じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    韓国

    スポンサーリンク

    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です 2015/03/08(日) 00:41:45.58 ID:YxA8RTQJ0●.net BE:235429164-2BP(6000)
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

     ソウルで襲われ顔を約80針縫う大けがをしたリッパート駐韓米国大使(42)について、大使が入院中のソウル市内の病院関係者は7日、大使は順調に回復しており、11日ごろには退院できるとの見通しを示した。
     

     大使は5日朝に襲われ負傷したが、同日夕にはツイッターで「私は大丈夫。米韓同盟を進めるためできる限り早く復帰する」と英語で書き込んだのに続き、ハングルで「カッチ・カプシダ(共に進みましょう)」と書き、韓国社会への変わらない親近感を強調した。米韓関係への悪影響を最小限に抑えようとする大使の姿勢に、韓国の保守派を中心に好感が広がっている。
     

     大使は昨年10月赴任後、韓国語を学び、今年1月に生まれた息子に「セジュン」という韓国風のミドルネームを付けた。事件の後、「セジュンのパパ、頑張って」などの書き込みがインターネットで相次いでいる。保守系紙は、大使が米韓の「血盟の象徴」だと持ち上げている。(共同) 

    http://www.sankei.com/world/news/150307/wor1503070033-n1.html


    この記事を読む

    1: FinalFinanceφ ★ 2015/03/08(日) 22:01:41.64 *.net
    2015年3月7日、韓国の通信社・ニューシスによると、国際環境保護団体グリーンピースは4日、ソウル市内で記者会見し、韓国内の大気汚染物質PM2.5の59%が、国内の自動車や工場、石炭火力発電所などから排出されたものだとする米ハーバード大学の研究チームのデータ(11年基準)を発表した。
    韓国メディアで報じられてきた「中国飛来説」を否定する内容に、中国のネットユーザーは
    「(韓国メディアは)日本人以上の恥知らず」
    「韓国起源なんだよ」
    などの声を上げている。

    今回の発表について、韓国YTNテレビは
    「この数字は、韓国人の『汚染物質は中国から飛来する』という一般認識とは異なる」
    とした上で、グリーンピースが
    「韓国政府の資料によると、PM2.5の7割が国内で排出されたもの。
    政府は国民に正しい情報伝えるべきだ」
    と指摘している、と報道。

    中国メディア・新浪は
    「多くの韓国メディアが、韓国のスモッグは中国から来たものだと報道していたが、グリーンピースは、韓国のPM2.5の50~70%は韓国本土からのものであると指摘した。そして『韓国政府は戦略的解決方法を作成せず、中国のせいにしてきた』と述べた」
    と報じた。中国・環球時報も韓国メディアの主張がデータによって論破された、と強調した。

    このニュースが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーからは

    「韓国はなんて恥知らずなんだ!」
    「良いものは自分たちのもので、悪いものは他人のものにする。日本人以上の恥知らずだな」
    「これぞ韓国人の本質だよね。こうでなければむしろおかしい感じがするよ」
    「宇宙すべてが韓国のものなのに、なんでスモッグだけは認めないの?」
    「(スモッグも)韓国が起源なんだよ!早く文化遺産登録しておけよ!」
    「北朝鮮を超えて直接ソウルに(スモッグが)飛んで行ったというのか」
    などのコメントが寄せられた。

    半面、
    「でも残りの30~50%は?」
    「ということは3分の1は中国から飛んで行ったということじゃないのか」
    との指摘もあった。

    imgout

    http://www.recordchina.co.jp/a103763.html

    この記事を読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 15:40:50.45 ID:???.net
    no title


    襲撃されたマーク・リッパート(41)駐韓米国大使が通常の食事をして回復傾向を見せている。

    ソウル新村セブランス病院で8日午前行われた記者会見でユン・ドフン病院長は「(中略)7日は昼ご飯に韓国料理で食事をし、今朝も韓国料理で食事をした」と明らかにした。

    ウ・チャンジ米大使館公報参事官はリッパート大使を代理して「押し寄せる声援に感謝している」とし「キムチを食べると力が出ると大使が言った」と述べた。

    http://news.nate.com/view/20150308n03782?mid=n1006

    関連
    【韓国】トッポッキを食べる駐韓米国大使 (画像)no title

    この記事を読む

    1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/03/06(金) 21:58:33.27 ID:???.net
    日韓歩み寄り説く韓国教授の書「親日は非国民」と事実上発禁 (1/2ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150306/frn1503061540005-n1.htm


     国交正常化50年という節目の年に、日韓関係は冷え切ったままだ。両国にとって好ましくない現状だが、韓国側は歩み寄るどころか、さらに「反日」の度合いを強めている。裁判所までもが「親日は非国民」という理屈で、日韓の歩み寄りを説いた書籍に対して事実上の「発禁命令」を
    下した。

     〈「慰安婦」のすべての姿を見ないままでは問題は永遠に解決しない〉

     一昨年8月に韓国で出版された『帝国の慰安婦』のキャッチコピーである。

     昨年6月、同書の著書である世宗大学の朴裕河(パク・ユハ)教授に対して、元慰安婦9人が「虚偽の事実を記載して名誉を毀損された」として出版差し止めの仮処分を求めた。その申し立てに対してソウル東部地裁は2月17日、「34か所の文言を削除しないかぎり出版を差し止める」
    との決定を出し、書籍は書店店頭から消えた。事実上の発禁処分である。

     朴教授は1957年ソウル生まれで、高校卒業後に来日。慶應義塾大学文学部を卒業後、早稲田大学文学研究科で博士号を取得した。韓国に日本近現代の文学を紹介し、夏目漱石などの韓国語訳を手がけてきた。歴史問題で日韓の「和解」の道を模索してきた学識者としても知られる。

     2007年4月には、元慰安婦への償い事業を続けてきたアジア女性基金(※注)が解散したのを受け、日本外国特派員協会で会見を行なった。
    そこでは、

     「慰安婦問題に対する日本の対応が、韓国ではほとんど理解されていない」

     「『日本は謝罪も補償もしなかった』というような言葉がまかり通っている」

     と、韓国側の無理解に言及した。その他にも、

     「(慰安婦)動員の過程において、韓国人もかかわっていた事実があります」

     と語り、日本軍による強制連行ではなく朝鮮の業者が慰安婦を集めていた事実に触れている。一方で戦時中の日本を全面的に擁護するわけではなく、慰安婦問題が「植民地化という(韓国側の)被害の中で起きたこと」であるとし、日韓双方の責任に触れていた。

     『帝国の慰安婦』でも、日本の植民地支配が慰安婦を生んだ原因だとしつつ、韓国社会に根付いた「20万人の少女が強制連行された」という認識は歴史事実に反すると論証している。

     書籍が発売されたのは一昨年8月だが、「ナヌムの家(元慰安婦の共同生活施設)」で暮らす元慰安婦たちが訴えを起こしたのは昨年6月になってからだった。

     「朴教授は冷静な議論のできる人だから、ハルモニ(おばあさん=元慰安婦の意)からも信頼を得ていた。朴教授に日本軍と自分を売った父親のどちらが憎いか、と問いかけられて『それは父親だ』と答えるハルモニもいた。ただし、慰安婦支援団体の中には朴教授への反感がくすぶっていた。朴教授と最も信頼関係が深かった91歳の元慰安婦が昨年6月に亡くなると、その1週間後に今回の訴訟を起こしたのです」
    (韓国紙記者)

     都合の悪い「事実」を証言する元慰安婦がいなくなった途端、訴訟が起きたわけだ。さらに驚かされるのは、裁判所がその訴えを認めたことである。

     【※注】アジア女性基金/元慰安婦に対する補償(償い事業)などを目的として1995年に発足。日本政府の出資金と国内外からの募金によって運営されたが、韓国では補償が国家賠償ではないことを慰安婦支援団体から厳しく批判された。2007年3月末に解散。

     ※週刊ポスト2015年3月13日号

     politics_0704_006

    この記事を読む

    1: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2015/03/06(金) 12:40:46.56 ID:RnaQLybE.net
    中国メディア・中国日報網は12日、韓国に「金」姓が多い理由について考察した英紙エコノミストの評論記事を掲載した。

    ソウルの中心にある南山の頂から石を投げると、金あるいは李を姓とする人に当たると言われるほど、韓国では金姓が多い。
    全人口の5人に1人金姓で、李姓と朴姓を合わせると人口のほぼ半数を占める。

    韓国の氏姓は中国を起源とし、宮廷官僚や貴族が7世紀に引用し始めたものだ。朝鮮王朝が滅びる直前の20世紀初頭まで、苗字は貴族の特権だった。
    しかし、時代が下るにしたがって貴族のほかに有力な商人も、金銭で貴族の系譜を買い取ることで苗字を持つようになっていった。
    18世紀末には、系譜の偽造が盛んに行われたという。

    地方の豪族が姓を名乗るさい、古代朝鮮の王族が使用していた金と李を好んで選んだ。同一姓内での血統の区別をするために、
    慶州金氏、金海金氏など先祖の出身地を冠した氏族が誕生したが、実際血縁関係を証明することは不可能だったため、
    末期の朝鮮王朝は同一姓の結婚を禁止した。

    19世紀末に階級制度が撤廃され、1909年に全員が姓を名乗ることが義務付けられた。
    そのさい、多くが金や李という高貴な姓を名乗ったのだ。

    現在は金姓や李姓と高貴な身分は直接結びつかなくなっている。それでも、このような姓を名乗る人が今も増えているのだ。
    韓国政府のデータによると、外国人が韓国に帰化するさいにも金、李、朴、崔の姓がよく選ばれるのだという。

    99-3-01


    http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/395303/

    この記事を読む

    1: また不毛な醜い責任逃れ論争@\(^o^)/ 2015/03/07(土) 06:53:26.05 ID:I8l3uN3a.net
    Record China 3月6日(金)17時43分配信

    2015年3月5日、韓国・朝鮮日報によると、マーク・リッパート駐韓米大使が男に襲撃されて負傷した事件について、韓国警察は、「米国大使は基本的に警護の対象ではない」と述べた。

    5日午前7時40分ごろ、リッパート大使はソウルの世宗文化会館で、刃物を持ったキム・ギジョン容疑者に襲われ、顔や手を80針縫うけがを負った。
    キム容疑者は「独島(日本名:竹島)守護団体」の代表を務めており、2010年7月7日、ソウルのプレスセンターで開かれた講演の途中、重家俊範駐韓日本大使にセメント片2個を投げつけた容疑で起訴され、懲役2年、執行猶予3年の判決を受けた前科がある。
    しかし、事件当日、キム容疑者は参加予約をしていないにもかかわらず、「加盟団体(ソウル市民文化団体連席会議)の役員である」という理由で会場に入場できたという。
    また、キム容疑者は刃渡り25センチの凶器とカッターナイフを所持していたが、手荷物検査などはなく、何ら制止されることはなかった。

    さらに事件当日、リッパート大使のそばには韓国人随行警護員が1人しか配置されていなかった。このことについて、警察は「米国大使の警護は基本的に米国大使館側が担当している。
    大使館側から、特に身辺保護の要請はなかった」と説明。事件直後の5日午前10時から米国大使を「要人警護対象者」に指定し、大使本人には4人の警察官、大使夫人には3人の警察官を警護に付けたという。

    これを受け、韓国のネットユーザーからは以下のようなコメントが寄
    せられている。

    「大統領でもないんだし、普通はそんな厳重に警護しないよ。メディ
     アが警察に責任を押しつけようとしているだけだ」
    「警察を非難する人たちは、『盗んだ人よりも盗まれた人が悪い』と
     言っているのと同じこと」
    「警察はスーパーマンじゃない」
    「悪いのは韓国警察ではなく、大使館側でしょ?」
    「警察主催の行事でもないのに、なんで警察を責める?警察官も大変だね」
    「金属探知機もなかったの?」
    「今回の事件は十分予想できたことじゃないの?前もって対策できない警察が
     情けない」
    「事件が発生した後に対策をする。韓国警察のお決まりのパターン」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150306-00000047-rcdc-cn

    no title
     

    この記事を読む

    1: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 23:21:56.56 ID:+xxxoi18.net
    こんな状況じゃ訪問を中断して帰国して
    駐韓大使に直接謝罪をするのが当たり前でしょ?



    シラを被った朴大統領

    20150306121549-1


      中東4カ国を歴訪中の朴槿恵(パク・クネ)大統領が5日午後(現地時間)、アラブ首長国連邦アブダビのグランドモスクを訪問した。スカーフに該当する「シラ」を被った朴大統領が現地関係者の説明を聞いている。 

      イスラムの伝統により、モスクを訪問する男女共に腕や足の露出を控えた衣服を着用しなければならず、特に女性は頭も覆わなければならない。 

    http://japanese.joins.com/article/412/197412.html?servcode=A00&sectcode=A00 

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング