じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    国際

    スポンサーリンク

    1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [MA] 2019/03/21(木) 17:29:04.20 ID:EmmdVRdn0 BE:194767121-PLT(12001)
    日本の死刑制度が、予想外のところでオーストラリアとの関係に影を落としている。両国は、自衛隊とオーストラリア軍が相手国で共同訓練をしたり、滞在したりするときの地位協定を結ぼうと交渉している。だが、死刑制度がある日本と、すでに死刑制度を廃止した豪州との調整が難航している。交渉の行方は――。
     日豪訪問部隊協定は、日本の自衛隊と豪軍の部隊が相手国で共同訓練を実施する際や、災害時に相手国に派遣して滞在する際の法的な扱いを定める。
    締結されれば出入国の手続きが簡略化され、豪軍の軍用車両や戦闘機を自衛隊の演習場に持ち込んで訓練に使えるようになる。
     日本がこうした訪問部隊協定を外国と結ぶのは初めてとなる。豪州との協定を目指す背景には、中国の海洋進出をにらみ、防衛協力を深めようという日豪両国の狙いがある。
     安倍晋三首相とアボット首相(当時)は2014年7月の首脳会談で、締結に向けた協議を始めることで合意。昨年11月のモリソン首相との首脳会談では、2019年の早期に妥結させることで一致した。今年1月23日には、パイン国防相が岩屋毅防衛相と会談し、「(妥結は)3月末をめどとしている。機は熟している」と踏み込んだ経緯がある。
     ただ、その後、協議が順調に進んでいるわけではない。日本政府関係者によると、日本側は訓練などで訪日している豪軍関係者が公務外で罪を犯した場合は日本が優先的に刑事裁判権を持ち、自衛隊が豪州へ訪問した際に公務外で罪を犯せば、豪州が優先的に裁判権を持つことにするよう求めた。
    これに対し、死刑廃止国の豪州が懸念を表明。協議が滞っているという。

    no title

    https://www.asahi.com/articles/ASM3C5DPKM3CUTFK00F.html

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1553156944/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [ニダ] 2019/03/16(土) 20:02:29.52 ID:ksIrk33V0 BE:323057825-PLT(12000)
    アメリカ・アメリア島で「RMオークション」が2019年3月8日~9日に開催。
    21回目の開催となるアメリア・オークションでは全142台が出品されるなか、日本のスポーツカーも数多くリストに入っており、その人気ぶりをみせた。
    今回は国産スポーツカー4台と、高額落札モデルをトップ5を紹介しよう。

    1.1993年式 マツダRX-7(FD3S)
    no title

    落札価格(日本円):561万1485円

     個人コレクションから出品されたRX-7の走行距離は1万3600マイル(2万1887km)、2オーナーものだ。
    日本においても、ロータリーエンジンの搭載モデルとして、走り好きなファンを虜にした1台。
    漫画「頭文字D」や映画「ワイルドスピード」にも登場することから、海外でも高い人気ぶりをみせている。

    2.1996年式 日産フェアレディZ 300ZXツインターボ
    no title

    落札価格(日本円):591万6691円

     ロー&ワイドのスタイリングを持つZ32型フェアレディZも北米では人気の1台。
    日本では当時の自主規制によって国産車初の280馬力として話題となったが、
    自動車メディアでは「北米仕様は300馬力」というキャッチが目立ったモデルでもある。

    1994年式 トヨタ・スープラ ツインターボ タルガ
    no title

    落札価格(日本円):1932万9318円

     2019年1月のアメリカ・デトロイトショーで発表されたスープラ。
    今回、個人コレクションから放出された先代の80型スープラは、走行距離1万1200マイル(1万8024km)という個体だ。

     しかも新車から25年もの間にチューニングされることなく、オリジナルのまま過ごしてきたという。

    トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション」落札価格トップ5
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190316-00010004-amweb-bus_all&p=1

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1552734149/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2019/03/09(土) 21:47:01.73 ID:Bpowtbsv9
     内戦下のシリアで約3年4カ月拘束され、昨年10月に解放されたジャーナリストの安田純平さん(44)が9日、福岡市内で講演し、解放に向けて「日本政府が交渉したとか、金を払ったとか絶対あり得ないと思う」と身代金のやりとりを改めて否定し、政府の関与は全くなかったと強調した。

     安田さんは、2004年にイラクで取材中に拘束された際、「(事実と異なり)人質と報道されたことが、今回の人質につながった」と指摘。
     当時、日本政府が身代金を払って解放されたとの誤った認識が広まり、今回も支払いを期待したブローカーらが政府に接触していたと説明した。

    https://this.kiji.is/477076928223085665

    no title

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1552135621/

    この記事を読む

    1: プティフランスパン ★ 2019/03/07(木) 15:26:41.84 ID:rTqSAn1N9
    2019年3月7日 11時52分 J-CASTテレビウォッチ
    http://news.livedoor.com/article/detail/16122634/
    no title


    保釈され、きのう6日(2019年3月)午後4時半ごろ、東京拘置所の玄関に姿を見せた日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告(64)の姿に、報道陣から「エエッ!?」という声がいっせいに上がり、生中継をテレビで見ていた国民もビックリだっただろう。

    黄色の反射材がついた紺色の作業員服に、青い帽子と大きなマスク、メガネといういで立ちで、乗り込んだ車は日産ではなくスズキのシルバーの軽ワゴン車で、車の屋根に作業用のはしごが載っていた。

    午後8時すぎに弁護士事務所から出てきたときは、シャツにジャケット姿で、報道陣に囲まれてなかなか動きだせない車の中で、口元に手を当てたまま無言だった。

    ◇ ニューヨーク・タイムスも苦笑「交通指導員の制服のようだった」

    練馬区の作業服専門店の中島紳浩さんによると、ゴーンが着ていたのはジーベックというメーカーの作業服で、建築土木関係で良く着られている。稲妻マークの入った帽子は、電気設備を扱う会社の間で定番のものだ。ちなみに一式9528円。
    「建設屋さんの作業服に電気屋さんの帽子でちょっととんちんかん。素人の人が寄せ集めで着せた感じがあります」と中島さんは話す。

    この変装を世界はどう見たのか。アメリカのニューヨークタイムズ紙は「まるで交通指導員の制服のような変装」と報じた。また、映像を見たパリ市民は「変装なんて彼らしくない」「彼が本当にあの恰好を選んだの?」と苦笑した。
    フランス人記者の西村プペカリンさんも「想定外です。ゴーン被告は自分のイメージを異常に意識している人。フランス人にとってはありえないことです」と首をかしげた。

    住田裕子弁護士は「きのういろんな弁護士と話をしましたが、みんなこの変装にはびっくりしていました」といい、変装はゴーン本人の意志か弁護人がアドバイスしたのではないかとみる。

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1551940001/

    この記事を読む

    1: みつを ★ 2019/02/28(木) 03:15:44.11 ID:pk/waPTx9
    https://jp.reuters.com/article/northkorea-sanctions-russia-idJPKCN1QG0GL

    ワールド
    2019年2月27日 / 06:30 / 13時間前更新
    ロシアのタンカー、制裁対象の北朝鮮の船に海上で燃料供給
    Reuters Staff
    [ウラジオストク(ロシア) 26日 ロイター] - 核実験やミサイル発射を巡り国連の制裁対象となっている北朝鮮の船に対し、ロシアのタンカーが2017年10月から18年5月までに少なくとも4回、海上で燃料を供給したことが、タンカーに乗務していた船員2人の話で明らかになった。

    ロイターが確認した港湾の資料によると、このタンカーは17年10月13日から18年5月7日までの4回の航海で行先を中国の寧波市と届け出ていた。

    船員2人の話では、タンカーは出港後、ロシアの領海から離れた公海上で北朝鮮の国旗を掲げた「Chon Moyng-1」という名称のタンカーと接続し、燃料を移した。

    燃料を移す作業中、タンカーのトランスポンダー(無線信号に自動的に応答する発信装置)は作動していなかった。トランスポンダーは遭難した船舶を探す際に使われる。専門家によると、こうした状況から、トランスポンダーは意図的に停止された可能性があるという。
    (リンク先に続きあり)

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1551291344/

    この記事を読む

    1: クロ ★ 2019/02/20(水) 00:00:52.77 ID:AfVzYNk09
     【ロンドン=岡部伸】ホンダが英南部スウィンドン工場を閉鎖することに英国のクラーク民間企業・エネルギー・産業戦略相は19日、「スウィンドンと英国に壊滅的な決定だ」との声明を発表、失望感をあらわにした。
     フィナンシャル・タイムズ紙が1面トップで報じたほかBBC放送もニュース番組トップで伝え、欧州連合(EU)離脱をめぐり、英国経済への影響を懸念する声が高まっている。

     クラーク氏は、工場閉鎖は「技術力があり、献身的な数千人の熟練した従業員、家族、部品メーカー関係者らに厳しい打撃だ」と述べ、雇用維持に向けて作業部会を立ち上げる考えを表明。作業部会は国会議員、労働組合の代表者などで構成し、労働者の技術と専門知識を保ち、新たな職に移行させることを目標にすると述べた。
     英商工会議所も、自動車産業は「英製造業の先導者」で、工場閉鎖が地域や雇用に与える影響を懸念するとの声明を発表した。

    産経新聞
    https://www.sankei.com/world/news/190219/wor1902190019-n1.html 

    no title

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1550588452/

    この記事を読む

    1: ガーディス ★ 2019/02/18(月) 05:25:47.46 ID:uM0nH2/m9
    2019年2月17日 23時26分
    インドで初めてとなる国産の準高速列車として、15日に運行を始めたばかりの一番列車が、線路に迷い込んだ牛と衝突して故障し、国を挙げた鉄道の高速化が、ヒンドゥー教で神聖な生き物とされる牛に出はなをくじかれた形となりました。

    事故があったのは、インドで初めてとなる在来線を利用して時速160キロで走る国産の準高速列車です。

    インドメディアによりますと、15日、首都ニューデリーでモディ首相も出席して運行開始の式典が行われたあと、一番列車が北部の都市バラナシに向かい、16日に折り返しでニューデリーに戻る途中、線路に迷い込んだ牛と衝突して、電気系統やブレーキが故障しました。列車はその後、運行を再開し、ニューデリーに到着したということです。

    モディ政権は、日本の新幹線技術を導入した高速鉄道の建設を計画するなど、国を挙げて鉄道の高速化を進めていますが、人口の8割近くを占めるヒンドゥー教徒が、神聖な生き物だとする牛に出はなをくじかれた形となりました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190217/k10011818481000.html
    no title

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1550435147/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング