じゃぱそく!

国内政治ニュース中心の2chまとめサイト

    政治

    スポンサーリンク

    1: バックドロップホールド(愛媛県)@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 13:41:34.90 ID:yo+zXiDs0.net BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    “議員むしろ増やすべき”
    参院調査会 倉林氏に竹中参考人

     参院・国の統治機構に関する調査会は24日、「参議院の目指すべき姿」をテーマに参考人質疑を行いました。

     日本共産党の倉林明子議員は、衆院選挙制度をめぐり、消費税増税と一体に議員定数10削減ありきで議論が進んでいることに対して
    「定数削減は議員の身を切るといいながら、国民の民意や権利を切り捨てることになり、実施すべきではない」と批判。定数削減について参考人の見解を尋ねました。

     駒沢大学法学部の大山礼子教授は「定数削減などの身を切る改革には反対だ。国会の政府監視機能が低下するため、定数削減すべきでない」と述べ、
    政策研究大学院大学の竹中治堅教授は「定数を削減するよりもむしろ増やすべきではないか」との考えを示しました。

     また、倉林氏は「参議院の目指すべき姿を考える時に女性議員を増やすことは重要な課題だ」と述べ、女性議員が増えれば政策決定にどのような影響があるかを問いました。

     大山氏は「女性議員が増えれば政策の中身が変わり、有権者の信頼回復にもつながる。政治不信の一因には議員構成の偏りがあると考えており、改善しなければならない。代議制民主主義の危機だ」と意見表明しました。

    20160219_wb_nl01_9


    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-02-26/2016022604_03_1.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1456461694/

    この記事を読む

    1: おかわり君 ★@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 21:26:56.96 ID:CAP_USER*.net
    2016.2.24 20:02更新
    http://www.sankei.com/politics/news/160224/plt1602240030-n1.html


     安倍晋三首相は24日の衆院財務金融委員会で、来年4月に予定する消費税率10%への引き上げについて、世界経済の「大幅な収縮」が起きれば中止する政治判断もあり得るとの認識を示した。首相はこれまで主に、再増税を延期するケースとしてリーマン・ショックや東日本大震災のような事態が起きた場合を挙げて説明していた。

     共産党の宮本徹氏への答弁。ただ、首相は予定通り再増税を行う考えに「変わりはない」と強調。その上で「10%への引き上げを確実に行うための経済状況を作り出すという決意の下、経済財政運営に万全を期していきたい」と述べた。

     政府は消費税率10%への引き上げを当初は平成27年10月に行う予定だったが、26年11月に首相が1年半延期することを表明した。その際、景気が悪化したときに増税を停止できる「景気条項」は削除した。

     これに対し、首相ブレーンの本田悦朗内閣官房参与らは、消費への影響に配慮し、再度の延期を求めている。首相も「(本田氏から)そういう話は何回かうかがっている」と述べた。

     一方、麻生太郎財務相は24日の同委で、消費税10%への引き上げについて「重大な事態が発生しない限り、確実に実施する」と改めて強調した。「重大な事態」の例として、雇用や企業業績、株価を挙げたが、「具体的な基準で申し上げるのは極めて困難だ」と述べた。共産党の宮本岳志氏への答弁。

     11

    引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1456316816/

    この記事を読む

    1: バズソーキック(愛媛県)@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 19:37:49.64 ID:rrgNErk90.net BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    民主党が解党しないで1人だけ残して新党をつくるのは100億円の政党交付金の返還義務を回避するため

    民主党が現在検討している実質的な解党について、奇策が暗躍している。通常、政党は解党した場合、政党交付金を国庫に返還する義務を負う。
    それをなんとか回避するために民主党は現在、あの手この手で抜け道を探っている。

    現時点で最有力策として検討されているのが、「民主党に1人だけ残して新党を別につくり、1人以外はみんな移動する」というものだ。
    no title

    no title


    この方法ならば民主党が解党するわけではないので、100億円近い政党交付金は返さなくてもよくなる。ルールの抜け道をつく実にずる賢いやり方だ。
    一部のマスメディアはこの真実を報道せず、あえて表面的な手続きだけを解説している。
    no title

    以前より偏向報道が目立ち、安倍晋三首相に目をつけられている報道ステーションはやはり今回も都合のいいように情報を操作し、視聴者を欺こうとした。

    さて、この民主党の裏の狙いを鋭く指摘した男性は、続いて新党にお金を移す方法もあると言及した。
    no title


    民主党についてはすでに取り返しのつかないほど悪評が広まってしまったため、新しい名前で再スタートする「新党ロンダリング」をしようとしているという批判も聞かれる。
    ここ最近の自虐ネタ広報活動を見ていると、それもあながち間違いではないと確信できる。人間は窮地に陥ったときほど可能性が低い一発逆転の策に頼るものなのだ。

    もともと政党交付金は国民から徴収した税金で成り立っているわけで、解党するならば素直にルールに従って返還すべきなのに、民主党は何を往生際の悪いことをしているのか。卑怯なことをせずに真っ向から勝負してほしい。

    http://netgeek.biz/archives/66660

    関連
    民主党 政治資金収支報告書 平成27年11月27日公表(平成26年分 定期公表)
    http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/reports/SF20151127-100.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1456310269/

    この記事を読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/02/23(火)20:40:46 ID:Bx2
    民主・岡田代表、「3月中に維新と新党つくる」と明言

    自民党議員の相次ぐ不祥事や、問題発言にもかかわらず、安倍政権は、依然、高い支持率を維持している。この「安倍一強」に対抗するため、民主党と維新の党が合流し、「新党」を立ち上げることになった。夏の参院選に向けて、安倍自民党への対抗勢力となっていくのか。
    維新の党の松野代表は「全く新しい党名の、新しい形の新党を作ろうということでですね、きょう、皆さんにおはかりをしたい」と述べた。
    民主党の細野政調会長は「新しい出発をすることによって得ることの方が、大きいのではないか」」と語った。
     
    新しい出発へ。
    ついに本格化した、野党再編の動き。
    FNNのカメラが、22日夜にとらえたスクープ映像。
    東京都内のホテルから、従業員に促され、うつむきながら出てきたのは、維新の党の松野代表。
    奥に見える「台車、ワゴンは一時停止」の注意書きから、ここが、荷物の搬入口であることがうかがえる。
     
    同じホテルからは、今井幹事長の姿も。
    この2人が、ひそかに会っていた相手は、民主党の岡田代表と、枝野幹事長。
    この会談で、近く民主・維新の両党が合意し、「新党」を結成する方針が確認された。
    23日午前、国会内で行われた民主党の幹部会合。
    口を真一文字に結び、部屋に入った岡田代表は、幹部を前に、「3月中に維新の党と新党をつくる」と明言した。
     
    その新党結成は、複雑な手順で進められる見通し。
    まず、民主党に最低限の議員を残したうえで、大半の議員をいったん離党させる。
    その議員らと、解党した維新の党の議員が合流した後、あらためて、党名が新たに生まれ変わる民主党に入る。
    維新の党のメンバーが、単純に民主党に合流しないのは、かつて、民主党を離党した松野氏らに対する「出戻り批判」に配慮した手続き。
    また、民主党を残す形をとることには、民主党向けの政党交付金を、引き続き受け取れることや、地方組織などの再編を不要とすることができるメリットがある。
    民主党の玄葉選対委員長は、「参院選、あるいは(衆院選との)ダブル選挙になるかもしれない中で、自民党に代わりうる塊というものを作っていく努力を、常にしていかなければいけない」と述べた。
    そして、気になる党名について、民主党内では、「民主」の2文字を入れた「立憲民主党」や「民主共生党」などとする声が上がっている。
    新党結成への動きに、自民党の谷垣幹事長は、「野党統一というと、耳障りはよろしゅうございますが、一皮むけば、野合だということにもなりかねないことかと思います」と語った。
    おおさか維新の会の松井代表は、「民主党に、偽物の皆さんが吸収されてよかったなと。名前変えるだけで、民主党に吸収してもらえる。どうしても民主党に行きたかったんでしょ。これでよかったと思ってます」と語った。
     
    活発化する野党再編の動き。
    共産党は22日、夏の参議院選挙に向けて、1人区ですでに擁立している公認候補者の大半を原則取り下げ、ほかの野党系候補を支援する方針を打ち出した。
    これを受け、野党5党の幹事長らは23日、会合を開き、候補者調整などを行う協議の場を設けた。
    しかし、安全保障関連法の廃止以外、各党の政策が大きく食い違う中、野党共闘は、どこまで進むのか。
    フジテレビ・渡邉 奈都子政治部長は、「野党としての大きな塊、受け皿を作ることを最優先に、選挙に向かって無理やりにでも突き進むと思う。ただ、その旗印が『非自民』ということだけでいいか、政策的なメッセージが国民にどう届くかが問われる」と語った


    FNN・フジニュースネットワーク
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00317076.html




    民主・維新合流へ、3月中にも新党旗揚げで最終調整

    (略)

     「合流問題というか新党問題というかね。あまり国民の期待感がないものを
    あまり騒いでいても意味はないんじゃないか」(社民党・又市征治幹事長)


    以下略 全文 毎日放送
    http://www.mbs.jp/news/national/20160223/00000040.shtml

    no title
    no title


    引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1456227646/

    この記事を読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/02/23(火)15:32:41 ID:Mys



    no title



    民主・維新合流、新党へ 党内手続き開始

     合流問題が大詰めを迎えている。民主党と維新の党は合流した上で名目上の新党を立ち上げるため、23日朝からそれぞれの党内手続きに入った。

     民主党では、岡田代表が党幹部に対して合流の進め方を説明した。出席者によると民主党は1人だけ残して他の議員はいったん離党し、名前や綱領を変更した新しい民主党に、解党した維新の党のメンバーと一緒に入党するという。民主党を解党せずに「新党」の体裁を整えるための妥協案と言える。これに対して、出席者から反対意見は出なかった。

     維新の党・松野代表「昨日の夜、岡田代表とおおむね話を致しました。まったく新しい党名の、新しい形の新党を作ろうという事で、今日、皆さんにおはかりしたいというふうに思っています」

     一方、維新の党でも松野代表が執行役員会で合流の方針を説明し、了承された。

     焦点の党名については「民主」の文言を残すかどうかで両党の意見に隔たりがある。そのため、世論調査など一般有権者の意見も参考にした上で決める事にしている。

     両党は24日にも党首会談を開き、合流を正式に決定したい考え。

    日テレNEWS24
    http://www.news24.jp/articles/2016/02/23/04323095.html



    民主党 維新合流、大筋合意 党名を変更へ

     民主党と維新の党は、民主党の党名を変更した上で維新の党が解散し、民主党に合流することで大筋合意した。3月中に新党の結党大会を開く方針で、23日午前にそれぞれの党内手続きを開始した。両党は近く、新党協議会を設置し、新たな党名や綱領の検討に入る。夏の参院選や年内の衆院解散・総選挙をにらんで、「自民1強」に対抗する野党勢力の結集を急ぐ。【飼手勇介、松本晃】

     民主党の岡田克也代表は23日午前、国会内で開いた幹部会合で「維新と合流して新党を作りたい」と表明。1998年に旧民政党など野党3党が解党して旧民主党に合流した手法を取る方針や、党名を変更する考えを表明した。
    出席者は大筋で了承した。岡田氏はこれに先立つ22日夜、東京都内で維新の党の松野頼久代表と会談し、合流する方針を確認した。

     また、松野氏は23日午前に開かれた維新の執行役員会で「全く新しい党名で新しい形の新党を作ることを諮りたい」と述べ、おおむね了承された。
    民主・維新両党は24日にそれぞれ常任幹事会や両院議員懇談会を開き、合流への了承取り付けを目指す。

     両党の関係者によると、98年の合流時と同様、民主党に地方議員らを残してほとんどが離党し、解党する維新議員とともに改めて新党に加わる方式を取ることも検討している。

     維新の党は当初、民主党の解党を求めていたが、党名変更などで「新党色」を打ち出すことを条件に、
    吸収される形での合流を受け入れた。
    両党が合流すれば、衆院93人、参院64人(それぞれ副議長を含む)の勢力となる。

     ただ、維新の参院議員は旧みんなの党の比例で当選したため、国会法の規定で民主党に合流できない。
    このため維新の解散に合わせていったん無所属になり、参院で民主党と統一会派を組んだ上で、
    参院選で新党の公認を出す案が有力となっている。

    毎日新聞
    http://mainichi.jp/articles/20160223/k00/00e/010/252000c

    60: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:15:59 ID:PE1
    しかしこれも酷いな


    民主党を残す形をとることには、民主党向けの政党交付金を、
    引き続き受け取れることや、地方組織などの再編を不要とすることができるメリットがある。
    ttp://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00317076.html

    引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1456209161/

    この記事を読む

    1: 影のたけし軍団 ★ 2016/02/23(火) 13:16:05.95 ID:CAP_USER*.net
    (政治部・小池直子記者報告)
    合流に向けた協議は一時、難航していましたが、夏の参議院選挙とのダブル選挙もささやかれるなか、野党が結束していく姿をアピールします。

    維新の党・松野代表:「全く新しい党名の新しい形の新党を作ろうということで、皆さんにお諮りしたい。ようやく、これが成就するところに来たのではないかと思います」
    維新の党は23日午前から執行役員会を開いていて、解党したうえで、民主党と新党を結成することを決定します。

    これに先立ち、民主党は最高幹部会議を開き、新党名、ロゴ、また、綱領などを一新して新党を立ち上げる方針を確認しました。

    民主・維新両党は24日に党首会談を開き、正式合意したうえで新党協議機会を立ち上げ、具体的な手続きに入ります。
    民主党に維新の党が吸収合併する形では、国会法の規定で維新の党の参議院5人が新党に加わることができません。

    そのため、今の民主党に1人の議員と地方組織だけを残し、そのほか全員が離党し、維新の党といったん新党を結成します。
    残った民主党と合流し、党名を変えて新党を立ち上げます。

    民主党幹部は「160人以上の新党を目指す」としていて、3月に結党大会を開き、イメージを刷新して世論の支持を得たい考えです。


    000068900_640



    http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000068900.html

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1456200965/

    この記事を読む

    1: おかわり君 ★@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 09:09:38.66 ID:CAP_USER*.net
    2016年2月23日 朝刊
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201602/CK2016022302000116.html

    PK2016022302100027_size0


     与野党十一党は二十二日、衆院選挙制度改革をめぐり有識者調査会が出した答申に対する見解を、大島理森(ただもり)議長に報告した。答申にある議員定数十削減には共産、社民両党が反対したが、他の九党は賛成。都道府県への新たな議席配分方式「アダムズ方式」の導入には九党が賛成、共産党が反対し、自民党は賛否を先送りした。導入時期をめぐっても意見が分かれた。
     答申は、議員定数を小選挙区で六、比例代表で四減らすよう提言。違憲状態にある「一票の不平等」是正の柱として、人口に比例しやすいアダムズ方式の導入を求め、十年ごとの大規模国勢調査に基づいて配分を見直すよう指摘している。

     自民党は、定数十削減には賛成したもののアダムズ方式の導入は見送り、小選挙区は二〇一四年衆院選で「〇増五減」した時と同じ手法で「〇増六減」とするよう訴えた。アダムズ方式については二〇年の大規模国勢調査までに党内で議論するとした。安倍晋三首相(党総裁)は二十二日、官邸で谷垣禎一幹事長から報告を受け、「アダムズ方式にはいろいろ問題があるが、基本ではある」と述べた。

     民主、維新、おおさか維新の三党は、定数を十削減した後、さらなる削減を検討するよう主張。このうち民主、維新両党は、一〇年の大規模国勢調査に基づいてアダムズ方式で見直した調査会の「七増十三減」案を受け入れる考えを示した。公明、おおさか維新両党は、一五年の簡易国勢調査にアダムズ方式を取り入れて、削減の具体案を出すよう訴えた。
     共産、社民両党は「国会の行政監視機能が低下する」などと定数削減に反対した。 
    (木谷孝洋)

     

    引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1456186178/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング