じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    国際

    スポンサーリンク

    1: ばーど ★ 2019/06/14(金) 18:49:45.35 ID:XbbKRQB09
    ホルムズ海峡付近で日本の海運会社が運航するタンカーが攻撃を受けた事について外務省は、14日、これを断固、非難する報道官談話を発表した。

    談話では「我が国の平和と繁栄を脅かす重大な事案として深刻に受け止めており、船舶を危険にさらすこのような行動を断固、非難する」としている。

    2019年6月14日 18時21分
    日テレNEWS24
    https://news.livedoor.com/article/detail/16619785/ 

    no title


    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1560505785/

    この記事を読む

    1: ばーど ★ 2019/06/13(木) 17:16:54.89 ID:F2L+NafP9
    世耕経済産業大臣は、「中東のホルムズ海峡付近で日本関係の積み荷を積んだ船が攻撃を受けたという情報が入ってきた」と明らかにしました。経済産業省が情報収集を進めています。

    世耕経済産業大臣は13日午後4時ごろ、日本ガス協会の会長らとの面会の冒頭で、「ホルムズ海峡付近で日本関係の積み荷を積んだ船が2隻、攻撃をされたという情報が入ってきた。先ほどから省内の緊急連絡会議を開いて、状況の報告を受けたところだ」と明らかにしました。

    そのうえで世耕大臣は「引き続き徹底した情報収集に努めるとともに、関係事業者への注意喚起やエネルギー供給体制の再確認を行い、必要な指示をした」と述べました。

    経済産業省によりますと、1隻は石油製品の原料となる「ナフサ」を積んで日本向けに輸送していた可能性があるということです。

    もう1隻は、シンガポールとタイ向けの船舶だという情報が入っているということです。

    また、現時点では、国内の大手石油会社による原油の輸入には影響はでていないとしています。

    ■1隻は日本の海運会社運航の外国籍船舶

    海運会社でつくる「日本船主協会」によりますと、攻撃されたという情報がある2隻のうち1隻は日本の海運会社が運航する外国籍の船舶だということです。

    海運会社からの報告では、詳しい被害状況は分かっていないものの、乗組員に日本人はおらず、けが人もいないという連絡が入っているとしています。

    日本船主協会は、情報収集を進めるとともに、会員の海運会社126社に対して注意喚起をしているということです。

    ■攻撃受けたのは「国華産業」が運航の船

    海事関係者によりますと、攻撃を受けたのは東京 千代田区の海運会社「国華産業」が運航するケミカル船だとみられ、けが人はいないということです。

    会社はNHKの取材に対し、「被害を受けたのは事実だ。現在、詳細を調べている」と話しています。

    ■政府が情報連絡室

    中東のホルムズ海峡で日本に関係する船舶に被害が発生したという情報を受けて、政府は午後3時、総理大臣官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置し、情報の収集と警戒にあたっています。

    2019年6月13日 17時07分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190613/k10011951171000.html?utm_int=all_contents_just-in_002
    no title

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1560413814/

    この記事を読む

    1: みつを ★ 2019/06/06(木) 03:36:51.85 ID:9jweV3eq9
    https://www.afpbb.com/articles/-/3228575?act=all

    ルノー、ゴーン被告を告訴へ 不正支出疑惑で
    2019年6月5日 17:20 
    発信地:パリ/フランス [ フランス ヨーロッパ 日本 アジア・オセアニア ]

    【6月5日 AFP】フランスのブリュノ・ルメール(Bruno Le Maire)経済・財務相は5日、仏自動車大手ルノー(Renault)が、計1100万ユーロ(約13億円)の不正支出疑惑をめぐり、前会長兼最高経営責任者(CEO)のカルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)被告を告訴する見込みだと語った。

     ルメール氏は現地BFMテレビのインタビューで「(フランス)政府はすべての要素を司法当局に引き渡すつもりで、告訴になるだろう」「国はルノー株主としての役割を十分に果たしていく」と述べた。仏政府はルノー株の15%を保有している。

     ルノー取締役会は4日、同社と日産自動車(Nissan Motor)が実施した内部監査の結果、両社がオランダに設立した合弁会社「ルノー日産BV」(RNBV)で、日産前会長でもあったゴーン被告が絡む1100万ユーロの不審な支出が見つかったことを明らかにしていた。

     日産での不正行為などをめぐり、昨年11月に東京で逮捕されたゴーン被告にとって、仏政府が後ろ盾となる新たな訴訟はさらに頭痛の種となるだろう。(c)AFP

    no title

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1559759811/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2019/06/01(土) 13:56:31.86 ID:/I1iYBPr9
    https://snjpn.net/archives/134283
    米朝首脳会談

    ほんこん
    「(トランプ大統領へのおもてなしを)在京テレビ局の司会者やコメンテーターが腐してたけど、(親密な関係が)こんだけ映ったら、防衛費にして何兆円っていう効果があるよ。これを見てプーチンとか習近平とか金正恩とかがどう思うか。なぜそこに想像力が働けへんのか。ナイスプレイ」
    no title

    (略)

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1559364991/

    この記事を読む

    1: シャチ ★ 2019/05/31(金) 10:13:18.45 ID:2sqMfdf/9
    5/31(金) 10:05配信 CNN.co.jp
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-35137802-cnn-int
    (CNN) ロシアのアルミニウム製造会社が、スカートやワンピース姿で出社した女性従業員に特別手当てを支給する制度を打ち出している。

    地元ラジオ局によると、スカート奨励制度はアルミニウム製造会社タトプロフが展開する社内キャンペーン「女性らしさを競うマラソン」の一環として導入した。

    同社幹部は国営通信社スプートニクの取材に対し、男性が同社従業員の70%を占めることを理由に「社員を元気づける素晴らしい手段」と位置付ける。

    「多くの女性は何も考えずにズボンを着用する。そこで女性社員の意識を高めてもらい、スカートやワンピースを選ぶことで自分たちの女性らしさと魅力を感じてもらいたい」「夏になるのでマラソンはちょうどよかった」。タトプロフ幹部はそう続けた。

    化粧をしてスカートかワンピース姿で出社した女性従業員には、100ルーブル(約170円)を支給する。この手当てを受け取るためには、自分を写した写真を会社に提出する必要がある。

    キャンペーン期間は5月27日~6月30日まで。

    CNNは同社にコメントを求めたが、返答はなかった。

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1559265198/

    この記事を読む

    1: クロ ★ 2019/05/30(木) 17:29:56.10 ID:j4YES+SI9
     すっかり夜の帳が下りても、記録的な日中の暑さの名残はいつまでも皇居を包み込み、その夜の興奮を伝えていた。

     5月27日の夜10時前、皇居・宮殿の南車寄せに、漆黒の米大統領専用車「ビースト」が停まった。宮殿から姿を見せたのは、天皇皇后両陛下とドナルド・トランプ米大統領(72才)夫妻だった。19時30分過ぎから宮殿「豊明殿」で開かれた宮中晩餐会、そして食後に「春秋の間」にてお茶を飲みながら歓談する「後席」を終え、両陛下が夫妻の見送りに出られた。

     皇后雅子さまが晩餐会の後席に出席されたのは、2003年10月以来、約16年ぶりのことだ。

     玄関で立ち止まったトランプ氏はゆっくりと息を吸い込むと、陛下の手を握り、お礼の言葉を述べた。続いて雅子さまに笑顔を向け、思いがけず、じっくり時間をかけて声をかけた。雅子さまが何度もうなずいて応えられる。

     驚かされたのは、その様子を見ていたメラニア夫人(49才)の名残惜しそうな表情だ。その日の午前中、同じ宮殿南車寄せで初めて両陛下と顔を合わせた時のクールな顔つきとは打って変わって、親しみの表情を浮かべて、雅子さまに声をかけて歩みよった。

     その瞬間、雅子さまは自ら夫人の手を握り、顔を寄せられた。夫人も自然にそれに応え、両頰を軽く触れ合わせるチークキスを交わされた──。日米外交関係者が言う。

    「雅子さまはトランプ夫妻とほぼ初対面ですが、短い時間でそこまで打ち解けられたことは驚きです。ただ、チークキスが持つ意味はそれだけではありません。

     通常、フランス人などヨーロッパの人たちは挨拶でチークキスをする慣習がありますが、アメリカ人はほとんどしません。雅子さまはアメリカに長くお住まいだったので、当然それをご存じでしょう。

     しかし、メラニアさんは東欧スロベニアの出身で、親しい友人にはチークキスをする文化がある。

    雅子さまは、そこまでご存じの上で、自ら自然な形で親愛の情を示されたのでしょう。相当に高いレベルの外交の技術をお持ちだということです」

     その日、初めてじっくりと両陛下と言葉を交わしたトランプ夫妻も、令和時代の「日本の天皇家の力」を驚きとともに実感したようだった。

     27日午前9時過ぎ、トランプ氏は、天皇陛下即位後最初の国賓として、皇居・宮殿「竹の間」で会見を行った。

     まず玄関で迎えられた両陛下の横に、今まで天皇皇后の国際親善の場にいたはずだった「通訳」がいない。英語で挨拶をされると、宮殿に入られる際には、雅子さま自らメラニア夫人に手を添えてエスコートする場面もあった。室内で待機されていた秋篠宮ご夫妻や安倍晋三首相夫妻のことも、両陛下自らご紹介された。

     その瞬間だった。身長190cmと大柄なトランプ氏が、常に笑みをたたえて堂々とホストを務められる陛下の存在感に圧倒されたのか、背筋を伸ばし、スーツのジャケットのボタンを留めて居住まいを正したのだ。

    「トランプ氏は他国の国家元首などと重要な会議や会見を行う時に、ジャケットのボタンを留めず、ラフな雰囲気であることも多い。しかし、今回は身なりを整え、礼を尽くさなければならないというオーラを、陛下から感じ取られたのだと思います」(皇室記者)

     さらに意外な様子は続く。両陛下は竹の間で着席されてからも、トランプ氏とメラニア夫人にそれぞれ、通訳なしで話しかけ続けられたのだ。途中、通訳が後ろについたが、通訳は両陛下の会話を聞いて、うなずくだけだった。

    「陛下は通訳の存在を忘れるほど熱心に会話され、途中で気づかれると、陛下が通訳の日本人男性をトランプ氏に紹介されるというシーンもありました」(前出・皇室記者)

    ※女性セブン2019年6月13日号

    2019年05月30日 07:00
    https://blogos.com/article/380591/

    3: あなたの1票は無駄になりました 2019/05/30(木) 17:33:26.23 ID:GtDJtwD70
    no title

    no title

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1559204996/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2019/05/29(水) 18:11:17.85 ID:Moyq1BoZ9

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1559121077/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング