じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    社会

    スポンサーリンク

    1: 七波羅探題 ★ 2022/12/06(火) 22:57:03.21 ID:6zndD5Ik9
    ニュースポストセブン2022.12.06 17:00
    https://www.news-postseven.com/archives/20221206_1819893.html?DETAIL

    たった1人の「子供の声がうるさい」という意見で廃止になった長野市内の公園。市に対して意見を言っていたのは大学の名誉教授だったことが週刊ポストの取材で明らかになった。その1人の声で、子供の遊び場である公園を閉鎖した市の対応には疑問の声があがっている。

    長野駅から車で10分ほどの住宅地に、問題の青木島遊園地はある。青木島小学校、青木島保育園、青木島児童センターに囲まれた場所にある青木島遊園地は2004年に地区住民の要望を受け、農地だった場所を公園として整備した。長野市の公園緑地課が管轄となって公園を整備し、隣接する青木島児童センターや地域ボランティアによって雑草駆除などの管理を行なってきた。青木島児童センターの責任者はこう話す。

    「児童センターは青木島遊園地ができたのと同時期に設立されました。保護者が就労していて自宅に不在の小学1、2年生を下校時間から保護者の仕事が終わるまでここで預かっています」

    ところが公園ができてからしばらくして、公園付近に自宅があるひとりの男性から児童センターに苦情が入る。国立大学の教授(当時)を務めていたこの男性は、 「子供を迎えに来る保護者の車のエンジン音がうるさい」と主張したという。児童センターの関係者は言う。

    「児童センターはこれを受け、駐車場に面した児童センターのガラスに、エンジンをかけっぱなしにしないよう張り紙をするなど対応しました。それでも『車のエンジン音がうるさい』という男性からの苦情の声は、変わらず児童センターや市の公園緑地課に寄せられました。市の公園緑地課はさらにそれを受けて、男性の自宅前にあった公園の入口を移動させ、自宅に近い場所で遊ばせないように植樹して子供の遊び場を限定、雲梯の位置も男性宅から遠い位置へと移動させるなど、さまざまな配慮をしました」

    教授だった男性は昨年3月に国立大学を退職し、名誉教授となった。すると程なくして、今度は青木島児童センターに「子供の声がうるさい」と男性から注意があったという。児童センターの責任者が説明する。

    ※以下リンク先で
    スクリーンショット 2022-12-07 2.48.29

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1670335023/

    この記事を読む

    1: ぐれ ★ 2022/12/04(日) 20:13:13.85 ID:Z9utGAOI9
    ※投稿日:2022.12.02 18:22FLASH編集部

     11月29日の「いいにくいことをいう日」に合わせて投稿された、あるツイートが注目を集めている。

    《公共事業削減という気分だけの安直な意見から、人手不足・予算不足で更新が遅れてる水道管、こんなんなってたりします。公共事業削減って言ってた人達、どうぞご覧ください。》

     添付されているのは、内側が赤いサビだらけになった水道管の写真だ。

     これを投稿したのは、上下水道やガスの配管工事などをおこなう、富山市の株式会社松下工業。このツイートは12月2日時点で1.3万回リツイートされ、2.4万の「いいね」がついている。

     このツイートには続きがある。

    《いいにくいこと、はサビサビになってる水道管、のことではなく、「安直安易無責任に公共事業削減に賛成してた人に対して、いろいろいいたいことがあります」ってところ、です。ええ、そこのとこ勘違いされませんように、っと。》

     これに対して

    《水道管や道路というインフラは一回敷設して終わりじゃなくて、“定期的”(ここ重要)にメンテする必要があるんですよね》

    《公共事業削減が将来に残す借金なんだよ!インフラ整備にケチってたらなんのための国なのか?》

     など、賛同するコメントが多数ある。

     ツイートについて、松下工業に話を聞いた。まずは写真の水道管について。

    「写真は当社で施工した、上水道のものです。40年以上前に布設された、内面ライニングがされてない鋳鉄管など、ですね。誤解されたくないのですが、内面は見てのとおりサビサビになっていますが、飲み水の品質には影響はありません」

     なぜこのような投稿を?

    「旧民主党政権以降、公共事業が削減され、公務員技師と、水道管工事をする会社や技術者が減っている現状です。その危機感を伝えたいと思い、投稿しました。また、水道管などライフラインの更新は、このような経年管の取り換えという大事な工事なので、ぜひご協力をいただきたいという意図もあります。

    続きは↓
    https://smart-flash.jp/sociopolitics/212150




    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1670152393/

    この記事を読む

    1: 七波羅探題 ★ 2022/12/02(金) 17:32:40.79 ID:Ssz54UmZ9
    信濃毎日新聞12/02 13:00
    https://www.shinmai.co.jp/news/article/CNTS2022120200129
    廃止が決まった青木島遊園地。長野市役所の「お知らせ」が張られている=11月24日、長野市青木島町大塚
    no title


    「子どもの声がうるさいからって公園を廃止してしまって良いのでしょうか?」。本紙「声のチカラ」(コエチカ)取材班に長野市民から疑問の声が寄せられた。都会では子どもの声を嫌って保育園などの用地が確保できない事例があると聞く。いったい何があったのか。現地を訪ね、関係者に話を聞いた。

    ■「長い間ご利用いただき、ありがとうございました」と張り紙
    公園は長野県長野市青木島町大塚にある青木島遊園地。小学校の体育館一つ半ぐらいの広さで閑静な住宅街にある。記者が初めて訪れた11月中旬はツツジやケヤキが見事に紅葉していたが、遊び回る子の姿はなかった。

    ふとフェンスの張り紙を見ると「青木島遊園地は、令和5年3月31日をもって廃止いたします」とあった。市役所が作った張り紙だ。原状復旧工事のため今月ごろから閉鎖するとし「長い間ご利用いただき、ありがとうございました」と結んでいた。

    ■多くの子どもたちが遊ぶ公園 当初は地元の要望を受けて開設
    管理する市公園緑地課を訪ねた。平沢智課長は「多数の子どもが訪れ、かなりの音が出ていたことが、廃止の一因であることは事実」と説明。隣には児童センターや保育園があり、子どもたちの格好の遊び場。それだけに平沢課長も「断腸の思い」とした。

    同課によると、青木島遊園地は2004年4月に地元から要望を受けて開設された。放課後には児童センターで過ごす大勢の子どもたちが遊びに来た。夕方の遅い時間帯には保護者たちのお迎えの車が相次いで出入りした。

    だが、まもなく一部の近隣住民から「うるさい」「子どもたちが走り回ってほこりが舞い、車が汚れる」などと苦情が出るようになったという。

    ■市は対策を講じたが
    そこで市は数年かけて対策を講じた。苦情を寄せた住民の家に子どもがなるべく近づかないよう、園内に最大8メートル幅の帯状にツツジを植えた。出入り口の位置も変更。児童センターでは、子どもを迎えにきた保護者にエンジンを止めるよう呼びかけた。だが、苦情は収まらなかった。

    遊園地廃止は昨年3月、苦情を寄せる住民が児童センターを直接訪れ、遊園地で子どもが静かに遊ぶ方法を考えるよう求めたことが直接の決め手になったという。

    ■近くの児童センターは「子どもが静かに遊ぶ方法などない。だが…」
    長野市が廃止する方針を決めた青木島遊園地。青木島児童センター(写真奥の建物)に隣接し、子どもたちの格好の遊び場になっていた

    児童センターは「子どもが静かに遊ぶ方法などない。だが、これ以上、迷惑はかけられない」(小林俊行館長)とし、子どもたちに遊園地を使わせない方針を決めた。児童センターは定員100人に対し利用登録は144人。夏休みや冬休みは終日、施設内で過ごさなければならなくなる子どもも少なくなく、職員は「何とか外で遊ばせてあげたいのだが」と言う。

    遊園地の草刈りなどは児童センターの職員や保護者が担っていたが、それもやめることにした。「遊園地を使えないのに維持管理だけを担えない」(小林館長)からだ。市は地元区長会などと協議し、新たな担い手を探したが見つからなかった。利用者もまばらになり、地元区長会は今年1月、「廃止もやむを得ない」と、市に伝えた。

    ■市は「一部住民に負担強いた」と重く受け止め
    子どもの声がうるさいと苦情を寄せた住民の家を訪ね、取材を申し込むと「これまで市役所に伝えてきた通りだ」と硬い表情で答えた。

    市公園緑地課の平沢課長は「開設から18年もの間、一部住民に負担を強いてきたことを重く受け止めた」。地元区長会の宮沢弘明会長も「廃止はやむを得ないと考える」と話す。

    ■よく遊ぶ子どもの親「新築の決め手だったのに…」
    一方、「残念でならない」と嘆くのは長女(3)と長男(1)を連れて遊園地でよく遊んでいた会社員女性(32)。昨年3月、近くに自宅を新築。「遊園地の存在が決め手の一つだったのに」と明かす。

    遊園地の隣で暮らす宮崎宜義さん(85)も「子ども好きなので声は気にならない。子どもたちのためにも存続してほしい」。近くのパート女性(66)は「子どもの声が気になることもある」としつつ、県外で暮らす孫が来た際に利用することもあり「残してほしい気持ちは強い」と話した。


    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1669969960/

    この記事を読む

    1: 木枯し ★ 2022/11/26(土) 23:17:27.39 ID:EZpqFVJS9
    尾辻かな子
    @otsujikanako

    JR大阪駅の御堂筋口。こんな広告が…。2022年の日本、女性の性的なイラストが堂々と駅出口で広告になるのか…。









    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1669472247/

    この記事を読む

    1: ぐれ ★ 2022/11/06(日) 22:37:07.22 ID:yZ/pK/Ha9
    >>2022年11月5日 5:00
    日本経済新聞

    日本人の身長は戦後一貫して伸びてきた印象がある。しかし実際は30年近く横ばいが続き、すでに低下が始まっているという調査もある。日本人はもう大きくならないのだろうか。

    平均身長、30年近く横ばい

    続きは↓
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUD223C30S2A021C2000000/
    【悲報】たぬかな「チビは人権ない」外人「ギャオオオオオオン!」→



    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1667741827/

    この記事を読む

    1: 木枯し ★ 2022/11/01(火) 10:03:24.13 ID:jWzLvYRy9
     10月29日、国際政治学者の三浦瑠麗氏(42)が日本経済新聞社とテレビ東京によるYouTubeチャンネル「日経テレ東大学」の動画に出演。政治と宗教の問題について物申したが、賛否両論の声があがっている。

     安倍元首相暗殺事件から早くも4ヶ月が経とうとしているが、未だにワイドショーは“旧統一教会問題”の話題で持ちきりだ。世間では、宗教団体と接点のある政治家の辞職を求める声や、宗教団体そのものの解散を求める声もあがっているが、議論が白熱していくうちに問題の本質からズレてしまうこともしばしば。公開された動画では、報道の在り方やこの話題に対する世間の関心について語られた。

     出演者の乙武洋匡氏は「『政治と宗教は~』みたいな話をしちゃうと話がこんがらがるので、シンプルにそれが宗教団体であろうがなんだろうが、違法行為を行っていたり、それが有罪判決を受けていたりっていうことが複数あった場合、その団体と政治が結びつくのってどうなの?っていう。宗教の話にしないほうがいいのかなって思ってるんですね」と提案した。

    これに三浦氏は「マルチ商法を応援しちゃっている政治家とか、パチンコや競馬はどうなんだろうって話をしだすと、実は結構外野に広がっていくんですよ」と、乙武氏の提案ではかなり広範囲に影響が出ることを指摘。さらに、安倍元首相を暗殺した山上容疑者を“宗教2世問題”の被害者として捉えるだけでなく、「虐待家庭の問題でもある」と語った。

     三浦氏は事件について「虐待家庭に育った青年がテロリストになっちゃった」という面で分析した上で「遺棄されて、どうしようもない母親の行動によって傷ついた青年を、誰かが救ってあげるべきだったんじゃないの?って話なんです」と持論を展開。
    さらに、山上容疑者の家庭に起きた献金問題について「たくさんあった財産がなくなったっていうのは、これはそんなに同情すべきかっていうのがあって。みんな1億円の資産ある人なんていないですからね、そんなに。あるいはそれを競馬でスったって同じじゃないですか。
    統一教会のいろんな手法は批判されるべきだけど、でもその過程は、統一教会なら救ってあげて、競馬なら救わないって法はないでしょ。っていう、議論が出来ないってことは結局、本質には関心ないんですよ」と語った。
     
     この発言に対しネット上では《自己責任の社会では、財産の失い方に関係はないし同意》《これは同感。あくまで自分で信者になってる以上、救済ありきの話になる意味が分からない》と、賛同の声もあがったが、《親が子供に競馬を強制することはほぼ無いけど、宗教2世問題はそうじゃないんだよな》《ただの屁理屈。的外れすぎて議論にもならない》《本質を分かってないのは三浦氏の方では?》と否定する声も多くあがっている。
     
     ギャンブルに例えた事で、批判を買ってしまったようだ。
     https://asagei.biz/excerpt/50556?all=1


    no title

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1667264604/

    この記事を読む

    1: ポンコツ ★ 2022/10/25(火) 11:07:16.09 ID:vFfkrNMB9
    国税庁は10月24日までに、国税をスマートフォンのコード決済などで支払えるサイトの概要を公開した。12月1日から利用可能。「PayPay」「d払い」「au PAY」「LINE Pay」「メルペイ」「Amazon Pay」の5種類が利用できる。
    政府は「キャッシュレス法」を基に、税金など国への支払いのキャッシュレス化を進めている。しかし決済事業者に支払う手数料については、対応がまちまちだ。国民年金保険料の納付などを除き、クレジットカード支払いの場合は納付者が手数料を負担する場合がほとんど。一方、住民税や固定資産税など自治体への納付については、地方自治法に基づいてクレジットカードや“Pay払い”が可能になりつつあり、“Pay払い”には手数料が発生していない(記事参照)。
    国税の“Pay払い”にあたっては、「アカウント残高を利用した支払方法のみ利用可能」としており、クレジットカードから直接支払う形は取れない。また、一度の納付での上限金額は30万円としている。

     当初、“Pay払い”は1月4日から可能となっていたがシステム開発が遅れ、導入を12月に延期していた。サイトのオープンやQ&Aの公開など詳細は12月1日に公表する。また案内を記したリーフレットについては11月8日に掲載を予定している。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2210/25/news095.html 


    スクリーンショット 2022-10-25 12.11.20

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1666663636/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング