じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    政治

    スポンサーリンク

    1: シャチ ★ 2016/02/13(土) 12:39:01.12 ID:CAP_USER*.net
    dly1412250044-f1


    毎日新聞 2月12日(金)22時39分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160212-00000128-mai-pol

     政府・与党は円高と株安の進行に危機感を募らせている。
    安倍内閣の支持率は景気回復への国民の期待を背景にしており、経済の変調は夏の参院選に向けた与党の選挙戦略を左右するためだ。

     自民党の谷垣禎一幹事長は12日の記者会見で「疑心暗鬼が広がっているが、どういう対応を打つかは少し様子をみなければならない」と述べた。
    公明党の井上義久幹事長は会見で「日本経済のゆるやかな回復基調は変わっていない」と強調した。

     とはいえ、安倍晋三首相は「経済最優先」を掲げて参院選に臨み、与党を勝利に導く戦略を描いてきた。
    自民党幹部が、参院選に合わせて衆院選を実施する衆参同日選をちらつかせて野党の分断を誘おうとしているのも、経済情勢が安定し、同党の支持率が高いことが前提になっている。与党幹部は「これだけ株価が下がると、賃上げなしで参院選に臨むことになりかねない。経済がだめになれば同日選なんてできない」と語る。

     2017年4月の消費税率10%への引き上げについて、首相は「リーマン・ショックのようなことがない限り、予定通り引き上げる」と繰り返すが、今後は政権内で慎重論が強まる可能性がある。

     一方、野党は、甘利明前経済再生担当相らの「政治とカネ」の問題に加え、経済政策でも追及材料を得た。
    民主党の岡田克也代表は「アベノミクスで円安・株高になったという論理は機能しなくなった。
    アベノミクスは破綻した」と指摘。

    共産党の小池晃政策委員長は「安倍政権の命綱が完全に切れて奈落の底に落ちてきている。
    アベノミクスの最終局面、エンドステージだ」と批判した。【佐藤慶、田所柳子】

     

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1455334741/

    この記事を読む

    1: ビッグブーツ(庭)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 19:55:55.85 ID:CrPXCjU90●.net BE:656580197-PLT(13000) ポイント特典
    CbAasSHUkAEs63U


    no title

    8de839b2





    民主 岡田代表「政治不信につながる」
    民主党の岡田代表は、記者会見で、「どうして、このような人が衆議院議員でいたのか、非常に残念であり、大きな政治不信につながることだ。
    宮崎氏を候補者として擁立してきた自民党の責任は重い。今後、補欠選挙になるが、われわれは、当然のことながら候補者を立てて、しっかりと戦っていきたい」と述べました。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160212/k10010407001000.html



    ※ちなみにこの人物は同じ民主党だが、岡田代表にとっては政敵
    cb86e14d


    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1455274555/

    この記事を読む

    WS000000


    宮崎氏辞職表明 宮崎氏の辞職を受け、民主・モナ男ら政界不倫男どもは一体どうする?


    イクメンを装いながら、身重の妻(金子恵美議員)をほったらかして不倫していた自民党の宮崎謙介衆院議員は12日に議員辞職を表明した。国会議員の不倫は過去にも数多く報じられたが、議員辞職に発展したのは極めて珍しい。

     何と言っても印象的だったのは民主党の細野豪志政調会長。平成18年10月、TBSの看板番組のキャスターだった山本モナとの不倫・路チュー写真が「フライデー」に掲載された。当時当選3回だった細野氏は政調会長代理などの党の役職を辞任したが、議員辞職はせず、21年の衆院選でも当選。その後に環境相や党幹事長を務め、見事に“復活”している。現在も衆院予算委などで安倍政権を舌鋒鋭く攻撃しているが、宮崎氏の不倫疑惑については言及していない。

     女優・水野真紀の夫として知られる自民党の後藤田正純衆院議員は平成23年に銀座のホステスと飲食店でキスをした上、議員宿舎に連れ込んだことをフライデーにスクープされた。

     最近では、自民党二階派の中川郁子農林水産政務官(当時)が昨年3月、同じく二階派所属の門博文衆院議員との「路チュー不倫」を「週刊新潮」に報じられた。

     このように男女の色恋沙汰は後を絶たない。

     鴻池祥肇参院議員は、麻生太郎内閣の官房副長官だった平成21年に議員宿舎に女性を宿泊させ厳重注意処分を受けたにもかかわらず、その後も熱海に不倫旅行に出かけたのがバレて更迭された。

     平成8年には船田元・元経済企画庁長官と畑恵参院議員の不倫が週刊誌で報じられ、「政界失楽園」と称された。船田氏はその後離婚し、畑氏と再婚したが、12年の衆院選で落選の憂き目に遭った。

     このように不倫や色恋沙汰に政界が甘いのは、過去の大物政治家に愛人や隠し子はつきものだったことが大きい。自民党草創期の大者だった三木武吉や大野伴睦は愛人の存在を半ば公言し、元首相の田中角栄にも婚外子がいた。外相や官房長官を務めた園田直は、不倫の末に野党・労農党議員だった松谷天光光(後の園田天光光)と電撃結婚し、「白亜の恋」と騒がれた。

     米国でも1998(平成10)年に当時のクリントン大統領が不倫を告白した例がある。ただ、時代の変遷とともに「政治家の不倫」に対して世間の目は厳しくなっている。宮崎氏の議員辞職に震え上がっている政治家は与野党ともに多数いるのではないか。(政治部・S)

    産経新聞 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160212-00000552-san-pol
    1: :2016/02/12(金) 11:21:20.72 ID:
    0003 ID:1xRpQvw40.net PLT(12000) ポイント特典

    自民 宮崎謙介氏 女性関係報道で議員辞職表明 

    今の国会中に、育児のための休暇を取る考えを示していた、自民党の宮崎謙介衆議院議員は、みずからの女性関係について、週刊誌で報じられたことを受けて記者会見し、 
    「道半ば、志半ばだが、信無くば立たずだ」と述べ議員辞職する意向を明らかにしました。  

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160212/k10010406631000.html 



    たい吉@junodajun9520 
    自民党の宮崎議員、辞職へ。周囲に意向を伝える。 
    妥当な決断といえばそうだろう。数の奢り政権を支える党員としては潔い決断ではないだろうか。 
    https://twitter.com/junodajun9520/status/697950848219901952 



    Ohne Begrundung@Ohne_Begrundung 
    NHKの速報で「宮崎議員 議員辞職の意向」と。やってる事は一番しょうもないけど、ここ数年の自民党議員の中では『突出して潔い責任の取り方』として俺は評価する。 
    甘利は?小渕は?パンツは?議員としての罪はこいつらの方が圧倒的に重いんだけど。 
    https://twitter.com/Ohne_Begrundung/status/697951818324676608 



    きっこ@kikko_no_blog 
    「妻の妊娠中に愛人の女性タレントと不倫を続けていた自民党の宮崎謙介衆院議員(京都3区)、議員辞職へ」とのこと。甘利明より遥かに潔いな。 
    https://twitter.com/kikko_no_blog/status/697962940121501696 



    Ryosuke-Nishida@NishidaRyosuke 
    宮崎議員、議員辞職表明!正直そこまでやらなきゃならないのか?た思うが、潔いね。 
    https://twitter.com/NishidaRyosuke/status/697964035887599616 



    さ・さ・が・ぁ@HijonoP 
    細野豪志はなんで議員辞職しないの? 
    https://twitter.com/HijonoP/status/697962561988243456 



    Aちゃん@51ez34 
    これで思う存分に子守ができるな。しかし議員辞職したら、蛤とか細野とかどうすんの? 
    https://twitter.com/51ez34/status/697965578229682176 



    kotono@ccf_kotono 
    宮崎議員が議員辞職するようなので、マスコミは民主党の細野からコメントを取ってもらいたいものだ 
    https://twitter.com/ccf_kotono/status/697956737114963969

    この記事を読む

    1: リキラリアット(庭)@\(^o^)/ 2016/02/11(木) 22:15:49.32 ID:V0da6SIk0●.net BE:656580197-PLT(13000) ポイント特典
    紗蘭(SARA) ?@saracchidayo 2時間2時間前
    先日、枝野幹事長とおしごとさせていただいてそのあとプリクラ撮ったんだよ?????????
    最新機種、HIKARIで撮ったよ?
    盛れた?(*^^*)

    no title

    no title

    no title





    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1455196549/

    この記事を読む

    1: 閃光妖術(東京都)@\(^o^)/ 2016/02/11(木) 20:20:26.51 ID:jMcodf010.net BE:639823192-PLT(15000) ポイント特典
    民主党の岡田克也代表は11日、自民党が衆院選挙制度改革で定数削減を2020年以降に
    先送りする方針を打ち出したことについて、「開いた口がふさがらない。安倍晋三首相(自民党総裁)が国民にうそをついたと言われても仕方がない」と批判した。三重県四日市市で記者団に語った。

    岡田氏は、衆院議長の諮問機関が答申した「アダムズ方式」に基づく定数配分導入に自民党方針が 触れていない点を指摘。「結果を尊重すべきだと言ったのは首相だ。各党が受け入れると
    言っている中で(自民党が)無視するのは考えられない」と述べた。

    45


    http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2016021100286

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1455189626/

    この記事を読む

    1: デンジャラスバックドロップ(北海道)@\(^o^)/ 2016/02/11(木) 01:28:13.56 ID:VTEvkryC0.net BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    <北朝鮮ミサイル>衆参、9日に非難決議

    毎日新聞 2月8日(月)21時56分配信

    政治利用に野党反発

     参院選の野党共闘の旗印の一つとして「安全保障関連法の廃止」を掲げる野党は、政府・与党が北朝鮮による弾道ミサイル発射を安保関連法整備の正当化に利用していることに反発している。

     民主、維新両党が8日に国会内で開いた外務・防衛合同部門会議で、民主党の長島昭久元副防衛相は
    「首相官邸のプレーアップ(強調)ぶりが目立つ。国家安全保障会議(NSC)の写真を広く頒布したり、相当大げさなことをやっている感じだ」と発言。政府が北朝鮮のミサイル発射を政治利用しているとの認識を示した。

     また、共産党の山下芳生書記局長は8日の記者会見で「全く関係ないミサイル発射の問題で、安保関連法をクローズアップ
    させようとする政府の姿勢には非常に大きな違和感を覚える」と不快感をあらわにした。

     民主党の枝野幸男幹事長は7日、仙台市の会合で「近くにおかしな国があるからこそ個別的自衛権をしっかりやるべきだ。
    首相周辺は悪用して集団的自衛権や憲法改正が必要という話にしかねないが、だまされてはいけない」と訴えた。

     枝野氏は8日、記者団に安保関連法廃止法案について「5党の共同提出を調整している」と述べ、民主、維新、共産、社民、生活の野党5党で共同提案する方針を示した。


    F2011030812111801967


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160208-00000069-mai-pol

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1455121693/

    この記事を読む

    1: フライングニールキック(栃木県)@\(^o^)/ 2016/02/10(水) 13:55:44.54 ID:Kn5FBXKi0●.net BE:886559449-PLT(22000) ポイント特典
     民主党の細野豪志政調会長は9日の記者会見で、高市早苗総務相が政治的公平を定めた放送法の違反を放送局が繰り返した場合に電波停止を命じる可能性に言及したことについて「放送法の乱用だ。
    電波停止に言及した意味は非常に重い」と批判した。放送法の一般論を述べただけの高市氏に激しく反応した細野氏だが、民主党政権こそ放送局を含むマスコミへの圧力を繰り返してきた政権だった。

     例えば、野田佳彦政権の松本龍復興担当相は平成23年7月3日、宮城県庁を訪れて村井嘉浩知事と面会した際、応接室で待たされたとして「お客さんが来るときは自分が入ってから呼べ。長幼の序が分かっている自衛隊(村井知事がかつて所属していた)ならやるぞ」と発言した。テレビカメラも入った公開の場で「今の部分はオフレコな。書いた社はこれで終わりだから」とマスコミを恫喝した。

     23年9月2日の野田政権発足に伴い入閣した鉢呂吉雄経済産業相は東京電力福島第1原発事故の現場周辺を「死の町」と表現し、被災地視察後に記者団に「放射能をうつしてやる」などと発言した。鉢呂氏は10日に辞任した。これを受け、当時の輿石東幹事長は報道した民放関係者を聴取。12日の記者会見で
    「報道のあり方について皆さんも、もう一度考えてもらいたい」と報道に問題があるとの認識を示し、13日の党代議士会では「マスコミ対応を含め情報管理に徹底していきたい」と宣言した。

     菅直人首相は22年6月8日の就任記者会見で「ややもすれば取材を受けることによって、政権運営が行き詰まる」と述べ、取材を忌避する姿勢をあらわにした。

    菅政権の仙谷由人官房長官は22年11月9日の衆院予算委員会で、自身が持ち込んだ手元の資料を新聞社が撮影、掲載したことを「盗撮だ」と批判した。撮影は国会の許可を得て行われていた。24年2月には前原誠司政調会長が、産経新聞が掲載した「言うだけ番長」などの記事を「ペンの暴力だ」などとして、定例会見への産経新聞記者の出席を拒否した。

     こうした民主党政権のマスコミに対する圧力は枚挙にいとまがない。都合の悪い過去はすっかり忘れたようだ。

    no title


    http://www.sankei.com/premium/news/160210/prm1602100007-n4.html


    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1455080144/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング