じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    政治

    スポンサーリンク






    スクリーンショット 2023-12-07 22.06.24




    1: ばぐっち ★ 2023/12/11(月) 06:51:21.21 ID:??? TID:BUGTA
    次々と「異次元の少子化対策」を見据えた施策がニュースになっていますが、今度は、子ども3人以上の多子世帯を対象とした「大学の授業料無償化」。確かに大学の授業料「たかっ!」という声は聞こえてくるので、子育て世帯からは賞賛の嵐かと思いきや、ほぼ反応なしの無風状態。なぜなのでしょうか。

    政府は「異次元の少子化対策」の一環として、3人以上の子どもがいる多子世帯において、大学(短期大学、高等専門学校など含む)授業料を無償化する方針だといいます。2025年度からスタートし、所得制限は設けない予定だとか。


    2024年度からは、「返済不要の給付型奨学金」と「授業料減免」の対象を多子世帯など拡大することが決定しており、さらに多子世帯の進学を後押しするカタチです。


    このニュースを受けて


    ――大学の授業料が無料に⁉ 本当に助かる!


    という声が聞こえたものの、「3人以上の子どもがいる多子世帯」に限ってのことだということを見落とす人も多く、「あっ、うちは対象外だ」と落胆する人も続出しました。

    文部科学省『国立大学等の授業料その他の費用に関する省令』によると、国立大学の入学金28万2,000円、授業料53万5,800円。一方、文部科学省『私立大学等の令和3年度入学者に係る学生納付金等調査』によると、私立大学(学部)・短期大学・私立高等専門学校の初年度納付金は、文系学部平均で入学料22万5,651万円、授業料81万5,069万円、施設設備費14万8,272万円で、合計118万8,991円。理系学部平均で入学料25万1,029円、授業料113万6,074円、施設設備費17万9,159万円で、合計156万6,262円。医歯系学部になると、入学料107万6,278万円、授業料288万2,894円、施設設備費93万1,367円で、合計489万0,539円になります。


    今回、「大学授業料を無償化」とありますが、無償の範囲がどこまでかなど不明点も多いものの、子どもが3人を大学に進学となるとかなりの金額。所得制限なしでサポートがあるとなると確かに3人目を躊躇う夫婦にとっては、少し背中を押してくれることになるかもしれません。


    ただ報道に対して賞賛の声があまり聞こえてこない……というよりも、当の子育て世帯はほぼ無反応といったところ。


    ――岸田総理、微妙にズレてるんだよな
    夫婦が「理想とする子ども」は減少傾向…理由は?

    国立社会保障・人口問題研究所『第16回出生動向基本調査』によると、夫婦の平均理想子ども数*1は2021年調査時で平均2.25人、平均予定子ども数*2は平均2.01人でした。どちらもゆるやかな低下傾向が続いています。


    *1:「あなた方夫婦にとって、理想的な子どもの数は何人ですか」という設問に対する回答


    *2:「あなた方ご夫婦の今後のお子さんについてお尋ねします」という設問に対し、今後産むつもりの子ども数に、すでにその夫婦がもっている子ども数を足したもの


    また理想の子どもの数を「3人以上」とする割合は、1990年代後半に50%を下回り、2021年調査時点では33.8%にまで減少。また「2人」とする夫婦の割合は53.3%と半数を超え、「子どもはいらない/持たない」4.3%、「1人」5.2%。理想の子どもの数「ゼロ/1人/2人」に関しては、一貫して漸増が続いています。


    理想の子ども数をもたない理由としては、「子育てや教育にお金がかかりすぎるから」がトップで、52.6%。「高年齢で生むのがいやだから」40.4%、「ほしいけれどできないから」23.9%、「これ以上、育児の心理的、肉体的負担に耐えられないから」が23.0%と続きます。


    確かに経済的負担が軽くなれば「もう1人」となりそうです。ただ今回の「大学無償化」は、「子どもを1~2人を理想としながらも諦めた/諦めようとしている夫婦」は対象外。前述の通り「3人以上の子を望む夫婦」は減少しているなかでは、「多子世帯で大学無償化」といわれても、効果はかなり限定的といわざるを得ません。


    厚生労働省『令和4年 国民生活基本調査』によると、児童のいる世帯の平均所得額は2021年785.0万円。経年の推移をみてみると、多少の上限はあるものの、近年は増加傾向にあります。これは子育て世帯において、共働きが増えたことが主要因と考えられます。(抜粋)

    https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/4263132a4e16cde82499d2b03085421d63077557&preview=auto

    引用元:https://talk.jp/boards/newsplus/1702245081

    この記事を読む




    1






    1: ギャラガー ★ 2023/12/10(日) 07:58:26.99 ID:??? TID:gallagher
    自民党の「清和政策研究会」(安倍派)の政治資金パーティーをめぐる問題で、岸田文雄首相は裏金を受け取った疑いが浮上した松野博一官房長官、西村康稔経済産業相、萩生田光一・党政調会長、高木毅・党国会対策委員長を交代させる意向を固めた。近く事実上の内閣改造・党役員人事に踏み切る。政権の要職から、安倍派の幹部を一掃する構えだ。

    複数の政権幹部が明らかにした。世耕弘成・党参院幹事長の交代も検討する。いずれも事実上の更迭で、政権への大きな打撃となる。閣内や党執行部から最大派閥・安倍派幹部の「5人衆」が

    (続きは以下URLから)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/09ffc98ce31a786842d5ff10fcafca3e857d76c0

    引用元:https://talk.jp/boards/newsplus/1702162706

    この記事を読む






    スクリーンショット 2023-12-08 1.58.41




    1: SnowPig ★ 2023/12/07(木) 07:44:43.78 ID:??? TID:SnowPig
    岸田文雄首相は6日夜に開かれた先進7カ国(G7)首脳によるテレビ会議で、ウクライナ情勢を巡り、復旧・復興と世界銀行の融資への信用補完で総額45億ドル(約6600億円)規模の追加支援の用意があると表明した。

    (続きは以下URLから)
    https://www.47news.jp/10230040.html

    引用元:https://talk.jp/boards/newsplus/1701902683

    この記事を読む







    スクリーンショット 2023-12-07 22.06.24




    1: アレックス ★ 2023/12/07(木) 17:49:49.79 ID:??? TID:alex
    政府は、来年6月に予定される所得税などの定額減税を受けられない低所得世帯のうち、18歳以下の子供がいる世帯には1人あたり5万円を追加給付する調整に入った。

    所得税と住民税がどちらも非課税の世帯に加え、3月時点では対象外だった、所得税は非課税で、住民税のうち所得にかかわらず一定額を納める「均等割」だけが課されている世帯にも3月分を含めた給付金や上乗せ分を支給するという。
    早ければ来年2月から3月にかけて年度内に給付を開始する見通しだ。

    住民税非課税世帯向けの7万円給付は、早ければ月内に支給が始まる。

    子育て世帯への追加分も年度内に配るため、政府は予備費の活用も検討しているという。
    また、所得税の納税額が少なく1人当たり4万円に満たない人に対しては、差額の給付を1万円刻みで給付する案を検討している。

    つづきはこちら
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9b1df1c4c61be62aef350abdd830c2928a01c830

    引用元:https://talk.jp/boards/newsplus/1701938989

    この記事を読む


    スクリーンショット 2023-11-20 1.48.47



    1: 侑 ★ 2023/12/04(月) 19:01:43.42 ID:??? TID:realface
    岸田文雄首相は2日、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイでヨルダンのアブドラ国王と1時間ほど会談した。2024年に1億ドル(およそ146億円)の財政支援をする準備を進めると伝えた。

    ヨルダンはイスラエル軍とイスラム組織ハマスによるパレスチナ自治区ガザでの戦闘により経済財政の状況が悪化している。日本政府はヨルダン国内のインフラ整備などを念頭に円借款による財政支援をする。

    両首脳は人道状況の改善や事態の早期沈静化に向けて連携していくと確かめた。

    (続きは以下URLから)
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA0234P0S3A201C2000000/

    引用元:https://talk.jp/boards/newsplus/1701684103

    この記事を読む






    スクリーンショット 2023-12-03 15.28.49






    1: SnowPig ★ 2023/12/03(日) 07:32:26.13 ID:??? TID:SnowPig
    「344億円の木造リング」「追加の国費負担837億円」など、驚きの事実が次々と明らかになる大阪・関西万博。今度はさらに「トンデモ」な事案が浮上した。
    11月27日の参議院予算委員会での、立憲民主党の辻元清美議員と自見英子・万博担当相のやり取りだ。

    辻元「(万博会場には)橋とトンネル、2本のアクセスしかない。車で乗り入れできないので、シャトルバスでピストン輸送をするしかない。どのくらいの間隔で運行するのか」

    自見「パークアンドライドの駐車場は、舞洲、尼崎、堺の3カ所で整備を予定している。

    (続きは以下URLから)
    https://smart-flash.jp/sociopolitics/263533/1/1/

    引用元:https://talk.jp/boards/newsplus/1701556346

    この記事を読む




    スクリーンショット 2023-12-01 12.38.45





    1: ちょる ★ 2023/11/29(水) 17:44:10.91 ID:??? TID:choru
    「10月24日の厚労大臣の諮問機関である社会保障審議会で、現在40年間となっている国民年金の保険料の支払い期間を、『65歳までの45年間に延長すべきだ』という意見が出されました。これには多数の委員が賛成しています。過去、同会での議論はおおむね法制化しているので、『納付期間が45年間になる』流れと思われます」

    こう話すのは年金制度に詳しい社会保険労務士の石田周平さんだ。自営業の人などが加入する国民年金(老齢基礎年金)制度は、現在、20歳から60歳までの40年間が支払い期間となっている。すべて支払うと満額となり、年79万5000円を65歳から受給できる。現在の保険料は月1万6520円だ。

    「年間20万円ほどの保険料をさらに5年払わないといけないことになります。単身者なら約100万円、夫婦2人なら、およそ200万円もの負担増になります」(石田さん)

    現在、社会保障審議会で検討されているのは、2025年度の年金制度の改正だ。法が成立しすぐに施行されたとしても、引き上げが始まるのは2025年度以降となる。

    さらに、引き上げは段階的に行われるとみられる。たとえば、


    続きはこちら
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b985ef99f49698ea6dc70a61f2d006bd8aaea37e

    引用元:https://talk.jp/boards/newsplus/1701247450

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング