じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    国際

    スポンサーリンク

    1: みつを ★ 2019/05/13(月) 22:59:46.12 ID:zeLpceM59
    no title
     

    https://twitter.com/tv_asahi_news/status/1127936087102328838


    2019/05/13

    【速報】NYダウ平均株価 下落幅が一時500ドル超える 米中の貿易摩擦激化受け 
    117: 名無しさん@1周年 2019/05/13(月) 23:22:08.55 ID:N2cjFQM20
    米国株、大幅反落 ダウ一時500ドル超下落、中国の報復関税受け
    2019/5/13 22:51

    ttps://www.nikkei.com/article/DGXLAS3LANY01_T10C19A5000000/ 

    13日の米株式相場は大幅に反落し、ダウ工業株30種平均は前週末に比べ500ドル超下げる場面があった。中国は13日、600億ドル分の米国製品について、追加関税の引き上げを発表。米中の対立激化への警戒感が一段と強まり、中国事業の比率が高い企業を中心に幅広い銘柄に売りが優勢となった。

    中略

    中国事業の比率が高い建機のキャタピラー、航空機のボーイング、スポーツ用品のナイキの下げが目立つ。アップルは5%強下げる場面があった。米政権が公表する第4弾ではスマートフォン(スマホ)「iPhone」が対象になる見通しで、市場の警戒感が強まった。貿易摩擦の激化の影響を受けやすいとして、エヌビディアなど半導体株も安い。米中の関税の応酬で米消費財の価格が上がれば、収益に影響が出るとの警戒感からウォルマートなど消費関連株も下げている。

    以下略

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1557755986/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2019/05/07(火) 21:25:37.64 ID:ExGZRlG29
    https://snjpn.net/archives/129065



    (略)


    no title

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1557231937/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [US] 2019/05/07(火) 08:08:16.97 ID:8H5Tdj8e0 BE:754019341-PLT(12345)
    安倍首相、韓国を除いて「韓半島の非核化、周辺国と共有」
    http://japanese.joins.com/article/059/253059.html

    安倍晋三首相が「今後とも日米は完全に一致して対応していくことで認識を一つにした」と述べた。

    (略)

    また、昨年米朝首脳会談で両首脳がやりとりした合意書に言及し
    「トランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が署名をし、朝鮮半島の完全な非核化で合意した」とし
    「この米朝合意の速やかな実現を目指していくことでトランプ氏と完全に一致した」と付け加えた。

    同時に、韓半島の非核化に関連した周辺国との協議について「首脳会談を通じてロシアのプーチン大統領とも、中国の習近平主席とも認識を共有している」と強調した。ただし、周辺国の中で韓国については言及しなかった。

    また、4日、北朝鮮が打ち上げた発射体については「日米専門家が共に分析するだろう」と明らかにした。

    (略)

    no title


    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1557184096/

    この記事を読む

    1: みなみ ★ 2019/05/01(水) 13:30:07.25 ID:qhIDDeSQ9
    5/1(水) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190501-00056266-jbpressz-int

    安倍晋三首相が4月末に訪米し、ドナルト・トランプ大統領と首脳会談を行った。5月と6月にも会談の予定があるという。日米両首脳の関係はきわめて親密に見える。両首脳は一体どんな絆で結ばれているのか。
    また、米国側の反トランプ勢力は「敵」の友に等しい安倍首相をなぜ批判しないのか。

     安倍・トランプ関係について、ワシントンを拠点にここ2年半ほど考察を続けてきた体験を基に論じてみたい。

    ■ 批判されなくなった親密すぎる関係

     安倍首相はこの4月26、27日の両日、トランプ大統領と長い時間をともに過ごした。公式会談に始まり、食事会、ゴルフ、メラニア大統領夫人の誕生パーティーでの懇談と、異例なほどの緊密な交流だった。

     トランプ大統領と他国の首脳との関係をみると、この交流がいかに特別かが分かる。
    つい最近の韓国の文在寅大統領の訪米では、首脳同士が1対1で過ごす時間はほんの数分だった。他の主要同盟国の最高指導者たちのトランプ大統領との接触をみても、安倍首相がどれほど特別かが歴然とする。
    なにしろ安倍首相はトランプ大統領との顔を合わせての会談が今回で10回目、電話での会談を含めればもう40回ほどになるというのだ。

    以下ソースで読んで

    no title

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1556685007/

    この記事を読む

    1: ガーディス ★ 2019/05/01(水) 04:15:43.81 ID:35hsUZF/9
    スクリーンショット 2019-05-01 5.03.02


    天皇陛下きょう退位 ニューヨーク・タイムズが皇室特集掲載

    天皇陛下の退位にあわせて、アメリカの有力紙ニューヨーク・タイムズの電子版は、戦後の日本の皇室について、5回にわたる特集を日本語で掲載しました。

    記事は東京支局のモトコ・リッチ支局長が執筆したもので、この中で、天皇陛下が終戦のよくとし、12歳の時、アメリカ人の女性教師から「ジミー」という平凡な名前で呼ばれたエピソードを紹介しています。

    そのうえで、この教師が英語教育を通じて、アメリカの民主主義的な思考に導く考えを持っていたことに触れ、
    「明仁は、日本を再形成するにあたって、アメリカが意図する価値を伝えるパイプ役として育成される」と記しています。

    また、天皇陛下が即位後に、先の大戦で激戦地となったアジア各国を訪問したことについては、
    「彼の平和主義のメッセージは、日本が海外からの評価を取り戻す助けになった」とする一方で、日本国内では意見が分かれ、
    「日本軍の行動を最小化しようとし、『謝罪の旅』に冷ややかな目を向け、日本はすでに十分に謝罪したと論じる右派もいた」と指摘しています。

    そのうえで、天皇陛下について「日本の極右に対する抑止力になっている。数十年にわたり、君主制を日本の軍国主義回帰に対する防波堤へと静かに再構築してきた」と記しています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190430/k10011902241000.html

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1556651743/

    この記事を読む

    102: ばーど ★ 2019/04/25(木) 11:26:39.65 ID:jpVFruHk9
    >>1
    ゴーン前会長の保釈再び認める決定 きょうにも保釈へ

    特別背任の罪で追起訴された日産自動車のゴーン前会長について東京地方裁判所は先月に続いて再び保釈を認める決定をしました。検察はこれを不服として準抗告するものとみられますが、裁判所が退ければゴーン前会長は早ければ25日にも保釈される見通しです。追加の保釈金は5億円だということです。

    no title

    2019年4月25日 11時19分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190425/k10011895971000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1556158811/

    この記事を読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 2019/04/24(水) 15:11:48.38 ID:CAP_USER
    「外交特権」悪用の実態をスクープです。

    東京都内で駐車違反をした外国の外交官ナンバーの車が、放置違反金の支払いを無視し、時効を迎えたケース、「踏み倒し」が、年間3,000件にのぼることがFNNの取材で初めてわかりました。

    このうち、ロシアと中国の2カ国が、半数近くを占めています。

    死亡事故を誘発することもある駐車違反。

    東京・港区。
    交通量の多い通りの駐車禁止区域に駐車された車。
    プレートは青色、大使館関係者らが使う外交官ナンバー。

    六本木の大通りでも、外交官ナンバーが、駐車禁止区域に駐車していた。

    外交官ナンバー運転者は、「(駐車違反ですよね?)はいはい、だから何? そこで食事してたんだ。で? (安全じゃないですよね?)安全じゃないのは知っているよ。(気にしない?)気にしないよ。駐車場がないんだから」と話した。

    外交官ナンバーにも取り締まりは行われる。

    パーキングチケットを使用せず駐車していた車に、駐車監視員が「放置車両確認標章」を取りつけていた。

    通常、駐車違反をした運転者が反則金を納めなければ、裁判にかけられることもある。

    車の所有者は、放置違反金を納めなければ、預貯金などを差し押さえられたりする。

    しかし外交官は、ウィーン条約に基づく外交特権があるため、裁判や差し押さえを免除される。

    都内で、外交官ナンバーが放置違反金を5年間支払わず時効を迎えた数が、2017年度だけで、およそ3,000件にのぼっていたことが関係者への取材で初めてわかった。

    国内の外交官ナンバーの登録台数は、およそ2,000台。
    年間に踏み倒された件数は、その1.5倍になる。

    外交官ナンバーが放置違反金を踏み倒した割合は、一般の車の280倍にのぼる計算。

    さらに、1件あたりの違反金を1万5,000円とすると、踏み倒しの総額は4,500万円にのぼる。

    また国別では、踏み倒し3,000件のうち、ロシアがおよそ25%(約750件)、中国がおよそ20%(約600件)を占めていたこともわかった。

    ロシア大使館と中国大使館は、取材に回答していない。

    外交特権を認めるウィーン条約は、理念を「友好関係の発展に貢献する」と掲げている。
    特権を悪用する国には、この理念に立ち戻ることが求められる。

    日本の外務省は、「外交使節団による駐車違反は誠に遺憾。国内関連法令の尊重の注意喚起を随時行っているが、今後も注意を払っていく」とコメントしている。


    ▼「外交特権」問題・情報募集
    フジテレビでは「外交特権」をめぐる問題を継続取材しています。
    情報提供してくださる方は、ぜひこちらまでご連絡ください。(ソース先にて。)

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190424-00416662-fnn-soci
    4/24(水) 11:43配信 FNN提供


    WS000006
    WS000007



    引用元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1556086308/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング