じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    中国

    スポンサーリンク

    1: Felis silvestris catus ★ 2020/11/26(木) 18:02:10.50 ID:n/Tw9GEJ9
    http://j.people.com.cn/n3/2020/1126/c95952-9791141.html

    世界保健機関(WHO)は公式サイトで23日、同日の新型コロナウイルス関連定例記者会見の動画を公開した。WHOの緊急事態対応を統括するマイケル・ライアン氏はその席上、新型コロナウイルスは早くから世界各地で、異なる時期に人々に感染していた可能性が高いと述べた。

    ロシア・スプートニクの情報によると、ライアン氏は同日の記者会見で、「世界初の感染者の特定は、すべての疫学的調査において重要だ。(新型コロナウイルスの)初の感染者は1人に留まらないかもしれない。この感染症が数種類の動物由来である可能性が高いからだ。新型コロナウイルスが当初、世界各地に分布していたことを示す情報が増え続けている。研究者は最近コウモリの体内からこのウイルスを発見したが、各地でもその他の潜在的な発生源を発見されている」と指摘した。

    専門家は、「新型コロナウイルスが自然界由来であり、主な宿主がコウモリであることは間違いない」と述べた。しかしウイルスのヒトへの感染には複数の感染源があり、かつ長期的に感染が続く。ライアン氏は、「新型コロナウイルスの伝播経路がヒトか動物かは現時点では不明で、単に『このウイルスが武漢の海鮮市場で発見された』ということに過ぎない」と強調した。(編集YF)

    no title

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1606381330/

    この記事を読む

    1: トッポ(静岡県) [US] 2020/10/19(月) 15:17:07.42 ID:wIW5C2sN0● BE:789862737-2BP(2000)
    [ワシントン 17日 ロイター] - 中国政府は米政府に対し、米司法省による中国軍と関係がある中国からの研究者の訴追に対応し、中国に在留する米国人を拘束する可能性があると警告した。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が17日に報じた。
    同紙が関係者の話として報じたところによると、中国の当局者らはさまざまな外交チャンネルを通じて米側に繰り返し警告のメッセージを発したという。
    この中で米国は国内の裁判所への中国人研究者の訴追をやめるべきだと訴え、さもなければ中国在留の米国人は中国の法律違反を指摘される可能性があるとした。
    米国務省が9月14日に出した中国への渡航勧告は、中国政府は「外国政府との交渉を有利にする材料を得る」ために米市民の恣意的な拘束や出国禁止を行っているとしていた。
    ホワイトハウスに報道について聞いたところ、国務省に問い合わせるようにとの回答があった。国務省は電子メールで「中国政府に対しては、最高レベルも含め、米市民や他の国々の市民に対する出国禁止を威圧目的で使用することに関して米側の懸念を強調しており、透明性があり公正な手続きが確認できるまで訴え続ける」とした。在ワシントンの中国大使館はコメントの求めに応じなかった。
    2020/10/17
    https://jp.reuters.com/article/usa-china-idJPL4N2HA0E4 


    no title

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1603088227/

    この記事を読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/09/11(金) 01:48:00.63 ID:AD75LTDn9
    台湾メディアは、台湾国防部が10日夜に会見し、中国軍が9日と10日、大規模な軍事演習を行い、台湾の防空識別圏に多数の軍用機が進入したと報じた。

    戦闘機の「スホイ30」などが、あわせておよそ40回にわたり進入したということで、「深刻な挑発行為だ」と非難している。

    https://www.fnn.jp/articles/CX/83692

    no title

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1599756480/

    この記事を読む

    1: テルモデスルフォバクテリウム(茸) [JP] 2020/08/22(土) 11:23:33.39 ID:JoIgm1sM0● BE:271912485-2BP(2000)
    アングル:中国ハイテク企業株が人気 米制裁で調達現地化に期待

    [上海 20日 ロイター] - 米国が中国ハイテク企業への締め付けを強める中、中国の政府機関や国有企業はコンピューター・ネットワークで利用する米国製品を自国製品に切り替える努力を進めている。このため投資家の間では中国ハイテク企業株が有望視され、株価が上昇している。

    ここ数カ月、中国地方政府と中国電信(チャイナ・テレコム)などの国有企業は国内産業の育成を狙い、製品の調達先をマイクロソフト、オラクル、IBMなどの米国企業から国内企業に変更する計画を打ち出している。

    中国IT株.CSIINTの指数は年初から30%近く値上がりし、上昇率は優良株指数.CSI300の2倍に達した。

    https://jp.reuters.com/article/usa-china-wechat-explainer-idJPKBN25H0LL 


    no title

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1598063013/

    この記事を読む

    1: 新種のホケモン ★ 2020/08/20(木) 14:49:36.05 ID:CAP_USER
     米国が中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の制裁強化を打ち出した。ファーウェイは1兆円超の電子部品を日本企業から昨年調達している。日本メーカーへの影響は必至で、ファーウェイ日本法人は取引先の動揺回避に躍起だ。

     日本法人は制裁強化について「半導体チップセットが対象であり、それ以外の部品などは含まれない」とするコメントを18日公表した。日本の部品各社の不安を抑える狙いとみられる。

     ただ半導体チップセットは第5世代(5G)移動通信システム向け最新スマートフォンの主要部品で、入手できなければスマホ生産自体が停滞し、部品各社の打撃となる可能性がある。

    共同通信 8/20(木) 14:33
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2395edf27db8f41583c65f47271cba24ff0e984e 

    no title

    引用元:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1597902576/

    この記事を読む

    1: Toy Soldiers ★ 2020/08/16(日) 10:31:27.79 ID:kPglQ7C/9
     中国共産党系の環球時報(電子版)は8日、中国の短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の禁止は二国間関係に大きな影響を与えることになると中国が日本に警告していたことが分かったと報じた。

    環球時報によると、ロイター通信は7日付の記事で、「日本のTBSが7日、日本政府関係者の話として伝えたところによると、TikTokの禁止は二国間関係に大きな影響を与えることになると中国が日本に警告した」と伝えた。

    ロイター通信は、日本の与党・自民党の議員連盟が、TikTokについて、利用者の個人情報が中国政府に渡るおそれがあるとして、規制に向けた法整備を政府に求める方針であることを紹介した上で、「日本の外務省からのコメントは得られていない。日本政府もTikTokの禁止を検討していると明言していない」と伝えている。

    環球時報は、こうしたロイター通信の報道を取り上げた上で、「トランプ米大統領がTikTokについて、利用者の個人情報の流出を理由に使用禁止を表明すると、日本の埼玉県、神戸市、大阪府は相次いで、TikTokの使用やアカウント更新を停止すると発表した」と伝えている。

    https://news.nifty.com/article/world/china/12181-826426/ 

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1597541487/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング