け入れ額が昨年末の時点で約249億円に達し、前年度の約9倍になったことが、同町への取材でわかった。昨秋から用意した、返礼割合4割のアマゾンギフト券が返礼品の大半を占めるという。17年度の寄付額1位は大阪府泉佐野市の約135億円だった。

     小山町は人口減対策などを進めるため、寄付額アップを目指して返礼品の内容を検討してきた。その結果、アマゾンのギフト券を昨年9~10月の週末にふるさと納税サイトに出し、11月23日からは毎日出していた。これが人気を集め、17年度に約27億4千万円だった寄付金額が約248億8千万円に達した。

     町は昨年12月27日、「返礼品や返礼割合を再検討するため」として寄付金受け入れを当面中断すると発表。同日から31日までの5日間だけで、「駆け込み」とみられる約66億7千万円の寄付が集まったという。町の担当者は「例年も年末は多いが、想像を超えた」と話す。

     総務省はふるさと納税について「返礼品を寄付額の3割以下」にするよう求めており、違反した自治体は6月から制度の対象外になる。(六分一真史)

    https://www.asahi.com/articles/ASM1B66BZM1BUTPB011.html 

    huruama-946x720

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1547170818/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング