じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    国際

    スポンサーリンク

    1: テキサスクローバーホールド(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 10:25:58.05 ID:LBRDLFv/0.net BE:532994879-PLT(13121) ポイント特典
     ドイツ西部ボルンハイムの当局は18日、今月14日から実施した男性の難民保護申請者による公営プール利用禁止措置を20日から解除すると発表した。

     当局は性的嫌がらせを受けたとの女性客らの苦情を受けて利用を禁止、難民支援団体などから批判が出ていた。

     ドイツでは西部ケルンで昨年末に外国人の男らが集団で女性を囲み性犯罪などに及んだ事件が発生、難民への警戒感が強まっている。(共同)

    BN-KF779_euroma_J_20150910090338


    引用元 http://www.sankei.com/world/news/160119/wor1601190022-n1.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1453166758/

    この記事を読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/01/15(金)21:19:45 ID:HAt
    【1月15日 AFP】(更新)ドイツ南部バイエルン(Bavarian)州の小さな町、ランツフート(Landshut)は14日、アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)独首相の難民受け入れ政策に抗議するため、シリア難民31人を乗せたバスを首都ベルリン(Berlin)の首相府に送り込んだ。

     バスを送り込んだのは、ランツフートのペーター・ドライエル(Peter Dreier)区長。
    移民の大量流入により、町では緊張が高まっているという。ドイツには昨年、110万人の移民が押し寄せている。

     ドライエル氏は、地元市民が「制限を設ける時」だと述べていると語り、
    「私たちはこうした人たちが社会に融合する手助けをしようとしている。
    だが、今年もまた、100万人か、それ以上の移民の波に直面するとすれば、もう無理だ」と述べた。

    「追い詰められた結果」だというこの行為について、同氏は昨年10月、メルケル首相に電話で警告したほか、13日には首相府に通達したとしている。

    バスが到着した首相府前には大勢の報道陣が集まったが、政府当局者は現れなかった。

     バスの周囲を警察官と報道陣が取り囲む中、庁舎内でドライエル区長らとベルリン市当局者が話し合う姿や、行く末を不安そうに見守る難民らがときおり外のテレビカメラに神経質な目線を向ける姿がみられた。

     2時間後、ドライエル区長は、ベルリン市内での当日のホテル滞在費用を私費でまかなうことで合意したと表明。また、バスの費用も「私人」によって支払われ、公費が使われていないことを強調した。

     ドライエル区長によれば、バスの難民の中にはベルリン市内の別の宿泊施設での滞在を後で検討したいと考えている人や、ハンブルク(Hamburg)への移動を希望している人などもいる。ドライエル氏は、戻りたい人はランツフートへ戻ることも可能だと付け加えた。(c)AFP/Frank ZELLER


    38


    続き AFPBB
    http://www.afpbb.com/articles/-/3073325?act=all

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 35◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1452776325/52

    引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1452860385/

    この記事を読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/01/15(金)16:25:09 ID:HAt
    デンマーク、ユトランド半島に位置する町ティステは、若い女性たちに対する難民からの性的嫌がらせや侮辱が後を絶たないため、早急に何らかの対策を講じる必要があると考えた。


    ティステに11月、難民受け入れに関する危機センターが設立された。
    伝えられたところによると、難民受け入れにより、町では問題が起こっているという。
    デンマークのテレビ局TV2がサイトで報じた。

    特に、難民が若い女性に嫌がらせをし、ティステでは夜間に住民と難民の間で常に衝突が起こっているという。ティステで家庭や未成年者の問題を担当しているラース・スロース責任者は、次のように語っている‐
    「私たちは、この町に問題があることを認めます。大勢の若い女性たちが、町が受け入れた難民から侮辱などを受けています」 またTV2が、町の夜間の秩序維持に努めている団体「ナイトレ○ブン」地域支部にも取材をしたところ、ティステでは夜間に外出先で危険を感じる若い女性の数が著しく増えていることが分かった。 スロース責任者によると、ティステは対策の一つとして、難民に対して性的分野におけるデンマークの習慣について教育する方針だという

    255bf_1351_67e9481c_a7374b87



    http://jp.sputniknews.com/europe/20160114/1436201.html


    引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1452842709/

    この記事を読む

    1: 雪崩式ブレーンバスター(dion軍)@\(^o^)/ 2016/01/15(金) 11:48:53.44 ID:315FyJ6l0.net BE:448218991-PLT(13145) ポイント特典
    ドイツ集団犯罪の被害者は739人に

     DPA通信は14日、ドイツ西部ケルンで外国人の男らが集団で女性を囲んで性犯罪に及んだり金品を強奪したりした事件で、被害者は739人に上ると報じた。検察当局の話として伝えた。

     事件は昨年12月31日に発生。約千人の男らが花火を人混みに打ち込むなどして暴れ、複数のグループが女性を囲み犯行に及んだ。容疑者の多くが難民保護申請者とみられ、難民らの受け入れに寛容なメルケル政権に対する批判が強まっている。
    (共同)

    WS000000



    http://www.sankei.com/world/news/160115/wor1601150004-n1.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1452826133/

    この記事を読む

    1: フライングニールキック(庭)@\(^o^)/ 2016/01/15(金) 09:07:11.94 ID:V0lVxmm50.net BE:273822876-PLT(12000) ポイント特典
     【ベルリン共同】ドイツの歴史研究機関「現代史研究所」(南部バイエルン州ミュンヘン)は14日までに、原文に批判的な注釈などを加えて再出版したナチスの独裁者ヒトラーの著書「わが闘争」の増刷を決めた。発行部数4千部に対し約1万5千部の注文が殺到し、売り切れ状態となったためだ。

     「わが闘争」はホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)で知られるナチスのイデオロギーの柱になった著書。
    第2次大戦後は事実上出版が禁じられてきただけに、一部のユダヤ系団体からは発売が社会に与える影響を懸念する声が上がっていた。

     8日の販売直後から入手困難に。価格は59ユーロ(約7500円)。

    0b202070


    http://this.kiji.is/60363686381469697?c=39546741839462401

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1452816431/

    この記事を読む

    1: 野良ハムスター ★ 2016/01/13(水) 10:42:45.91 ID:CAP_USER*.net
    ドイツ西部ケルンで女性らが暴行された事件の容疑者に、難民申請者二十二人がいたことが明らかになった。
    言語道断で捜査や処罰は必要だが、難民差別につながらぬよう冷静さを保ちたい。

    事件が起きたのは昨年十二月三十一日、大みそかの晩。目の前にケルン大聖堂を仰ぐ中央駅前の広場で、約千人の男らが暴れ、複数のグループに分かれて女性らに暴行、金品を奪った。

    年が明けても被害届が相次ぎ、実行犯の特定にも手間取って、事件の公表は遅れた。独内務省は先週末、容疑者三十二人の国籍を明らかにした。大半が中東や北アフリカの出身で、二十二人が難民申請者だった。

    メルケル首相は昨年九月、人道上の配慮から、シリアなどからの難民を積極的に受け入れる方針を表明。
    難民申請のため昨年、ドイツに入国した人数は百九万人に上った。各都市は分担して難民を受け入れ、宿泊施設を確保し、ボランティアらも加わって面倒をみている。

    容疑者の一人は警察官に「メルケル首相に招待されてこの国に来た。親切に扱え」と話していたという。
    事件に難民が関与していたとすれば、恩を仇(あだ)で返す許されない行為だ。
    真相を究明し、厳しく処罰するべきだろう。メルケル首相は、罪を犯した難民を、すみやかに強制送還するため、法改正をする考えを明らかにしている。やむを得ない措置だろう。

    事件があったケルンでは、反イスラム団体など約千七百人がデモをして移民排斥を訴え、旧東独地域ライプチヒでは、約二千人が難民に寛容なメルケル政権に抗議した、と報じられている。

    しかし、事件に乗じて、難民や移民への憎悪をあおることがあってはならない。
    大半の難民は受け入れてくれたドイツに感謝し、異国での生活に慣れようと努力している。
    トルコ人など移民の子や孫の世代は、ドイツ語を学び、独社会に溶け込んでいる。

    ドイツの難民保護や、人種差別への戒めは、ナチスのユダヤ人迫害への反省から基本法(憲法)に盛り込まれた、国づくりの基本理念だ。

    事件後も独政府は、難民受け入れ政策を堅持し、外国人差別への抗議デモに参加する市民も多い。

    殺到している難民に、今後も混乱や動揺はあるだろう。
    ドイツが戦後、養ってきた人道主義と理性でこそ、試練を乗り越えることができるはずだ。


    85955391_refugeegirl


    http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2016011302000128.html

    496: 名無しさん@1周年 2016/01/13(水) 11:28:39.73 ID:UTXgVBfr0.net
    >>1 今北用まとめ「欧州での移民・難民による集団性犯罪」 


    2015年、ケルンでは移民が問題になっていた。移民受け入れ推進派の女市長候補(現ケルン市長)が移民受け入れ反対派に襲われる
       ↓
    12月31日、ドイツ各地で外国人(移民難民)らが集団で大暴れ。
    後日、スイス、フィンランドでも大晦日に「浅黒い肌の男数人」による女性への性的暴行被害が数件あったと発表
    特にケルンでは一千人以上の暴徒(移民・難民)が女性たちへの強姦等の集団性犯罪。しかし、マスゴミは報道せず。
       ↓
    2016年1月4日、ようやくドイツのマスコミが報じて、大騒ぎ。翌日、各国通信社も小さく伝え始める。
       ↓
    1月5日、難民受け入れた独メルケル首相や独マスコミの報道しない姿勢に、ドイツ国民から怒りの声。抗議デモが始まる。
       ↓
    1月9日、ケルンでのドイツ人たちによる事件抗議デモ。しかし、警官隊が放水・催涙ガスで強硬鎮圧。各国マスコミは極右デモと報じる。
       ↓
    1月10日、ケルンで外国人らが相次いで襲われる事件多発
       ↓
    1月11日、大晦日ケルンでの事件に関して被害届500件以上、うち4割が性犯罪被害者。
    容疑者の多くが移民・難民の外国人であることが発表される。
       ↓
    1月12日,スウェーデンで昨年8月に発生した移民の集団性的暴行、当局が移民受入政策への配慮で発表控えていた「報道しない自由」事実発覚 
       ↓
    1月13日,日本の東京新聞が電波社説発表「ドイツ女性集団暴行、難民・移民への憎悪を煽るな。人道主義と理性で試練を乗り越えられる」 いまここ
    776: 名無しさん@1周年 2016/01/13(水) 11:56:59.93 ID:eGt208zA0.net
    >>496 
    ひどいオチだな

    780: 名無しさん@1周年 2016/01/13(水) 11:58:09.82 ID:7MvKn9KG0.net
    >>496 
    日本の未来の姿かもなwww

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1452649365/

    この記事を読む

    1: 逆落とし(dion軍)@\(^o^)/ 2016/01/12(火) 13:07:05.85 ID:C0L9jh6a0.net BE:448218991-PLT(13145) ポイント特典
    ドイツでは、ケルンでの事件発生以降、国民感情は、日に日に悪化している。
    ライプチヒでは、反移民団体による大規模な市民デモが行われていた。
    11日、反イスラム化運動を続ける団体「ペギーダ」が、東部ライプチヒで行った大規模集会には、およそ3,400人が集まり、一般市民も多く参加した。
    デモ参加者は、「メルケル首相は、責任を取れない決断を1人でした。彼女は去るべきだ」と述べた。
    一般市民の参加者は、さらに増えつつあり、大きなうねりとなっている。

    ケルンでの事件の余波は、広がる一方となっている。
    事件は、大みそかの夜、日本でも有名なケルンの大聖堂前で起きた。
    強盗や、わいせつなどの被害件数は、これまでに500件以上にのぼるということがわかっていて、容疑者の中には、中東やアフリカなどからの難民申請者が、多数含まれていることも明らかになった。
    目撃者は、「わたしの隣に女の子たちがいて、1人の女の子が『触らないで』と叫んでいたわ」と話した。

    WS000001


    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00313374.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1452571625/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング