じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    中国

    スポンサーリンク

    1: powder snow ★ 2015/10/24(土) 17:08:51.52 ID:???*.net
    http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015102400119

    沖縄県石垣市の尖閣諸島沖で24日、中国海警局の「海警」2隻が日本の領海に侵入し、約2時間航行した。
    中国公船の領海侵入は9日以来で、今年29回目。

     第11管区海上保安本部(那覇市)によると、海警「2501」「2506」は午前10時すぎに魚釣島南西で
    相次いで領海に入った。2隻はその後、東南東に向けて航行し、正午ごろ、南小島南南東で領海を出た。(2015/10/24-13:47)

     bf8ca499728e0bb497c12b41857d66cc

    引用元:http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1445674131/

    この記事を読む

    1: イス攻撃(dion軍)@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 12:27:31.45 ID:2HoHFJ7Q0●.net BE:448218991-PLT(14145) ポイント特典
    原発に中国の技術導入、英国内に疑問と波紋拡大
    2015年10月23日 10時46分
     【ロンドン=角谷志保美】21日の英中首脳会談で、中国が独自開発した原子炉技術を英国の原子力発電所で導入する計画に両首脳が合意したことが、国内で波紋を広げている。

     原発の安全性への疑問に加え、国家の安全保障への脅威を訴える声も相次いでいる。

     英国を公式訪問中の習近平シージンピン中国国家主席とキャメロン英首相は同日、中国の原発事業会社「中国広核集団(CGN)」などが中心となって開発した新型原子炉「華竜1号」の技術を、英東部ブラッドウェル原発で活用することで一致した。
    仏電力公社が英南西部に建設するヒンクリーポイント原発にも、CGNが60億ポンド(約1兆1000億円)を出資することが決まった。

     キャメロン氏は首脳会談後の記者会見で、「歴史的な契約だ」と意義を強調。習氏も「中国企業が英国での原発事業に参加することで、今後の両国間の実質的な協力がいっそう増えることになる」と称賛した。CGNは「我が国の原発の海外進出にとって節目となる出来事だ」とする声明を発表した。

    キャプチャ


    http://www.yomiuri.co.jp/world/20151023-OYT1T50011.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1445570851/

    この記事を読む

    1: リバースパワースラム(茸)@\(^o^)/ 2015/10/21(水) 18:24:45.77 ID:5YfA2pqj0.net BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    中国、イギリスへの原発3機の輸出で最終合意・総工費は300億ポンド

    中国の習近平国家主席は20日、訪問先のイギリスのロンドンで記者会見を行い、イギリスへの原発の輸出で最終合意に達したことを発表した。

    今回、中国製原発の建設が決まったのは、英サマセット州ヒンクレイ・ポイント(Hinkley Point)原発、サフォーク州サイズウェル(Sizewell)原発、そしてエセックス州ブランドウェル(Bradwell )原発の合計3機で、最初の1機となるヒンクレイ・ポイント原発C号機の運用開始は2025年頃となる見通し。

    ヒンクレイ・ポイントC号機を始めとする原発の建設は、中国国営の原子力企業、CGNとフランスの原子力大手、EDFがコンソーシアム(企業連合体)を形成した上で、この中仏合弁のコンソーシアムによって進められることが計画されている。

    3機合わせた原発建設の総工費は300億ポンド(約5兆5000億円)にも及ぶもので、中国にとっては政治主導の外国向け先端技術輸出の一大成功例となることとなる。

    ヒンクレイ・ポイントC号機の建設計画はこれまでも度々、浮上しながらも、建造コストが過大となり過ぎることがネックとなり、頓挫してきたものとなる。

    今回、イギリス政府が中国製原発の大量導入を決定したことにより、イギリスは中国政府の後押しによる中国人観光客の到来など、中国効果の元で様々な経済派生効果を期待することができるようになることにもなる。

    国内の原子力発電所が中国の主導によって進められることには、一部で、安全保障上の懸念も生じてはいるものの、それを大幅に上回る経済効果が見込めることもあり、今のところイギリス国内では今回の決定を歓迎する動きの方が強い。

    c01_42ce11ef-f369-4cb9-ac52-afb1796806e6_1



    http://www.businessnewsline.com/news/201510210730420000.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1445419485/

    この記事を読む

    1: アルゼンチンバックブリーカー(dion軍)@\(^o^)/ 2015/10/21(水) 12:34:28.36 ID:/hlL+Zqd0●.net BE:448218991-PLT(14145) ポイント特典
    習氏演説の異様 「抗日」「日本の残虐性」晩餐会でも繰り返す チャールズ皇太子は欠席

     【ロンドン=内藤泰朗】英国を訪問している中国の習近平国家主席は20日、中国首脳としては初めて上下両院で演説し、第二次大戦ではともに「日本の侵略」に抗して戦ったと指摘。
    次いで開かれた公式晩餐(ばんさん)会のあいさつでも、大戦中の「日本の残虐性」を改めて強調し、中国の抗日史観を繰り返し披露した。

     習氏はまず、上下両院の演説で「今回の訪問が両国関係を新たな段階に引き上げることになるだろう」と言明。第二次大戦に関しては、英国が軍備や医薬品などを提供して「抗日戦争に協力した」ことなどを挙げ、「中英友好と世界正義に尽力した人たちの歴史は、忘れられることはない」と強調した。

     11分間弱の演説で、英中両国以外で取り上げられた国は日本だけだった。

     このほか習氏は、中国には2000年前から法的な憲章があったことを持ち出し、英国による民主主義の講義は受け付けないとの強い姿勢を示した。

    英紙の報道によると、習氏はこの後、エリザベス女王主催の公式晩餐会に列席した際にも、わずか数分のあいさつの中で、再び第二次大戦の話を持ち出した。「日本の残虐性」について報じた英国人ジャーナリストをあえて取り上げ、両国の国民は第二次大戦で「正義のために助け合い、ともに戦った」と繰り返し強調した。

     一方、中国の人権問題に批判的とされるチャールズ皇太子は、公式晩餐会を欠席した。

    キャプチャ


    http://www.sankei.com/world/news/151021/wor1510210028-n2.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1445398468/

    この記事を読む

    1: アルゼンチンバックブリーカー(dion軍)@\(^o^)/ 2015/10/21(水) 11:07:31.78 ID:/hlL+Zqd0●.net BE:448218991-PLT(14145) ポイント特典
    国連総会「核武装」で日中が応酬  10月21日 9時01分

    国連総会で軍縮問題を扱う委員会で、中国の軍縮大使が、「日本は原子力発電所の使用済み核燃料から取り出したプルトニウムを大量に保有しており、核開発に乗り出す可能性がある」と指摘したのに対し、日本の軍縮大使は核武装の意図はないと強く反論するなど、双方が応酬しました。

    ニューヨークの国連本部では、今月上旬から国連総会で軍縮問題を扱う第1委員会が始まり、20日には各国が核軍縮を巡る立場を表明しました。

    この中で、中国の傅聡軍縮大使は中国が核軍縮に取り組む姿勢を強調する一方で、日本が原子力発電所の使用済み核燃料から取り出したプルトニウムを47トン以上も保有しているうえ、国内には核武装を求める声も根強くあるとして、日本が核開発に乗り出す可能性があると指摘しました。

    そして、「なぜ日本はこれほど大量のプルトニウムを保有しているのか。日本はごく短時間で核兵器を保有することができる状況にある」と述べ、日本側に説明を求めました。

    これに対して日本の佐野利男軍縮大使は、日本はIAEA=国際原子力機関の査察を受け入れ、すべての核物質を監視下においているとしたうえで、「専守防衛を基本方針とする日本は、他国への軍事的な脅威になることはない。非核三原則も堅持している」と述べ、核武装の意図はないと強く反論しました。


    1


    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151021/k10010277181000.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1445393251/

    この記事を読む

    1: 極限紳士 ★ 2015/10/19(月) 22:42:25.11 ID:???*.net
    中国で納豆ブーム ラーメンと同価格、プチぜいたく品

    瀋陽=平賀拓哉

    2015年10月19日11時14分

     納豆や畳といった日本を代表する品物が中国で広まりつつある。ブームの担い手は、経済発展で生活水準が上がった都市部の住民たち。
    日中両国政府の関係はここ数年冷え込んでいるが、旅行などを通じて日本の生活や文化に触れた人たちの間で、粘り強い人気を保っている。

     「納豆(ナートウ)を食べてから病気になったことがないのよ」

     中国東北部の遼寧省瀋陽市に住む郭佩環さん(62)は2年前、インターネットで家庭用の納豆製造器を購入し、納豆を作り始めた。
    大豆500グラムを24時間水に浸した後、2時間蒸す。それを製造器に入れ、市販の納豆菌をふりかけてさらに22~24時間。ふたをあけると納豆の香りが広がる。

     郭さんは日本在住経験がある知人から納豆を勧められた。「最初は臭いと思ったが、次第に慣れた。今では自分が周囲に勧めている」と郭さん。
    しょうゆ、砂糖、ネギを混ぜ、ご飯とは別に納豆だけで食べるのがお気に入りだ。

     中国では「豆?(トウチー)」と呼ばれる豆の発酵食品はあるが、粘って糸を引く納豆を食べる習慣はなかった。
    納豆は日本食レストランか日本食品を扱う商店にしかなかったが、最近は都市部の大型スーパーで冷凍されたパック入り納豆が売られており、
    価格は中国産で3パック入り1セット10元(約190円)程度、日本からの輸入品は1セット20元(約380円)を超える。

     ただ、中国の庶民的な食堂ではラーメン1杯が10元程度で食べられるため、納豆はちょっとしたぜいたく品。
    このため中国では家庭用の納豆製造器も人気があり、納豆菌とセットで100元(約1900円)程度でネット販売されている。

     テレビの情報番組も納豆に注目。国営の中国中央テレビが昨年放映した番組では、「日本人の寿命が長いのは、納豆を食べていることと密接な関係がある」などと紹介した。
    こうした情報がインターネットや口コミで広がり、健康への関心が高い都市部の住民が食べるようになったようだ。


    b01_006


    ソース
    朝日新聞
    http://www.asahi.com/articles/ASH9C03RDH9BUHBI03C.html

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1445262145/

    この記事を読む

    1: キチンシンク(茸)@\(^o^)/ 2015/10/17(土) 16:42:29.08 ID:AECtw2DP0.net BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    IBM、中国へのソースコード開示に合意=関係者
    By EVA DOU
    2015 年 10 月 16 日 21:29 JST

     【北京】米IBMは中国に製品のソースコードを開示することに合意した。事情を知る関係者2人が明らかにした。
    中国政府の要求に米IT業界が反発する中、開示に踏み切る初の主要企業となる。

     関係者によれば、IBMは特許を有するソースコードの工業情報化省職員への開示を始めた。
    開示は密室で行い、情報を室外に持ち出すことはできない。IBMがどの製品のソースコードを開示したか、また職員に認められるコード閲覧時間は分かっていない。

     IBM中国の広報、工業情報化省報道官はコメント要請に返答しなかった。

     中国メディアの報道によると、IBMのスティーブ・ミルズ上級副社長が15日の北京での講演でソースコード共有に言及、中国での成長持続には政府の協力が必要との見方を示した。ミルズ氏の発言内容はこれまでに確認できていない。

     米国家安全保障局(NSA)の元委託職員エドワード・スノーデン氏が2013年、米国が海外で電子機器を利用し他国政府へのスパイ活動をしていたと暴露して以来、中国は米IT企業に対し、安全保障上のリスクがないことを証明するため製品のソースコードを提供するよう求めている。この期間、米IT各社は中国での販売低迷に苦慮してきた。

    8


    http://jp.wsj.com/articles/SB12341427128208613971804581296971582639768

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1445067749/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング