じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    国際

    スポンサーリンク

    1: ニライカナイφ ★ 2017/02/09(木) 23:57:16.20 ID:CAP_USER9
    新大統領の支持率は過去最低。そんなアメリカで今この時期に、あからさまに“大統領を支持します”と示すような行動をとるのは勇気がいるもの。
    ミズーリ州では今月1日、トランプ支持派のキャップをかぶった少年にとんだ災難が降りかかったもようだ。『breitbart.com』が伝えている。

    ミズーリ州のセントルイスに暮らし、パークウェイ・ウエスト・スクールに通っているギャヴィン・コルティナ君(12)。
    母親のクリスティーナ・コルティナさんは不快感もあらわに、「このたびの騒動の結果、ギャヴィンが停学処分とはあまりにも不当です。
    息子にはもうそのキャップはかぶらないようにと話しました」と地元メディア『KMOV.com』のインタビューに述べている。

    事の発端は、大統領選挙においてトランプ氏のトレードマークとなっていた“Make America Great Again”のロゴが入った真っ赤なキャップをギャヴィン君がかぶり、スクールバスに乗ったこと。
    周囲からは「お前、メキシコ国境にヘンな壁を作りたいのか!?」などというヤジが飛び、あっという間にそれが激化。
    彼らはギャヴィン君の体を小突く、窓に押し付ける、叩くなど暴力すら加え、録画した者があったことからその様子はインターネットにも流出した。

    最初は公平な雰囲気であった学校側もギャヴィン君がトランプ支持派だと知ってか態度を一変させ、被害者であるはずのギャヴィン君に停学処分を言い渡した。
    これに対し、ギャヴィン君の母親が怒りとともにメディアに訴えた。
    こうしたことを受けてパークウェイ学区の教育委員会は騒動の真相を改めて調査し、6日には以下のような声明を発表した。

    「スクールバスの中で暴力行為を繰り広げた3人の生徒は、校則に基づきすべて停学処分となりました。
    (停学)期間終了後は両者の関係の平和的修復を図るプロセスに入る予定です。
    この学校のすべての生徒、職員、ご家族が一丸となっていくためにも、政治的見解の相違に対する理解や互いへの敬意などを学ぶ機会としたいと考えております。」

    ちなみにトランプ大統領の息子バロン君は、通学路を定期的に変更するなど最高のセキュリティスタッフに護られながら通学しているという。

    no title

    http://japan.techinsight.jp/2017/02/yokote201702071512.html

    58: 名無しさん@1周年 2017/02/10(金) 00:09:41.12 ID:ccjerrj30
    で、動画はどこにあるんだ?

    64: 名無しさん@1周年 2017/02/10(金) 00:10:29.36 ID:eecowUlR0
    >>58
    Student Bullied on School Bus for Wearing 'Make America Great Again' Hat
    https://www.youtube.com/watch?v=Fj0QtNDqjcQ


    引用元:http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1486652236/

    この記事を読む

    1: アトミックドロップ(dion軍) [CN] 2017/02/08(水) 16:23:01.14 ID:lx4QdaJ40 BE:448218991-PLT(13145) ポイント特典
    安倍首相が、トランプ大統領と行う10日の首脳会談にあわせて、2泊3日のアメリカ滞在中、ゴルフを27ホール回り、食事を多ければ、5回共にする方向で調整していることがわかった。

    安倍首相は9日午後、ワシントンに向けて出発し、現地時間10日に、トランプ大統領との首脳会談に臨む。

    その後、両首脳は、大統領専用機「エアフォースワン」でフロリダ州に移動し、翌11日にゴルフをする予定。

    ゴルフでは、午前中に1ラウンド、昼食を挟んで午後に、ハーフラウンドのあわせて27ホールを回る見通し。

    安倍首相とトランプ大統領は、3日間のうちに朝食を1回、昼食を2回、さらに夕食を2回と、多ければ5回、食事を共にする方向で調整していることもわかった。

    この異例の厚遇ぶりに、日本政府関係者は、「各国首脳が、トランプ大統領との会談をなかなか実現できない中、トランプ政権が、いかに日本を重視しているかの表れだ」との見方を示している。
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00349291.html 

     no title

    引用元:http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1486538581/

    この記事を読む

    1: リバースネックブリーカー(和歌山県) [CO] 2017/02/06(月) 23:03:08.68 ID:AupkRAnH0 BE:253246518-PLT(15000) ポイント特典
    ソース
    シュルツ氏がメルケル首相をリード、独首相候補の支持率調査
    http://jp.reuters.com/article/germany-politics-poll-idJPKBN15H31U

    no title

    no title

    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1486389788/

    この記事を読む

    1: 野良ハムスター ★ 2017/02/03(金) 10:13:55.78 ID:CAP_USER9
    川口マーン惠美 作家・拓殖大学日本文化研究所 客員教授

    ■欧州全土を襲った大寒波

    今年のドイツは、寒気、大雪、強風と三拍子揃った過酷な冬となった。

    北極圏の冷たい空気は、通常ならば一旦ノルウェー海あたりに出て、少し温度を上げるのだそうだが、今回は海上を経由しないまま、直接ヨーロッパ大陸に流れ込んだ。

    その影響で、ロシアや北欧だけでなく、中・東・南欧、バルカン半島、そしてアフリア北部までが、すっぽりと大寒気に包み込まれた。しかも、その極端な寒さが、3週間ものあいだ居座ったのである。

    1月4日には、ヨーロッパのハブ空港の一つであるイスタンブール空港が吹雪で閉鎖された。12日からは、ヨーロッパの広範囲を猛烈な吹雪が襲い、各地で大きな被害を出した。

    最低気温はノルウェーのマイナス42.4度、チェコのマイナス35.2度、バルカン半島はセルビアのマイナス33度など。一番極端だったのは、1月7日のアルバニア南部Bulquzaのマイナス22度。この地方の通常の1月の平均気温は1~2度だ。今年の記録は歴史的なものになるだろう。

    ドイツでもマイナス30度台を計測した。私の住むシュトゥットガルトも、昼間もずっと零下が続いた。

    ただ、ロシアやスカンジナビアやドイツがいくら寒くなろうとも、人々は長年の勘があるのでそれほど悲惨なことにはならない。しかし、普段なら真冬でも平均気温がプラスの地域が、突然、冷凍庫と化せば話は別だ。ホームレスの人々だけでなく、屋内でも凍死する者が出てくる。

    一番気の毒なのは、バルカン半島のあちこちで足止めを食らっている難民たちだった。

    ■メルケル首相の胸の内

    ドイツは2015年、89万人もの難民希望者を受け入れた。しかし2016年になってから、それらの難民の通り道となっていたバルカン半島の国々が、次々と国境を封鎖してしまった。

    つまり、途中まで来たものの先に進めず、あちこちに簡易テントを張って野宿している見捨てられた難民が、今もかなりいる。そこに大寒波が襲い、事態は極めて危険な水域に達した。

    1月20日、EUの機関である欧州基本権機関(本部ウィーン)はそれについて、「特に困難なのはセルビア・ハンガリー国境と、ブルガリアの状況」と訴えた。いうまでもなく、国境地帯は何もない荒野のような場所だ。気温は一時マイナス20度まで下がり、すでに半数は動けなくなっているという。

    一方、ブルガリアは12月だけで440人のも新規到着者がいたが、皆、まともな防寒の用意もなく、やはり凍死者が出たり、凍傷などの疾病が急増しているという。

    また、国連のUNHCR(難民高等弁務官事務所)によれば、現在セルビアにも、EU国境(ハンガリーの国境)を越えようとしている難民が少なくとも7200人おり、やはり凍えている。

    とはいえ私たちは、何もEUやら国連に言われなくても、難民が悲惨な状況に陥っていることは容易に想像できる。しかし、おかしいのは、そういう報道がドイツではほとんどないことだ。

    NGOが懸命に、乾いた衣類と暖かいスープなどを支給している様子がちらりとニュースで流れたきりで、あとはトランプ批判やら、この秋の総選挙を視野に入れた各党の大言壮語を聞かされるばかりだ。

    1月27日は、アウシュビッツがソ連軍によって解放された「ホロコースト記念日」で、連邦議会に生き残りの犠牲者を招いて式典が催されたが、政治家たちが、今、ヨーロッパの一角で大勢の凍死者が出ている状況を一切無視しているのは、どういうことだろう。凍死者の実数は、発表とは裏腹に、かなりの数に上るのではないか。

    2015年9月、メルケル首相が、ハンガリーで行き止まってしまっていた難民を受け入れることを決めたとき、ブダペスト駅周辺は確かに、野宿する難民で収拾のつかない状況になっていた。しかし、あれはハンガリーの首都で起こっていたことで、しかも真夏だった。誰も飢えたり、凍えたりしていたわけではない。

    それでもメルケル首相は全員を受け入れると頑張った。受け入れ数に上限を作ったなら、「それを越えた一人目は追い返すのか? そんな国は私の国ではない」とまで言ったのだ。

    そのメルケル氏の頭の中で、今、凍えている人々の姿はどういうふうに映っているのだろう。

    しかも当時、ドイツ人の人道主義と隣人愛の精神をあれほど自画自賛したメディアも、すっかり沈黙している。ドイツの難民政策は、今では経費と治安の問題にすり替わってしまった。

    全文はこちら↓
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50885 

    no title
     

    引用元:http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1486084435/

    この記事を読む

    1: ラ ケブラーダ(和歌山県) [CO] 2017/02/02(木) 13:08:11.00 ID:RKTs+NgU0 BE:253246518-PLT(15000) ポイント特典
    No ‘G’day, mate’: On call with Australian prime minister, Trump badgers and brags

    https://www.washingtonpost.com/world/national-security/no-gday-mate-on-call-with-australian-pm-trump-badgers-and-brags/2017/02/01/88a3bfb0-e8bf-11e6-80c2-30e57e57e05d_story.html


    他国の首相との公式な電話会談で、会話がまだ終わってないのに受話器を叩きつけて一方的に会談を終わらせるリーダー(米大統領)って・・・?
    (トランプ「大統領」とオーストラリア、ターンブル首相との電話会談についてワシントンポスト紙が報道したこと)

    https://twitter.com/tsukuru_agender/status/826987214697439236

    豪州のターンブル首相がトランプ氏と電話会談して首脳会談としては最悪のひどいこと言われたという豪ABCの記事。
    豪米は、豪州に流れ着いた難民の一定割合を米国が引き受ける協定を結んでいるが、
    トランプは爆撃犯はいらんとまくしたてたらしい。

    https://twitter.com/reservologic/status/826976584250691586 

     no title

    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1486008491/

    この記事を読む

    1: ラ ケブラーダ(和歌山県) [CO] 2017/02/02(木) 12:51:47.78 ID:RKTs+NgU0 BE:253246518-PLT(15000) ポイント特典
    A new Rasmussen Reports national telephone and online survey finds that 57% of Likely U.S.
    Voters favor a temporary ban on refugees from Syria, Iraq, Iran, Libya,
    Somalia, Sudan and Yemen until the federal government approves
    its ability to screen out potential terrorists from coming here. Thirty-three percent (33%) are opposed,
    while 10% are undecided. (To see survey question wording, click here.)

    ラスムッセンの電話とオンライン調査によれば、米国の有権者57%がシリア、イラク、イラン、リビア、
    ソマリア、スーダン、イエメンの入国拒否を支持。 33%が反対しており、10%は未定です。
    (アンケートの質問文を見るには、ここをクリックしてください)

    no title


    http://www.rasmussenreports.com/public_content/politics/current_events/immigration/january_2017/most_support_temporary_ban_on_newcomers_from_terrorist_havens

    引用元:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1486007507/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング