じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    政治

    スポンサーリンク

    1: クロ ★ 2020/10/10(土) 09:04:06.43 ID:CAP_USER9
     首相と内閣記者会(官邸記者クラブ)常勤19社によるオフレコの「懇談会」が慣例で行われている。3日朝、菅義偉首相就任後初めて各社の首相番記者を対象に東京都内で開かれたが、京都新聞社は次の理由で欠席した。


     新型コロナウイルス対策や日本学術会議の会員任命拒否問題を巡る説明が求められる状況にもかかわらず、首相は就任時を除き、広く開かれた形での記者会見を実施していない。国会も開こうとせず、国民に対して所信表明すらない。

     ゆえに、見聞したことを記事にしない「完全オフレコ」が条件の飲食付き懇談会には参加できない-。

     ジャーナリズムとして当然の姿勢だ、と思われるかもしれない。だが記者個人としては正直、葛藤もある。

     記者は取材先に食い込んでネタを取るものと教わってきた。まして本音と建前が交錯する永田町。対象に肉薄しなければとの「本能」がうずく。一国の首相が裃(かみしも)を脱いだ時に何を語りどんな表情をするのか。見てみたい好奇心もある。

     一方で、メディアに対する社会の視線は大きく変化している。権力との癒着を疑われる行為に自覚的になり、取材プロセスを可視化しないと、メディア不信はさらに深まると思う。

     物議を醸す首相懇談会。「行くのはどうかと思うんですけど会社の命令で…」と他社の若い記者から言われたが、きれい事でなく必死に権力に食らいつく姿勢も、読者の付託に対する一つの答えかもしれない。

     みんな、悩んでいる。

    京都新聞
    2020年10月9日 18:30
    https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/377449 

    no title

    引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1602288246/

    この記事を読む

    1: クロ ★ 2020/10/10(土) 08:41:04.90 ID:CAP_USER9
    菅義偉首相の天敵として知られる東京新聞の望月衣塑子(いそこ)記者が9日、都内で行われた出演映画「i-新聞記者ドキュメント-」(森達也監督)の再上映記念シンポジウムで、一部の番記者とパンケーキを食べながら懇親会を行ったことについて触れ、「密室の中でだけ説明しておけばいいや、ということが露骨にある方」と批判した。

    望月氏は「菅さんは説明責任を果たしていくかと聞かれた際、国会にあまりにも拘束され過ぎて、行政の仕事ができない。官房長官は2回も会見をやっていると説明した。これは菅さんは説明責任を果たしたくないんだと。失言が多い中、安倍さん以上に説明責任は相当後退していくだろうと思う」と指摘。「オープンな場で首相が会見をすることを、メディアがしっかり求めないといけない」とも話した。

    オープンな場での取材に応じない菅氏に対し、会見を開くよう求めた上で、“パンケーキ懇”を欠席した報道機関もあった。望月氏は密室の中での説明だと指摘した“パンケーキ懇”の背景について「結局、56人の記者が『パンケーキ懇』に参加してしまって。菅さんは踏み絵的にチェックしていたと思う」と推測。「上層部の指示で行った現場記者の中で、違和感を感じていた人もいると思う。なかなか1人で戦えないもの」と、一部参加者の複雑な胸中にも理解を示した。

    また、菅政権を「人事独裁政権」と評した。菅氏が日本学術会議の会員候補の任命を見送ったことに触れ「安倍さんですら手をつけてこなかった。ついに学術の世界まできた」と指摘。さらに「共同通信の論説副委員長が首相補佐官になるなど、メディアも取り込まれている状況。人事独裁をより強化していこうという流れだと思う」と批判した。

    望月氏は菅氏が官房長官時代、会見で森友・加計問題などについて激しいやりとりをしたことで知られる。会見にもかかわらず、菅氏から「あなたの質問に答える場ではない」と言われるなど目の敵にされ続けたことから、菅氏の天敵と言われるようになった。【近藤由美子】

    日刊スポーツ
    2020年10月9日21時12分
    https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202010090000944.html 

    スクリーンショット 2020-10-10 16.00.23

    引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1602286864/

    この記事を読む

    1: ばーど ★ 2020/10/09(金) 11:59:59.64 ID:rNM9J6XZ9
    河野行政改革担当大臣は任命問題に揺れる日本学術会議について、「機構定員は聖域なく見る」と述べ、行政改革の対象として見直しに着手する考えを示しました。

    「年度末に向けて、予算あるいは機構定員については聖域なく例外なく見ることとしておりますので、その中でしっかり見ていきたい」(河野太郎 行革相)

    河野大臣は日本学術会議について、「予算と機構定員についてしっかり見ていく」などと述べ、行政改革の対象として見直しに着手する考えを示しました。

    日本学術会議をめぐっては、年間およそ10億円の国費で運営されているにもかかわらず、法律に基づく政府への勧告が2010年以来、10年間行われていないことなどから、河野大臣は予算の妥当性などを検証する考えです。

    政権幹部は、「学術会議側にも既得権益や学閥など不透明なところがある」などと話していて、政府は自民党とも連携しながら学術会議の在り方の見直しを進める方針です。

    9日 11時15分
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4098035.html
    no title


    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1602212399/

    この記事を読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/10/07(水) 15:32:09.20 ID:3/xQNW5U9
    立憲民主党の蓮舫参院議員(52)が7日、自身のツイッターを更新。日本学術会議が推薦した新会員の候補者6人が任命されなかった問題で菅政権への“徹底抗戦”を呼びかけた。

     自身の党の「学問の自由に対する国家権力の介入であり、到底看過できるものではありません。学問の自由は社会の発展・人類の進歩のために不可欠です。これまでの解釈を変更した理由や任命拒否の手続きや理由を説明すべきです。強く抗議をします」という呼びかけを貼り付けた蓮舫氏。

     「声を上げ続けてください。間違いは世論の力で正せます」と熱くつづっていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/53a73ce2b13d689ab13403d5564a2ca8b7c60691

    no title





    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1602052329/

    この記事を読む

    1: クロ ★ 2020/10/07(水) 17:35:20.84 ID:CAP_USER9
     自民党の石破茂元幹事長は7日、国会内で講演し、安倍晋三前首相が戦力不保持を定めた憲法9条2項を維持したまま自衛隊を明記する考えを唱えたことについて「安倍氏の本心ではないと思う。平成24年党総裁選の時は、私と安倍氏の考え方は(2項削除論で)一緒だった」と振り返った。

     その上で「(2項削除では)国民投票で2分の1はいかないので(安倍氏は)ガラッと変わった。そんなことが説得できないなら国会議員なんてやめてしまいなと思う」と述べた。

     第2次安倍政権が7年9カ月間に及んだことについて「地方創生、1億総活躍社会、人づくり革命と大河ドラマのように1年ごとに出し物が変わる。求心力はそれなりに維持できるので長期政権になった」とも語った。

    産経新聞
    2020.10.7 15:30
    https://www.sankei.com/politics/news/201007/plt2010070019-n1.html 


    スクリーンショット 2020-10-07 21.38.17

    引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1602059720/

    この記事を読む

    1: クロ ★ 2020/10/06(火) 09:27:03.39 ID:CAP_USER9
    小西ひろゆき (参議院議員)
    @konishihiroyuki
    「学問の自由と全く関係ない」というセリフは、菅総理が学問の自由を全く理解していないことを示している。

    菅総理「学問の自由と全く関係ない」 日本学術会議の6人任命拒否で


    引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1601944023/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング