じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    政治

    スポンサーリンク

    1: (^ェ^) ★ 2018/10/30 08:50:15 ID:Twitter




    引用元:https://twitter.com/tamakiyuichiro/status/1057057054228045824

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2018/10/29(月) 21:20:15.78 ID:CAP_USER9
    https://snjpn.net/archives/75247

    no title


    自民、臨時国会で改憲議論を=主要野党、そろって批判

    ▼記事によると…

    ・与野党は28日のNHK番組で、安倍晋三首相が意欲を示す憲法改正について議論した。自民党が臨時国会で同党の改憲案を提示する考えを改めて表明したのに対し、主要野党はそろって批判した。

    ・立憲民主党の福山哲郎幹事長は「(改憲に対する)国民の機運は落ちている。議論する環境ではない」と指摘。国民民主党の平野博文幹事長は「首相が前に出て旗を振るのは、筋違いも甚だしい」と批判した。共産党の小池晃書記局長は「絶対ストップさせる」と述べた。

    一方、日本維新の会の馬場伸幸幹事長は「きちっとした議論を始めるべきだ」と語った。

    10/28(日) 14:28配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181028-00000040-jij-pol

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1540815615/

    この記事を読む

    1: ばーど ★ 2018/10/29(月) 12:14:41.26 ID:CAP_USER9
    日本経済新聞社の世論調査で、人手不足の分野での外国人労働者の受け入れ拡大について賛成が54%と半数を上回った。外国人労働者の日本での永住に関しても賛成が54%にのぼり、反対の34%を上回った。

    18~29歳の6割超が賛成するなど年齢が低いほど賛成意見が多かった。自民党支持層より、野党第1党の立憲民主党の支持層で賛成意見が目立った。

    政府は外国人労働者の受け入れ拡大に向けた入国管理法改正…

    WS000002

    2018/10/29付日本経済新聞 朝刊
    https://www.nikkei.com/article/DGKKZO37047070Y8A021C1PE8000/

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1540782881/

    この記事を読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/10/28(日) 11:50:45.17 ID:CAP_USER9
    東京都の小池百合子都知事が28日、東京・東池袋中央公園で行われた『池袋ハロウィンコスプレフェス2018』2日目のオープニングセレモニーに来場。
    『銀河鉄道999』のメーテルのコスプレで登壇した小池都知事だったが、MCから紹介されるまで観客に気づかれないほどの見事に仮装。
    「小池百合子都知事です」とアナウンスされると「えーすごい」と大きな歓声が上がった。

    小池都知事は「メーテルの小池でございます。『池袋ハロウィンコスプレフェス2018』が秋晴れのもとで開かれ、ますます盛り上がっていることをうれしく思っております」とにっこり。
    「2019年にはラグビーのワールドカップ、20年には東京オリンピック・パラリンピックがございます。
    スポーツだけではなく、東京がサブカルチャーで盛り上がっていくように、日本風にアレンジしたハロウィン、みんなで楽しんで参りましょう」と呼びかけた。

    衣装のポイントについては「これで3回目になるのですが、1回目は魔法使いサリー、2回目はリボンの騎士ということで、手塚治虫先生縛りでやってきたのですが、今年は松本零士先生のメーテルにしました」とにっこり。
    「名作をいつまでもいつまでも日本の誇りとして守っていきながら、新しいアニメもたくさん誕生しておりますので、これからもコスプレのバラエティーも増えていくと楽しみにしております。
    『踊る阿呆に見る阿呆』という言葉がありますけど、みなさんも楽しんでください」とアピールしていた。

    セレモニーにはそのほか、豊島区長の高野之夫氏、同フェス実行委員長の横澤大輔氏、
    アニメイトホールディングス代表取締役社長の阪下實氏、サンシャインシティ代表取締役社長の合場直人氏も来場した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15510257/
    2018年10月28日 11時7分 オリコン

    no title


    2122280_201810280614870001540694198c

    no title


    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1540695045/

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2018/10/28 13:43:58 ID:Twitter




    引用元:https://twitter.com/camphor_best/status/1056406194703613952

    この記事を読む

    1: (^ェ^) ★ 2018/10/28(日) 08:48:23.70 ID:CAP_USER9
    女優の剛力彩芽(26)との交際も注目されるネット通販ZOZOの前沢友作社長(42)が26日に自身のツイッターを更新。
    内戦下のシリアで拘束され3年4カ月ぶりに解放されたジャーナリストの安田純平さん(44)について言及したことをきっかけに、維新の会・丸山穂高衆院議員(34)と“舌戦”を展開した。

     「拘束されていた安田さんが解放され助かった。本当に良かった」と安田さん解放を喜んだ前沢氏。
    「けれど忘れてはいけない。2015年1月の後藤さんと湯川さん、2004年10月の香田さん、三人とも助からなかった」と過去に拘束され命を落とした日本人ジャーナリストの名を挙げ、
    「いずれも身代金要求に日本政府は応じなかった。人命より、テロとは交渉しないという姿勢を優先した。人命<姿勢???」と疑問を呈した。

     続けて「身代金を払えば、それが新たな武器購入の資金となり、テロの力を強め、さらなる被害拡大につながる。
    けれども、それは近視眼的な考えだと思う。根本的なテロ問題の解決は、資金源の凍結や、武力による一掃戦略ではなく、話し合いだと思う」と持論を展開。
    「非武装の状態でテーブル上で議論してみることはできないだろうか」と提案し、「平和主義国であり被爆国でもある日本が、国際社会を代表して、
    そうしたテーブルを用意し、そこへテロリストと呼ばれる人たちに丸腰で来てもらい、さあ冷静に話しませんかと、あなたたちの本当の目的は何なんですか?
    と議論の場を設けることはできないだろうか」とつづった。

     すると、前沢氏の意見に丸山議員が自身のツイッターで反応。「この社長さんの人類史や中東の地政学すらぶっ飛ばした発想が過ぎて、
    驚きを隠せない。あまりにも無邪気」とし、「ツイートでは思考の全ては分かりませんが、洞察が浅い。炎上商法でないとは思いますがそれを疑うレベル」と批判した。

     これに対して前沢氏は「それでは、先生はどうしたら良いとお考えですか?テロリストって誰で何が目的でどうしたらなくなりますか?
    そのために私たち市民にできることは何ですか?もし先生のご家族や身近な方が人質にとられても身代金は断固払いませんか?」と反論。
    丸山議員は「戦場で仰る『市民』」に出来ることは限られています。それでも出来ることは何かというのなら、外務省海外安全HPで渡航中止や
    退避勧告と書かれている地域にはなるべく行かないでください。私なら仮に自分や家族が人質に取られればなおさら身代金は払いません」と回答した。

     前沢氏は「もう一度伺います。テロをなくすにはどうしたらいいですか?先生個人のご意見をお聞かせください」と再度質問。
    「テロがなくなるとはどういう状態でしょうか?自然界ですら他者を殺めたり破壊する同様のことは数多起きています。
    人間界もテロどころか殺人事件すら未だ数多」など困惑気味に返信した丸山議員に対し、前沢氏は「お考えよく分かりました。
    あまりに真っ当なご見解で、夢もなければビジョンもないため、個人的には支持や応援はできないと思いました」とキッパリ。
    「今後は一市民を小馬鹿にしたような発言は謹んでいただくようお願い申し上げて終わりにします」と話を切り上げた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181027-00000136-spnannex-ent

    Do99sJaUwAEBkVR
    0: Twitter 2018/10/28(日)

    テロリスト擁護発言や書き込みはフランスなどの欧州では犯罪として収監される。テロ擁護は「言論の自由の例外」で世界の敵・悪魔扱いが世界のアタリマエ。

    仏英では去年だけでもISIL系テロで100人をはるかに超える死者を出している。中東では女子供を使った自爆テロや人さらいや大規模殺人が日常として起きている。これは絶対忘れるな。

    頼むから世界的企業のトップや、政治家はZOZO前澤みたいなバカな発言はしないでくれよ。言った瞬間世界の敵だ。

    今回の件は、人権監視団が高額身代金をカタールが支払った事を正式表明している。「その金で人が殺される」事が問題なのは動かない世界の共通認識。

    こういったネットの書き込みでも、ウマルを叩いているオマエラが、テロを憎む正常な一般市民。
    擁護している奴ら・ZOZOで買い物する奴・委託している企業は、テロ擁護者。

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1540684103/

    この記事を読む

    1: クロ ★ 2018/10/26(金) 20:13:24.48 ID:CAP_USER9
    ■憲法議論など

     石破 茂 です。

     前回の本欄で江藤淳氏の「1946年憲法 その拘束」をご紹介致しましたが、読んでくださった方がおられてとても嬉しく思いました。文春文庫版は容易に入手できますので、皆様是非お読みください。

     一般論として、ある意見に反対の場合でも、見解を述べる際にはその拠って立つ論理を明らかにするべきだと思いますし、そうでなければ議論にはなりません。答えに至るまでの論理をほとんど明らかにしないまま、結論のみを述べて賛成か反対かを迫る手法には、恐ろしさと忌避感を覚えます。先人たちが営々と築いてきたプロセス重視の民主主義は、意外と脆く崩れる危うさを持っているようにも感じます。

     「憲法第9条第1項・第2項を残したまま、自衛隊の存在を第3項として書き込む」案について、論理的な正当性や安全保障政策における妥当性を述べた論考を私は寡聞にして知りません。恐らく論理的な正しさはなく、安全保障政策としても(「何も変わらない」と言われているわけですから)特段の妥当性はないのではないでしょうか。

     そうであるにもかかわらず、「どうせ国民にはわかりはしない」とばかりに民主主義的なプロセスを省略し、論理的整合性を無視して「政治は結果こそすべてだ」と主張するのだとすれば、その危険性をもっと論じなくてはならないと思っております。

     安倍総理は水曜日の所信表明で「国の理想を語るものは憲法」であり「憲法審査会において、政党が具体的な改正案を示すことで、国民の理解を深めていく努力を重ねていく中からできるだけ幅広い合意が得られると確信する」と述べられました。

     現行憲法の前文に語られている「理想」は、「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」というような抽象的でユートピア的なものですが、このあまりに非現実的な「理想」からどのように脱却し、どのような新たな「理想」を掲げるのか、が問われることになりましょう。

     「政党が具体的な案を示す」ということですから、当然自民党が率先して示すべきものだと思います。
     その際には、自民党で党議決定した平成24年憲法改正草案を覆す案、すなわち第9条第1項と第2項を残したままで、自衛隊の存在を第3項に明記する案について、出来る限り総裁ご自身がその意図をご説明いただくべきものですし、総裁選中における私との討論の際にも安倍総裁はそのように仰いました。

     何らかの理由で総裁ご自身がこれをなさることができない場合には、誰か総裁の意図を正確に体現した人が責任をもって行わなくてはなりません。内閣法制局も、衆議院や参議院の法制局も答える立場にはありません。普通の法案ですら踏む当たり前のプロセスを、最上位法である憲法で省略していいはずがないからです。

     政策的な立場は全く違いますが、立憲民主党の山尾志桜里衆院議員の対談集「立憲的改憲」(ちくま新書)は極めて示唆に富むものでした。これは法律家でもある山尾議員と、阪田雅裕・元内閣法制局長官、伊勢崎賢治・東京外語大教授、井上達夫・東大教授、駒村圭吾・慶大教授など、比較的新しい世代で、かつ教条主義的ではない専門家たちとの対談集なのですが、相当程度、頭の整理になり、展開されている論理も精緻なものだと感じました。

     このような議論が野党内で活発に行われ、それが国会で論じられるようになればよいのですが、立憲民主党がかつての社会党的体質を引き継ぐようであれば難しいのかもしれません。そのような政党には広範な国民的支持も集まらず、政治を変える力も決して持ち得ません。
     
     消費税率引き上げ、外国人人材受け入れなど、今国会で議論されるべき課題は多くあります。どの問題もその根底にあるのは日本の急激な人口減少と高齢化であり、弥縫策的な対応の積み重ねには限界があります。

    消費税率の引き上げと社会保障の改革はあくまで一体のものでなければならないのですが、これらの課題についてはいずれまた論じたいと思います。

     週末は先週に引き続き、自民党鳥取県連会長として党の会合を主催する他、いくつかのイベントに参加する予定です。
     皆様ご健勝にてお過ごしくださいませ。

    BLOGOS
    石破茂
    2018年10月26日 19:38
    http://blogos.com/article/334485/ 

    スクリーンショット 2018-10-27 1.36.38

    引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1540552404/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング