じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    社会

    スポンサーリンク

    1: 名無しさん@涙目です。(岐阜県) [IT] 2017/08/24(木) 00:00:26.57 ID:MD+KZyF90 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
    06


    高須克弥 @katsuyatakasu
    「警視庁のホームページに高須クリニックの爆破予告が書き込まれ、現在お巡りさんたちが爆発物が
    ないか調べている」と報告なう。
    しばき隊とやらか百田尚樹先生にやった出口とそっくりだな。
    しばき隊は解散したんではないのか?
    テロリストじゃんか!営業妨害だろ?

    高須克弥 @katsuyatakasu
    爆破予告のあった東京の高須クリニックをくまなく調べたが爆発は発見できず、安全が確認されました。
    警視庁の皆様ありがとうございました。


    Mt_violaki @Mt_violaki
    警視庁のHP見ても予告を書き込む場所がないんだけど…


    高須克弥 @katsuyatakasu
    警視庁にお問い合わせください。
    僕は嘘をつきません。






    118: 名無しさん@涙目です。(四国地方) [JP] 2017/08/24(木) 00:34:03.23 ID:XZR5GLgW0
    高須克弥院長、クリニックに爆破予告があったことを明かす
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170823-00000275-sph-ent 

     高須クリニックの高須克弥院長(72)が23日、自身のツイッターでクリニックに爆破予告があったことを明かした。

     同日午後7時過ぎに「『警視庁のホームページに高須クリニックの爆破予告が書き込まれ、現在お巡りさんたちが爆発物がないか調べている』と報告なう」とつぶやいた。

     その10分後に「爆破予告のあった東京の高須クリニックをくまなく調べたが爆発は発見できず、安全が確認されました。警視庁の皆様ありがとうございました」と被害がなかったことを明かした。

    引用元:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1503500426/

    この記事を読む

    1: 野良ハムスター ★ 2017/08/20(日) 09:53:34.57 ID:CAP_USER9
    元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人とのふれあい、思い出などをつづります。

    *  *  *

    先日、とある行政機関に呼ばれて大勢の方の前でお話をする機会に恵まれたのですが、現地へ行き、担当の方と顔を合わせ、よろしくお願いしますと頭を下げたら付箋のいっぱいついた私の本を持っておられたのでお礼を言おうと思ってよくよく見ると、なんと図書館で借りた本!

    こんなことは初めてで、予期せぬ光景に私、思いもよらぬほど動揺してしまいました。顔を殴られたような感じがしたのです。必死に気持ちを立て直してなんとか元気にお話をして帰ってきましたが、どうにも心は沈んだまま。

    そう、私は傷ついていたのです。

    それが何であれ、仕事には相応の苦労が伴います。そして、それに敬意を表してお金を払ってくれる人がいて初めてその人は仕事を続けることができる。あなたが懸命に作ったものを当然のようにタダで持っていく人がいたらどう思いますか。自分にはそんなにも価値がないのかと傷つきませんか。いや借りたっていいんです。読んでいただいたことに感謝いたします。しかしやはり……。

    そんなことをぐるぐる考えていたのですが、ふと気づけば私とてマッタク偉そうなことは言えません。

    送料無料の本を買ってお得だと思っているのは私です。配達してくれる人への敬意はどこに? 宅配便を届ける人がいなくなっているのはきっと多忙のせいだけじゃない。私のような人間から投げつけられる「敬意のなさ」のつぶては人の心を静かに殺していくのだと思います。

    お金とは、自分の欲望を満たすための手段。これまでずっと当たり前にそう思ってきた。だから同じものならちょっとでも安く、あわよくばタダで手に入ればラッキーと思ってきました。

    でも世の中はつながっているのです。得をした自分の反対側には確実に損をしている人がいる。そして気づけば自分がいつの間にかその損をする側に回っていた。これを因果応報という。ここから抜け出すにはまず自分のお金の使い方を考えねばなりません。

    ※AERA 2017年8月14-21日号
    no title

    https://dot.asahi.com/aera/2017081500062.html 

    引用元:http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1503190414/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [JP] 2017/08/16(水) 10:13:31.09 ID:k0RI5tHv0 BE:329591784-PLT(12100) ポイント特典
    飼い犬への年1回の接種が義務づけられている狂犬病ワクチンをめぐって、獣医師がもめている。
    自治体からの委託で集団接種をしている獣医師会の設定料金に対して、獣医師会に所属しない獣医師が格安で実施。愛犬家にはうれしいことだが、獣医師会は「国民の健康を守るワクチンなのに、このままでは接種率が下がってしまう」と反発する。いったい何が起きているのか。

    本間獣医科医院(本院・静岡県磐田市)は今年、ホームセンターなど21都府県の305カ所で狂犬病のワクチン接種を行った。料金は1回2千円(税抜き)。獣医師会の設定料金より3割ほど安い。「消費者サイドに立って、安全なワクチン接種を適正な値段でやっている」

    こうした動きの広がりに対して、獣医師会からは「国民の健康のための事業で、ビジネス感覚でディスカウント(値下げ)が広く行われている」といった批判が出ている。

    狂犬病のワクチン接種は、狂犬病予防法で義務づけられている。飼い主は同法に基づいて自治体に犬を登録。
    自治体は毎年4~6月に集団接種を行い、登録された犬の飼い主に接種を呼びかける。自治体が集団接種を委託するのが各地の獣医師会で、料金は1回3千円前後がほとんどだ。

    この料金設定は、自治体の了解のもとで決められる。獣医師会にとっては重要な収入源で、その一部は獣医師向けの狂犬病の講習会など公益事業にも使われる。収入が減ると獣医師会が弱体化し、自治体による集団接種の実施に悪影響が出る、というのが獣医師会側の主張だ。

    実際、獣医師会の組織率は低下している。日本獣医師会によると、2004年の組織率は約88%だったが、14年は約69%に落ちている。

    一方で、獣医師会に所属していない獣医師らは、「集団接種ではなく、ホームセンターなど身近な場所で行えば、利便性が高く、飼い主は接種しやすくなる」と主張する。こんなデータがある。神戸市で11年に接種を受けた約5万9千匹のうち、約1万9千匹は獣医師会に所属していない獣医師が実施したという。

    no title


    http://www.asahi.com/articles/ASK8H5746K8HUTIL01J.html?iref=comtop_8_06

    引用元:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1502846011/

    この記事を読む

    1: トト◆53THiZ2UOpr5 2017/08/05(土)10:52:49 ID:???
    自治体、再び外国人職員増 10年ぶり5000人超
    2017/8/5 0:00

     自治体で働く外国人職員が増えている。政府の国際交流プログラムを通じ全国に派遣される非常勤職員は今夏、10年ぶりに5000人を超える見通しだ。
    群馬県高崎市が学校の外国語助手を4割増やし、岩手県平泉町は観光振興に向け初採用する。貿易摩擦対策で始まった制度だが、訪日観光客や外国籍住民へのサービス充実といった「実需」がニーズを押し上げている。  

    (下略)

    ※全文は日経新聞の会員ページになります
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB21HEJ_W7A720C1EA6000/ 


    school_class_english

    引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1501897969/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区) [US] 2017/05/19(金) 06:13:01.35 ID:pHtISGcR0 BE:155869954-2BP(1501)
    式辞に歌詞引用、著作権料を
    京大HP掲載でJASRAC

     昨年ノーベル文学賞を受賞した米歌手ボブ・ディランさんの歌の一節を、京都大の山極寿一総長が取りあげた4月の入学式の式辞について、日本音楽著作権協会(JASRAC)がウェブ上に掲載した分の使用料を京大に請求していることが18日、関係者への取材で分かった。
    ディランさんの楽曲を管理するJASRACは「個別の事案のコメントは差し控える」、京大広報課は請求された事実を認め「根拠の詳細を知らされていないため、特に対応していない」としている。

     式辞は京大のホームページで閲覧できる。山極総長は、京大の学風につながる「自由な発想」に関する説明の一環でディランさんの歌「風に吹かれて」を紹介。
    「答えは風に吹かれている」などと歌詞の一節を引きながら、常識にとらわれないことの大切さを説いている。ディランさんの歌詞は日本語訳を含め、式辞全体の1割弱を占める。式辞の最後には、ディランさんの歌の出典が記載されている。

     京大によると、約1週間前にJASRAC関係者から、許諾の手続きを求める電話があった。
    回答期限は示されなかったという。

     京都新聞の取材に対しJASRACは「一般論として、ウェブ上にある音楽著作物には利用手続きが必要となる」と説明。
    商用目的でなくても、歌詞を印刷できる仕様でウェブ上に掲載すると、1回の閲覧につき数十円が必要になる場合があるという。

    ※以下略
    http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20170519000004


    平成29年度学部入学式 式辞 (2017年4月7日)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/about/president/speech/2017/170407_1.html 


    no title

    引用元:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1495141981/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング