じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    在日

    スポンサーリンク

    1: なまはげ87度 ★@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 10:15:51.10 ID:???.net
    新関西国際空港会社は4月17日、ゴールデンウィーク期間中に関西空港の国際線を利用する旅客数が、同期間としては過去最高の約51万人になる見込みだと発表した。
    出発のピークは5月2日で2万5000人、到着は5月6日で2万4100人と予測している。対象期間は4月24日から5月6日までの13日間。

     国際線の総旅客数は前年比18%増の51万6600人で、1日あたり3万9700人。
    このうち出発が19%増の27万1600人(1日あたり2万900人)、到着が15%増の24万5000人(1日あたり1万8800人)と予測している。

     出発方面別の1日あたりの旅客数は、韓国が4200人(前年比20%増)で10年連続首位。
    中国が4100人(52%増)、台湾が3800人(23%増)と続いた。東南アジアは7%増の2900人と見ている。伸び率では、52%増の中国が1位となっている。

    PC24011011


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150418-00000002-awire-bus_all

    この記事を読む

    1: くじら1号 ★ 2015/04/02(木) 14:07:28.31 ID:???*.net
     北朝鮮産マツタケの不正輸入事件の関連先として、京都府警などが在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の許宗萬(ホジョンマン)議長と
    南昇祐(ナムスンウ)副議長の自宅を家宅捜索したことに対し、朝鮮総連は1日、「不当な暴挙だ」と抗議する緊急集会を東京都内で開いた。
    朝鮮総連によると、関東在住の在日朝鮮人ら約600人が参加したという。

     朴久好(パククホ)副議長は「マツタケ輸入会社と総連は何の関係もない。議長、副議長を罪人扱いして総連のイメージを傷つけ、
    朝日(ちょうにち)関係改善の流れを阻害する意図がある」と主張。

    朝鮮総連代理人の渡辺博弁護士は、国や京都府を相手取り賠償請求訴訟を起こす方針を明らかにした。

    キャプチャ


    http://www.asahi.com/articles/ASH416V6TH41UTIL03Q.html

    この記事を読む

    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/03/20(金)12:07:21 ID:Kji
    新聞・テレビが少年法と対決していた時代/徳岡孝夫(評論家) 少年犯罪の「実名・写真報道」私の考え〈週刊新潮〉

     実は実名報道でいえば、古くは新聞も行なったことがあります。1958年に起こった小松川事件です。
    8月17日、東京都立小松川高校に通う女子高校生が行方不明になったのですが、3日後、“私が殺害した”という電話が読売新聞にかけられた。
    翌日、小松川署に学校の屋上に死体があるという電話が入りました。犯人は、遺族や警察に女子高生の遺品を郵送するなど、捜査関係者を弄ぶような行動を続けたのです。
    新聞などの反響を楽しむかのように、さらに読売新聞に電話をかけるなど挑発的行為を1週間ほど続けた。
    最終的には9月1日に犯人は逮捕されましたが、18歳の少年だったのです。

     この時、ほとんどの新聞は実名報道をしています。それで少年法とのかかわりが議論されましたが、この少年は以前にも殺人を犯していたことが後にわかった。あまりに残酷だということで、新聞が実名を報じたのです。そうした時代もあった。

     しかし、その際、犯人が在日朝鮮人であったこと、貧困や差別問題があったことなどが、実名報道と少年法の議論だったものを複雑化させてしまったのです。
    実名報道に対して、差別問題が絡んで批判された新聞社は腰が引けたようになってしまった。

     97年の神戸市須磨の児童連続殺傷事件(酒鬼薔薇事件)の時、顔写真と実名を出した週刊新潮とFOCUSはものすごい批判を浴びた。
    新聞記者が雑誌を置いてある書店に行って、名刺を出し、メモを取りながら“どうして売っているんですか”と質問した。
    取材慣れしていない書店の店主や店員はうろたえます。何かものすごく悪いことをしているような錯覚に陥って、店頭から雑誌を撤去する書店が多かった。
    こういう新聞記者の態度は、言論弾圧になる。言論の自由を自ら手放してしまう行為だということを理解して欲しい。
    リベラルな考えの持ち主は、良心的な考えができるのは自分たちだけであり、その他の行動や思想はダメで良識がない、という考え方に凝り固まっている。

     同じような凶悪な少年犯罪が起きるたび、この議論は続くのだろうかと思います。
    その一方で、酒鬼薔薇事件から18年経ち、今回の実名報道に対する批判が大人しいように思われます。
     ということは、あと10年ほど経ったら、こうした議論が起こることなく、
    それぞれのメディアの立場が明確になり、お互いに批判するような状況ではなくなるのかもしれませんね。

    「特集 少年犯罪の『実名・写真報道』私の考え」より
    ※「週刊新潮」2015年3月19日号

    kemonousagi-img450x600-1426469403wxqs8i30376


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150320-00010005-shincho-soci

    この記事を読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/03/19(木) 17:22:40.22 ID:???.net
    <民論団論>「嫌韓言説」誘う韓国の報道
    2015-03-18

    在住同胞も侮辱…仙台は外交官の忌避地域?
    張智成(51)コンサルタント・東京都

     日本における嫌韓言説について論じるとき、その横行を許す要因のひとつとしてよく持ち出されるのが韓国メディアによる<情報提供>だ。確かに、ネット上に主要各紙の報道・論評が日本語で配信されていて、そこに突っ込み材料があふれている。

     つい最近もあった。仙台総領事に女性が任命されたことについて、朝鮮日報の政治部記者(以下、記者)が「記者手帳」(日本語版。2月13日付)で、「『忌避地域』とされる場所に女性を赴任させ、これを『女性重視』などと宣伝するのは何か強引な感を拭えない」と書いたのだ。

     記者はまず、在外公館長の人事はローテーションが原則であり、今回のように副総領事が同じ場所でそのまま総領事に昇進するのは異例だとした。そのうえで、今回の人事の特徴は公職における女性の幹部昇進を後押しするため、現政権として初めて女性公館長を任命した点にあるとする外交部当局者のコメントに対し、こんな横ヤリを入れたのだ。

     仙台は福島第1原発から80㌔しか離れていない。放射能汚染への心配から、仙台勤務を希望する外交官は激減しているという。ある外交官は「東京への赴任さえためらう職員が多い。仙台は言うまでもない」と述べた。
    当の女性総領事も当初は日本の別の地域への赴任を希望していたそうだ。別の外交筋は「不人気の地域に女性を赴任させておきながら、これを『女性重視』という心地よい言葉でごまかしているのではないか」と指摘した。

     記者は、当の女性総領事の「チャンスが与えられ感謝している」との言葉や、外交部当局者の「一部の外交官が日本への赴任を嫌っているのは事実だが、仙台は決してそのような場所ではない」「今回も仙台への赴任希望者が2人いた」との説明を紹介してもいる。しかしそれは、バランスをとったふうを装ったにすぎない。

     日本人や在日同胞のまともな読者でも、「仙台が忌避地域だと? 日本行きそのものが嫌われている?韓国の外交官はそんなけしからん目で日本を見ているのか」と受けとめただろう。「ある外交官」「別の外交筋」といった<情報源>が実在し、「外交部当局者」を含め記述された各コメントが言った通りであれば、あまりにも嘆かわしい。

    つづく

    http://www.mindan.org/shinbun/news_view.php?page=4&category=8&newsid=20142

    この記事を読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/03/18(水) 09:48:03.99 ID:???.net
    東京都千代田区の在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の継続使用をめぐり、総連側が、土地建物を購入した山形県酒田市の不動産会社グリーンフォーリストに年間2億数千万円を支払う賃貸契約を結んでいたことが17日、関係者への取材で分かった。

    中央本部は日本と国交がない北朝鮮にとって事実上の大使館といえる重要拠点。2012年に土地建物が競売に出されて以降、所有権の移転先や、総連が立ち退くかどうかが焦点だったが、総連が契約に沿った支払いを続ければ、これまで通り使えることになる。

    o0433049413209687328


    ソース:北海道新聞‎ 03/18 02:23
    http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0112839.html

    この記事を読む

    1: すらいむ ★ 2015/03/13(金) 19:47:18.14 ID:???*.net
    養殖場9人殺傷 中国人元実習生に無期懲役

     2013年、広島県江田島市のカキ養殖場で、9人を殺傷した中国人の元技能実習生の男に
    無期懲役の判決が言い渡された。

     判決を受けたのは、中国国籍の元技能実習生・陳双喜被告(32)。陳被告は2013年、江田島市の川口水産で社長・川口信行さんと打ち子・橋下政子さんを殺害、従業員ら男女7人に重軽傷を負わせた。裁判の最大の争点は、実習制度を利用して働く陳被告が孤独で慣れない環境で過ごした背景が、どの程度考慮されるかという点。検察側は無期懲役を求刑、弁護側は「有期刑」が相当と主張していた。

     広島地裁の上岡哲生裁判長は、「技能実習制度が犯行に結びついたとは言えない」としながらも、「日本語が満足にできず、中国に残した家族との関係や、思うように給料が稼げないことが爆発した」と犯行の動機を指摘した。その上で、「事件が社会に与えた影響は大きく、有期刑はあり得ないが、追い詰められた環境から計画的な犯行とは言えず極刑とまでは言えない」と述べ、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。

    101B9E6CBA1C4EE


    日テレNEWS24 2015年3月13日 18:59
    http://www.news24.jp/articles/2015/03/13/07270953.html

    この記事を読む

    1: フェイスクラッシャー(神奈川県)@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 10:04:28.04 ID:SxventfT0.net BE:586999347-PLT(15001) ポイント特典
     競売の落札後に転売された在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部ビルをめぐり、朝鮮系中国人女性が10億円の購入資金を提供していたことが11日、分かった。政府関係者と日朝関係者が明らかにした。
    女性は1月に中国から日本に入国、朝鮮総連関係者らと密会し、ビルを購入した倉庫会社に送金していた。

     総連本部ビルの転売をめぐっては、中国・香港から10億円が流入した疑いが分かっていた。
    公安当局は、女性の送金がなければ転売は実現できなかったとして10億円の原資など一連の流れの解明を急いでいる。

     関係者によると、女性は香港で海運会社に勤務する商工人。
    1月下旬、総連本部を44億円で購入し、後に総連に本部ビルを貸し出すとされている山形県の倉庫会社「グリーンフォーリスト」に送金した。

     女性は、送金直前の1月中旬に日本に入国し、各地で朝鮮総連関係者らと会った。
    関西地方では北朝鮮と強力なパイプを持つ在日韓国人とも会談、総連本部の継続使用のために必要な経費の捻出方法について議論したとみられる。
    総連本部の継続使用を目指した北朝鮮、総連、海外の商工人らの密接な連携が浮き彫りになった。

    B-BNJR3CEAAyjs2


    http://www.sankei.com/politics/news/150312/plt1503120004-n1.html

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング