じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    政治

    スポンサーリンク

    1: 〈(`・ω・`)〉Ψ ★ 2015/04/15(水) 18:57:49.33 *.net
    plt1504020011-p1

     民主党の安住淳国対委員長代理は15日の記者会見で、自民党が報道番組で「やらせ」が指摘されたNHKと、テレビ朝日の関係者から17日に事情を聴くことについて「言論の自由、民主主義で守らねばならない領域に触れる恐れがある。特定の番組に政治は口出しすべきではない」と批判した。

     民主党はすでにNHK幹部が出席した部門会議で複数回にわたり「やらせ」疑惑を追及している。

    suika-umee


    産経
    http://www.sankei.com/politics/news/150415/plt1504150018-n1.html

    この記事を読む

    1: シャチ ★ 2015/04/14(火) 13:44:12.87 ID:???*.net
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150414-00000054-jij-pol

    民主党の細野豪志政調会長は14日の記者会見で、安倍晋三首相が国立大学の入学式などで国旗掲揚と国歌斉唱を行うことが望ましいとの認識を示したことについて、
    「大学には自主もあるし、(大学生は)大人だ。強制力を及ぼし得るような形で、こういう発言をするのは幼稚な感じがする」
    と批判した。
    「大学は社会の成熟さを表す機関。もう少し日本社会自体の成熟性に信頼があってもいいのではないか」
    とも指摘した。 

    この記事を読む

    1: シャチ ★ 2015/04/13(月) 19:08:50.76 ID:???*.net
    朝日新聞デジタル 4月13日(月)17時44分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150413-00000032-asahi-pol

    日本民間放送労働組合連合会(赤塚オホロ・中央執行委員長)は13日、自民党がテレビ朝日系ニュース番組「報道ステーション」に対して、「公平中立」を求める文書を出していた問題で、「放送免許の許認可権限を背景にした政権政党が、個別の番組内容に注文をつけること自体『報道への介入』であり、
    政治的圧力以外の何物でもない」と抗議する委員長談話を発表した。

     談話では、こうした文書が「言論・表現の自由、番組編集の自由への重大な侵害に当たる」と指摘。
    「自民党による度重なる蛮行に対し、強い怒りをもって抗議する」としている。

    d0044584_8313521
     

    この記事を読む

    1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 11:10:03.92 ID:???*.net
     “上西ショック”もあって統一地方選にも影響が出ている維新の党。その広島市議選新人候補の選挙ポスターが、「ナースコスプレか」とネット上で話題になっている。

     同市西区から出馬した菊浦尚美候補(37)のことで、写真の通り、確かにかなり目を引くポスターだ。もっとも、菊浦候補は病院や介護福祉施設の現場で15年勤めてきた本当の看護師。だから、“コスプレ”とは言えないが、もちろん“インパクト”を狙ったのだろう。

     「ナースキャップは男性看護師が増えたことや、さまざまな細菌が検出されることが判明し、最近は使っている病院の方が少ない。
    そりゃコスプレと言われますよ」(大学病院関係者)

     それもあって、ネット上では〈ちょっとオモロイやん〉という一方で、〈不適切だ〉〈(目立ちたがり屋の)維新らしさが恐ろしく出てる〉などと注目を集めている。

     菊浦候補本人に“真意”を聞いた。

     「20歳から15年間、看護師として働いてきて、自己紹介という意味で自らポスターに白衣を選びました。白衣の仕事は看護師以外にもいろいろあるので、高齢の方にもひと目で分かるようにナースキャップをかぶったわけです。小さな病院ではまだかぶっているところも
    ありますし、私も以前はかぶっていました。反応ですか? じわじわと手応えを感じているといったところです」

     西区は定員9人に対して15人が立候補。「混戦模様」(地元メディア関係者)だけに目立ったもん勝ちなんだろう。ちなみに菊浦候補は広島維新塾1期生だ。

    ソース(日刊ゲンダイ) http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/158743
    写真=ネットで話題
    no title

    この記事を読む

    1: 再チャレンジホテルφ ★ 2015/04/10(金) 23:07:08.45 ID:???*.net
    ■民主党・岡田克也代表

     民主党の活動モデルで一番わかりやすいのは、駅前でマイクを持った街頭演説だ。
    だがそれはほとんど通用しなくなっている。今や自民党も含めてどの党もやり、差別化ができなくなった。街頭演説はコミュニケーションではなく、一方的に情報を発信する放送だ。
    私も座談会を1年間で200回ぐらいやった。かなり大変だが、そういうことをほとんどやっていない人も(議員)バッジをつけている中にもいる。党の組織でも個人後援会でも、
    しっかりしたコミュニケーションがとれる仕組みをつくらなければ、風に影響を受けてしまう。
    地方議員との連係プレーも大事で、うまく連携がとれていない総支部もある。
    一つ一つきちんと解決していかなければ、地域に根ざした政党にはなかなかなれないと思う。(党本部の記者会見)

    img_0_m


    2015年4月10日22時37分
    http://www.asahi.com/articles/ASH4B7566H4BUTFK01J.html

    この記事を読む

    1: coffeemilk ★@\(^o^)/ 2015/04/08(水) 10:46:31.64 ID:???*.net
    国会病欠前後の行動が問題視され、維新の党から除名された上西小百合議員(31)。2015年4月5日には無所属で議員活動を続けていくことを発表したが、世間の目は依然冷ややかだ。

    6日放送の「モーニングバード」(テレビ朝日系)では、コメンテーターが上西議員の「メーク」にまで不快感を示した。

    黒のマスカラは下まつ毛にもたっぷり塗られている

    番組では3日の記者会見の様子を中心に、一連の騒動を詳しく紹介した。VTRが終わると、コメンテーターの住田裕子弁護士(63)は開口一番に「もうあり得ないと思いました」と厳しい言葉を口にした。
    その後、上西議員の行動や説明に対する疑問点を指摘するうちにヒートアップしたのか、

    「そして女性からいくとね、なんかあのウソついているあのお化粧が、あのアイメークが、ものすっごく癇に障るんですよねぇ」

    と顔をしかめた。

    上西議員の目元はいつも太めのアイラインが入っており、まつ毛はしっかりと上を向いている。黒のマスカラは下まつ毛にもたっぷり塗られていて、いわゆる「垂れ目風」のアイメークに仕上がっている。

    これも「浪速のエリカさま」ともてはやされるようになった所以の一つかもしれないが、騒動後には一転、ばっちりメークがどうやら不評に拍車かけてしまっているようなのだ。

    実際、インターネット上には、

    「あの化粧、全く好感が持てない」
    「これ周り誰も突っ込まんの?」
    「上西議員はメークで絶対に損してると思う」

    といった声がいくつも投稿されている。報道陣の前で謝罪した3日の会見にも普段と変わらぬメークで登場していたことから「TPOをわきまえてない」という声も目立つ。

    ■沢尻エリカではなくにしおかすみこ似?

    デイリースポーツの報道によれば、4日放送の情報番組「あさパラ!」(読売テレビ)では、「メークが濃い」ことで知られるお笑いコンビ「ハイヒール」のリンゴさんまでが
    「こんなこと私が言うのも何ですけど、化粧が濃い」と指摘したそうだ。

    ここ数日はエリカさまこと沢尻エリカさん似ではなく、濃いアイメークのSM女王キャラで人気を博したお笑い芸人、にしおかすみこさん似ではないかという新説も持ち上がっている。

    維新の党は4日、上西氏の除名処分を発表した。橋下氏は議員辞職を求めたそうだが、「議員の身分は法に触れない限り奪われない」「それだったら除籍で結構」などとして拒否されたという。

    一方の上西氏は5日、文書を報道機関に送り「まだまだ国政で微力を尽くしたいので、議員辞職はせず無所属で国政に邁進する」と宣言。公式サイトからは「維新の党」の文字を消した。

    だが、議院活動継続の道は決して楽なものではなさそうだ。上西氏は小選挙区で当選したのではなく、比例代表で復活当選を果たした立場だ。そのため、疑問の声は少なくない。
    元衆議院議員の東国原英夫氏や教育評論家の尾木直樹さんもツイッターやブログで疑問を投げかけている。

    no title


    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9980422/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング