じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    政治

    スポンサーリンク

    1: (^ェ^) ★ 2017/05/17(水) 21:16:55.64 ID:CAP_USER9
    http://www.sankei.com/politics/news/170515/plt1705150003-n1.html

     9日の参院予算委員会で、民進党の蓮舫代表の質疑はひどかったねぇ…。憲法改正に関する党の考えをまとめるよう安倍晋三首相から迫られたけど、何も答えられなかったでしょ。

     われわれ日本維新の会は「教育無償化」「統治機構改革」「憲法裁判所」の3項目からなる改憲原案をすでに出しています。安倍首相は3日に自民党総裁としてメッセージを表明しましたよね。共産党はそもそも憲法改正に反対やから、姿勢がはっきりしてへん主要政党は、もはや民進党だけ。対案なき批判、反対のための反対に終始するのではなく、党の考え方をまとめて憲法審査会で堂々と訴えることが、野党第一党のあるべき姿とちゃいますか。

     僕は昨年4月の衆院総務委員会で、民進党が安全保障関連法に関し「廃止法案が対案」だと胸を張ることを「アホじゃないか」と批判しました。民進党から4回も懲罰動議を出されましたけど、「日本死ね」には問題がなくて「民進アホ」がアカン、という理屈は僕には分かりません。なんでアカンのですか。

     「アホ」発言は確信犯だったのかって? 全然ちゃいますよ。民進党のアホな質問を聞いているうちに腹が立ってきて、思わず言っちゃった。それに、僕は自民党であってもアホな政策には文句を言う。先日の厚生労働委員会でも小泉進次郎衆院議員らが提案する「こども保険」を「アホ」だと切って捨てたんです。


     「政府ではなく、他の野党を批判するのはいかがなものか」という声もあるけど、だったら反論したらいいじゃないですか。国会質問の中で言い返してもいいし、記者会見を開いてもいい。なのに彼らは、懲罰動議を出したり、僕の質問時間を削ったりする。その結果、衆院議員が2人しかいない社民党よりも僕の時間が少ないことすらありました。

     実は、僕の暴言の最初は「アホ」発言やないんです。「アホ」ばっかり取り上げられるけど、「アホ」はホップ・ステップ・ジャンプでいえば「ステップ」みたいなもんです。

     もっと大事な最初の「ホップ」は、平成27年6月の衆院厚労委の質問で、質疑をボイコットしてヤジを飛ばす民主党議員らを思わず「55年体制の亡霊」と批判した。それが僕の原点ですわ。

     そして、いよいよ最後の「ジャンプ」は共産党批判ですね。馬場伸幸幹事長からも「もう民進党はいいから、共産党をやろう」と言われてるんですよ。共産党って極めて巧妙でしょ。ソフト路線を敷いて若者に浸透しつつある。今後はターゲットを民進党から共産党にシフトしていくつもりです。

     それにしても、僕が「55年体制の亡霊」発言をしたときの民主議員たちはひどかった。質疑には応じず場外から首相をなじる。プラカードを持ち込む。揚げ句の果てに委員長に暴力を振るった。それも計画的にね。コイツらは何なんだ、と思ったね。

     「野党は何でもあり」「与党はひたすら我慢」-。これって万年野党と万年与党が演じる猿芝居じゃないですか。抵抗しているように見える野党も、裏では夜の赤坂の料亭で与党と握手し、一緒にシナリオ作ってる。与党もそんな「55年体制モデル」から脱しきれない。そのほうがラクやからね。

     猿芝居に終始する「亡霊」たちにとどめを刺して、与党と野党第一党が切磋琢磨(せっさたくま)して政権を争う「新しい政治」を作らなアカンと思います。

     僕が旧通産省に入ったのは平成2年でした。その3年後に細川護煕・非自民連立政権が誕生しました。僕ら若い官僚は「新しい時代を作るチャンス」と期待したんですね。55年体制が終(しゅう)焉(えん)した高揚感は確実に僕の中にありました。だけど細川政権は倒れ、新進党が分裂し、民主党も失敗し…。約四半世紀たった今も国会の中を「55年体制の亡霊たち」が徘徊(はいかい)している。

     日本維新の会は将来、自民党と四つに組んで政権を争える政党になりたい。維新を与党の「補完勢力」と呼ぶ人もいますけど、僕は競争相手のつもりでいるんです。かつて松井一郎代表(大阪府知事)ら自民党の地方議員が維新の母体を形作ったように、国政でも自民党の良質な部分を引っこ抜くくらいの気持ちで頑張りたい。

     僕は「保守系二大政党」という言い方をよくしますけど、「保守」というのは必ずしも政治的な「右」という意味ではありません。いわば「まっとうな」というくらいの意味なんです。(松本学)


    28

    引用元:http://karma.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1495023415/

    この記事を読む

    1: ひろし ★ 2017/05/17(水) 23:58:00.56 ID:CAP_USER9
     民進党は17日、安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)が戦略特区を活用して大学獣医学部を新設する計画を調査する「戦略特区調査プロジェクトチーム」を国会内で開いた。

     桜井充座長は冒頭、特区を担当する内閣府が、加計学園の特区活用について「総理のご意向」などと伝えたとする文書を文部科学省が残していたとの一部報道に言及。親友の国政介入事件で失脚した韓国の朴槿恵前大統領を引き合いに「(首相は)朴氏と一緒だ。首相を辞めるだけで済む問題ではなく、議員も辞めていただかなければいけない大きな問題だ」と批判した。

    https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0517/san_170517_0249137238.html 




    引用元:http://karma.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1495033080/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [EU] 2017/05/17(水) 19:07:59.07 ID:Jngbxy/B0 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    政府与党「ガセ」「怪文書」、野党「疑いようない」と激突

     与野党の対決が激しくなっていますが、安倍政権は加計学園の問題についてはどう考えているんでしょうか。国会記者会館にいる政治部の岩田官邸キャップに聞きます。

     まず、新しい情報からお伝えします。自民党幹部によりますと、加計学園をめぐって、17日、民進党が示した文書について、官邸側から自民党側に対して「あれはガセだから心配しなくていい」という連絡があったということです。

     そして、菅官房長官は午後4時過ぎの記者会見で、問題の文書について「怪文書みたいな文書じゃないか」と述べて、信ぴょう性に疑問があるという見方を強調しました。

     一方、民進党は、安住代表代行が「誰が見ても公的な機関が扱った文書であるということは疑いようがない。事実なら総理の進退に関わる重要な事件になる」と述べるなど、追及を強める方針です。

     民進党のプロジェクトチームの共同座長を務める櫻井議員は、「官僚の人事は官邸に握られているので、官邸に従わざるを得ないのが現状だ。官僚は犠牲者であり、我々が相手にすべきは総理だ」と強調しています。


    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3055615.htm

    関連
    朝日新聞が報じた「加計学園・獣医学部新設に総理のご意向」文書、捏造の可能性が濃厚にwww
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1494995323/
    朝日・民進の「加計学園」文書、捏造確定か 文科相・農相・官房長官・今治市長が否定 蓮舫は興奮
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1495012084/

    7: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [US] 2017/05/17(水) 19:11:12.13 ID:gDBKxAUC0
    安住議員「誰が見ても公的な機関が扱った文書であるということは疑いようがない」 
    no title

    75: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2017/05/17(水) 19:34:08.04 ID:+HXbsD6C0
    どこが?
    no title

    引用元:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1495015679/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [EU] 2017/05/17(水) 14:28:44.81 ID:Jngbxy/B0 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    大阪府 籠池前理事長を詐欺の疑いで告訴へ

    学校法人「森友学園」が、幼稚園の教職員などの数を水増しして不正に補助金を受けていたとして、大阪府は、籠池泰典前理事長を詐欺の疑いで大阪地検特捜部に告訴する方針です。

    学校法人、森友学園が運営する「塚本幼稚園」について、大阪府は、教職員や障害がある子どもの数に応じて支給される補助金の申請で人数を水増ししていた疑いがあるとして、調査を進めていました。

    府の関係者によりますと、調査の結果、不正に受けた補助金が数千万円規模に上ることがわかったということです。

    大阪府は近く、籠池泰典前理事長を詐欺の疑いで大阪地検特捜部に告訴する方針で、すでに関係する資料を提出しました。また、森友学園に対し、不正に受けた補助金の返還を求めることにしています。

    森友学園をめぐっては、すでに大阪地検特捜部が、豊中市で進められていた小学校の建設で国が国有地を不当に安く売ったとする告発や、学園が国の補助金を不正に受けたとする告発を受理し、捜査を進めています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170517/k10010984631000.html


    固い絆 籠池内閣
    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1494998924/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(新潟県) [CN] 2017/05/17(水) 11:24:55.83 ID:kblxfjmB0 BE:993788992-PLT(13001) ポイント特典
    ・通常の役所の文書
    ・誰がかいたのか意味不明なもの
    ・意味不明なものに政府が応えることはない
    ・官邸はまったく承知していない
    ・文科省側で調査するだけ

    以上

    元ソース
    http://www.asahi.com/articles/ASK5K0494K5JUTIL08N.html?iref=comtop_8_02

    35: 名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区) [ニダ] 2017/05/17(水) 11:37:49.79 ID:M5bYm7N90
    no title

    引用元:http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1494987895/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区) [US] 2017/05/16(火) 18:29:19.38 ID:YZAWDnCw0● BE:565421181-PLT(13000) ポイント特典
    民進党にチクリ 維新・馬場伸幸幹事長「いつもの吉本新喜劇はやめて」 法案審議大詰め迎え


    日本維新の会の馬場伸幸幹事長は16日午後の党代議士会で、「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の審議が大詰めを迎えている現状に関連し、「願わくば、いつものような『吉本新喜劇』はやめていただいて、きちっとした審議、採決を求めていきたい」と述べた。

    プラカードを掲げて採決に抗議するなどの民進党の手法を念頭に置いた発言だ。

     遠藤敬国対委員長も「ムダな時間を使って、採決にあたっての『やってる感』を出すのは勘弁してほしい。(日程闘争で)午後5時になってバタバタと動き出すのは、国民から見透かされる」と苦言を呈した。

    http://www.sankei.com/politics/news/170516/plt1705160030-n1.html 

    動画

    63: 名無しさん@涙目です。(新潟県) [US] 2017/05/16(火) 18:56:58.26 ID:ypytPaKd0
    カメラにプラカード向けてるのがアホっぽくて好きよ
    no title


    引用元:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1494926959/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [EU] 2017/05/16(火) 15:51:22.23 ID:F7/046pD0 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    民進党・山井国対委員長「共謀罪の強行採決あらゆる手段で阻止したい。一例挙げるとマスクマン問題」


    金田法相の後ろに控えている法務省の官僚がマスクをしているという問題で、
    階議員はその理由を「口の動きを撮られたくないからではないかと思わざるを得ない」と苦言を呈していました。

    詳細は以下から
    http://www.buzznews.jp/?p=2108458




    引用元:http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1494917482/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング