じゃぱそく!

国内政治経済ニュース中心の2chまとめサイト

    政治

    スポンサーリンク

    1: サソリ固め(庭)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 20:16:45.44 ID:8dcoEolG0●.net BE:656580197-PLT(13000) ポイント特典
    高校生イベントで模擬投票 自民は3位 民主はなんと7位 1位は…

    夏の参院選から選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられるのを見据え、国会内で24日、高校生に政治参加を促すイベント「全国高校生未来会議」が開かれた。
    与野党の党首級が参加し、それぞれの主張をアピール。その後に模擬投票を行った結果、1位はおおさか維新の会で、「1強」の自民党は3位、民主党はなんと7位に低迷した。

    18歳選挙権導入が目前とはいえ、若者のイベントに与野党幹部がそろい踏みするのは異例だ。自民党の谷垣禎一幹事長は「若い人たちがやりたい仕事をやれるのが、自民党が目指すところだ」と訴えた。

    民主党の岡田克也代表は、27日に維新の党と合流して党名が民進党に変わることを紹介。「渡しきりの奨学金を作ることも提案している」と述べ、子供の貧困や教育格差問題に取り組む姿勢を強調した。
    公明党の山口那津男代表は、与党としての政策実行力の高さを訴えた。

    与野党9党を対象に119人が参加した模擬投票の結果は、得票率が高かった順に、

    (1)おおさか維新の会(28%)(2)社民党(22%)(3)自民党(15%)(4)公明党(12%)(5)日本のこころを大切にする党(8%)(6)維新の党(7%)(7)民主党(4%)(8)共産党(3%)(9)改革結集の会(1%)だった。


    おおさか維新は、馬場伸幸幹事長が議員定数削減や職員給与の引き下げなど大阪府・市での改革をアピール。
    わかりやすい言葉で訴えたことが奏功したようだ。


    未来会議事務局代表で、都内の私立高2年、石塚瑞希さん(17)は「(参加した高校生が)参院選では自分の周りを巻き込み、みんなで投票に行こうという流れを作ってほしい」と期待した。

    plt1603240043-p2

    http://www.sankei.com/politics/news/160324/plt1603240043-n1.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1458818205/

    この記事を読む

    1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 16:59:56.14 ID:CAP_USER*.net
    選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられることについて、2012年に史上最年少の25歳で東証1部上場を果たした会社社長、村上太一さん(29)にインタビューした。

    -18歳のころ、政治に対する関心はあったか。
    政治よりもビジネスや経済への興味が強かった。ただ、選挙権を得て以降、忙しくても欠かさず選挙には行っている。

    -政治への興味が芽生えたきっかけは。
    起業し、組織を運営するようになってから、面白いと思うようになった。(政府が)小さい方がいいか、大きい方がいいか。二重行政や無駄な公共事業をどのようになくしていくかといった問題は、社会をどう運営していくかということ。(会社経営と)重なる部分がある。

    -若い人は投票率が低いと言われている。
    深刻な問題だと考えている。高齢者層の投票率が相対的に高ければ、歳出削減の必要性が明らかでも社会保障費が聖域となる。結果的に若者や子育て世帯への予算が減り、ますます若い世代の政治に対する関心が薄れてしまう。若者に選挙に行こうと呼び掛けるだけでは限界がある。

    -どうこの状況を打開するか。
    選挙制度を変えることだ。例えば、各世代の人口のバランスを基に、若い世代の1票を1.5票や2票にカウントするぐらいの大胆な改革が必要ではないか。若者にとっても1票の重みが増せば、自分自身が日本の将来を担うべき存在という意識が高まる。そういう意識を持った有権者が長期的な視点に立って投票を行うことが重要だ。

    -ネットが若い人の投票率改善に役立つか。
    テレビや新聞、雑誌だけだった時代に比べ、選挙や政治についての情報を得るコストが格段に下がっている。これまではネットの規制が厳しかった。私が初めて投票に行ったときには、候補者が訴える政策を知る手段が相当限られていた。そうなると、投票先を選ぶときに、表情やネクタイの色など印象論に頼ってしまう傾向がある。だが、2013年の参院選からネットを利用した選挙活動が解禁され、候補者側も有権者に分かりやすい情報発信に向けてさまざまな工夫を重ねていると思う。民間の側でも政治への興味を喚起するため、いろいろな試みが進んでいる。例えば、政策に関するいくつかの質問に答えると、自分の考えに近い政党を教えてくれるサイトは非常に面白い。

    -SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)登場の影響は。
    若者自身が情報を発信し、それがどんどん拡散すれば、無視できないほど大きな声になる可能性がある。政治をより身近に感じてもらう良いアイデアやキャンペーンはもっとあるはずだ。ネットを利用し、若者に投票に行ってもらう企画を競い合う大会を開いてみたい。

    -経営者として日本の政治に望むこと。
    ITを活用した新たな金融サービス「フィンテック」や、小型無人機(ドローン)など新たなテクノロジーの活用はビジネスチャンスを生む。しかし、日本は法律の整備で後手に回っており、国際競争で出遅れてしまう可能性がある。この問題は投票だけでなく、経営者が中央省庁の官僚との勉強会などで直接訴えていくことも大切だ。

    -昨年から安全保障関連法の廃止を訴える学生団体「SEALDs(シールズ)」が注目を浴びている。
    シールズの活動がメディアに取り上げられ、安保法制への関心が高まった学生もいるだろう。さまざまな考え方に触れ、思考を深める一つのきっかけとなったのならば素晴らしいことだ。

    村上 太一さん(むらかみ・たいち)
    2006年、19歳のときに求人情報サイトの運営などを手掛ける「リブセンス」を設立。11年に東証マザーズに上場し、1年足らずで1部に昇格した。(2016/03/24-15:40)

    no title

    http://www.jiji.com/jc/zc?k=201603/2016032400205

    引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1458806396/

    この記事を読む

    1: 6564億円◆o8vqQW81IE 2016/03/24(木)13:37:22 ID:???
    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)2016年03月23日

    こんばんは、おときた駿@ブロガー都議会議員(北区選出)です。
    本日19時、記者会見で公開を明言していた舛添都知事のパリ・ロンドンの海外出張費の詳細が公開されました。

    WS000000


    (詳細はコチラでPDFファイルが見られます)
    http://www.metro.tokyo.jp/GOVERNOR/KAIGAI/SHOUSAI/DATA/151027.pdf

    ご案内の通り、先週の総務委員会で私がこの数字を質問した時、「公文書開示請求をして欲しい」と言い放って答弁拒否をしたくせに、翌週にはマスコミに公開する姿勢に私は激おこプンプン丸(古っ)です。

    参考:前代未聞!?東京都、舛添知事の海外出張費5,000万円の内訳を説明できず逃亡
    http://otokitashun.com/blog/togikai/10736/

    上記の資料だけではなんのこっちゃよくわからなかったので、記者レクが終わった後に政策企画局の担当者に説明を求めたのですが、詳細にわかった数字が2つほど。

    【航空運賃】

    ファーストクラス(知事) 約266万円/往復1人
    割引ビジネスクラス(部長級7名) 約91万円/往復1人
    割引エコノミー(その他12名) 約46万円/往復1人

    【ホテル代】

    知事はスイートルームに宿泊し、
    ロンドン・パリともに一泊約19万8千円

    あとは公文書開示を待ってくれとのことでしたが、早速この問題に熱心な産経新聞が記事にされていましたので、上記の表ではなく記事で読みたい方はこちらからどうぞ↓
    http://news.livedoor.com/article/detail/11329384/

    (つづく)

    ◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
    http://blogos.com/article/168488/

    2: 6564億円◆o8vqQW81IE 2016/03/24(木)13:37:56 ID:UXl
    (つづき)
    で、ここからいくつかの突っ込みを入れていきます。
    まず何より、知事の情報公開に対する姿勢は極めて疑問です。

    結局、先週の総務委員会では答弁から逃げたくせに、世論が盛り上がってきたら外圧に屈してプレス発表。

    もちろん、歴代知事の中でもっとも詳細に情報公開をした姿勢は結果としては評価されるべき点かもしれませんが、議会軽視までして一度はバックレようとした姿勢を看過することはできません。

    続いて、宿泊費について。
    都の規定で宿泊費は細かく定められておりまして、一部週刊誌での報道にあった通り、パリなら一泊あたり約4万円が上限です。

    にも関わらずこれを遥かに超える金額でスイートルームに宿泊することができるのは、事前に人事委員会と協議して決定した場合は例外とされているからです。

    なお、知事以外のメンバーもスイートルームではないものの、インターコンチ、コンラッドという高級ホテルに全員が宿泊したため、4万円では収まらず同様に特例措置が認められています(おそらく一泊6~8万くらい)。

    ちなみに歴代知事の海外出張でも、人事委員会による特例措置でスイートルームでの宿泊が常態化しており、この宿泊費規定はすっかり形骸化していると言えるでしょう。

    スイートルームを利用する主な理由はセキュリティ上の問題や、急な要人との会合が入った際に室内で対応するためだそうで、実際に今回も1件のみ、ホテル室内での会談が行われたとのこと。

    最後に航空券については、これは実は8時間以上のフライトになると部長級以下のヒラ職でも、
    ビジネスクラスの利用が規定上認められています(知事はファーストOK)。

    (つづく)

    3: 6564億円◆o8vqQW81IE 2016/03/24(木)13:38:26 ID:UXl
    (つづき)
    私としてもケチくさいことは言いたくありませんが、やはり今回、当初の報道や議会答弁から逃げたことで、舛添知事への信頼は毀損されています。汚名をそそぐためには、

    「身を切る姿勢」

    を見せる必要があるでしょう。
    そこでいかがでしょう、部下たちが自らの意志で航空券を格下げしているのですから、知事もビジネスクラスでの移動をご決断されてみては?

    仮に次年度は5回海外視察するとすれば、これだけで500万円前後の経費が削減できます。
    上司の姿勢を見て、部下のモチベーションも上がるかもしれません?!

    あるかどうかわからない要人との会合はその都度会議室を探すとして、スイートルームの宿泊もやめましょう。そして全メンバーが高級ホテルに泊まる必要もありませんから、近隣のビジネスホテルを利用するべきです。

    他にも細目を見ると「携帯電話代高すぎ」とか色々とあるのですが、また詳細は請求している公文書開示を待ちたいと思います。

    (以外、略)

    引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1458794242/

    この記事を読む

    1: キチンシンク(庭)@\(^o^)/ 2016/03/23(水) 22:47:16.79 ID:MMhod/BD0●.net BE:656580197-PLT(13000) ポイント特典
    舛添知事の出張費 航空費だけで1500万円、一流ホテルに同行職員と20人で5泊922万円って高過ぎない? 

    舛添要一知事らが昨年10~11月、ロンドン・パリを訪れた海外出張費約5千万円が「高額すぎる」などと指摘されていた問題で、東京都は23日、この出張にかかった経費の内訳をホームページで公開した。
    透明性を高める狙いで、「今後は節減に努める」という。

    これによると、知事や職員ら20人の渡航にかかった「旅費」は総額約2623万円で、東京-欧州間の往復航空費(約1500万円)の占める割合が大きかった。
    知事のみがファーストクラス(約266万円)を利用。特別秘書ら7人がビジネス、その他の職員12人はエコノミーだった。

     宿泊費はロンドン・パリともに、同行職員を含めて全員が一流ホテルに泊まり、5泊で約922万円を支出。知事はスイートルーム(1泊19万8千円)を使った。
    このほか知事を含む20人に、計約123万円の日当が支払われていた。

     また、現地ガイドや通訳、車のレンタル費などの「賃借料など」に計約2417万円を費やした。内訳は、車両借り上げ費(約623万円)▽現地ガイド雇用費(約532万円)
    ▽知事の講演会の会場代(263万円)-などが大きく、職員がラグビーW杯を視察するためのチケット代(2試合分)にも約127万円を費やしていた。

    o-MASUZOE-facebook


    http://www.sankei.com/politics/news/160323/plt1603230036-n1.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1458740836/

    この記事を読む

    1: タイガースープレックス(庭)@\(^o^)/ 2016/03/22(火) 19:07:07.92 ID:PUaEsNzk0●.net BE:656580197-PLT(13000) ポイント特典
    柿沢 未途さんが写真2件を追加しました ? 江田 憲司さんと一緒です。
    1時間前
    「民進党」の、ロゴタイプ(字体)が決まりました。オーソドックスな字体もあったのですが、「民進党」の「進んでいる」感を出し、また、新党らしく新しさを出すために、ひとひねりした、オリジナルな字体を選びました。
    ちなみにこの案は、福山さんと私が「これが良い」と一致し、赤松先生と江田さんに「ここは若い人の意見を聞いてください」とお願いし、じゃあそれで、という事になりました。
    ですから党というよりジェネレーションでしたが、いずれにしても、ほとんど揉める場面はなく、なごやかに短時間で決まりました。

    シンボルマークですが、3月27日の結党大会後に正式にデザイン公募を始め、応募作の中から党名検討チームの私達が絞り込み、著作権等の確認を経た上で、複数の最終候補案から所属議員の投票で決める、というのが大きな流れとなります。
    デザイン公募要項は後日、発表しますが、衆参150人規模の国民政党のシンボルマークを自分が作れるかもしれない訳ですので、我こそは、という方は、ぜひ、プロでもアマでも、ご応募頂ければと思います。

    「民主くん」の今後の処遇についても、ここまで有名になり話題になったら、もう、真剣に考えないといけないですね。。

    no title

    no title

    https://www.facebook.com/mito.kakizawa/posts/987491917998207

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1458641227/

    この記事を読む

    1: キングコングラリアット(東京都)@\(^o^)/ 2016/03/22(火) 10:03:33.30 ID:VzpxPf0X0.net BE:639823192-PLT(15000) ポイント特典
    民主党の岡田代表は三重県四日市市で記者団に対し、仮に安倍総理大臣が来年4月の消費税率の引き上げの延期を決断する場合安倍総理大臣は、みずからの経済政策、アベノミクスの失敗を認めるべきだという考えを示しました。

    この中で、民主党の岡田代表は来年4月の消費税率の引き上げについて、「安倍総理大臣は『リーマンショック並みの事態にならなければ消費税率を引き上げる』とはっきり言っていて、いわば公約になっている」と述べました。

    そのうえで、岡田氏は「引き上げを延期するということになれば、国民に対し、『アベノミクスが失敗したので引き上げられません』と言うべきだ」と述べ仮に引き上げの延期を決断する場合、安倍総理大臣は、みずからの経済政策の失敗を認めるべきだという考えを示しました。

    また、岡田氏は参議院で審議されている新年度、平成28年度予算案について、与党側が来週29日にも採決を行って成立を図りたいとしていることに対し「まだまだ議論が尽くされていないし、甘利・前経済再生担当大臣の政治とカネの問題を巡っても、いろいろな疑惑が出てきているのに、説明も何らなされていない」と述べ、予算案の採決の日程を議論するのは時期尚早だという認識を示しました。


    plt1505200066-p1


    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160321/k10010451111000.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1458608613/

    この記事を読む

    1: ナガタロックII(東日本)@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 17:34:32.88 ID:ULjOCw2G0.net BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    東京都の舛添知事は、5000万円余りを使い高過ぎると指摘されている海外出張費について、費用の総額だけでなく、詳細な内訳についても公表していくとの考えを示しました。

    舛添知事の海外出張をめぐっては、去年10月から11月にロンドンとパリを訪れた際に、総勢20人で5042万円が使われていて、都議会でも詳しい説明を求められています。

    舛添知事は「朝から晩まで一生懸命働いていた。物見遊山をしていたのではない」としたうえで、「今後は人数や経費について、節減に努力したい」とするとともに、これまで総額しか公表していなかった費用についても、「透明性の向上のため詳細な内訳を公表して、都民への説明責任をしっかり果たしたい」と述べました。

    舛添都知事は、東京の魅力をPRする目的で、来月12日から18日まで、ニューヨーク市とワシントンDCへ出張する予定です。

    28


    http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye2729005.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1458376472/

    この記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング