じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    中国

    スポンサーリンク

    1: 新種のホケモン ★ 2022/11/28(月) 08:47:48.46 ID:keVGeVsn
    中国国家航天局の月探査計画の総設計者を務める呉偉仁氏はこのほど、中国中央テレビの取材に応じて、中国は2028年ごろに、月基地の基本部分を完成させる予定と説明した。動力を供給するための原子力発電装置も設置する計画という。

    中国のは探査の「嫦娥計画」を進めている。直近では2020年11月に打ち上げられた嫦娥5号が、月に軟着陸して土壌サンプルを地球に持ち帰るサンプルリターンに成功した。

    呉氏によれば、月面基地の建設に投入されるのは嫦娥6、7、8号の3基だ。嫦娥6号は地球から見て月の裏側の土壌サンプル1.7キロを持ち帰る。成功すれば、人類は初めて月の裏側の土壌サンプルを入手したことになる。

    嫦娥7号は月の南極部分に着陸させる。嫦娥7号は飛翔して移動しながらの探索を行う。最も重要なのは水の探査だ。月の南極部分には、内部に水が存在する洞窟が存在する可能性がある。嫦娥7号は、1カ所または2カ所の洞窟を探査する考えだ。嫦娥7号と8号は、月面基地建設に必要な機材も運ぶ。

    月面基地はまず無人で組み立てて、完成してからほどなくして、人を月に送り込む。ただし、月面基地に人が常駐するのではなく、人を送り込むたびに活動拠点として使う。基地建設は月の南緯89度付近で、昼が180日程度続くので、かなり長期に渡った探査活動にも適している。

    また、月面基地は中国だけでなくロシアやその他の国の月探査隊の利用にも提供して国際科学基地として利用する。

    呉氏はまた、月面で利用するための原子力システムを開発中と説明した。詳細については言及しなかったが、これまでに、中国は月面で使うために1メガワット級の原子力システムを開発中と報じられたことがある。また送り込む月面車は、中国がこれまで月で使用した月面車よりもずっと大きく、人が乗ることもできるだろうという。

    また、月で大電力が利用できれば、通信用に強力な電波を送信することが可能なので、中国が次に計画している火星探査では、月面基地を中継局として利用することが考えられるという。

    呉氏によると、中国は今後10年から15年の間に、月面基地の建設以外にも小惑星探査、惑星探査、大型ロケットの開発の計4分野を進めていく。地球と月や火星との間で大重量の物資を輸送するために、少なくとも現有ロケットの4倍の推進力を持つロケットを開発する必要があるという。(翻訳・編集/如月隼人)

    Record China 2022年11月28日(月) 8時30分
    https://www.recordchina.co.jp/b905145-s25-c30-d0198.html 


    スクリーンショット 2022-11-28 11.50.06

    引用元:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1669592868/

    この記事を読む

    1: ショルダーアームブリーカー(東京都) [CN] 2022/11/21(月) 12:07:06.51 ID:/2TBiqk50● BE:448218991-PLT(14145)
    【マニラ共同】フィリピン軍は、南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島のうちフィリピンが実効支配するパグアサ(同ティトゥ)島近くの海上で20日、浮遊物を回収して持ち帰ろうとしたフィリピン軍のボートを中国海警局の船が妨害し、浮遊物を強奪したと発表した。この浮遊物は中国が打ち上げたロケットの残骸だとの情報が報じられている。

     フィリピン宇宙庁は9日、ミンドロ島沖など2カ所で、ロケットの残骸が複数発見されたと発表し、中国が10月31日に打ち上げた「長征5号B」だと推定していた。中国が頻繁にロケットを打ち上げる中、残骸が直撃事故を招くリスクが懸念されている。

    https://www.daily.co.jp/society/world/2022/11/21/0015826922.shtml
    スクリーンショット 2022-11-21 12.35.51

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1669000026/

    この記事を読む

    1: Stargazer ★ 2022/11/15(火) 00:06:42.38 ID:nvV0/Igi9
    中国政府は14日、中国本土で13日に新たに確認した新型コロナウイルス感染者は約1万5500人だったと発表、4月下旬以来の高水準となった。交流サイト(SNS)では大学生が四つんばいになって集団で歩き回ったり、段ボールで作った犬の模型を散歩させたりする動画が出回り、長引く行動制限で精神的に追い詰められているとの見方も出ている。

    (略)
    https://www.sankei.com/article/20221114-HNG6IXCRHRMILDVKI3QDOF3D4E/ 


    スクリーンショット 2022-11-15 1.34.42


    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1668438402/

    この記事を読む

    1: ごまカンパチ ★ 2022/10/25(火) 12:43:24.93 ID:BV6egVqe9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9d989c2d2d2a1b3cd344a5847e16b66c92738527

    中国の習近平総書記の異例の3期目入りが確定したことを受け、10月24日の米株式市場では中国企業の株価が25%も急落した。

    ニューヨークに上場する中国企業10社の時価総額は計677億ドル(約10兆円)減少し、各社とも8%以上下落した。
    下落を牽引したのは、オンライン小売のアリババとテクノロジー企業のピンドォドォ(?多多)の2社で、それぞれ13%と25%の下落に直面した。

    この下落は、200社以上ある米国上場の中国企業株全体に及び、ナスダック・ゴールデン・ドラゴン・チャイナ指数は24日に14.4%下落した。
    この日の急落は、中国が予想を上回る経済成長を報告し、米国市場が全般的に上昇し、ダウ平均とS&P500がそれぞれ1.3%と1.2%上昇した中で発生した。

    香港に上場する中国株を計測するハンセン中国企業指数も24日に6.4%下落し、オフショア人民元は対ドルで1.3%上昇して1ドル7.3069元をつけ、
    2010年以降の最安値に沈んだ。
    米上場の10大中国企業の時価総額は、2021年2月のピーク時の1兆6000億ドルから75%も下落し、24日に4010億ドルをつけた。

    UBSの国際投資主任のマーク・ヘーフェルは、24日の顧客向けメモで、
    「中国の政治は長い間不透明だったが、今回の急激な権力の統合は投資家の不安を増大させている」と述べた。

    OANDAのアナリストのエドワード・モヤは、習近平の3期目の指導部の発足は予想されたことだが、それでも「金融市場には歓迎されなかった」と述べ、
    投資家は習による強硬な企業統治と厳しい共産主義政策に不安を感じていると指摘した。
    ナスダック・ゴールデン・ドラゴン・チャイナ指数は24日に2013年以来の安値を付け、昨年春から80%近くも下落している。

    米国に上場している中国株は、パンデミックの初期に爆発的に上昇したが、米中間の政治的緊張の激化や、他の国よりもはるかに厳しいロックダウン、
    企業の規制強化などの相次ぐ逆風の中で株価は地に落ちている。
    中国の大手企業数社は今年初め、米国の監査要件を拒否し、米国での上場を廃止する計画を発表したが、
    米中両国が規制当局に追加の会計情報を提供することで合意し、8月に上場廃止を撤回していた。

    フォーブスは、アリババの共同創業者で筆頭株主であるジャック・マーの保有資産が、24日に9億ドル減少し、205億ドルになったと試算している。
    マーの資産は、2021年初頭の半分以下になっている。 


    スクリーンショット 2022-10-25 17.29.24

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1666669404/

    この記事を読む

    1: ペンシクロビル(茸) [US] 2022/09/25(日) 23:23:57.14 ID:7KwB3HRg0 BE:271912485-2BP(1500)

    2: コビシスタット(茸) [US] 2022/09/25(日) 23:24:49.29 ID:aDGKlplf0 BE:271912485-2BP(1500)
    動画




    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1664115837/

    この記事を読む

    1: ◆mZB81pkM/el0 (東京都) [KR] 2022/09/03(土) 12:25:52.01 ID:lMrQPaR20● BE:844481327-PLT(13345)
    【ワシントン共同】米国務省は2日、台湾への対艦ミサイル60基や空対空ミサイル100基などの売却を新たに承認したと発表した。売却額は最大11億600万ドル(約1550億円)。中国の軍事圧力を受ける台湾を支える。台湾海峡を巡って緊張が高まる中、中国の反発も予想される。

    米国は台湾関係法で、台湾が自衛のために必要とする武器の供与や防衛支援を約束している。国務省によると、売却を承認したのは対艦ミサイル「ハープーン」や空対空ミサイル「サイドワインダー」のほか、レーダー関連の機器など。台湾の自衛能力を維持するための定期的な武器売却の一環だと強調した。

    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/1018254 


    スクリーンショット 2022-09-03 16.38.49

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1662175552/

    この記事を読む

    1: アバカビル(兵庫県) [US] 2022/09/01(木) 18:39:36.69 ID:8zK5L63x0● BE:725951203-PLT(26252)
    国連人権トップ、退任直前に報告書「新疆で深刻な人権侵害」
    …中国は「内政干渉だ」

     【ジュネーブ=森井雄一】国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は8月31日夜(日本時間9月1日朝)、中国新疆ウイグル自治区で「深刻な人権侵害が行われてきた」と指摘する報告書を公表した。31日で任期満了のミチェル・バチェレ国連人権高等弁務官が退任する直前の発表となった。中国は「内政干渉だ」と反発している。

     同自治区では、少数民族ウイグル族の再教育施設収容などの人権侵害が指摘されており、国際社会の批判が高まっている。

     報告書では、中国政府が国内のイスラム過激派によるテロをウイグル族などのイスラム教徒と関連づけて行った「対テロ対策」について、「広範囲にわたって(ウイグル族などの)人権が不当に制限されてきた」と指摘した。多くの少数民族が組織的に収容された「職業技能教育訓練センター」を巡っては、収容者の扱いに懸念を示した上で、欧米各国が指摘してきた拷問や虐待などの疑いについて、「信憑性がある」とした。

     ウイグル族などのイスラム教徒に対する中国政府の対応については、「恣意的で差別的な拘束があり、基本的権利の制限や剥奪に該当する」との見方を示した上で、「人道に対する罪にあたる可能性がある」とした。

     中国政府に対しては、国際人権法に準拠する形で法律の運用や政策の実施を行うよう要求し、指摘した人権侵害についての調査を促した。「恣意的に拘束された人の解放や、差別的な政策の撤廃」も求めた。

    【以下略】

    https://www.yomiuri.co.jp/world/20220901-OYT1T50171/

    5: nemo@京都(兵庫県) [US] 2022/09/01(木) 18:42:11.65 ID:8zK5L63x0
    >>1の省略部分はこちら。

    https://www.yomiuri.co.jp/world/20220901-OYT1T50171/2/

    23: nemo@京都(兵庫県) [US] 2022/09/01(木) 19:11:14.27 ID:8zK5L63x0
    「中国の圧力」のソースはこれ。
    ----------
    中国外務省「報告書の公表に断固反対」

    中国外務省の趙立堅報道官は、8月31日の記者会見で「われわれは国連人権高等弁務官が新疆ウイグル自治区に関する報告書を公表することに断固反対する。
    報告書はアメリカなど少数の西側諸国が仕組んだ茶番劇であり、人権高等弁務官自身が正しい決断をすることを望む」と述べ、報告書が公表されることに反対する立場を示していました。
    ----------

    ついでに逆ギレも(笑
    ----------
    ジュネーブの中国政府代表部 独自の報告書を発表

    【略】

    そのうえで、英語で書かれた120ページ余りの独自の報告書を発表し、新疆ウイグル自治区の中国政府の政策の正当性を主張しました。
    ----------
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220901/k10013797911000.html 


    1

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1662025176/


    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング