じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    政治

    スポンサーリンク

    1: (^ェ^) ★ 2017/11/05(日) 12:04:27.28 ID:CAP_USER9
    http://www.sankei.com/premium/news/171105/prm1711050007-n1.html

     先週号で、初当選した立憲民主党、青山雅幸議員のセクハラ疑惑を報じた『週刊文春』(ために議員になったばかりの青山議員、いきなり党員資格停止処分)、今週(11月9日号)は「立憲民主党初鹿明博に強制わいせつ疑惑」。

     初鹿氏は、東大法学部卒、議員秘書、都議を経て当選3回。立憲民主党結党メンバー6人のうちのひとりだが、〈「女癖の悪さには昔から定評がある」(交流のある女性記者)〉という。

     そんな「定評」も困りものだ。昨年12月には『週刊新潮』に“不倫未遂”を報じられたことも。

     今回は酔っ払ってタクシーの中で、〈「無言のままズボンのチャックを下ろし、陽子さん(被害女性、仮名)の顔を引き寄せた」(被害女性の友人)〉

    セクハラでは、と『文春』記者の直撃を受けての答えがひどすぎる。

     〈「合意があったら別に」

     --何が合意なんですか?

     「いや、あの、タクシーに一緒に乗ったのが合意」〉

     ほんとに東大法学部出てるのか。女性はこの人とはうかつにタクシーにも乗れない。「選良」という言葉は今や完全に死語と化した。

     『週刊現代』(11/11)のトップは、「強い日本経済が帰ってきた 今度の好景気は本物 株も、土地も、給料も上がる」。

     明るい話題で結構だが、もひとつ信用ならないのは『現代』、3号前の10月21日号では「小池総理、誕生へ 自民がよもやの野党転落」、2号前の10月28日号では「自民が54議席減」とブチ上げているからだ。

     『ニューズウィーク日本版』(11・7)の大特集は「一生働く時代」。毎度言っているが、こういう切り口が日本の週刊誌には欠けている。

     アメリカでは〈65~69歳の3分の1はまだ有給の仕事に就いており、75歳以上でも8・4%は働いている〉。

     イギリスでは〈高齢者の労働参加で800億ポンド(約12兆円)の経済効果が見込めるとの試算も〉。

     背景には年金不足の現実もあるわけだが。 

    no title

    引用元:http://fate.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1509851067/

    この記事を読む

    1: 復讐の鬼 ★ 2017/11/04(土) 18:00:35.93 ID:CAP_USER9
    若者は本当に「保守化」しているのか。若者の自民党支持率は高く、今回の衆院選でも、18~19歳の47%、20代の49%(ANN調べ)が比例で自民党に投票したという出口調査結果も出ており、こうした結果から若者が「保守化」しているとも言われる。

    一方、実際に若者の声を聞くと従来のイデオロギー観とは全く違った政党観が見えてくる。

    読売新聞社と早稲田大学現代政治経済研究所が2017年7月3日~8月7日に共同で行った調査結果によると、40代以下は自民党と日本維新の会を「リベラル」な政党だと捉えており、共産党や公明党を「保守的」な政党だと捉えているという。

    対して、50代以上は、従来のように、自民党や日本維新の会を「保守」と捉え、共産党を「リベラル」だと捉えるなど、大きな「断層」が生じている。
    特に、若い世代ほど自民党を「リベラル」だと感じる傾向が強く、18~29歳が唯一民進党よりも自民党の方を「リベラル」だと見ている。

    ■「改革」を強調する自民と維新

    なぜ、自民党を「リベラル」だと思うのか。
    話を聞いた若者が共通して挙げたのは、「自民や維新こそ革新的」だという点。

    「安倍政権の経済政策(アベノミクス)や憲法改正、積極外交、内閣人事局の設置などは今までになく、維新の大阪都構想や地方分権(道州制)など、どちらも改革志向にある。一方、その抵抗勢力である民進党や社民・共産党はリベラルとは逆のところにいると思う」(首都圏の国立大学院2年、24)

    特に10代や20代前半にとっては政権末期の民主党や、民主党政権時代の「自民党=野党」のイメージが強く、「改革派」の自民党、「抵抗勢力」の野党(民進党、共産党)という構図で捉えているようだ。

    ・都内の国立大2年の男子学生(20)はこう語る。

    「自民党は働き方改革やデフレ脱却など、抜本的ではなくとも、悪かった日本の景気や雇用状況を改革しようとしているように見える」

    実際、2018年卒の大学生・大学院生の就職内定率(10月1日時点、ディスコ調べ)が92.7%と調査を始めた2005年以降過去最高になり、日経平均株価は約21年ぶりの高値となるなど、数値的にも良い結果が出ている。こうした数字は10代や20代にもSNSなどで目に入っており、成果を出している印象を受けやすい。

    ・野党は改革の方向を争う相手ではなく、「現状肯定派」に見えている。

    「野党はアベノミクスに変わる経済政策の具体策を提示できておらず、単に自民党政権の政策を中止しろと言っているだけ。
    年功序列とか前時代的な給与・労働体系を守ろうとする現状肯定派であり、旧来の枠組みから脱出することのない保守的なものに映る」(前出の国立大生)

    小学校高学年に自民党の政権復帰を体験した中学3年の男子学生(15)は、「共産党や民進党は政権批判ばかりしていて、共産主義も過去の時代遅れの思想で古いイメージが強い。
    自民党は新しい経済政策で株高などを実現させており、憲法改正も含めて改革的なものを感じる」と話す。

    実際、各党の衆院選公約を見ると、維新と自民党が最も「改革」という言葉を使っており、自民党が政権を奪還した2012年の衆院選公約の29回、2014年衆院選の34回、2017年の40回とその使用頻度も増加傾向にある。

    他方、今回選挙の公約を見ると、希望の党は17回、立憲民主党は0回と、こうした言葉遣いも党のイメージに表れているのかもしれない。
    若年層の支持を得るには、いかに日本を変えていくかをより強く提示していく必要があるだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171104-00010001-binsider-bus_all&p=3
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171104-00010001-binsider-bus_all 

    20171104-00010001-binsider-000-6-view


    引用元:http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1509786035/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2017/11/04(土) 16:18:48.55 ID:CAP_USER9
    http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/171104/plt17110408060004-n1.html

     予想されたことではあるが、まことに破廉恥だ。

     10月22日の衆院選投開票からわずか2週間、希望の党に「踏み絵」を踏んで移った諸氏がさっそく手のひらを返し始めた。

     民進党出身者は合流に当たり、10項目の政策協定書に署名した。安保に関しては「現行の安保法制は憲法に則り適切に運用する。その上で不断の見直しを行い、現実的な安保政策を支持する」とある。

     安保法制容認を公約に掲げて衆院選を戦ったにもかかわらず、樽床伸二代表代行は10月25日の両院議員懇談会後の会見で、「協定書の中身は民進党の方々の考え方と齟齬(そご)をきたさない」と言い放った。現行法制を「違憲」とする民進党の主張は、希望とは明らかに異なっているのに。

     樽床氏が根拠にしているのは、「憲法に則り」「不断の見直し」という部分だという。民進党出身の今井雅人衆院議員も「『変節した』『筋を曲げた』といわれるが、協定書をよく読むとそんなことはない。合憲の範囲で運用し、後は見直しをしていくと書いてある」と語ったが、こんな理屈通用するだろうか。

     小池百合子代表(東京都知事)は26日、協定書の内容に関して「そのまま読んでいただければその通りだ」と述べて、安保法制容認を変えていないだけに、“排除”が足りなかったようだ。

     そもそも選挙期間中に民進党の小川敏夫参院議員会長は「民進党再結集」を呼びかけていた。

     「今回やむを得ず希望の党から立候補している人もいるだろうし、無所属で信念を通している人もいる。選挙後は、これまで一緒にやってきた民進党を大きな軸として結集し、自民党の安倍晋三政権を打倒する」と訴えた。

     さすがに民進党の前原誠司代表から「これほど有権者を愚弄した話はない。再結集は絶対にやってはならない」などと各方面からバッシングをくらい前言をひっくり返したが、やはり本音だった。

     立憲民主党の枝野幸男代表は1日、民進党との連携について難しいとの認識を示した。立民の福山哲郎幹事長が民進党参院会派から離脱を強いられたことを理由に「連携の意思がないと受け止めざるを得ない」と強調したが、スジが通っている。

     これに対し民進党の大塚耕平代表は1日の党会合で、次期衆院選での希望の党、立民との選挙協力を念頭に「『3党物語』でしっかり連携して政権交代に向けて歩む」と訴えた上で、両党を「友党」と持ち上げて秋波を送ったそうだが、「寄り合い所帯」がソッポを向かれたのを忘れている。

     希望の党は2日、国政のリーダーとなる共同代表選を「8日告示、10日投開票」に実施すると決めた。民進党出身の玉木雄一郎氏が出馬を明言、大串博志氏、泉健太氏らが出馬を検討している。

     大串氏は10月27日、現行の安保法制について「私は容認しない」と明言し、11月1日も記者団に「私の意見ははっきりしている。この方針で出馬する人がいない場合、どう代表選にぶつけるのか、仲間と相談したい」と話したが、この人も「踏み絵」を踏んだのではなかったか? 代表選に名乗りを上げる人間がこれでは、希望の党に信義もへったくれもない。

     こうした状況に、前大阪市長で弁護士の橋下徹氏は自らのツイッターで、小池代表に代表辞任を求めている民進党系の議員らを激しく批判している。

     26日には「どこもかしこもろくでもない国会議員が多すぎる。小池さんの責任を口にすれば自分たちが有権者にどう映るのかの想像力もない。こんなことをやればやるほど希望は消滅に向かう。小池さんの看板がなければお前らのほとんどは落選してたんだよ!小池さんを批判するのは有権者だ」と綴った。

     27日には「そうそう希望の党の樽床伸二も最低、最悪の国会議員。当選前と当選後でウルトラマンかよ!といくらいの変わりよう。当選後あまりにも偉そうだったのでブチ切れたよ」と書き込んだがこれらに異論は無い。

     蛇足だが立憲民主党は30日の執行役員会で、無所属の山尾志桜里衆院議員が同党の衆院会派に入ると確認した。山尾氏は週刊誌で既婚男性との交際疑惑が報じられ、民進党を9月に離党したばかりだったが、衆院選では無所属で立候補し当選。「一定の信託はいただいた」と言ってのけた。

    (略)

    dims


    引用元:http://fate.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1509779928/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2017/11/03(金) 12:33:59.18 ID:CAP_USER9
    来年4月の開学が認められる見通しとなった加計学園の問題について、民進党の蓮舫元代表が「引き続き、調べたい」と意欲を見せ、「まだやるのか」と呆れ・批判を呼んでいます。

    蓮舫元代表は11月2日の夜、Twitterでこのように述べ、加計学園問題の追及に改めて熱意を見せていました。


    詳細はリンクで
    http://www.buzznews.jp/?p=2112525 

    37

    引用元:http://fate.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1509680039/

    この記事を読む

    1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [US] 2017/11/03(金) 13:41:01.30 ID:KDX7xQar0 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    小川議員長男送検、犯行繰り返したか

     民進党の小川勝也参議院議員の長男が小学生の女の子に暴行を加えたとして逮捕された事件で、長男は他にも通っていた大学の近くで犯行を繰り返していた可能性があることが分かりました。
     小川遥資容疑者(21)は先月31日、埼玉県所沢市の路上で小学生の女の子を転倒させたうえ、わいせつな行為をしようとした疑いが持たれていて、3日朝、送検されました。
     小川容疑者は小川勝也参院議員の長男で、捜査関係者によりますと、所沢市内の大学に通っていたということです。
    小川容疑者は、他にも所沢市内で起きた女子児童に対する2件の強制わいせつ事件への関与もほのめかしていることが分かりました。
     警察は、大学の近くで犯行を繰り返していた可能性もあるとみて捜査しています。
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3201838.html


    https://mainichi.jp/articles/20171102/k00/00e/040/314000c
    >遥資容疑者は小川参院議員の議員宿舎で同居していた。

    45



    引用元:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1509684061/

    この記事を読む

    1: シャチ ★ 2017/11/02(木) 22:36:21.00 ID:CAP_USER9
    11/2(木) 22:09配信 産経新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171102-00000566-san-pol
     立憲民主党が2日に開いた国対役員・筆頭理事合同会議で、自民党議員との「飲み会自粛令」ともとれる異例のお触れが出た。

     党関係者によると、国対幹部が各委員会の理事らに「党が費用を出すのでまずは野党の理事同士で交流を深めよう。
    自民党とは野党の結束が固まった後にやるべきだ」と呼びかけた。

     自民党からの懐柔を防ぐ狙いがあるとみられる。「分断と排除の政治」(枝野幸男代表)を忌避する政党にしては、ちょっと度量が狭い?

    no title



    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1509629781/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2017/11/02(木) 18:18:22.52 ID:CAP_USER9
    週刊文春に「汚れたリベラル」などとして女性への強制わいせつ疑惑を報じられたばかりの立憲民主党・初鹿明博衆議院議員が11月2日、自身のブログを更新して「丁寧に説明するという姿勢とかけ離れている」と安倍首相を厳しく批判しています。

    詳細はリンクで
    http://www.buzznews.jp/?p=2112494 



    no title



    初鹿明博『Banbi通信 VOL.329』
    https://ameblo.jp/hatsushika-akihiro/entry-12324718992.html
    自民党、野党質問を大幅削減を要求 質問時間の配分見直しは、国会の自殺行為だ!


     11月1日に特別国会が召集され、本格的に3期目の任期がスタートしました。  
    ご承知の通り、野党の分裂により与党が圧勝するという結果になりました。我が立憲民主党は僅かな議席差ですが、野党第一党になりました。野党第一党になるとその中から副議長が選出されることになっていたり、全ての委員会の野党側の取りまとめを行なう筆頭理事を出したり、国会の運営を与党等の間で決める際の野党側の代表者となったり、国会内の控室も議場に一番近い部屋を割り当てられたりと国会活動を行う上で、第二党と大きな違いがあります。 

    それ故に責任も重大で安倍政権の横暴を止められるかどうかは我々、立憲民主党の頑張りにかかっていると言っても言い過ぎではありません。今回の任期は安倍総理が戦後初めて憲法9条の改正を掲げて行われた選挙であり、当然、いずれかの段階で9条改正の議論が行われる歴史の大きな転換ともなる重要な4年間になると感じています。我が国が戦後守り続けてきた平和主義を損なうことがないよう安倍総理が行おうとする憲法9条の改正を阻止すべく頑張らないとならないと決意を新たにしています。



     上述した通り自民党は野党時代に旧民主党政権による配慮で質問時間を増やしてもらっています。そのことを棚に上げて、しかも、「丁寧な説明をする」と再三再四繰り返してきた安倍総理の姿勢とも大きく逆行する数の力に任せた横暴であると感じます。

    以下略


    引用元:http://fate.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1509614302/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング