じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    国際

    スポンサーリンク

    1: ばーど ★ 2019/01/17(木) 15:53:17.95 ID:l03kEb7K9
    米大学の最高峰の一つ、マサチューセッツ州ボストン近郊のハーバード大学が入学選考をめぐって揺れている。アジア系米国人を差別していると訴えられているのだ。判決次第では、黒人ら少数派を優遇する「積極的差別是正措置」の撤廃にもつながりかねない。(ボストン=鵜飼啓)

     「高校の成績は常にトップクラス。討論や数学の全国、州の大会で何度も入賞した。それなのにハーバードを含めた上位30校全てが入学を認めなかった」

     ハーバード大を相手取った訴訟を支援する中国出身のジョージ・シェン氏(50)は米国生まれの長男が大学選びをした3年前の経験を振り返った。同大の入学選考を調べ始め、アジア系米国人への差別を確信するようになった。

     大学を訴えたのはNPO「公平な入学選考を求める学生たち」(SFFA)。主張はこうだ。アジア系米国人は「大学進学適性試験」(SAT)などで好成績を収める傾向がある。だがアジア系への入学許可枠が少なく、ほかの人種より合格率が低い――。

     米国の大学では選考で人種を考慮することは認められているが、人種枠の設定は違憲とされる。これに対しSFFAは、アジア系の受験者が増えているのに2006~14年の合格者に占めるアジア系の割合が18~20%とほぼ一定だと指摘。他人種の割合も変化がなく、実質的に人種枠があると追及する。

     裁判では、学業成績だけで選べば入学者の43%がアジア系になるというハーバード大の内部試算も明らかになった。米国では積極的に発言する生徒の評価が高く、SFFAは「アジア系はおとなしい」との先入観でマイナス評価され、合格率が落ちると訴えた。

     これに対し大学側は「人種を含めた志望者の全ての要素から柔軟に判定している」などと反論する。

     学生や同窓生の25団体は裁判で大学擁護の意見書を提出した。その一つ、音楽グループ「21カラフル・クリムゾン」代表のジェームズ・マシューさん(20)はインド系米国人。白人が大半だったシカゴ郊外で生まれ育ち、周りとの違いを常に感じていた。「この国ではアジア系への偏見は間違いなくある」と話す。

     だが、ハーバードは、肌の色や背景の異なる様々な学生が共に学び、刺激を与え合う。「ここは国のリーダーも輩出する学校だ。多様性のある環境での教育が極めて大事」。入学選考で人種への一定の配慮は必要、との考えだ。

    ■黒人ら優遇に「逆差別」の声

     この裁判が注目されるのは、大学入学選考にとどまらず、差別されてきた黒人らの待遇を改善する「積極的差別是正措置」(アファーマティブ・アクション)の存廃にかかわるとみられているためだ。白人保守派は白人への「逆差別」と捉え、撤廃を目指してきた。

     今回もその延長線上で、原告側の真の狙いは、保守色を強める連邦最高裁まで持ち込み、積極的差別是正措置そのものを違憲とする判決を勝ち取ることではないか、とみられている。

     こうした見方を裏打ちするのが、原告SFFAの実態だ。サイトには「学生や親ら2万人以上のメンバーを抱える」とあり、裁判ではアジア系米国人を代弁する。だが大学側は「SFFAは会長のエドワード・ブラム氏が自身のイデオロギー的目標のために作った装置」と切り捨てる。

     ブラム氏は白人女性が08年、「人種を選考基準にすべきではない」とテキサス大を訴えた裁判の仕掛け人だった。この裁判では負けたが、今度はアジア系を前面に立てて揺さぶっているというわけだ。少数派優遇に批判的なトランプ政権はSFFAを支持する意見書を提出している。

     このため「アジア系がブラム氏に利用されている」との批判もある。だがSFFAと協力する中国系中心の「教育のためのアジア系米国人連合」(AACE)のユーコン・ジャオ会長は「我々はブラム氏に会う前から運動している。こちらがブラム氏の影響力を利用しているようなもの」と意に介さない。AACEはイエール、ブラウン、ダートマスなどの名門大にも入学選考で差別があるとして教育省や司法省に調査を求めている。

     一方、高等教育の構造的不平等を研究するコロンビア大学法学院のスーザン・スターム教授は「裁判が積極的差別是正措置との関係だけで語られるのは大きな問題」とする。

    以下ソース先で

    2019年1月16日07時23分
    https://www.asahi.com/articles/ASM1C34JXM1CUHBI00C.html

    no title

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1547707997/

    この記事を読む

    1: ばーど ★ 2019/01/15(火) 16:16:10.01 ID:qAwA6mwk9
    【ワシントン時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は14日、トランプ大統領が昨年、複数回にわたって北大西洋条約機構(NATO)から離脱したいとの意向を周囲に漏らしていたと報じた。国際協調に背を向けるトランプ氏はかねて、NATO加盟国による負担不足を批判し、米国の関与縮小もほのめかしていた。

    複数の政権高官によると、トランプ氏は昨年7月にブリュッセルで開催されたNATO首脳会議の前後、軍事同盟の必要性に疑問を呈し、政権幹部らに離脱したいと語っていた。いずれも非公式の場での発言だった。
     
    マティス前国防長官やボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)はトランプ氏の説得に追われる一方、首脳会議開始前に加盟国間で合意文書を作り上げるよう急がせたという。

    (2019/01/15-15:53)
    時事ドットコム
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019011500862&g=int 

    no title

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1547536570/

    この記事を読む

    1: クロ ★ 2019/01/10(木) 06:37:08.47 ID:NDz3iQ/i9
     ロシア外務省は日本大使を呼び出し、北方領土のロシア人住民は帰属が日本に変わることへの理解が必要だとした安倍総理大臣の発言などについて猛抗議しました。  

     ロシア外務省は9日に日本の上月大使を呼び出し、モルグロフ外務次官が安倍総理の最近の発言は「首脳間の合意の本質を著しくゆがめるものであり、両国民を混乱させる」と伝えたと発表しました。また、発表のなかで日本側の姿勢について「意図的に平.和条約を巡る問題を険悪にしている」と非難し、北方領土に対するロシアの主権を含む第2次大戦の結果を無条件に受け入れるべきだと主張しています。今月下旬に日ロ首脳会談が控えるなか、ロシア国内では北方領土の引き渡しに反対するデモが全土で計画されていて、高まる世論への配慮を示す狙いもあるものとみられます。

    テレ朝news
    2019-01-10 05:09  
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000144882.html 


    WS000002

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1547069828/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2019/01/02(水) 08:39:27.76 ID:CAP_USER9
    https://anonymous-post.mobi/archives/2398

    トランプ氏、新年ツイート
    「素晴らしいこと起こる」

    【ワシントン共同】トランプ米大統領は1日、ツイッターで「(私を)憎んでいる人やフェイク(偽)ニュースの報道機関も含め、皆さん新年おめでとう」と述べ、2019年には「わが国にとって素晴らしいことが起こる」と訴えた。

    トランプ氏を嫌うあまり言動の全てに反対する人を指す造語「トランプ錯乱症候群」に悩まされていない人にとっては「19年は素晴らしい年になる」と強調。「とにかく落ち着いて、乗り心地を楽しんで」と書き込み、政権を信頼するよう求めた。

    https://this.kiji.is/452842279313605729

    ※関連ツイート



    ネットの反応

    トランプのが上手だな
    おう、おめでとうトランプ
    皮肉やブラックジョークをよく言うのは知能が高い人の特長
    “悪口”ではなく皮肉やブラックジョークな
    やあ!ドナルド調子はどうだい?
    余裕だな
    さすがエンターテイナーだわ
    全世界同じ傾向になったな
    与党vs野党 ではなく 国民vsマスコミ
    ようやく世界が日本に追いついた
    任期満了できるように健康に気を遣ってドウゾ
    安倍も言っていいよ
    ほんとトランプっておもしろいよな
    安倍「(私を)憎んでいる人やフェイク(偽)ニュースの報道機関も含め、皆さん新年おめでとう」
    かつてこれほどエンターテイメント性の高い大統領がいただろうか
    このおっちゃん好きやわ
    正月からかますなぁ

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1546385967/

    この記事を読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/12/26(水) 16:21:37.14 ID:CAP_USER
    捕鯨の町、IWC脱退表明歓迎
    和歌山、反対活動に不安も
    2018/12/26 12:59  ©一般社団法人共同通信社

     政府が26日、国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を表明したことについて、古式捕鯨発祥の地として知られる和歌山県太地町の三軒一高町長は「捕鯨で生計を立てている国内の漁業者を守るための大きな決断。高く評価したい」と歓迎した。400年以上前から捕鯨の歴史がある同町では、商業捕鯨再開に期待が広がる一方、反捕鯨団体による妨害への不安もある。

     太地町で鯨肉の加工品を販売する男性(66)は「調査捕鯨が妨害を受けた年は鯨肉の在庫が不足した。商業捕鯨が再開されれば仕入れも安定するだろう」と話す。住民女性(73)は「過激な反捕鯨活動が増えるのではないか」と表情を曇らせた。

    819ce658

    https://this.kiji.is/450502615141827681?c=39546741839462401

    引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1545808897/

    この記事を読む

    1: 孤高の旅人 ★ 2018/12/26(水) 13:51:43.99 ID:CAP_USER9
    IWCから脱退表明 商業捕鯨再開へ

    日本が目指す商業捕鯨の再開などをめぐって国際的な対立が続く中、菅官房長官は記者会見で、IWC=国際捕鯨委員会から脱退し、来年7月から商業捕鯨を再開することを表明しました。

    この中で菅官房長官は「来年7月から商業捕鯨を再開することとし、国際捕鯨取締条約から脱退することを決定した」と述べ、来年7月からの商業捕鯨の再開に向けてIWCから脱退することを表明しました。

    その理由について「持続可能な商業捕鯨の実施を目指して30年以上にわたり、解決策を模索してきた。しかしながら、鯨資源の保護のみ重視する国々からの歩み寄りは見られず、ことし9月のIWC総会で鯨資源の持続的利用の立場と保護の立場の共存が不可能であることが改めて明らかになり、今回の決断に至った」と述べました。

    そして、脱退の効力が発生する来年7月から再開する商業捕鯨について、日本の領海とEEZ=排他的経済水域に限定し、南極海や南半球では行わないとしたうえで、国際法に従いIWCで採択された方式により算出される捕獲枠の範囲内で行うとしています。

    政府は1982年のIWC総会で商業捕鯨の一時停止が決議されたことから1988年以降、商業捕鯨を中断し、クジラの資源を調べるための調査捕鯨を続けてきました。

    その後、政府はクジラの資源量は回復しているとして、IWCに商業捕鯨の再開を20回以上にわたって提案してきましたが、反捕鯨国との対立で再開は認められませんでした。

    国際捕鯨取締条約では、来月1日までにIWCからの脱退を取りまとめ役のアメリカ政府に通告すれば、来年の6月30日に脱退できるとしています。

    政府は年内に脱退をアメリカ政府に通告し、今後、来年7月からの商業捕鯨の再開に向けて準備を進める方針ですが、反捕鯨国が反発することも予想されることから、自民党の関係議員などが関係国を訪れるなどして理解を求めることにしています。

    2018年12月26日 11時23分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181226/k10011760001000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

    WS000000

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1545799903/

    この記事を読む

    1: みつを ★ 2018/12/21(金) 07:32:41.72 ID:CAP_USER9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181221/k10011755141000.html

    米マティス国防長官 来年2月で辞任へ
    2018年12月21日 7時29分

    アメリカのトランプ大統領は20日、ツイッターでマティス国防長官が来年2月末で辞任すると明らかにしました。

    トランプ政権では閣僚や高官の辞任や解任が相次いでいますが、マティス国防長官はトランプ政権の発足当初から国防長官を務めてきました。国際協調を重視してきたマティス長官の辞任によってアメリカの安全保障政策に大きな影響が出ることも予想されます。


    no title

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1545345161/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング